田中優の“持続する志”

第583号:「 田村淳の訊きたい放題!」田中優インタビュー動画文字起こし~ボランティアについて~


カテゴリー: 2017年04月10日
□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第583号
2017.4.10発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


※このメルマガは転送転載、大歓迎です。


Contents
…………………………………………………………………………………

1.「 田村淳の訊きたい放題!」インタビュー動画文字起こし
   ~ボランティアについて~
 
2.奨学金問題を公正にしたい
  元SEALDs 諏訪原健「奨学金借金1千万円の僕が嫌悪する安倍首相のキラキラ貧困対策」

3. 金儲けのためのメガソーラー 伊豆高原のメガソーラー建設計画

4. ヴァンダナ・シヴァさん「たねの支配を、許してはならない」動画あり 

5. 田中優スタッフおすすめバックナンバー
 「私たちに必要なのは、明るさ、温もり、便利さ、そして希望だ」

…………………………………………………………………………………


2017年3月4日 TOKYO MXテレビ 「 田村淳の訊きたい放題!」に、
田中優のインタビュー映像が放送されました。
http://s.mxtv.jp/variety/kikitai/


その際の田中優コメント全文と田村淳さん一部コメントです。


--*--*-*--*--*--


「3・11を前にボランティアを考える ~ボランティアの光と影とは?~」


-震災時期が近づくと注目を集めるボランティア。

被災地の大きな支えとして必要とされる一方、
一部では押しかけにより迷惑をかけるなどの問題点も・・


そこで本日は、3月11日を前に改めボランティアについて考えます。

(街頭インタビュー)


-様々な形でボランティアをする一方、機会が無かった、という人もいましたが、
実はボランティア活動は気づかないうちに行っていることも。



▼「ボランティアは誤解されがち」

という、日本国際ボランティア―センター理事田中優さんにお話を伺いました。


田中優
「自発的にするというのがボランティアの定義で、例えば外国人の人がウロウロ
していて困っていたりするとそれに手を貸したりとか、ふとした思いやりのお手
伝いをする、というのもみんなボランティアなんですよね。

 だからよく学校教育でボランティアの時間とか言ってゴミ拾いとかやったりす
るのは、全然ボランティアじゃないですね。自発的な意思に基づいていないです
からね。


 もうひとつよく勘違いされるのは、「タダ」という意味になってしまうんです
よ。だからボランティアでと言うとタダで何かしてあげるみたいな形になっちゃ
って、そしてまた実際の色んな活動をしている側にするとカネが出ないことが多
いんですよ。

 だから収入が十分にないので、そうするとボランティアでと我々もついつい使
っちゃうんですね。すごく専門的な人たちがじゃあこれボランティアでやっても
らえる?と言って本来その人のプロフェッショナルな部分にペイがつきまとうは
ずなのに、それを無視してしまってタダにしろという意味で使われちゃうことが
多いですね。


 これだけ広がり続けちゃうと。ありとあらゆるものがボランティアで組織され
て、せっかく正規に就労している人たちがみんな路頭に迷わせるということも起
こりかねないので。

 だからお金がついてくるというのが当然アリです。有償ボランティアって日本
では呼んでいるけど、例えばペイをもらうというのは人件費が発生するわけです
がそれ経費でしょ?だから経費は別に収益じゃないわけで、自分の利益になるわ
けじゃないのでそれは全然問題はないです。」



-自発的に人助けをするボランティア、震災時には多くの人がボランティアとし
て被災地に駆けつけました。

 しかし、この災害ボランティアには注意しなければいけいない点があると言い
ます。


田中優
「災害ボランティアの時に、例えば東日本大震災とかがあった後、みんな出向い
ていくんだけどその時に相手の人たちのことを考えると、いつか自立しなくては
いけないわけですよ。だからその時に何でもやってあげてしまうと、その人が自
立できなくなっちゃいますから、だからそこのところは一定の範囲の中でやる、
そして時期も決めてやる、という風な形にしないと、むしろ相手を甘やかしてし
まうことになりかねないですね。そこの範囲もまた難しかったりします。



▼迷惑なボランティア


田中優
「実際に迷惑になっちゃうのはまず第一に困っちゃうのは、災害ボランティアで
来るんだけど自分で生活ができない人です。行った先で調達しようにも調達でき
ないんだから、その分を何とかしてくれと飛び込んで来られると返って相手が迷
惑しますよね。」



田村淳さん
「学校でやっているみんなでゴミ拾いしますよボランティアだからって言ってや
ってたのは、実はボランティアではない、強制だから。だから教え方自体も間違
っているってことですよね」




━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 奨学金問題を公正にしたい ◆

━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より
「奨学金問題を公正に、一部の人だけが利益を受けるのではなく解決したい。
これから未来の、一部の人だけに無償化することは差別を生む。
だって同じ貧乏学生の中にタダで通うヤツと金利付き融資で通うヤツとを作るんだから。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼元SEALDs 諏訪原健「奨学金借金1千万円の僕が嫌悪する安倍首相のキラキラ貧困対策」
https://dot.asahi.com/dot/2017040700023.html?page=1


「うちは裕福な家庭ではなかったので、大学に行くなら多額の奨学金を借りる必要
があった。大学を出ても食いっぱぐれないように、緻密に計算をしながら、人生設
計しないと路頭に迷ってしまう。もしも自分が親だったら、似たようなことを言っ
てしまったかもしれない。

 でも当時の僕は、「金がないと夢さえ見れないのか」と感じた。どこに生まれる
かなんて選べるわけじゃないのに、それによって人生の自由が制限されてしまう。
そして自分には、自分について決定する権利すらない。そう思うと、何だか空しい
し、悔しかった。

 結局は半ばけんかをしながら、ある程度好きにさせてもらった。その代償という
と変かもしれないが、奨学金の返済額は学部時代だけで1千万円を超えた。だから
といって、別にこの社会が憎いなんて思っていない。去年くらいまで奨学金や自
分の境遇について人前で話すこともなかった。別に口に出したところで自分の人
生が良くなるわけでもないし、この世の中で受け入れてもらえるとも思わない。
できるだけ考えないようにしておいたほうが、精神衛生にもいい。ただ現実に適
応して、自分の損得で動く方がずっと楽だ。

 でも僕は同じような思いを、自分より下の世代にはしてほしくないなと思っている。

(中略)


 2016年11月8日に、子どもの貧困対策のために設置した「子供の未来応援基金」
の1周年を記念して、安倍首相が出したメッセージに次のようなフレーズがあった。

“あなたが助けを求めて一歩ふみだせば、
そばで支え、その手を導いてくれる人が
必ずいます。

あなたの未来を決めるのはあなた自身です。
あなたが興味をもったこと、好きなことに
思い切りチャレンジしてください。
あなたが夢をかなえ、活躍することを、
応援しています。”


 困難な状況に立たされた子どもに対して、こんなキラキラした、それでいて見殺
しにするような言葉をかけることは、僕にはできない。本当に子どもたちのためを
思っているのだとすれば、民間からの募金に頼るのではなく、政府が責任を持って
安定的な予算を確保すればいい。誰もが「思い切りチャレンジ」できるように政治
のあり方を見直していけばいい。この基金で、1年間に集まった寄付金は総額7億円
弱。決して無理な話ではないと思う。」




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 金儲けのためのメガソーラー ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より
「メガソーラーは環境のためと思われがちだが、金儲けのためのものも多いのだ。
もろ手を挙げて賛成はできない。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼高岡よし子さん フェイスブックより
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10212668829451148&set=a.4473985083233.2187834.1098104635&type=3
(メガソーラー完成イメージ図あり)


「伊豆高原のメガソーラーの話の続報です。5/2、業者説明会に参加してきました。
やはり説明会の場に身を置くと、実感できることがいろいろ。

事業を展開するのは東京の会社で、社員15名。資本金1,000万円。
わずか15名ぐらいの人たちが、東京ドーム10個分の広さのソーラー・パネルを敷設
するため、森林を伐採し、山を削る。利益追求の小さな会社が、大規模な土砂災害
や環境破壊を引き起こし、数万人に及ぶ人たちの精神面や生活、産業(観光、漁業
など)に影響を与えるかもしれない。動植物や海の生物にも。その理不尽さが身に
しみました。地元でメガソーラーに賛成する人は、ほとんどいないのに。


海から見る環境の変化をよく知っているダイバーズ協会や漁協も反対しています。
世界有数の透明度を誇る海に大量の泥が流れ込むかもしれません。伊豆高原で生活
しておらず、大雨や大風の影響、自然の力を肌身で知ることのない、東京から来た
業者の科学的調査(机上の空論)に基づくプロジェクトによって、地元の文化や環
境が破壊されるかもしれないという理不尽さ。


しかもこの説明会で発覚したのは、1キロも離れていないところに、別の業者によ
るメガソーラープロジェクトが先に進行していて、そちらはすべての認可を受けて
いるとのこと。つまり、二つのメガソーラーがどちらも山を削っているため、複合
的影響が心配されるのですが、行政としては個別に審査するだけのようです。

昨日、市長に署名を手渡しに行ったグループに加わったティムによれば、市長も
詳しい事情を知らなかったとのこと。静岡県内で最大のメガソーラー事業である
にもかかわらず。こんなものなのですね。


市民の多くも知らないし、甚大な影響を与えることでも情報が伝わっていません。
市にこの問題に対する切迫感がなければ、市民への告知も十分にしていないと言
えます。この事業地は、県の土砂災害情報による特別警戒区域に入っているので
すが。


市役所に問い合わせたところ、メガソーラーがなくても自然現象のためにがけ崩
れは起きるかもしれないので、災害が起きても因果関係を証明することは難しく、
業者や行政が責任を取ることは難しいかもしれないということでした。

画像は、ティムが業者の方に確認した、ソーラーパネルを敷設する箇所のイメー
ジ図です(観光名所である大室山から見た風景)。その手前にさらにもうひとつ
のメガソーラー・プロジェクトが進行中。 


でも反対の機運が大きくなってきて、まだ希望があります。ジオパークの方々
も反対していますし、静岡県知事は、ジオパークの推進者でもあります。県知
事は、この事態をどこまでご存じなのでしょうか。

このメガソーラーの中止を求める連絡会もできました。
明日は、伊豆高原の八幡野コミセンで15:00から、近隣の人たちを対象とした業
者説明会。その場にいることで初めて感じたり理解できることもあると思うの
で、ご都合のつく方はぜひ。」




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ヴァンダナ・シヴァさん「たねの支配を、許してはならない」動画あり ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より
「ヴァンダナ・シヴァさん、この映像はとても良い表情をしている。
素敵なビデオだけど、音楽はなんと友人のウォン・ウィンツァンさんでした。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼パルシステム Facebookより
https://www.facebook.com/palsystemcoop/videos/876508952399309/


「たねの支配を、許してはならない」(環境活動家 ヴァンダナ・シヴァ博士)


 私たちが口にするほとんどの食べ物は、もとを辿れば1粒の「たね」から生まれ
たもの。ところがいま、世界で売買されている種子のうちのなんと75%が、5つの
多国籍企業に所有されていることをご存知ですか? それらの企業は、遺伝子組換
え技術と特許を利用して種子を私有化しつつあるという見方さえあります。


いま、見えないところで「たね」に何が起きているのか――


 インドの環境活動家ヴァンダナ・シヴァさんは、「グローバリズムや工業的農業
は、たねをお金儲けの道具のように扱っている。
たねを、企業による独占や支配から守らねばなりません」と訴えています。



▼もっと読む
いま「たね」の世界で起きていること
「たねの支配を、許してはならない」
http://kokocara.pal-system.co.jp/2015/02/09/seed-vandana-shiva/?fb




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆田中優スタッフおすすめバックナンバー
 「私たちに必要なのは、明るさ、温もり、便利さ、そして希望だ」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 私たちが往々にして間違うのは「電気が必要だ」という勘違いだ。私たちは
直接電気を必要としない。必要なのは、「明るさ、温もり、便利さ」なのだ。

 そう考えると別な解決策のあることに気づく。

 明るさならわずかの電気で点くLEDランプがあり、その発電はわずかな
太陽光で足りる。温もりなら電気でなくていい。断熱して薪やペレットの暖房
を使うなら、ほとんど全く電気は要らない。

 便利さなら、省エネ製品を使えば従来の半分程度の電気で足りる。
もし安全性なら原子力を使うより、自然エネルギーの方が安全だ。
エネルギーセキュリティーでも国内で自然エネルギーを伸ばした方が、輸入資源
に頼るよりずっといい。
 そもそも電気エネルギーは高級なエネルギーだ。
 

 熱として使うなら、わざわざ熱の3割を電気に変えてから熱に戻すような無駄
はしない方がいい。電気は電気でなければ使えない、照明や動力にだけ使うべきだ。
 それらも日本の省エネ製品が、世界一の省エネを実現しているのだから、そちら
を使った方がいい。するとごくわずかの電気があれば足りることになる。

 デンマークではいったん「オール電化」の方向に進んだものの、効率が悪い
ことに気づいて方針を戻している。日本では、一度進めた方向を変更できない国
であることが最大の問題だ。
 合理的に考えればどちらがトクになるかわかるはずだ。

 日産のリーフという電気自動車のホームページには、家庭にリーフのバッテリー
をつないで、自宅で作った太陽光発電の電気で自給する仕組みを載せている。


 そうなる未来は目の前まで来ている。省エネ製品に変えた後の電力消費は今の
半分程度になる。それを賄う太陽光発電の広さは、八畳間ひとつ分程度だ。

 しかも高かった太陽光発電も価格が急低下し、今や電力会社からの電気より
安く供給できるものも実現している(日経ビジネス「太陽光発電1kwh当たり19円
の衝撃」電力会社の24円/kwhより安い)。これによってDMMは条件が合えば、
8万円先に払えば11年間の発電量の8割を譲れば、その後は自分のものになる
仕組みも実現している。

 事業所で2割を占める照明も、ヤマダ電機は省エネ照明器具のレンタルで、
初期投資不要で損金処理できる仕組みを実現している。その先に来るのが高い
電力会社から独立して、電気を自給していく未来だ。


 そのとき条件が有利になるのが地方だ。地域に森林資源があり、光があり、
水も風もふんだんにある地域こそが豊かな場になる。雇用者数も、ドイツでは
自然エネルギー利用で12倍増え、オーストリアでは木材バイオマス利用で15倍
増やした実績がある。これまでの中央集権でなければできないと考えてきた
ことが誤りだった。


 地域でエネルギー自給していく仕組みとして、世界では「スマートグリッド
(賢い送電線網)」が進められている。それに必要な自然エネルギー、省エネ
製品、電気自動車、高性能バッテリー、IT技術ともに、日本が最先端だ。
 オバマ大統領は「日本製品ばかりじゃないか!」と怒り出したほどだ。
そのスマートグリッドに、世界で最大投資額が注がれている。日本はそちらに
進むべきではないか。


 私たちが必要としているのは電気ではない。

「明るさ、温もり、便利さ」に加えて将来の希望や安定した暮らしを望むなら、
私たちの進むべき方向は原子力ではない。

 今ここから新たな希望に向かって、新たな歩みを始める時期に差しかかって
いるのだと思う。 


※この記事は2012.5.20に愛媛で開催された「ライブアースまつやま」へ向けての
田中優メッセージを転載したものです。



◆◇◆ ライヴアースまつやま2017 前売りチケット&出演者情報 ◆◇◆

 今年はなんと“10周年”!
 今年も田中優出演します!!
 スチャダラパーも!!


<<お得な前売りチケット発売開始のお知らせ>>


前売りチケット各種、発売開始!
ペア、グループチケットは、数量限定です。

ご来場お待ちしてます!
http://liveearth-matsuyama.com



【アーティスト♪】
スチャダラパー、コトリンゴ、阿部芙蓉美、DEWACHEN

【Opening Act】Steel Band minamo、山本貫介quintetto
 
【トークゲスト】田中優
 
【バルーンアートパフォーマー】Magic Girl Suzy
 
【KIRA KIRA PARK DJs&MCs】
i/RYU,TATSUYA,KemuRi,OLIVA,YU-G,LIGHTER
KUROMITSU,CHERRY,TANAKA,TEPmyc,TBA
FREE STYLE SESSION
HYPERNOM MC,REVOLT,S-KEEP
KOHEY,HATSUNE





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第135号「住まいを快適にするためのヒント(上)」(3/30号)

・第134号「地域内ネット・フリーマーケットのすすめ」(3/15号)

・第133号「エネルギーの未来はオフグリッド(下)電気を消費側から見る」(2/28号)

・第132号「エネルギーの未来はオフグリッド」(2/15号)

・第131号「「休眠預金を利用して無利子の奨学金を」(1/30号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

<<2017.1.9発売>>
■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,645人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/04/26
部数 6,634部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング