ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

はじめてのピアノレッスン(con Vivace) 第249号


カテゴリー: 2018年06月11日
♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪
 はじめてのピアノ レッスン con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)

            ( 第249号 )
♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪


[ お知らせ ]

● ピアノ・コンシェルジェ

ピアノ・コンシェルジェでは、前回のメールマガジン(第248号)以降、以下のような
コンテンツを追加しました。

テンポに僅かなズレもなく通しでメトロノームに合っている
http://www.convivace.jp/co_586.shtml

ときどき右手の中指が立ってしまいます
http://www.convivace.jp/co_585.shtml



[ ピアノ教室の出来事 ]

今回は、お子様のピアノ発表会のお話です。

先日、お子様の発表会を行いました。前回も書きましたが、例年7月に開催していた
発表会が、今年は6月に入ってすぐの開催となりました。

複数の先生のクラス合同の発表会となり、ヴァイオリンのクラスも含まれるため、
前半と後半に分けて、それぞれの最後に講師演奏を入れました。私も、久しぶりに
ご一緒した先生とバレエ音楽を連弾しました。

当日は、午後の開催でしたので、朝は比較的ゆっくりと過ごすことができ、生徒さん
方も自宅で練習をしてから、本番に臨めたのではないかと思います。

生徒さんの集合時間より1時間ほど早くに担当者は集まり、最後の打ち合わせを行い
ました。

欠席連絡の伝達や、アナウンス担当の確認、出演者名の呼び方、演奏曲目や作曲者の
アナウンスの有無、出演者に舞台袖に来ていただくタイミング、足台の用意や椅子の
高さ調整の有無、ヴァイオリンの生徒さんの譜面台の有無、伴奏のピアノの蓋の開け
具合などを確認しました。

普段、ヴァイオリンの先生とは関わりが少ないのですが、それが影響したのか、これ
までに聞いていなかった事態が、この最後の打ち合わせで起きました。

お子様のヴァイオリン演奏の際に、お父様が一緒に演奏されるというのです。
しかも、弦楽器の中で最も大型であるコントラバスでの共演です。

ヴァイオリンの演奏の際に、ピアノの伴奏をご家族が行うケースはありますが、大き
なコントラバスでの共演というのは初めてです。

本番前に楽器を舞台袖に置きたいという要望が出たそうですが、舞台袖は、演奏前に
待機する場所で、アナウンスや舞台周りのお世話をする担当者などで、スペースの
余裕が全くありません。

そして、チェロやコントラバスは、楽器を固定させるためにピンを舞台に刺すので
すが、そのまま床に置いてしまうと舞台に傷が付いてしまいます。そのため、ゴム
などを使用しますが、そのような備品は用意されていません。

更には、発表会費の話にもなりました。伴奏のお手伝いなのか共演者なのかで集合
写真などへの参加も変わり、発表会費の支払いも変わります。

このような諸々の問題の対策を話しているうちに、どんどん時間は過ぎていき、
本来は余裕をもって開演まで過ごせるはずが、気が付いたらもう開演時間という状況
になっていました。

もちろん、このような舞台裏の慌ただしい出来事は、参加される生徒さんやご家族、
観客の方には伝わらないように、また出演される生徒さんが集中して本番に望める
ように、気を付けて対応しました。

舞台袖には、出演前の生徒さんが色とりどりのドレスで現れ、華やかであると同時に
緊張感のある空気に包まれました。

姉妹で参加された生徒さんは、同じデザインで色違いのドレスを着ていて、同じ
リボンを頭に付けていました。姉妹ならではのコーディネートで、姉妹で並んで
写真を撮ったら素敵だなあと思いました。

今回、私のクラスでの発表会が初めてとなる生徒さんは、舞台袖に現れるなり、
「楽譜忘れちゃった。先生、こうでしょ?」と曲の最初から弾く真似をしていま
した。少し違う所があったので直したり、「先生、結局3回弾くんだよね?」と聞く
ので、繰り返し部分は2回で、他に一部同じ所ががある事を話すと、「えっ、なに
なに? わかんなーい・・・」と、どうも緊張して舞い上がってしまっている状況で
した。

「大丈夫、落ち着いて。いつも通りで大丈夫よ」と声をかけましたが、話を聞く
ような状況でもなく、落ち着きを取り戻さないまま出番となってしまいました。

ハラハラ、ドキドキしながら舞台袖から見守りましたが、舞台の上では、先程までの
舞い上がった感じは全くなく、普段通りに落ち着いて演奏していたので、本当に驚き
ました。

真っ赤なロングドレスで舞台袖に現れた生徒さんは、これまでに何回も発表会に参加
しています。小さい頃は、そこまで長いドレスを着る方はいませんが、成長と共に、
大人のようなロングドレスを着るようになります。「大きくなったなあ~」としみ
じみ感じました。

ピアノの生徒さんの演奏が終わり、いよいよ連弾で講師演奏をする番になりました。

リハーサルもままならない状況で、一緒に演奏するプリモ(高音部)担当の先生は、
多少緊張していたようですが、二人で呼吸を合わせて弾けたように思います。

プリモ担当の先生は、これまで何人かの先生と組んで、同じ曲を演奏してきたよう
ですが、「今までで一番上手く弾けたかも。私達、相性が良いのかもね。また来年も
一緒にやりましょう!」と喜んで話していました。

その後は、写真撮影をして、受付で記念品を選んで頂き解散となりました。解散後も
生徒さんのご両親が挨拶に来られて、生徒さんと写真を撮ったり、演奏の感想をお話
しました。

春から、例年以上にバタバタと過ごし、あっという間に発表会本番を迎えた感じです
が、終わってみますと、6月の発表会も悪くないと思いました。

夏休み期間は、学校の授業はお休みですが、部活や塾の夏期講習など、普段以上に
忙しく過ごす生徒さんも多く、また、旅行や帰省の予定も、発表会が終わっていれば
立てやすくなります。発表会当日も、会場が遠いと暑い中での移動は、思いのほか
負担になります。

来年の発表会も6月開催にしようかしらと、ご一緒した先生と話しているくらい
です。

来週から、また普段通りのレッスンが始まりますが、発表会での経験を今後の演奏に
繋げてもらいたいと思っています。



[ ピアノ曲・無料楽譜/有料楽譜 ]

インターネットで見つけた無料の楽譜をご紹介するコーナーです。

今回は、ソナチネアルバム第1巻より第14番 モーツァルト作曲ソナチネ K.545 の
第3楽章をご紹介します。前回ご紹介した作品の第3楽章です。

第3楽章は、見開き1ページの短い終楽章になります。

ロンド形式で作られていて、最初のメロディーが曲の中で何回か登場するため、
暗譜が紛らわしくなりますが、曲の構成を把握して、注意しながら弾きましょう。

右手の8分音符3つの並びが、小さなメロディーの塊になり、高さは異なりますが同じ
形が2回続けて書かれ、同じフレーズが右手よりも少し遅れたタイミングで左手に
伴奏として登場しています。同じモチーフが、メロディーにも伴奏にもなるという、
なかなか珍しく面白い音楽の作りになっています。

今回ご紹介する楽譜は、指番号にいくつか誤りがあります。

1小節目2拍目裏の右手の重音の指使いが、2番と5番と書かれていますが、3番と5番の
誤りです。
5小節目1拍目裏の左手の重音も、3番と1番と書かれていますが、2番と1番の誤り
です。

単音での連打と同じように、重音の連打も指を替えて弾いていくと、音のコント
ロールがしやすくなりますので、練習してみましょう。

3小節目から4小節目に移る時に、右手のメロディーが途切れることなくスムーズに
流れるように注意し、4小節目に書かれているデクレッシェンドは、やりすぎない
ようにしましょう。あまり弱くしてしまうと、フォルテで弾く2拍目からのフレーズ
への進行がスムーズに出来なくなってしまいます。

8小節目最後の左手の音は、直前で弾く音から1オクターブ低くなります。強くなら
ないようにしましょう。

9小節目から、新しい場面に変わります。伴奏の形が大きく変わりますが、テンポが
変わってしまったり、バタバタとした印象にならないように、軽やかさを忘れずに
弾きましょう。

10小節目の右手の連打は、重くならないようにしましょう。

11小節目は、2拍目の音が1オクターブ以上高く跳躍します。焦ってしまうとテンポが
乱れたり音を間違える可能性がありますし、フレーズが分かれるとはいえ、あまり間
が空いたりするとおかしな演奏になってしまいますので、落ち着いて弾きましょう。
左手の伴奏は、ベースの音がド、ドのシャープ、次の小節でレというように、半音階
で上行してフレーズとなっていますので、少しだけ強く弾くと綺麗です。

13小節目後半からは、最初のメロディーの形が出てきますが、9小節目からの大きな
塊が終わったわけではありません。新しいフレーズは、21小節目の2拍目から始まり
ます。20小節目の右手は、半音階で下降してきますが、テンポは変えずにデクレッ
シェンドだけで、中間部の終わりを表現していきましょう。

29小節目後半からは、左手にメロディーが登場し、31小節目後半には、右手にメロ
ディーが移っていきます。

34小節の右手の連打は、攻撃的にならないように弾きましょう。

35小節目、右手は小さな音階的なフレーズで上昇し、左手のベースラインも同じよう
に上昇していきますので揃えて弾きましょう。

37小節目からは、左手の伴奏系がガラッと変わります。両手での音量のバランスに
注意しましょう。

41小節目後半からは、また最初のメロディーの形が右手に現れ、43小節目後半からは
左手に現れます。

45小節目から49小節目にかけては、テンポが速くなりがちな部分なので、十分に気を
付けましょう。

53小節目から、最初のメロディーが再登場し、61小節目後半からは、曲の最後に向
かってコーダ部分が始まります。強弱記号に注意して弾きましょう。

69・71小節目は、両手でユニゾンという同じ音形を弾きますが、スタッカートの長さ
が両手で異なる事が無いように、また、フォルティッシモで弾きますが、軽やかな
音楽であることを忘れずにテンポにも注意して弾きましょう。

70・72小節目の右手は、ほとんど重音で弾きますが、バラバラにならないように揃え
て弾きましょう。


無料楽譜:ソナチネアルバム第1巻より第14番 モーツァルト作曲ソナチネ K.545 第3楽章
http://www.ongakunoohanasi.com/free-scores/sonatinen/sonatinen14_k545_3.pdf

(楽譜はPDF形式です)

有料楽譜
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111012116 (Amazon)


==================================================================
ご意見ご感想は、このメールに返信してください。
info@convivace.jp 宛てにメールが送られます。
(特定電子メール法に基づき、このメールアドレス宛には広告宣伝メール、
迷惑メール等を送信しないようお願いします。)

con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)のWebページ:
http://www.convivace.jp

Copyright(C) 2018 con Vivace. All Rights Reserved
================================================================== 

ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週(月曜日)
最新号 2018/06/11
部数 376部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週(月曜日)
最新号 2018/06/11
部数 376部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング