田中優の“持続する志”

第565号:『 綿花の話 』


カテゴリー: 2016年12月09日
□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第565号
2016.12.9発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□



※このメルマガは転送転載、大歓迎です。


Contents
…………………………………………………………………………………

1.『 綿花の話 』
  (有料・活動支援版メルマガ 田中優の未来レポート バックナンバー)
 
2.有料・活動支援版メルマガ 最新号 
  『 謎から読み解く地球温暖化問題(上)「ミッシングシンク」 』

3.闘いを貫いたアメリカ先住民たちの歓喜、
 「ダコタ・アクセス・パイプライン」建設見直し

4. 放射性廃棄物の缶は腐食?プールに雑然 東海再処理施設


…………………………………………………………………………………


2011年12月に開始し、現在127号まで発行してきました
「田中優有料&活動支援版メルマガ "未来レポート"」の
バックナンバー(主に文章のみ)を公開しています。


今回は、2012.10.15発行 第25号
『 綿花の話 』です。

どうぞ"お試し読み"ください。


最新版『謎から読み解く地球温暖化問題(上)「ミッシングシンク」』(2016.11.30発行)や、
バックナンバーのご購読、写真・図付きをご希望の方は、
こちらよりよろしくお願い致します。


★田中優の未来レポート(有料・活動支援版メルマガ)★

 月2回発行(15、30日) 540円/月 登録初月は無料
 → http://www.mag2.com/m/0001363131.html


※データ、URLなどは、この有料・活動支援版メルマガを発行した時点のものです。



□◆ 田中 優 より ◇■□■□◆◇◆◇■ 



『 綿花の話 』

 

◆ オーガニックコットン

  先日、友人の出産祝いにオーガニックコットンの製品を贈った。オーガニック
コットンは風合いがよく、生産に農薬や枯葉剤を使っていないから安心して贈れ
る。赤ちゃんではなおのこと気にしないと、というのが連れ合いの意見だった。


 半分は合っているんだけど、実際には半分違っている。実際問題として、オー
ガニックであろうがなかろうが、製品になった時点で農薬は痕跡も見つけられな
い。実際には洗って染色して発色剤を入れてしまうのだから、なかなか調べはつ
かないのだ。

 でもオーガニックコットンをわざわざ高いのに使うところでは、それにさらに
染色で有害物質を使ったり、発色剤で光らせたりはしないだろう。実際、きなり
や草木染が多いのはそのためのことだ。だからむしろ安心できる。人々がそれだ
け気を使っているから安心なのだ。

 だから生産の時点よりも、それを加工する時点の問題のほうが多い。少なくて
も使用時の健康問題としては。ごく一部、化学物質過敏症の人にオーガニックで
あるかどうか分かる人がいるが、通常機械では測定できない。


 この綿花栽培で滅茶苦茶な環境破壊が起きたのはアラル海だ。アラル海はもと
もと大きな湖だった。ところが科学万能主義の社会主義ソ連は、そこに巨大な開
発して農業生産を上げるために灌漑を行った。そこで生産されたのが綿花だった。


 綿花という作物は調べてみると奇妙な性質を持つ。水はけの良い土地で、水を
たくさん与えなければならず、水はけが悪いと根腐れするのだ。
 つまり砂漠に水を撒け、という作り方がされるのだ。


 その結果アラル海は干上がってしまった。水はもはやほとんどなく、砂漠に残
された船が点在する荒涼とした場所になった。水が減ったことで塩分濃度が増し、
海水に流れ出る前に海水より塩分濃度が高くなった。したがってほぼ魚は全滅した。
http://labaq.com/archives/51268855.html 


  それだけでなく綿花は莫大な農薬を必要とする。地球上で最も農薬を消費して
いるのが綿花なのだ。さらに枯葉剤も必要になる。綿花は収穫するときに機械で
巻き込んで綿花を取るのだが、十分に枯れていないと葉の葉緑素が混じりこんで
汚い色になってしまうからだ。そのため枯葉剤を使って十分に枯らしてから収穫
することになる。

 これがアラル海では水を失った湖から巻き上がった。巻き上がった農薬入りの
ホコリは、周囲の子どもたちの肺に入り込んだ。おかげで世界でも有数の子ども
が死ぬ地域になっていった。


 綿花は貧しさを競い合う作物だ。かつてインド綿、エジプト綿が豊富だったの
は賃金が安いから国際競争力があったのだ。それがもっと貧しい中国内陸地に移
り、アフリカのサブサハラ地域移っていった。こうして多くの貧しい労働者と児
童労働と犠牲になった農薬被害者の上に綿花が届く。風合いが柔らかで、暖かく
ステキな素材、綿花は、こうして作られているのだ。



◆ アメリカのオーガニックコットン

 こうした背景から、安心できない生産ではなく、そして生産者が守られるもの
として広がってきたのがオーガニックコットンだった。今では枯葉剤を使わずに
手摘みするインドなどのオーガニックコットンと、アメリカのオーガニックコッ
トンが広く使われている。


 しかしアメリカのオーガニックコットンには問題がある。アメリカの綿花はど
こで作られているのだろうか。綿花は水はけの良い土地で、水を使う。そう、ア
メリカでは中部に広がるコーンベルトと呼ばれる大とうもろこし畑のある地域で
作られる。

 しかも巨大水撒き機「センターピボット」で自動で水撒きして作っている。
その水源はどこにあるか。それがオガララ帯水層と呼ばれている、氷河期の氷が
溶け出して作られた巨大地底湖の水なのだ。多くは海水のように塩分が高かった
りするが、オガララ帯水層は真水だった。この水が使われているのだ。砂漠だか
ら水はけがいいし、そんなところまで害虫も飛んでくることができない。


 さらにオーガニックで生産できる理由が、枯葉剤が要らないことだ。砂漠で水
撒き機を使っていのだから、その水を止めるだけで植物は枯れる。だから十分に
乾燥して機械で収穫できるのだ。


 ところがオガララ帯水層の水は補充されない。次回の氷河期の水が溶けるまで
は。そのため水位が年々下がり続けている。すると深い井戸に変えなければなら
ず、ポンプアップするための電気料金もかさむ。これを救済するために、アメリ
カでは補助金をつけて電気代を安くしている。ところが、それでも水位の低下は
止まらない。当たり前だ。水が補充されないのだから。


 これによってアメリカの大穀物地帯は2020年代には砂漠に戻るだろうと言われ
ている。水位下がり続けているからだ。そのセンターピボットは、グーグルアー
スで見ることすらできる。巨大で一本のホースが400メートルから1キロメートル
あり、長方形や円形にホースが動いて水を撒く。

 アメリカのカンザス州西部などや、サハラ砂漠でもみることができる(サハラ
砂漠にも地底湖がある)。このセンターピボットが止まるとき植物は枯れる。
今はそれでオーガニックコットンを生産できているのだが、いずれは完全に止ま
る日が来る。日本が輸入しているアメリカからのダンピング輸出されてくる穀物
も同じだから、それもいずれ止まる。


 そのときにはアメリカにアラル海ができる。ただしアメリカ製は地底湖だった
から、表面にはうち捨てられたセンターピボットと農場が残るだけだ。そのため
アメリカは、水の豊富なカナダから水を引く計画を考えている。カナダに断られ
ているが、それでもあきらめていない。



◆ オーガニックコットンはフェアトレードで


 オーガニックコットンは、正直に言ってしまうと生産地の問題のほうが多い。
消費地である私たちの国では、洗われたコットン自体からはオーガニックである
かどうかを調べることはほとんど不可能だ。
 消費地ではむしろ染色や定着液、発色剤などの化学薬品の危険性の方が大きい。


 しかしそれでもオーガニックコットンは重要だ。生産者の暮らしに役立つから
だ。通常の綿花では生活できない。貧しくぎりぎりで生き、子どもも働かせなけ
ればならない。条件は劣悪で、もちろん世界一農薬に被曝する。本当は綿花はす
べて無農薬生産にさせたい。ところがオーガニック認定を受けるためには、その
土地で農薬を使わなくなってから3年以上経たなければならないことになってい
る。貧しい農家には無理な相談だ。


 その3年以上の期間を生活できるようにするために、「プレオーガニックコッ
トン運動」が展開されている。その主要な運動体のひとつがap bank fes'11、レ
ストランである「クルックキッチン」などなのだ。


▼プレオーガニックコットン
http://www.preorganic.com/brand/ 

▼プレオーガニックコットン 取扱いブランド
http://www.preorganic.com/brand/


 生産者に少なくとも人間として生きられる暮らしを届けたかったらオーガニック
コットンがいい。さらに考えればプレオーガニックコットン運動にまで関わってほ
しい。だから本当のことを言うと、ぼくはアメリカのオーガニックコットンはニセ
モノだと思っている。持続可能な生産ではないし、途上国のように貧しい人たちで
もないからだ。


 あまりオーガニックコットンの販売者を批判したくなくて、これまであまり言わ
なかった。しかし本当のことを言うと、アメリカ産オーガニックコットンはダメだ
と思う。それは本当は、私たちの健康リスクの問題ではない。
 そうではなくて、貧しい国の人たちの生活を守るためのものなのだ。



*** 参考サイト *** 


▼以下の写真はこちらのサイトより引用致しました。
「らばQ」  http://labaq.com/archives/51268855.html 

▼「オーガニック・コットンを買う10の理由」
http://www.go-lands.com/shopping/patagonia_info/cotton/cotton.html

▼ NY Green Fushion 
http://www.nygreenfashion.com/html/learn/organiccotton.html


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆有料・活動支援版メルマガ 最新号 
『謎から読み解く地球温暖化問題(上)「ミッシングシンク」』◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


11月30日に発行しました有料・活動支援版メルマガ 
「田中優の未来レポート」は、

第127号:謎から読み解く地球温暖化問題(上)「ミッシングシンク」です。


田中優より
「今回の原稿はパリ協定の話ではなく、実効性のある地球温暖化対策が見つかった
可能性があり、きちんと対策すれば解決できる可能性が見えてきたという話です。」



-「ミッシングリンク」ってなに? -

 人間の活動に伴って大気中に排出される二酸化炭素のうち,大気中に留まるも
のと海洋に吸収されるものを除いた残りの部分で,行方がわからないとされてい
た。1980年代の平均値で見ると,年間約71億トン(炭素換算)の排出量のうち約
19億トン(同)にもなる。現在は,陸域の植物の成長による吸収量として説明さ
れている。(ウィキまとめより)



~メルマガ本文より~ 

「その耕作方法は日本で広く行われている有機農法と全く同じだ。それを広く
普及させるだけのことで、小さな試みが地球温暖化の解決策になる。魅力的
な方法だと思わないだろうか。
 ぼくには農業こそが解決策になるように思えるのだ。」



☆有料・活動支援版メルマガご購読者の方より嬉しいご感想を頂きました!!☆

「優さんの話とっても面白かった。
いつも優さんの話に希望とか勇気をもらうの だけど、
日曜日(11/27)の講演会の話は、新しい情報で、行ってよかった! 

もっと詳し知りたいと思ってネットで調べたのだけど、調べきれなかった。

でもでも、今日の有料メルマガでそのテーマがバッチリ出ていてうれしいヽ(*´∀`)ノ
下も早見たいです。15日よ早く来い!」


12/15の下編も楽しみにお待ちください(*^▽^*)

登録初月無料です。
まだの方はこの機会にぜひご登録を☆

http://www.mag2.com/m/0001363131.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆闘いを貫いたアメリカ先住民たちの歓喜、
「ダコタ・アクセス・パイプライン」建設見直し ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

「残されたわずかな非汚染地を守ってくれたことに感謝します。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「闘いを貫いたアメリカ先住民たちの歓喜、
「ダコタ・アクセス・パイプライン」建設見直し(画像集)」
http://fairfinance.jp/bank/casestudies/food2016/ より


 石油パイプライン「ダコタ・アクセス・パイプライン」がアメリカ先住民の
留地の水源が汚染する懸念から抗議デモを続けてきたスタンディングロック・
スー族。12月4日、連邦当局がルート変更など建設の見直しを表明し、スー族や
支援者らは歴史的な勝利を祝った。

 アメリカ陸軍省は、38億ドル(約4343億円)をかけてミズーリ川をせき止めて
できた人工湖「オアヘ湖」の地下にパイプラインを通すプロジェクトについて、
地役権の認可を拒否したと発表した。陸軍は環境アセスメントを保留したまま
代替ルートを探すと述べた。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「放射性廃棄物の缶は腐食?プールに雑然 東海再処理施設」 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

「先のことを考えないからこんなことになる。
今の原発もダムも道路も家も、なんもかもが先を考えずに作られる。
未来がどうなってもいいと考える人がたくさんいる。

温暖化の話をすると、
「そのころはオレは生きてないから」というおっさんたちが多いからな。」


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「放射性廃棄物の缶は腐食?プールに雑然 東海再処理施設」
  http://www.asahi.com/articles/ASJD45RHQJD4ULBJ005.html より


 貯蔵プールに乱雑に投入された放射性廃棄物入りのドラム缶、敷地内に残され
た中身のよくわからない廃棄物容器……。

 廃止が決まった原発の使用済み燃料再処理工場「東海再処理施設」(茨城県)
を11月上旬に訪ねると、ずさんな廃棄物の管理や老朽化した施設の様子から、
解体作業が極めて難航しそうな状況がわかってきた。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第127号「謎から読み解く地球温暖化問題(上)「ミッシングシンク」」(11/30号)

・第126号「GMO(遺伝子組み換え作物)の問題」(11/15号)

・第125号「おカネに依存しない暮らしの第一歩(下)」(10/30号)

・第124号「おカネに依存しない暮らしの第一歩(中)」(10/15号)

・第123号「おカネに依存しない暮らしの第一歩(上)」(9/30号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,460人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/04/26
部数 6,634部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング