田中優の“持続する志”

第633号:『 新しい年を「暮らしの文化力」の始まりに 』


カテゴリー: 2018年01月29日
□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第633号
2018.1.29発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


Contents
…………………………………………………………………………………

1.『 新しい年を「暮らしの文化力」の始まりに 』

2.田中優 有料・活動支援版メルマガご購読料の使いみち
クラウドファンディング「ミャンマー地雷被害者に初めての義足を。新しい一歩を共に!」

3.白根山と浅間山と八ッ場ダムと東京

4. 「何のための水道民営化なのか」

…………………………………………………………………………………


□◆ 田中 優 より ◇■□■□


『新しい年を「暮らしの文化力」の始まりに』


■「文化」とは何だろう?


 「文化」という言葉は、なんだか「隠し芸」のようではないか。「文化祭」のよ
うなイメージのせいか、私たちは本当の「文化」を知らないままなのかもしれない。
文化は生活の外にあるものではなく、生活の周囲にあるものだと思う。「アートだ、
芸術だ」と外部にあるものを堪能するのもいいのだが、もっと身近な生活の中にも
大切なものがある。それが「暮らしの文化力」だと思う。

 何をどう食べるのか、取り巻く環境をどう利用して暮らすのか。そうした当たり
前の暮らしを「生活文化」と考えると、予想もしなかった重要性に気づく。


 「文化」とは余所行きの衣装だけでなく、機能性、必要性に裏打ちされた普段着
も含むものだ。もし滅多に着ない余所行きなら、日常には文化がなくなってしまう。
普段の生活自体の文化性を持ちたい。こんな話を聞いてどう思うだろうか。



■ブラジルの伝統食「フェジョアーダ」の由来


 ブラジルの伝統食とされる「フェジョアーダ」という料理の話だ。「一般的には
アフリカから連れてこられた奴隷たちがブラジルで考案した料理」とされ、農場主
らの食べる豚の上質な肉を取った残りの内臓などの部分に豆などを加えて煮込んだ
ものだ。

 それがどうしてブラジルの伝統食となったかというと、彼らは通常、家庭内で料
理をしない。料理は雇った家政婦たちが料理をする。家には台所がなく、家の外に
建てた小屋に住む家政婦たちが調理をする。その家で育つ子どもたちは、お腹をす
かして帰ると「お腹空いた~、なんか食べたい」と、真っ先に家政婦小屋に行く。
差別はあるが、人間に対する愛情は溢れている彼らの社会では、「これならあるけ
ど、食べる?」とフェジョアーダを出す。それは暑熱のなかで労働に就く奴隷の塩
分を補う食事であり、一般的には塩辛い。それがさんざん外遊びしてきた子どもた
ちにとってはちょうどいい。ばりばり食べて腹を満たす。


 その「食」の記憶が「フェジョアーダ」をブラジルの伝統料理にしたのだろう。
本来なら「ご主人」たちの食卓には並ばない「くず肉と余り野菜」の料理が。日本
の「ホルモン」と同じだ。「放るもん」だった内臓肉から作った焼き肉が「ホルモ
ン」になったという説がある。虐げられていた人たちの文化が、高慢で上品ぶった
文化に勝つこともあるのだ。


 ぼくは暮らしに根ざしたものを文化と呼びたい。流行りものを「高尚な文化」で
あるかのように扱う権威主義者もいる。それはかつての文化のミイラではないか。
「河原乞食」と呼ばれた人たちの作った文化のミイラを、ありがたがっているよう
に見えるのだ。


 ぼくが文化と呼びたいのは「余所行き」でない普段着の方だ。「高尚」でなくて
いい。必要性と機能性が備わった、いわば猥雑なものだ。「作務衣」や「つなぎ」、
毎日食べる「弁当」や三食の食事、そこにありがたさなんてない。でも肉体を酷使
する奴隷たちが塩辛いものを必要としたみたいに、生きざまと直結したものだ。
時間のないサラリーマンに低価格ですぐに食べられるファーストフードやハンバー
ガーは、今の必要性と機能性を備えている。暮らしが変わらなければそのまま定着
するだろう。


 しかしその中で商業主義によって失われつつあるものもある。特に気になるのが
「調理」という文化だ。まともな味覚をもっていたら食べられないようなもの、
甘いだけのお菓子や果物、刺激だけしかない食品、給食で出される囚人食みたいな
食器、こんな味気ないものに慣らされたら、食はとても貧しいものになってしまう。
餌ならそれでもいいが、人の健康や体を維持することのできないものになってしま
ったら困ってしまう。



■「暮らしの文化力」


 同じ貧しい家庭でも、大きな違いが見えてくる。一方はより多くの金額を支払い
ながら不健康で、他方は少ない金額で健全に暮らしている。外食より家で作って食
べた方が安上がりになることが多いし、その栄養価に至っては大違いだ。アメリカ
では貧しい人たちの方が肥満体だ。カロリーの高い炭水化物と油脂を食べ、しかも
腹が減りすぎてから短時間に大量に食べるので肥満になりやすい。そして栄養価や
微量栄養素の少ない食事をしているからそのせいで病気になりやすく、免疫力や復
元力に乏しい。


 他方、安い食材しか買えず、貧しいはずなのに頑強な体を維持する人たちもいる。
屑野菜や納豆を買い、煮汁も利用して食べている。この違いが暮らしの「文化力」
の違いだ。

 第七の栄養素と呼ばれる「フィトケミカル(ファイトケミカルとも言う)」が免
疫力や復元力を支えているが、その植物の化学物質は「種、皮、成長点」に多く含
まれ、しかも硬い殻に覆われているて、ほんの数分湯がかないと染み出て来ない。
「フィトケミカル」は、野菜の持つ色や苦みに含まれる抗酸化能力を持った化学物
質のことだ。


 たとえばカレーを考えてみよう。カレーを作るときのニンジンも玉ねぎも、皮を
剥かれて成長点を取られ、栄養になるフィトケミカルを捨ててから作られる。つま
り栄養的にはカスばかりを食べることになる。でも知っていれば「皮や成長点、種」
だけ別にして出汁網に入れ、カレーの出汁汁に使うだろう。それだけで深みにある
味になり、大切な栄養やフィトケミカルを摂ることができるのだ。


 この違いが大きい。一方はカスだけしか入ってない深みのないカレーを食べ、他
方は栄養価の高い抗酸化物質たっぷりで深みのある味のカレーを食べる。この味の
違いに気づければ、栄養価の低いカレーを食べる気にはならなくなる。この味の違
いがわかる能力こそ「文化力」だ。本物の調理に触れていたかどうかの違いによっ
て培われ、経済的な貧富の差ではないのだ。


 そうした「暮らしの文化力」の違いはたくさんの局面に現れる。百年持つ家具や
家と、耐久性のない流行のものとどちらを選ぶかが、経済的にも健康的にも大きな
差をもたらしていく。


 だからこそ思う。大切なのは「暮らしの文化力」の違いなのだ。目には見えない
この力を鍛えたい。それこそが未来の暮らしを明るくするだろう。



(川崎市職員労働組合様へ寄稿したものを、好意を得て転載しています。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆田中優 有料・活動支援版メルマガご購読料の使いみち
クラウドファンディング「ミャンマー地雷被害者に初めての義足を。新しい一歩を共に!」 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



有料・活動支援版メルマガをご購読頂いている皆様、
いつもご支援を頂き誠にありがとうございます。

皆様から頂いたご購読料は、田中優の活動の力となっいますが、
この他にも田中優がおススメする活動や人の支援にも充てさせて頂いています。

今回こちらの活動の支援金として、購読料の一部を回させて頂きました。

先回のメルマガにてお知らせしましたプロジェクトです。



『ミャンマー地雷被害者に初めての義足を。新しい一歩を共に!』(2/5まで)
https://readyfor.jp/projects/jcbl-myanmar


なんと、嬉しいことに先日支援金が第一目標金額に達しましたので、
プロジェクト成立がしました!

現在は第二目標のためにまだまだご支援を募集中とのことです。
第二目標が達成すれば、あと5名分の義足が作れるようです。

これからも微力ながらたくさんの人の応援をしていきたいと思います。

田中優有料・活動支援版メルマガのご登録・詳細はこちらより
http://www.mag2.com/m/0001363131.html


ご購読で田中優や他の方の活動の応援を下されば嬉しいです。
もちろんメルマガの内容も、田中優が毎回必死で調べ上げて書いています(笑)

 ↓

【2018年1月26日追記:ネクスト・ゴールを設定いたしました!】
 
お陰様で、第一目標である金額を達成することができました。
義足製作費(25人分)の費用に充てることができます。本当にありがとうございます。

皆様の温かい応援と励ましのお言葉をこれからの活動のエネルギーとして
次の目標を120万円と設定させていただきます。

今後いただいたご支援は、
追加で5名分の義足制作費用に使用させていただければと思います。

このクラウドファンディングで、
みなさんと一緒に30人に義足を提供していきたいと思います! 

ひとりでも多くの地雷犠牲者が新たな一歩を踏み出すために、
どうか変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 白根山と浅間山と八ッ場ダムと東京 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

白根山と浅間山はすぐ近く。

(地図はこちらより↓)
https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/27073096_1640400856016561_8454712288989950329_n.jpg?oh=a9f1f33493b3a031516ff602d5e95879&oe=5B22B6B0


そして八ッ場ダムはこの浅間山の噴火によってつくられた谷に造られる。

巨大ダムなので噴火の時は東京も洪水に呑まれる。
八ッ場ダムはやめたら?


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「本白根山「想定外」の噴火、隣接の長野県も警戒強める」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000004-wordleaf-l20



━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「何のための水道民営化なのか」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優有料・活動支援版メルマガ2018.1.15発行号は

「何のための水道民営化なのか」 です。



水道の民営化の話が国会で加速しています!

民営化されると何が起きるのか?
誰が得をするのか?
本当に必要なのか?
解決策は他にないのか?


1/末までのご登録で無料でお読み頂けます。
http://www.mag2.com/m/0001363131.html


 
▼以下、メルマガ本文より

 事実上、好き勝手に水道料金を含めて変えることが出来てしまうのだ。
世界では1980年代から民営化が流行り、料金を安くするとして推進された。
その結果はどうなっていたのか。いくら調べても安くなったという報告はない。
逆に高くなったという事例は枚挙にいとまがないほどだ。 
 
 考えてみれば当たり前だ。水道の民営化ということは、公営なら必要がなかっ
た民間会社の株主などへの「利益」が加わるのだから、安くなるはずがないのだ。
そして民営化したどの国でも、水道料金は値上がりした。

しかも水質の悪化も進んでしまうことが多かった。おかげで水質悪化に伴って病
気の発生した国も多く出た。そのために今やそれらの国で進められているのは
「再公営化」なのだ。


 ところが周回遅れの日本では、今更ながら水道民営化が進められようとする。
実は昨年にも同じ動きがあった。2017年3月に水道法の「改正」が閣議決定され、
民間事業者が参入しやすいように改正される予定だった。ところが「モリ・カケ」
解散により、「水道法改正案」(193閣法49号)は審議入りすらせずに、
完全に廃案になったのだった。


 それが今回実施されることになったという内容だが、前回よりも値上げの手続
きが簡素化されている。まるで水道料を値上げすることが前提になっているよう
な法改正なのだ。


 直面する課題解決のためと言うが、何が課題なのかよくわからない。
何のためなのか知るために一つひとつの理由を検証してみよう。 ・・・

 

◆ こちらもご参考ください◆ 

2017.9月にアップされました田中優の原稿です↓ 
(Facebookでは1,500以上のいいね!を頂いています!) 
 
『官僚だけが大儲け。
日本を破壊する「水道民営化」のトリックに騙されるな=田中優 』
http://www.mag2.com/p/money/308966



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第154号「何のための水道民営化なのか」(1/15号)

・第153号「2018年の未来像」(12/30号)

・第152号「「大地の再生」を考える」(12/15号)

・第151号「懐かしい金沢への旅」(11/30号)

・第150号「エコロジカルフットプリント+時間軸」(11/15号)



田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,842人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式web shop https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/05/17
部数 6,169部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/05/17
部数 6,169部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング