ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

はじめてのピアノレッスン(con Vivace) 第245号


カテゴリー: 2018年04月16日
♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪
 はじめてのピアノ レッスン con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)

            ( 第245号 )
♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪


[ たのしい音楽小話 ]

音楽の雑学的な事から、作曲家の話、いろいろな音楽情報まで、音楽を幅広く興味を
持って楽しんでいただける様なお話を紹介しています。

今回は、音楽的な演奏についてのお話です。

「ピアノの本」という小冊子に、とても興味深い連載を見つけました。「音楽的な
演奏って何だ?」というタイトルで、音楽学者で京都大学教授であり文学博士の岡田
暁生さんが書かれているものです。

「音楽的な演奏」とか「音楽的に弾く」といった言葉は、音楽業界では、普段からよく
使われます。例えば、レッスンやコンサートでも、「○○さんは、とても音楽的に弾く
わよね」とか「テクニックは良いんだけれど、もっと音楽的な表現があるといいわね」
などと言い、私自身も恩師から、「もっと音楽的に弾いて」と指導されたことがありま
した。

しかし、「音楽的な演奏って何だ?」と聞かれて、答えられる方は少ないかもしれま
せん。

岡田さんは、まず始めに「音楽的」と「上手かどうか」は必ずしもイコールではないと
言っています。

確かに、ミスなく弾いて高いテクニックを持っていても、「上手いんだけどね・・・」で
終わる事があり、逆に、ちょっとミスはあっても「音楽的だった」という感想になる
こともあります。

この「音楽的」とは、「演奏に歌があるかどうか」という事のようです。

私自身も高校生の頃、副科で声楽を習っていた時に、声楽の先生に「演奏で一番大切
なのは、歌ですよ。ピアノの楽譜にも、歌うように(カンタービレ Cantabile)という
楽語があるでしょ?」と指導されたことがあります。

ピアノを弾く時にフレーズを意識して弾きますが、次の新しいフレーズに入る直前に、
少し間を取って弾きますと、フレーズの区切りが表現できます。それがないと、一本
調子で平坦な音楽になってしまいます。

そのちょっとした間は、歌でいう息継ぎ(ブレス)に相当し、それをどのくらいにして
いくのか、ほんの一瞬だけですぐ次のフレーズになだれ込むのが良いのか、たっぷりと
取って次に弾く音にインパクトを与えるようにするのかは、前後のフレーズや曲想、
強弱などによって変わってきます。

一律にブレスを取っていますと、それもまた機械的でおかしな演奏になってしまいま
すし、やりすぎますと、自分の演奏に酔ってしまっているような、癖の強い演奏になって
しまいますから、加減が大変難しいのです。

ピアノは鍵盤楽器ですが、太鼓と同じ打楽器の分類に入ります。ハンマーがピアノの
弦を叩いて音を出しますから、打楽器の仲間になるわけです。

バッハなどが活躍していたバロック期は、ピアノの第一号ができたばかりで、ほとんど
知られていませんでした。その後のモーツァルトやベートーヴェンが活躍していた古典派
でも、まだピアノは進化の途中で、ショパンなどのロマン派になって、ようやくピアノが
現在のピアノとほぼ同じ完成形になりました。

その楽器を使って、ショパンなどは、いかにピアノを歌わせるか模索していたのだと
思います。ショパンの作品を聴きますと、ピアノがとても太鼓と同じ分類の楽器とは思え
ない、柔らかさとしなやかさ、滑らかさを感じますね。

ショパンは、オペラが大好きで、夜な夜なコンサートに出かけていたそうですが、自分
自身は一曲もオペラを書きませんでした。歌が好きなのに歌の曲を書かず、ピアノに歌わ
せていたのですね。

伝説のピアニストであるホロヴィッツは、お弟子さんにレッスンを行う時、時間の大半を
歌手の録音を聴いて、節回しをどうやってピアノで表現するのか話していたそうです。

ピアノに歌わせる、ピアノが歌っているように演奏するという事は、やはりピアノを
上手に演奏する大きなポイントのようですね。

打楽器であるピアノを歌わせるには、どのように弾いたらよいのか。単に、気持ちを込め
るだけでは実現できません。この記事には、「音の伸びを聴く事が大切である」と書かれ
ていました。

音を出すと、音が伸びて徐々に減衰していきますが、それをきちんと聴いていく事で、
次の音の弾き方が変わってきます。前に弾いた音の伸びの延長に次の音を弾きますと、
前の音ときれいに並べることができますから、フレーズが生まれてきます。特に、歌う
フレーズの要となる長く伸ばす音符が大切なのだそうです。

ピアノを弾く時に、どうしても音を出すことに集中してしまいますが、実は音を出した
後の音の伸びを聴く事が、はるかに重要ということですね。

お勧めの練習方法としては、定番ではありますが、片手練習があげられます。1パート
だけで弾く事になりますから、音の伸びを意識しやすくなります。片手練習は、両手で
弾く練習の前段階という感じがしますが、それだけではなく、音を聴く練習にも大変
役立ちます。

音の伸びを意識して、演奏が音楽的になると嬉しいものですね。



[ ピアノ曲・無料楽譜/有料楽譜 ]

インターネットで見つけた無料の楽譜をご紹介するコーナーです。

今回は、ソナチネアルバム第1巻より第7番 クレメンティ作曲ソナチネ第1楽章Op.36-1を
ご紹介します。

ソナチネアルバムを練習する時、最初にこの作品から練習する方も多いかと思います。

ソナタ形式で作られていて、最初から15小節目までが提示部、16小節目から23小節目
までが展開部、24小節目から最後までが再現部となります。

練習の時には、最初からだけではなく、展開部から、再現部からというように、途中から
練習をすることも大切です。途中からでも、最初から弾いているような調子で弾けるのか
どうか、チェックしながら弾いてみましょう。

1小節目の指使いに注意しましょう。右手のミの音は、強くならないようにして、2拍目の
連打は軽く弾きましょう。

3・4小節目の右手のフレーズは、滑らかに弾いていきましょう。テンポが遅れないように
も注意しましょう。

4小節目後半の左手は、下降系の音階ですが、右手のメロディーの伸びや休符を邪魔しな
いように、弱く弾きましょう。

6小節目2拍目の裏の右手のミは、8小節目の最初の音まで続くフレーズの最初の音です
が、アクセントがつかないようにしましょう。

9・10小節目を、1つのフレーズと捉えて弾きましょう。このフレーズを受けて、11小節目
は提示部のまとめとして、大きなフレーズに少し変化しています。

14小節目の右手のミは、前の音と同じで連打となります。強拍に当たりますので、少し
強く弾きましょう。

16小節目からの展開部は、これまでの長調から短調に転調して曲想も変わります。

20小節目からは、左手の1・2拍目の音を少し強く弾いて、ベースラインを作ると綺麗で
す。右手は伴奏となりますので、フォルテではありますが、加減して弾きましょう。

28小節目の右手の1拍目裏のソ、29小節目の1拍目裏のドは、強くならないようにしま
しょう。

35小節目からは、大きなフレーズになりますが、36小節目の最初のラは、強拍であると
同時に、下降系の最初の音でもあるので、少し強く弾きましょう。

37小節目の右手は、1音づつきれいに弾きましょう。


無料楽譜:ソナチネアルバム第1巻より第7番 クレメンティ作曲ソナチネ第1楽章 Op.36-1
http://www.ongakunoohanasi.com/free-scores/sonatinen/sonatinen36_1_allegro.pdf

(楽譜はPDF形式です)

有料楽譜
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111012116 (Amazon)
https://www.print-gakufu.com/score/detail/66993/ (ぷりんと楽譜)


==================================================================
ご意見ご感想は、このメールに返信してください。
info@convivace.jp 宛てにメールが送られます。
(特定電子メール法に基づき、このメールアドレス宛には広告宣伝メール、
迷惑メール等を送信しないようお願いします。)

con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)のWebページ:
http://www.convivace.jp

Copyright(C) 2018 con Vivace. All Rights Reserved
================================================================== 

ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週(月曜日)
最新号 2018/04/16
部数 377部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週(月曜日)
最新号 2018/04/16
部数 377部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策
ダム、トンネル等大型建設工事の参画経験を有し、テレビ、ラジオ、新聞に出演中の著者が、「儲かる」「身につく」建設(土木、建築、設備、電気、プラント)関連情報を厳選。建設業の業績アップ、技術者育成、技術提案、原価低減ネタを紹介します。ベストセラー「今すぐできる建設業の原価低減」等著書多数。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング