レフティやすおの楽しい読書

レフティやすおの楽しい読書 140430(No.126)「バガヴァッド・ギーター」


カテゴリー: 2014年04月30日
◇◆◇◆ 古典から始める レフティやすおの楽しい読書 ◆◇◆◇
------------------------------------------------------------
 2014(平成26)年4月30日号(No.126)-140430-「生き方の秘訣
 -古代インドの宗教詩編-『バガヴァッド・ギーター』」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 生き方の秘訣 -古代インドの宗教詩編-
 『バガヴァッド・ギーター』
  紀元1世紀~紀元2世紀頃成立
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 先月紹介しました
 大叙事詩『マハーバーラタ』の第6巻に当たるのが、
 今月紹介いたします『バガヴァッド・ギーター』です。

 単に『ギーター』と略称されることも多いと言います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 生き方の秘訣 -古代インドの宗教詩編-

  『バガヴァッド・ギーター』 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大叙事詩『マハーバーラタ』の第6巻に当たる、
古代インドの宗教・哲学的詩編。

全18章、2行700詩節からなる、
邦訳文庫本でも120ページほどの小著ながら、
インド人の、特にヒンドゥー教徒の聖典と言われています。

『バガヴァッド・ギーター』とは
「神の歌」という意味だそうです。


 ●ソロー『森の生活 ウォールデン』から

『バガヴァッド・ギーター』について
私の敬愛する
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『森の生活 ウォールデン』
にこうあります。

 《朝の訪れとともに、私はバカヴァッド・ギータの壮大な宇宙
  創造の哲理に、己の知性を浸すのである。それが書かれてか
  ら神々の星霜は重ねられてきたというのに、それに比べれば、
  われわれの今日の世界とその文学は、あまりにもちっぽけで、
  取るに足りないではないか。そして、その哲理のもつ崇高さ
  が、われわれの今日の思考原理とあまりにもかけ離れている
  ので、前世の存在と関連づけて考える必要があるのではない
  かと私は思う。》
   佐渡谷重信/訳「冬の池」p.427(講談社学術文庫)


 ●ガンジーとハクスレーの『ギーター』への言葉


マハトマー・ガーンディー

 《ギーターによって常に私は平安を得た。私が全く孤独に陥っ
  た時、周囲から絶望に囲まれた時、そして一縷の希望もそこ
  に見出せなかった時、私はギーターに救いを求め、そして私
  は人生の恐ろしい試練の中でも微笑みが訪れるような、何ら
  かの詩句をあちこちに見出した。 私の人生は外的な苦難に
  満ちている。しかしそれらは私自身に些かの痕跡も残してい
  ないのは、このギーターの教えのお陰である。》 


オルダス・ハクスレー

 《バガヴァッド・ギーターはこれまでに著された永遠の哲学の
  中でも、最も明快で完璧なエッセンスの一つである。このた
  め、インド人だけにとどまらず全人類にとって、この価値は
  偉大である。》

   『ギーター・サール バガヴァッドギーターの神髄』
     アニル・ヴィディヤーランカール/著 長谷川澄夫/訳
      東方出版 p.7 


 ●哲学的宗教的問答

『ギーター』は、
同族同士が血で血を洗う大戦争をメイン・ストーリーとする
大叙事詩『マハーバーラタ』において、
開戦を前に、同族間の争いに躊躇する
クシャトリア(王族/武人)のアルジュナが、
バガヴァッド(神)の化身であるクリシュナとの問答を通して、
自らの義務を教えられ、戦いに踏み切る決心をするまで
を描きます。

二人の問答が、
そのままインド思想のあれこれを開陳する
哲学的宗教的講義となっています。

 ・・・

クリシュナは、逡巡するアルジュナに
戦争で死ぬのは肉体であり、
普遍の存在である霊魂は死なない、
戦闘こそクシャトリアの義務である、と諭します。

地上での勝利は武人の求めるところであり、
敗れたとしても、天上に生まれ変わる。

武人の義務をないがしろにすれば、他人から蔑まれる、と。
(―以上、第2章)


その後、さらにインド哲学のあれこれが語られ、
神的存在であるクリシュナがその真の姿を見せ、
決断を迫ります。

ところが、その後もあれこれと問答が続き、
ようやく最後にアルジュナが言います。


  《「迷いはなくなった。不滅の方よ。あなたの恩寵により、
   私は自分を取りもどした。疑惑は去り、私は立ち上がった。
   あなたの言う通りにしよう。(73)」》

    『バガヴァッド・ギーター』上村勝彦/訳 岩波文庫
           第18章 p.141


 ●インド哲学

この二章以降の問答では、
複数の考えが混じり込んでいるように思えます。

論理的に首尾一貫しているようでありながら、
様々な要素が繰り返し語られます。

サーンキヤ哲学と知識と行為のヨーガ、理論知と実践知、
その他色々とややこしいインド哲学のやり取りがあります。

この辺は一般人には、
ちょっとついてゆくのが難しいところでしょう。


『ギーター』を専門家がどのように解釈するかは、
ともかくとして、
あくまでも一つの叙事詩の中のくだりである、
という解釈でよいのではないか、という気がします。


  《『マハーバーラタ』は人間存在の空しさを説いた作品であ
   る。... しかし、作中人物たちは、自らに課せられた苛酷
   な運命に耐え、激しい情熱と強い意志をもって、自己の義
   務を遂行する。この世に生まれたからには、定められた行
   為に専心する。これこそ『ギーター』の教えるところでも
   ある。》

    『バガヴァッド・ギーター』上村勝彦/訳 岩波文庫
          「まえがき」 p.16


インド哲学の個々の論点は読み流して、
私が気になった部分を書いてゆきましょう。


 ●結果にこだわらずことを為す

  《あなたの職務は行為そのものにある。決してその結果には
   ない。行為の結果を動機としてはいけない。また無為に執
   着してはならぬ。(47)》

    『バガヴァッド・ギーター』上村勝彦/訳 岩波文庫
           第2章 p.39


  《人間は定められた行為を行わなければならない。ただし、
   結果(果報)を顧みず、ひたすら無償の行為を行うべきで
   ある。これが『ギーター』の主題である。》

    『バガヴァッド・ギーター』上村勝彦/訳 岩波文庫
           訳注(第2章)(47) p.149


自分の義務に従い、行為することに意味があり、
その結果には拘泥しない態度が重要で、
結果はひたすら神(的存在)にゆだねよ。
そして、結果を恐れて何もしないことが
一番のしてはいけないことなのだ。

―という意味です。


 ●自己の義務(ダルマ)の遂行

最後の18章でもこう語っています。


  《各自の行為にいそしむ人は成就を得る。自己の行為にいそ
   しむ人が、どのようにして成就を見い出すか、それを聞く
   がよい。(45)》

  《自己の義務(ダルマ)の遂行は、不完全でも、よく遂行され
   た他者の義務に勝る。本性により定められた行為をすれば、
   人は罪に至ることはない。(47)》
  《生まれつきの行為は、たとい欠陥があっても、捨てるべき
   ではない。アルジュナよ。実は、すべての企ては欠陥に覆
   われているのだ。火が煙に覆われているように。(48)》
  《何ものにも執着しない知性を持ち、自己を克服し、願望を
   離れた人は、放擲(ほうてき)により、行為の超越の、最高
   の成就に達する。(49)》

    『バガヴァッド・ギーター』上村勝彦/訳 岩波文庫
           第18章 p.137


自分の為すべきことを結果を思うことなく、為せ。
そうすれば、最高のものを手にすることができる、と。

放擲(ほうてき)とは、放棄すること。
全てを神的存在に任せ、ゆだねるという心持ちです。


 ●「無私の行為」

西洋からのアプローチで『ギーター』を説く
赤松明彦氏の著作でも、
この点を「無私の行為」と呼んで、
『ギーター』の主題のひとつとして紹介しています。


  《ガンディーとヴェイユが、ともに『バガヴァッド・ギータ
   ー』から受けとったメッセージが、「結果への関心を放棄
   して、ただ行為のみを行え」であった。いわゆる「無私の
   行為」である。これが『ギーター』の主題のひとつである
   ことは誰もが認めるところである。フンボルトも、この「
   行為の結果への無関心」を、「哲学的にほとんど崇高さと
   言ってよいぐらいの魂の状態」と評価し、ヘーゲルもまず
   は、「ここには、善をただそれ自体のためにのみ行い、義
   務をただ義務のためにのみ行おうとする道徳的要求を認め
   ることができる」といっている。西洋の人間であれば、お
   そらくここにカントの定言的命法との類似を認めようとす
   るのであろう。... 》

        『バガヴァッド・ギーター 神に人の苦悩は理解でき
     るのか?』赤松明彦/著 岩波書店 「プロローグ」p.6


鎧淳氏もその訳書「まえがき」で
以下のように書いておられます。

  《... 今日の若い人々に、「私利私欲を離れ、執着なく、結
   果の成否を度外視して、なすべき行為を遂たす」という生
   き方のあることを、改めて強調しておきたかった... 》

    『バガヴァッド・ギーター』鎧淳/訳 講談社学術文庫 
     「まえがき」p.2-3 


私自身も、この点を知るだけでも
十分この本を読む価値がある、と考えます。

それ以上のものを受け止められれば、
それはそれでいいのですが、
これだけでも十分な気がします。


 ●大乗仏教との関係

上村勝彦氏は、
その著書『バガヴァッド・ギーターの世界』の中で、
この聖典『バガヴァッド・ギーター』に解かれた考え方が、
仏教を通じて日本人の考え方に大きな影響を与えている、
という仮説を示しています。


  《... この聖典に説かれたような思想が、ある時期に大乗仏
   教に影響を与えたと考えられます。それは、絶対者すなわ
   ち最高神がすべてに偏満し、個々のもののうちにも入り込
   んでいるという考え方です。... 》p.21

  《... この考え方が、ある時期に、直接的間接的に大乗仏教
   に強い影響を与え、その結果生まれたのが如来蔵思想であ
   るということができます。すべての人に如来たる可能性が
   ある、すべての人に仏性がある、とする考え方です。それ
   が仏教を通じて日本に入り、我々がそのまま仏である、真
   如であるとする、天台宗を中心とする本覚思想へと展開し、
   日本の宗教文化、さらには日本人一般のものの考え方に大
   きな影響を与えたのです。... 》p.21-2

    『バガヴァッド・ギーターの世界 ヒンドゥー教の救済』
     上村勝彦/著 ちくま学芸文庫
    「序章 日本に入ったヒンドゥー教の神々」


最高の存在であるクリシュナは、全世界の創造者であり、
全世界に遍満する存在で、全てにつながっている。

本覚思想―現実世界をすべて本覚の現れとし、
現実世界の絶対的肯定を説く―につながるものだと言います。

私たち一人ひとりは、神につながっている、
私たちのうちに神の性質がある、
という意味でもあります。

一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)―
一切の衆生(全ての人)は本来仏性を持っている―
また、悉皆成仏(しっかいじょうぶつ)―
一切の有情(生きとし生けるもの)はみな成仏できる―
といった考え方にもつながる、とも。


 ●悪人正機説

このように、大乗仏教への影響という観点から読むのも、
おもしろいと感じました。

親鸞の悪人正機説であったり、
阿弥陀仏のお力にすがるという他力思想であったり、
一切衆生悉有仏性といった考え方であったり、です。


親鸞の悪人正機説につながるような部分―


  《たとい極悪人であっても、ひたすら私を信愛するならば、
   彼はまさしく善人であるとみなさるべきである。彼は正し
   く決意した人であるから。(30)》

    『バガヴァッド・ギーター』上村勝彦/訳 岩波文庫
           第9章 p.84


私の信奉する空海・弘法大師の真言密教では、
大日如来(宇宙と一体の遍く世界を照らす存在)
を中心に置く曼荼羅で示しています。

そして、人の心のうちにはみな仏性がある、と説いています。
それに気づいたとき―発心した(菩提心を起した)時から、
人は仏そのものとなる、と。


 ●普遍宗教

インド人の哲学者アニル・ヴィディヤーランカール氏の著作
『ギーター・サール バガヴァッドギーターの神髄』
(長谷川澄夫/訳 東方出版)
には、
『ギーター』に示されたインド哲学から
普遍宗教への可能性を語っています。


  《... ギーターは、一般にはヒンドゥー教の聖典と認められ
   ているが、それは正しくない。ギーターで説かれている宗
   教は、世界の全ての人々のためであり、我々はそれを普遍
   宗教という名で呼ぶことができる。》p.196


佛陀は、新しい宗教を作ろうとしたのではなく、
当時インドにあった宗教の欠陥を正して、
心の静寂の喜び、自由な正しい道を示したかったのだ、
と言います。


  《... ギータは、心を静めて自分の意識をブッディの境地に
   到達させる確実な道を教えている。このようにギータは佛
   教の根本の姿を理解し、それによって自分の人生を向上さ
   せるための、我々の偉大な支えとすることができる。》
    p.197

   『ギーター・サール バガヴァッドギーターの神髄』
    アニル・ヴィディヤーランカール/著 長谷川澄夫/訳
     東方出版 「あとがき 日本の友人たちへ」


イスラムに支配された時代を経て、
ヒンドゥー教が固有の土着宗教として盛り返してきた
インドという国において、
世界で共有できる普遍宗教という概念を説く人がいる
という事実は、
宗教による対立が問題となることが多い現代において、
未来に希望を持つことができる気がします。

私は、仏教が
それに一番近いような気がしているのですけれど…。

 ・・・

小著ですので、読む気になれば、時間はとられません。

全体を通して何かを理解しようというより、
一つ一つの言葉のなかに何かしら引っ掛かる部分があれば、
自分なりに感じ取ればいいのです。

古典を読むとは、基本的にそういうものだろうと思います。


「無私の行為」という、
生き方の秘訣を教えてくれる書として、
騙されたつもりで読んでみるのもいいのではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【付録】『バガヴァッド・ギーター』を読む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ● 原典を読む

▲★『バガヴァッド・ギーター』上村勝彦/訳 岩波文庫 1992/3/16
―学術的にも定本となっている感の一書。訳注・解説が豊富。『バ
 ガヴァッド・ギーターの世界』と併読すると理解しやすいか。
http://www.amazon.co.jp/dp/4003206819/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
▲★『バガヴァッド・ギーター』鎧淳/訳 講談社学術文庫 2008/3/10
―学術的翻訳でなく、原文の意にそう忠実な日本語散文訳という。
http://www.amazon.co.jp/dp/4061598643/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22 

『世界の名著 1 バラモン教典・原始仏教』中央公論社 1969.5.30
―「バラモン教典―バガヴァッド・ギーター」(抄) 宇野惇/訳 
 (解説)「インド思想の潮流」長尾雅人・服部正明
http://www.amazon.co.jp/dp/4124000812/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『マハーバーラタ 第3巻』<ヴィラータ王の巻 挙兵の巻 ビー
シュマの合戦と死の巻> 山際素男/編訳 三一書房 1993/05 
―北方写本カルカッタ版のM・N・ダットによる英訳本からの重訳。
 神への賛美や決まり文句の繰り返し、重複する物語を省略。第六
 巻「ビーシュマの合戦と死の巻」中の一挿話が『ギーター』。
http://www.amazon.co.jp/dp/4380935205/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

『神の詩―バガヴァッド・ギーター』田中嫺玉/訳 TAO LAB BOOKS
 2008/9/15
―筆者未読。第三文明刊要約版『マハーバーラタ』の共訳者・田中
 嫺玉の翻訳の評判がよいようです。アマゾンの「なか見!検索」
 である程度見ることができます。読みやすい印象です。ただ「読
 みやすい」=「分かりやすい」とは限らないのが実情ですが。
http://www.amazon.co.jp/dp/4903916006/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


 ● 『バガヴァッド・ギーター』について書かれた本を読む

▲★『バガヴァッド・ギーターの世界 ヒンドゥー教の救済』
上村勝彦/著 ちくま学芸文庫 2007.7.10 
―NHKラジオ文化セミナーのテキストを基にした1998年NHKライブラ
 リー版の文庫化。『マハーバーラタ』中の一巻である『バガヴァ
 ッド・ギーター』の解説書。仏教との比較で理解を誘う。
http://www.amazon.co.jp/dp/4480090878/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
▲★『ギーター・サール バガヴァッドギーターの神髄』アニル・
ヴィディヤーランカール/著 長谷川澄夫/訳 東方出版 2005.7.11 
―『ギーター』700詩編から150詩編を選び、サンスクリット語原文
 ・カタカナ読み・和訳・解説・原語フレーズを添えて、『ギータ
 ー』のエッセンスを、心の問題として生き方の助言を解説する。
CD付き・改訂新版 2007/10/10
http://www.amazon.co.jp/dp/4862490859/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
▲★『バガヴァッド・ギーター 神に人の苦悩は理解できるのか?』 
赤松明彦/著 岩波書店 <書物誕生 あたらしい古典入門> 2008/12 
―口承作品としての誕生。西洋からのアプローチによる読み解き。
http://www.amazon.co.jp/dp/4000282867/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『インド思想史』J・ゴンダ/著 鎧淳/訳 岩波文庫 2002/12/13
―原典からの要約や引用を交えて、インド思想を簡明に概説する。
 「第十章 バガヴァッド・ギーター」
http://www.amazon.co.jp/dp/400332661X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

▲★『森の生活 ウォールデン』ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
/著 佐渡谷重信/訳 講談社学術文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/ /ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


 ▲マークは、本文で取り上げた本
 ★マークは、筆者のおすすめ本です。本選びの参考にどうぞ。
 (基本的に、筆者が“偶然”手にしたものを取り上げています。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※「別冊 編集後記」~『レフティやすおの作文工房』~
2014.4.30 生き方の秘訣 -古代インドの宗教詩編-
『バガヴァッド・ギーター』  ―第126号「古典から始める
 レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-11836778950.html
*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レフティやすおの楽しい読書/発行人:レフティやすお
発行『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) http://www.mag2.com/m/0000257388.html 
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
Copyright(c) 2008-2014 by L.YASUO

★こちらもどうぞ! レフティやすおのもう一つのメルマガ★
左利きおよび利き手について考える
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』 
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html
-

レフティやすおの楽しい読書

RSSを登録する
発行周期 月二回
最新号 2017/10/15
部数 62部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

レフティやすおの楽しい読書

RSSを登録する
発行周期 月二回
最新号 2017/10/15
部数 62部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング