田中優の“持続する志”

第592号:『 自分で考えないと危険な日本 』


カテゴリー: 2017年05月26日
□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第592号
2017.5.26発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


※このメルマガは転送転載、大歓迎です。


Contents
…………………………………………………………………………………

1.『 自分で考えないと危険な日本 』

2.5月30日(火)「未来バンクと未来をつくる作戦会議」

3. あなたのおカネも!?クラスター爆弾製造に融資した日本企業リスト

4.自然エネルギー、巨大送電線でのネットワークへ!?

5.田中優スタッフおすすめバックナンバー
  『お金の使い方で暮らしを変えよう』

…………………………………………………………………………………


□◆ 田中 優 より ◇■□■□


『 自分で考えないと危険な日本 』

 
■福島での森林火災


 この大型連休の始め、4月28日に発生した福島県浪江町の十万山で発生した山林
火災は、なかなか鎮火しない。いったん鎮火したかに見えたものの再び強風にあお
られ、再度燃え広がったためその後の鎮火報道はないままだ。


 帰還可能な地域にもなっていない浪江町での火災で、しかも除染も道路からわ
ずかしかされていないのだから、放射能汚染がたっぷりある地域の火災だ。
当然放射能の飛散が心配になる。ところが福島県は「浪江町の林野火災における
放射線モニタリング状況等について」というサイトで、「放射性物質が飛散する」
といった情報がインターネット上に流れておりますが、火災現場周辺の環境モニ
タリングおいても火災の発生前後で空間線量率に変動はなく、…周辺環境に影響
が及んでいる事実は一切ありません」と強く否定している。
 どちらが正しいのだろうか。


 「福島はもともと高い値なので検出できず、低い東京の方が5月1日に観測で
きた」とするデータもあったが調べてみると誤りだった。その日は雨が短時間降
り、雨とともに「ビスマス」という自然由来の放射性物質が落ちてきて高くした
もので、福島の森林火災の影響ではない。雨の日のデータは「ビスマスの影響に
要注意」なのだ。そうして見てみると、直接的な放射線量の影響はないようだ。


 それはそうだ。放射線は放射性物質から四方八方に飛ぶ。その放射線が小さな
検出器に当たらなければカウントされないのだから、よほどの量が飛んでこない
限りカウントできない。今の福島の汚染地は、ものすごく多い放射能が地表に存
在するおかげでカウントできるのだ。


 そもそも原発事故の放射能は6年経ち、汚染で見ると第二ステージに入ってい
る。第一ステージとされるのは事故後4年までで、4年目以降15年後までを第二
ステージと考える。なぜなら最初に出てくる放射性物質のうち、半減期が短く短
期間で安定して消えるものが多くあるからだ。その第一ステージが4年間なのだ。
 

 たとえば「ヨウ素131」は半減期が8日だからとっくに消えているし、「セシウ
ム134」は半減期2年だから四分の一まで減っている。その後には、半減期が30年
程度の「セシウム137」や「ストロンチウム90」などと、半減期が何万年という
「プルトニウム」など巨大な元素だけが残る。今回は森林火災で、原子炉の事故
ではないから新たな放射性物質の放出はないのだ。
 
 

■内部被ばくが危険


 なら安全なのかと言えば全く違う。特にセシウムは、せっかく木の内側や落ち
葉の中に安定していたのに、火災が「寝た子を起こす」ことになるからだ。セシ
ウムは反応性が高く、落ち葉や粘土などと反応して容易に分離しない状態になっ
ている。しかしセシウムは金属の中で例外的に気化温度が低く、森林火災の熱で
気化する可能性がある。気化したセシウムは小さな粒となって飛び散る。そこか
ら発せられる放射線量は多くなくても、呼吸や飲食物とともに体内に入れたとき
には危険になる。


 四方八方に飛び散る放射線が人体な当たる確率は、ちょうど球体に対する体の
表面積となるから、距離の二乗に反比例する。ところが体内に入れてしまえば確
実にどこかの細胞に当たる。これを「内部被ばく」と言うが、この影響の方が怖
いのだ。呼吸で取り入れないためには外出時にマスクをした方がいい。セシウム
は反応性が高いから、大きな玉になりやすい。花粉より大きい粒なら花粉症用マ
スクで防げるのだ。しかし気化したものはそれより小さく、特殊なマスクでない
と防げない。東京まで飛ぶ間には玉になっていると思うが、火災温度によっては
小さな粒子のままかもしれない。

 食べ物に降り積もっても洗えば落ちる。しかし一か月後からは食べ物の中に含
まれる。今ではなく、一か月後からの食べ物に注意が必要になるのだ。放射線に
よって壊される細胞と病気との関係は、「確率的影響」になる。誰が病気になる
かは特定できないが、浴びた量に比例して発病の確率が高くなるのだ。


 山火事を金輪際起こしてほしくないが、その確率は高まっている。落ち葉など
を分解している微生物や微小生物が放射能の影響で激減していて、落ち葉を腐葉
土に戻す速度が落ちているのだ。枯れ葉が分解されないから火災の可能性は高ま
っている。しかも福島県は冬に降水量が少なく、特に雪が溶けた後の4月から6
月は要注意となるのだ。


 人のいない浪江町には消防団の人たちもいないし監視する人もいない。もとも
と関東は冬場の北風で、北に降り積もった放射性物質が舞い上がる。冬場の1月
から3月はマスクをした方がいいのだが、火災を考えるとその期間がさらに長く
なってしまうのだ。しかもこれは今後もずっと長く続く事態になる。原発事故を
起こしてしまった国の宿命なのだ。

 春になっても山菜は食べられない。山菜やタケノコは特に放射能を集めやすい。
補償額は現金支出で計算するから山から得ていた山菜や木の実、魚などは金銭的
にも補償されない。不自由な上に補償すらされないのだ。
 
 

■闇に消される1082人の甲状腺がん


 さらに理不尽なのが山本太郎議員が明らかにした事実だ。4月14日、「復興特別
委員会」※でのこと、これまでの甲状腺がんの発症数は、すべてシナリオ通りに
福島県民健康調査の甲状腺検査の評価から、二次審査に進んでガンが発見された
ものだけに限定されていた。調査後に具合が悪くなって他の病院で通常診療を受
けたものも含まれていない。

 そこで別の資料から、福島県内の9つの病院で手術された甲状腺がんの数を尋ね
た。その答えはこれまでの184人ではなかった。一桁多い1082人だった。この数に
は一病院で年間10件以下の手術の場合は含まれない。その発症数を見ると、2013年
以降はそれ以前の二倍を超えている。これでも御用学者たちは「放射能の影響とは
考えにくい」と言うのだろうか。


 これは「ヨウ素131」の影響だから、今回の火災とは関係しない。しかし被害が
隠され、補償されないことを証明している。日本では自分たちで調べなければ
「死に損」になる。情報を得て自分で考えることが必要なことだけは確かだ。
 


(2017年5月上旬に川崎市職員労働組合様へ寄稿したものを、好意を得て転載しています。)


※「参議院議員 山本太郎」オフィシャルホームページ
2017.4.14 復興特別委員会「1082人の甲状腺がんについて」
http://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/7060




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆5月30日(火)「未来バンクと未来をつくる作戦会議」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


引き続き休眠預金の動向をチェックしつつ、
現在、すでに高額な奨学金返済に苦しんでいる若者の生の声を聞き、
未来バンクとして何ができるか議論していきましょう。

その他の課題提供も歓迎です。

ご参加をお待ちしています。 
どなたでもご参加大歓迎です。
 

■日時 5月30日(火)19:00~
 

■会場 文京シビックセンター区民会議室の5階会議室B
    東京都文京区春日1‐16‐21 tel 03-5803-1162
    東京メトロ後楽園駅・都営地下鉄春日駅 徒歩1分


■お申込:mirai_bank@yahoo.co.jp へメールをお願いします。 
 

■参加費:500円
 
■主催:未来バンク事業組合
    

※今回の「田中優スタッフオススメ」コーナーは、
この休眠預金や奨学金のことを書いています。
 『お金の使い方で暮らしを変えよう』ぜひご一読ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆あなたのおカネも!?クラスター爆弾製造に融資した日本企業リスト◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

「クラスター爆弾製造に融資した日本企業が

「三井住友フィナンシャルグループ、第一生命、
三菱UFJフィナンシャル・グループ、オリックス」

の4社との報道。

 あとみなさんの年金運用するGPIFも。

 この記事は写真が載ってるから使った。ばらばらに分かれてペプシの缶のような
色とサイズで落ちてきて、地表に触れると硬い金属片を周囲500メートルに飛ばし
て人を傷つける。被害の9割以上が民間人で、一番多いのが子ども。

 あなたのカネは、最も効率良く世界で子どもを殺すために使われている。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「【悲報】クラスター爆弾、日本のあの大企業が2200億円融資!ネットで大荒れ」
  http://www.yukawanet.com/archives/5217814.html より


 お隣の国の連日のミサイル発射報道は日本をヒヤヒヤさせる案件となりました。。
いつ飛んで来るのか、自分に被害があるのか。様々な不安な声があるわけですが、
それよりもその兵器を使い大量の尊い命を奪うという行為がよろしく無いという
認識は多くの人が持っているはずです。しかし開発するためにお金はかかります。
そのお金はどこから出るのか。


ークラスター爆弾日本の企業が融資?

 さてそんな兵器の中でとくに問題となっているのは「非人道兵器」として扱われ
る「クラスター爆弾」などです。ミサイルもそうですが、こちらの爆弾は上空から
爆弾を落とし建物や人的被害を与え、広範囲に損傷を与えます。そんなクラスター
爆弾、世界では「使用禁止」に向けて動いており日本も「ウェリントン宣言」で使
用禁止を支持しております

クラスター爆弾ウェリントン会議、日本も禁止に賛成
http://www.afpbb.com/articles/-/2354540?pid=2655792


 しかし本日の報道で、どうやら日本のとある大企業が開発するための融資を行っ
ていることが報道されているのです。その企業は「三井住友フィナンシャルグルー
プ、第一生命、三菱UFJフィナンシャル・グループ、オリックス」の4社です。

 合計2200億円という巨額を融資しているとオランダのNGOが発表したのです。
そしてこの額日本がNO1だというのです。

 使用禁止に反対姿勢を示す日本が開発のNO1というのは一体どういうことなので
しょうか。ネットで議論が交わされております。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆自然エネルギー、巨大送電線でのネットワークへ!?◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

「大切な自然エネルギーは利権の巣窟となってしまった。
挙句には巨大送電線でのネットワークへと進む。
大切なのは地域ごとに自給できるように、地域に分散させることではないのか。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「電力を輸出入する時代へ、世界最大市場の北東アジアに 」

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1705/22/news022.html より


 日本の送電網を他の国と接続することなど、最近まで想像できただろうか。
電力市場を変革する国際送電網の構想が、いよいよ日本を巻き込む形で現実味を
帯びてきた。中国や韓国、ロシアを加えた巨大な電力市場が国際送電網を通じて
形成される日は遠くない。

 すでに日本の周辺の海底には、数多くの通信ケーブルが張りめぐらされている
実績がある(図1)。意外に知られていないことだが、各国の領海の外側でも、
海底ケーブルを敷設する自由が国際条約で認められている。日本の周辺に海底ケ
ーブルを敷設する場合には、韓国やロシアとの間に排他的経済水域が存在するが、
二国間で合意を得ることができれば、その国際条約上の問題は生じない。


図1 日本周辺の海底通信ケーブル。出典:TeleGeography Submarine Map 2016

 海底ケーブルを敷設する経験は日本企業の間にも蓄積されている。通信ネット
ワークと同様に電力ネットワークを周辺各国とケーブルでつなぐこと自体は、
いまや技術と法制度の両面で可能な状況にある。


 アジアに国際送電網を展開する構想は21世紀に入って始まった(図2)。最も
早く着手したのは、韓国とロシアの研究機関による「北東アジア電力システム
統合プロジェクト」である。2002年に開始した共同プロジェクトの中で、ロシア
の極東地域から北朝鮮を経由して韓国まで、国際送電網をつなぐ計画の実現性を
検討した。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆田中優スタッフおすすめバックナンバー
  『お金の使い方で暮らしを変えよう』 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『お金の使い方で暮らしを変えよう』
   未来バンク事業組合 理事長  田中 優



◆今、改めて考える機会


 すでに記事で紹介したように、「休眠預金の活用」の問題が出てきたおかげで、
それをどう活用しようかという論議が生まれた。

 「休眠預金活用」の法律自体が実現できるかどうかは未だ不明だが、突然実現
したとしても対応できるようにしておきたいと、未来バンクの「作戦会議」で論
議を始めた。


 「制限を設けずにおカネを活用するとしたらどんなことをやりたいか」という
議論は、実現性はともかくとして楽しい提案の場となっている。そこで出された
提案は、未来バンクが直接実現できないものも多いので、「全国NPOバンク連
絡会」へ提示してみたいと思っている。その場なら多様な活動をするNPOバン
クがいるので、未来バンクでなくても実現できる可能性が増すからだ。

 ただし「休眠預金の活用」は、何でも融資・助成できるわけではなく、大雑把
に三つの方向に絞られている。

 それが「若者支援」「生活困窮者支援」「地域活性化」だ。その三つの方向に
対してできそうなことを挙げてもらった。



◆教育に対するケア


 たとえば「無利子の奨学金(若者の貧困対策)」がある。今や貧しさは大きく
広がり、大学に通う学生の三分の一近くが奨学金を借りているという大学もある。
しかも返済しなければならないどころか、複利の金利に経済破綻させられてしま
う人たちもいる。

 しかし、どうしたら融資対象者を見出すことができるのか。
「寺子屋塾に声をかけたらどうか」というアイデアが出されたり、生活クラブ生
協で実現している「地域協議会はどうか」というアイデアが出されている。さら
に「すでに奨学金負債を背負っている人の借換に対応できないか」、「教育機関
とは別のフリースクールに通うための奨学金は可能か」という論議も出されてい
る。


 また教育からドロップアウトしてしまう子どもは、「経済的な理由」以前に
「小学校中学年からすでに落ちこぼれている」可能性も高くある。早い時点での
ケアを考えないと対策にならないという意見、「高校中退者の中で、経済を理由
とする生徒が増えている」という報道もあるので、そこをカバーできないものか
という意見も出された。呼びかけ対象として、さらに「学校そのものに周知して、
生徒を推薦してもらう」という意見や、「大学自体の存立基盤の問題でもあるの
で、大学自体にも参加してもらう融資の仕組みが必要ではないか」という意見も
出された。



◆生活困窮者に対するケア


 「ひとり親(シングルマザー)の就職までの保育支援」も出され、「保育園に
入るためには就業実績が必要」ということから保育園入園以前に「保育ママ制度
やベビーシッターを利用するための資金」の提供や、「入園したとしても最初は
駅から遠い園となることも多いので、近くの保育園に入れるまでにお迎え代行等
にかかる費用」の給付などが必要ではないかという意見も出された。

 また衣食住の費用を節減していく方法として、自然エネルギを利用して電気や
ガスを自給していく方法などにはすでに融資しているが、住居そのものへの新た
な方法もまた求められている。


 「空き家対策(地域活性)」として「空き家を地域の施設(高齢者のコミュニ
ケーションなど)として利用できるようにリノベーションするための費用」であ
ったり、「ホームレス対策(貧困対策)」として住まい確保の融資や助成をして
はどうかという意見もあった。

 ただし、たとえば多重債務者に対する支援はただ資金だけで解決できるもので
はないので、それを専門とする「生活サポート基金」などにお願いした方がいい
かもしれないという意見が出された。



◆おカネに頼らず自給する


 ぼくはここから、おカネに頼らなくてすむ暮らしを実現したい。


 そこでまず、「お金がたまっている家」の費目の理想割合(「黄金律」と呼ばれ
ている)という数字を紹介したい。ファイナンシャルプランナーである横山光昭氏
が作成したものだが、以下のような比率になっている。

住居費: 25%、
食費: 15%、
水道光熱費: 6%、
通信費: 5%、
小遣い: 8%、
預貯金: 18%、
生命保険料: 4%、
日用品: 2%、
医療費: 1%、
教育費: 4%、
交通費: 2%、
被服費: 2%、
交際費: 2%、
娯楽費: 2%、
し好品: 1%、
その他: 3%、

これをグラフにしたものが以下のURLだ。
http://matome.naver.jp/odai/2137088408990716701


 この「模擬家計」から考えてみると、大きな支出から順に「住居費、貯蓄、食費、
小遣い、光熱水費、通信費、生命保険、その他」となっている。


 ということはたとえば、賃貸の住宅費から長持ちしてメンテナンスの要らない
住宅に変えたとすれば25%の支出が不要になる。二番目の「貯蓄」は後で分析す
ることにして、三番目の「食費」は農産物を半分だけ自給すると食費は16%から
8%に下げられる。「小遣い」もまた後回しにして、「光熱水費」を自然エネル
ギーで賄えば三分の一程度に下げられる。
 ここで減るのが4%、ここまでの合計で37%の節減が可能になる。


 さらに通信費は重複する固定電話を排し、さらに廉価な携帯契約に変える、
生命保険は合理的な全労済や県民共済のような共済保険の掛け捨てに変える。
すると支出は40%以上減らすことできる。

 さらに「貯蓄」は将来支出のためのものだから、支出が構造的に4割減るな
ら貯蓄すべき将来支出も4割少なくていい。



◆何のための存在か 


 そしてもうひとつ、役立つ構造的な変革方法がある。サラリーマンであれば仕
事とそれ以外ははっきり分かれるが、「自営業」の場合にはその比率は人それぞ
れになる。そこでサラリーマンなら定率の所得控除だが、自営業なら必要に応じ
て必要経費を差し引くことになる。


 ぼく自身の場合で言えば、出かけるのはほとんど取材だし、連絡を取るのも取
材がほとんどだ。「交際費」もまた取材などで控除すべきものを取ると、「小遣
い」の項目を含めてほとんど不要になる。「通信費」や「教育費」も同様だ。
趣味ではなくて、仕事に直結しているからだ。

 すると支出は変わってくる。我が家は「農の自給」はまだ実現していないが、
それでも元の「模擬家計」と較べて45%までに減る。


 簡単に言うと、同じ暮らしをしていても、支出は半分になるのだ。すると貯蓄
すべき金額も減っていく。


 家計の支出が半分なのだから、収入も半分でいい。そうなれば無理に会社に勤
めなくていいし、生活のために人に合わせる必要もなくなる。こうすれば、おカ
ネに頼る部分は半分に減るのだ。こうしておカネに頼らなければならない比率を
下げた分だけ、その人の暮らしは自由になる。


 私たちにとって大事なのはおカネではなく、自由に暮らせる時間ではないか。
その自由な時間を自分にとって大切な活動に振り向けることこそ、人間らしい暮
らしなのではないかと思う。人は会社に勤めるために生まれてきたのではない。


 自分らしい生き方をするために生まれてきたのだ。
このままでは、生まれてきた意味すら失いかねないだろう。

 そんな暮らしを実現するために、休眠預金や未来バンクの仕組みを役立てられ
たらいいと思う。



以上、2016.9.4発行 
「未来バンク事業組合ニュースレター No.88/2016年9月」より


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第138号「「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(中)」(5/15号)

・第137号「「主要農作物種子法廃止」にどう対処するか(上)」(4/30号)

・第136号「住まいを快適にするためのヒント(下)」(4/15号)

・第135号「住まいを快適にするためのヒント(上)」(3/30号)

・第134号「地域内ネット・フリーマーケットのすすめ」(3/15号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

<<2017.1.9発売>>
■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,716人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/12/15
部数 6,300部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/12/15
部数 6,300部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング