田中優の“持続する志”

第610号:9/16(土)天然住宅お住まい見学会+田中優セミナー&味噌作りワークショップ@東伊豆


カテゴリー: 2017年08月31日
□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第610号
2017.8.31発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


Contents
…………………………………………………………………………………

1.9/16(土)天然住宅お住まい見学会+田中優セミナー&
  味噌作りワークショップ@東伊豆

2.『「セルフインフラ」が未来をポジティブに変える 後編』

3.「学校へ行きたくないあなたへ 味方はココにいます」

4.田中優インタビュー『 がんじがらめの社会にサヨナラを 』


…………………………………………………………………………………



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆9/16(土)天然住宅お住まい見学会+田中優セミナー&
  味噌作りワークショップ@東伊豆◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


天然住宅共同代表の田中優もそのひとり。
東日本大震災後、岡山県に移住しました。

最近では畑で野菜を育てたり、
地域に暮らす人たちと自宅でBBQを定期的に開催するなど、
すっかりその土地に馴染んでいるようです。
都会から地方へ、住まいや暮らしをシフトする。
これからもこの流れは続いていくように思います。


今回、お住まい見学会を開催させていただくD様ご夫婦も、
住まいや暮らしをシフトする選択をされました。


かつては都内の高層マンションに暮らしながら、
湯河原にて週末田舎暮しを楽しんでらっしゃいましたが、
ご主人の早期退職後、本格的に農業の勉強をはじめ、オリーブ農家に転身しました。

導かれるように辿り着いたのは、5000坪ある東伊豆の土地。
この場所に天然住宅を建て、現在は農業をしながら、
電気も自給する暮らしをされています。
 
D様にはやりたいことがたくさんあります。
『発酵食品のワークショップ』や『農家民宿』など、
これからこの家で少しずつ実現していく予定です。
 
きっかけや理由はさまざまですが、暮らしや住まいを通して、
これからの生き方を見つめ直すのは、とても自然なことかもしれません。


今回の見学会では、

『今後の社会経済を見据えた新しい暮らしの提案、
そして、食やエネルギーなど自立した暮らしをテーマ』

にしたセミナーも行いたいと思います。


地方移住に興味のある方、
食べ物や電気の自給に興味のある方、
リタイア後の暮らしのヒントを得たい方、
もちろん天然住宅の建物を体感してみたい方も。

ぜひ、足をお運びいただければと思います。



当日は、建て主様による『味噌づくりワークショップ』も開催します!


鉄釜で茹でた無農薬の大豆や、建て主様自ら作った米麹、
天日干ししたお塩で作ります。


天然住宅の空間で発酵食品を作ると、
“(発酵が)かなりスムーズにすすむ”と言っていただくことも多いです。


昔から発酵食品の保存には杉の樽などが使われ、麹室も杉で造られていました。
無垢の杉材で建てた家だからこそ、関係性があるように思います。
こちらも合わせてお楽しみいただければと思います。


☆住まいの特徴 ☆

□アンビエックスによるオーダー設計
□ 2016年お引き渡し
□ ご夫婦ふたり暮らし
□ 木造2階建て軸組み工法(133.63平方メートル)
□ 地元静岡県の天竜杉(天然乾燥材)を使用
□ 無垢杉とステンレスで造ったオリジナルキッチン
□ 檜風呂
□ モザイクタイルをあしらった洗面所
□ 温熱環境を高め、見た目にも美しい木製サッシ
□ 無垢材で造ったたっぷり収納家具
□ ご主人による手造りのウッドデッキなど


■日時  2017年9月16日(土) 午後12時半~午後4時
              (見学会のみ参加の方は午後2時~4時)

■場所  静岡県賀茂郡東伊豆町(最寄駅:伊豆急行線「片瀬白田駅」)
    ※駅から送迎します(現地まで約10分)


■参加費  見学会のみ参加の方:無料
      味噌づくりワークショップ参加の方:2,500円/おひとり

■内容  見学会+田中優セミナー
     味噌づくりワークショップ(希望者のみ)

■お申込はこちらより  
天然住宅HP http://tennen.org/event/higashiizu.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆『「セルフインフラ」が未来をポジティブに変える 後編』◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8月30日発行しました田中優有料・活動支援版メルマガ は、

『「セルフインフラ」が未来をポジティブに変える 後編』です。


8/15号でもありました、人口がどんどん減少していく日本の記事。
田中優が考えるその2つの原因と、
それを解決するための方法を地方活性化の面から考え、
それらを実践している例を色々とあげてみました。

田中優がオススメする、本物の地方の作り手がいくつも出てきます♪


<主な項目>

・「末代物」の思想 
・日本酒「桶買い」の悲劇 
・中国と闘うか、欧米と闘うか 
・残っているホンモノ 
・「水たまりに釣り糸を垂れない」
・ネット販売を利用して地域活性を 


8/31までのご登録で、8/15号とこの8/30号が“無料”でお読み頂けます。

ご興味のある方はぜひ!

★ご登録はこちらより →  
田中優の未来レポート http://www.mag2.com/m/0001363131.html


※なお、まぐまぐ経由のクレジット払いではなく、銀行口座へお振込みによる購読方法もあります。
お問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡ください  → info@tanakayu.com



9月の有料・活動支援版メルマガでは、
ご購読者様への感謝の気持ちを込めて、
昨年にもお知らせしました書き下ろし原稿の無料プレゼントも
予定しています。どうぞお楽しみに!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「学校へ行きたくないあなたへ 味方はココにいます」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


共同メッセージ「学校へ行きたくないあなたへ 味方はココにいます」
 不登校新聞 2017.8.30 https://futoko.publishers.fm/article/16193/


『つらければ学校を休んでいい、学校から逃げていい』というメッセージを
聞いたことがあるかもしれません。

『学校へ行きたくない』と思っているのは自分だけなんじゃないか。
つらいことがあったからといって、逃げてしまうのはダメなんじゃないか。
学校を休んだあと、自分の将来はどうなってしまうのか。

そんな思いを抱えながら学校へ行き続けてきたあなたにとって
『休んでいい、逃げていい』というのは、
もしかしたらそんなにかんたんな話ではないかもしれません。


でも、今、学校はあなたにとって、安心で安全な場所ですか。
まわりに合わせるために、自分らしくないキャラを演じたりしていませんか。
親に迷惑をかけないよう、ひとりきりで乗り切ろうとしていませんか。

学校のことを考えるのがつらくてどうしようもないとき、
『自分の味方なんていない』という考えが頭をよぎることがあるかもしれません。
そのあなたに、伝えたいことがあります。


あなたがあなたのままでいることを支えてくれる味方はココにいます。
みな、あなたの今に寄り添い、明日のことを一緒に考えてくれる味方です。


“私の話を聞いてほしい”と思ったときには、「チャイルドライン」があります。
18歳以下であれば誰でも無料で電話がかけられます。
あなたの思いを大切に受けとめる大人がいます。

“学校以外で通える場所がほしい”と思ったときには、「フリースクール」があります。
全国100団体が加盟するネットワークのなかには、
この時期に無料で体験入会ができるフリースクールもあります。

“親にわかってほしい”と思ったときには、「全国ネット」があります。
長年、不登校の子を持つ親の想いと向き合ってきました。
『学校へ行きたくない』というあなたの気持ちをどうしたら親の方にわかってもらえるか。
そのヒントが得られます。

“いじめにあってつらい”と思ったときには「ストップいじめ!ナビ」があります。
いじめや嫌がらせから抜け出すための具体的な相談先やアイテムなどの情報を、
ウェブ上で教えてくれます。またメンバーには、いじめ問題にくわしい弁護士もいます。

“不登校経験者の話が知りたい”と思ったときには、「不登校新聞」があります。
不登校のきっかけや不登校した後にどのような人生を歩んできたのかなど、
実際の体験談を載せています。


『学校を休みたいけど、休めない』と思ってつらくなったとき。
自分の気持ちを誰かに話したくなったとき。
どこか通える場所はないかと探したくなったとき。
いじめや不登校について知りたくなったとき。

あなたの味方がココにいることを思い出してほしいのです。


2017年8月25日
NPO法人全国不登校新聞社
NPO法人チャイルドライン支援センター
NPO法人フリースクール全国ネットワーク
NPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク
NPO法人ストップいじめ!ナビ



【緊急メッセージ 明日、学校に行きたくないあなたへ】 (再シェア)

田中優より 

「子どもの自殺が突出するのが9月1日。苦しんで学校に行くより行かない方がいい。
宿題程度の悩みならしないで行った方がいいけど、死ぬほど悩むんなら行かない方がいい。
ぼくは学校に行かないことが多かったけど、なんとか普通に生きています。」  


▼緊急メッセージ 明日、学校に行きたくないあなたへ
(不登校新聞 2015.8.18)
https://futoko.publishers.fm/article/9112/…


★こちらもご参考に!★


▼「9月1日は子ども自殺最多 樹木希林からのメッセージ」
 https://futoko.publishers.fm/article/9204/


▼「夏休み後の登校、無理しないで 自殺防止へ団体呼びかけ」(朝日新聞2017.8.30)
 http://www.asahi.com/articles/ASK8V3T7BK8VUTIL009.html?ref=nmail



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆田中優インタビュー『 がんじがらめの社会にサヨナラを 』◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今回は、地方公務員として勤めるかたわら※、市民バンクを始められるなど、
積極的に金融問題や環境問題について取り組まれている田中優さんの
インタビューを掲載する。

※この記事は2006年10月15日『Fonte』204号に掲載された記事です


■「させられる」から「する」側へ

――田中さんはどんな学生時代を送りましたか?

 俺は高校を7回クビになったの(笑)。昔から、なぜか試験だけはやたらに強く
て、いい成績で学校に受かるんだけど、すぐ中退になっちゃう。どこの高校に入
ってもすぐケンカを売られるし、教師とはぜんぜん意見があわない。それと押し
つけられるのが絶対にイヤだから、まあ、学校にはまったく向かないタイプ(笑)。
 
 ただ、当時はやっぱり高校を卒業したくて。毎回「今度こそは」っていう気持
ちで入学してた。最後まで諦めがつかなかったなあ。親に援助を受けるのがイヤ
で、働きながら、何度も何度も高校に出たり入ったりして……、あのころは圧倒
的にコンプレックスが強かったね。「人間のくずっていうのは俺みたいなヤツだ」
って、そう思ってたから。


――その後、大学に進学されていますが

 結局、最初の高校入学から5年後に大検を取ったの。大検は楽だったよ、最初か
ら、受けときゃよかった(笑)。
 
 大検を取って、その後は夜間大学に入学しました。一年目は車の免許を取った
ので、乗りまわしているのが楽しくて楽しくて。仕事をして、明け方までドライ
ブをして……、もう寝る時間もないんだから、学校行く時間はもっとない(笑)。
そのまま辞めようと思ってたんだけど、学生運動が後期試験をつぶしてくれた。
試験の代わりに送られてきたレポートを好き勝手に書いたら、全部いい成績で評
価された。生まれて初めて評価されたんだ。「大学も悪いところじゃないな」っ
て思っていく気になったんだ。それで2年目からはすこしまじめに、3年目にはさ
らにまじめに通った。結局4年間で、あり余るほど単位を取って卒業したんだ。


――いつから環境問題を考え始めたのですか?

 やっぱり、自分の子どもができてからかな。それまでは、モラトリアム人間っ
て言われるほど、責任をとらずにやってきたの。でも、子どもができたら逃げら
れないじゃない。正直、ビビったよ(笑)。けど、子どもは親しか頼れないわけ
だから、さすがに「何とかしなければ」っていう気持ちになりました(笑)。
子どもが生まれたことと1986年のチェルノブイリ事故が重なったのが、大きかっ
たんでしょうね。


――学校や会社「組織」が人を苦しめる仕組みになっていますよね。

 いわゆる「発展途上国」に行くと、「生きていければ何をやってもいい」とい
う自由さが当たり前にある。けれども、日本の場合は、組織のなかで徹底的に自
分の考えや発想が規制されて、協調性が求められる。結果、しつけられちゃう。
原発の必要性を聞けば、学生の半数以上が「原発はよくない」って答えるのに、
電力会社の社員になると全員が「必要だ」と答える。社員のほうは、まったく自
分の頭で考えていない。もう社畜と言っていい。
 
 組織はさまざまなキャラクターが集まるほど活性化する。組織が個性をなくさ
せるのだったら、そんな組織はないほうがいい、そう思うんですよ。

「発展途上国」に行くと、子どもたちが、とにかくおもしろがって生きてる。
「生きるのがおもしろい」っていうのが大前提。そう感じられない社会や組織の
ほうが、やっぱりおかしい。

 
■安全な働き方


 ――しかし、「会社」に属さなければ経済的には苦しくなります。

 自分の収入源が「会社だけ」と一本化してしまうと苦しいね。結果的にクビに
されるのが怖くて、社畜にすらなってしまう。もし、会社だけでなく、別の稼ぎ
口がいくつかあると、生活のセキュリティ(安全性)という面では向上します。
 
 絵が好きだったり、写真が好きだったり、そういう自分の好きなことを同時進
行させて稼ぎ口にしていく。形にしたことは、臆せずにコンテストとか、いろん
な場所に発表したらいいと思う。他流試合というか、そういう場に出すことで、
自分の可能性を試していくのが大事でしょうね。
 
 僕も含めて、学校社会にあわない人は、早くサヨナラしたほうがいい。そして、
開き直って自分を信じられたらもっといいと思う。


――個人の可能性を見つけられるかは大事ですね。

 「発展途上国」に対して、識字率向上のための教育運動があるでしょ。NGO
関係者って高学歴の人が多いですよ。そういう人が、識字教育向上を考えると、
たいがい「学校をつくりましょう」っていう発想になっちゃう。でも俺は文字を
マンガで覚えた。いま、世界で一番おもしろいストーリーマンガは日本にしかな
いんだから、マンガを現地語にして売ればいいんだよ。おもしろいマンガがあれ
ば、すぐ文字なんて覚える。学校なんかつくっちゃダメ(笑)。
 
 いろんなところにニーズがある。俺もNGO活動を始めたころは「権威」にビ
ビってたところもあったんだけどね(笑)。「学歴がないから」と、みんなが寄
りつかないことが、本当はネックになってるかもしれないね。
 

■お金持ちがより金持ちに

――ひきこもりやニートをどう思われてますか?

 ひきこもり・ニートが、なぜ生まれたのか。構造的な問題だと思う。
 
 いま、日本を含めていろんな国で少子化が起きている。原因はどこもいっしょで、
高学歴が高収入につながるから。だから、親は高学歴のために高額の学費をかけて
いく。当然、学費が払える範囲でしか子どもをつくらないから、少子化が進むよね。
バーンと学費をかけたのに、子どもが一浪し二浪し何もしなくなって、親は気づく。
「学校に行かせるより安上がりだな」って(笑)。親の稼ぎで食えるうちは、それ
でいいじゃない。それよりも、とにかく、この輪廻のような、がんじがらめになっ
ている社会からどう抜けるかだよ。別に家で何年もグダグダ過ごしてもいい。学校
や会社……、がんじがらめの社会に、どれだけ自分がとらわれていたのか、逆にど
う抜け出すかを考える機会にすればね。
 
 社会の構造全体が閉塞的な構造になっている。このどうにもならない状況を素直
に認めてるしかないと思う。ムリに幻想を持って合わせようとする必要はない。
それより自分たちがどんな社会を目指したいのかを探すほうがいい。その前段階と
して、時間をかけて自分や社会を問うってのはいいと思う。「おかしいぞ」って疑
い始めることが積極的に動く、「する側」へまわりはじめるきっかけになるんだか
ら。

 これは、ひきこもりだけの問題ではなく、この社会では、多くの人が受動的に
「させられ」ているんだ。「させられる社会」ってのは、まったくおもしろくない
よ。ミスをしても責任をとらなくていいけど、逆に何一つ自分の功績にはならない。
自発的に「する」側に切り替わらないと、おもしろいことは起きない。


――多くの人が徹底的に「させられ」ていますね。

 やっぱり社会のほうがおかしくなったんだよ。しかも、本当にどうにもならない
ところまできちゃった。どんなにクソまじめに働いたって、たいした報酬が得られ
るわけじゃない。200年ほど前のマルクス・エンゲルス時代から比べると、はるか
に労働生産性が向上しているんだから。以前よりはるかにすくない労働ですむはず
なのに何も変わっていない。原因は誰かがかすめ取って、お金持ちがよりお金持ち
になる仕組みになっているからだよね。こんな社会に順応しなくていいと思う。
 
 できることの一つとして、生活費から考えるとおもしろいよ。たとえば、生活費
全体の10%程度を携帯料金に支払っているとする。もし携帯電話に代わる仕組みを
つくって、その仕組みに100人の人が乗っかってきたら……、10人の人の生活費が
出せることになる。それは電気料金でも家賃でもいいけど、生活費のなかで大きな
パーセンテージを占めるものを、別の仕組みに転換してしまえばいい。

 
 それと、何か「やろう」と思ったら、仲間を巻き添えにすることだよね。共感で
きる仲間を集めて、いっしょに次の時代の仕組みを築いていく。俺の考えでは仕組
みを変えなくては、どうしようもならないと思っているから。自分と相手、相互に
「利」がある仕組みをどうつくってけるか、それが大事だと思っています。


 https://futoko.publishers.fm/article/1629/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第145号「セルフインフラ」が未来をポジティブに変える(8/30号)

・第144号「セルフインフラ」が未来をポジティブに変える(8/15号)

・第143号「木を活かす(下)」(7/30号)

・第142号「木を活かす(中)」(7/15号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

<<2017.1.9発売>>
■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,789人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/11/21
部数 6,323部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/11/21
部数 6,323部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング