田中優の“持続する志”

第551号:『原発を中止させた町~窪川町と南島町~』


カテゴリー: 2016年09月26日
□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第551号
2016.9.26発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□



※このメルマガは転送転載、大歓迎です。


Contents
…………………………………………………………………………………

1.『 原発を中止させた町 ~窪川町と南島町~ 』

2.英断に喝采 ローマ初の女性市長が五輪招致を“取り下げ”

3.オススメ動画「フォークス・オーバー・ナイブズ~いのちを救う食卓革命~」

4. 東京電力"最高値を更新"を"やや高め"と発表

5. 田中優宅 オフグリッドレポート 2016.9.24 

…………………………………………………………………………………



□◆ 田中 優 より ◇■□■□◆◇◆◇■


『 原発を中止させた町 ~窪川町と南島町~ 』



■興津の浜

 全国津々浦々を講演旅行していたせいもあって、全国どこの原発も見て来てい 
る。そのせいもあって勘も働く。先日家族で海水浴に出かけたときも原発の匂い 
を感じた。切り立った岩山をくねくねと下っていく道、「鳴り砂」があるほど美 
しい浜、汚れのない海、まさにこういうところが原発に狙われる。


 場所は四国高知県、四万十市の海だ。家族連れなので遠浅の砂浜、汚れのない 
海、混まない場所を探した。幸い岡山県から四国は近い。本州四国連絡橋を使え 
ば家から一時間ほどで四国に着く。瀬戸内もきれいだが、今回は透明度の高い太 
平洋を選びたかった。そして見つけたのが興津海水浴場だった。スマホのナビに 
従って走っていくと、海岸べりのハウスが並ぶ小道に着いた。とても海水浴場に 
見えない。近くの人に聞くと、とても親切に教えてくれた。そこに行けば海水浴 
場もシャワーやトイレ設備もあると。

 到着してみると、施設も充実した美しい海岸だ。小耳にはさんだ「結構人がい 
るけど大丈夫だ」の声を気にしながら砂山を乗り越えると、全然空いている。関 
東ならガラガラと表現するようなレベルだが、こっちの人にとっては少なくない 
のかもしれない。



■窪川原発予定地

 新たに来た人が、海の監視員さんと話しているのが聞こえた。
 「こないだ福島の飯館村に除染ボランティアに出かけたんだ」と話している。 
そして話の最後に「ここに原発ができなくて良かったよ」と。


 そうだ、ここは窪川原発の予定地だった窪川町だった。今は四万十市に併合さ
れているが、かつては窪川町だった場所ではないか。地図で調べてみると、原発
予定地は別な岬の裏側で、少し離れた場所にある。未舗装の断崖絶壁に続く細い
小道で、家族連れでないときでないと行けそうにない。


 そこでは島岡さんというもともと警察に勤めていたことのある人がいて、その 
人が地元に帰って農業を始めていた。自民党の党員だった島岡さんは、あるとき 
既成事実のように原発建設計画のあることを聞き、ひとり反対を決意した。自民 
党の町議員だというのに単身で共産党の集まりに出かけ、「ここの町では保守系 
の人が圧倒的に多い。革新の人が反対運動をやっても負ける。私を反対運動の代 
表にしてくれないか」と主張し代表となる。

 島岡さんは不審者の車に跳ねられたり、腹を刺されたりしているがくじけな 
い。「オレを殺しても反対の運動は続くぞ」と。そして町長リコールに成功した 
が再び旧町長が返り咲くも、原発推進の予算を組ませなかった。そして1986年に 
チェルノブイリ原発事故が起こり、周囲の漁協も調査に反対して身動きできない 
ところに追い詰め、町長は辞任し原発計画は白紙になった。


 特に福島原発事故が起きてからは、島岡さんのおかげであんなことにならずに 
すんだと手のひらを返したように称賛されたそうだ。それまでは町を分裂させた 
張本人であるかのように、誰も話しかけてこなかったと述懐している。



■芦浜原発予定地

 ぼく自身は三重県南島町の芦浜原発予定地にも関わっていた。芦浜もまた美し 
い浜だが、そこに人は住んでいない。大きな津波が来た時に全滅したと聞いた。 
確かに人の住んでいた形跡は残っているのだが。芦浜原発では反対運動が続いて 
いた。計画発表が1964年で、計画中止に追い込んだのが2000年だから、闘いは37 
年に及んだ。それだけ長いと最初の反対運動に30歳で関わった人ですら67歳に 
なってしまう。長引く反対運動のせいで、反対運動は代替わりをしなければなら 
なくなっていた。

 その代替わりの時期に芦浜原発予定地を訪問し、地元で反対する若くて乱暴だ 
が勢いのいい小西さんという漁師と意気投合して関わることになった。友人の弁 
護士が参加して、訴訟費用が安くなってから初めての「株主代表権訴訟」をここ 
でした。本来、株主の利益を守るための訴訟費用を安くしたのに、原発反対に利 
用したとさんざん叩かれたが、それは中部電力の動きを鈍らせる効果は持った。 
友人の弁護士は本当に立派だった。

 「先生よぉ、オレたちゃカネ払ってんだから先生の方でやってくれよ」と漁師 
たちが半分脅しのような声でやってきても、「ぼくらのやれることは相手の足を 
一瞬止めさせるだけのことだ。あんたたちが運動してくれないと止まらないよ」 
と答えていく。文字など数十年書いたことがないという漁師に反対の決意を書か 
せ、「これでいいんだよ、きちんと書けてるじゃないか」と言って励ます。その 
おかげで漁師町の人たちは弁護士に依存することなく、中部電力本社前にバス10 
数台をチャーターして乗り込む。



■彼らのおかげで浜は残った


 事態はあっけなく終息した。2000年2月、三重県知事が涙ながらに中電に中止 
を訴え、それを受けて中電が中止を決意したというものだ。しかし話がうますぎ 
る。実際には電力自由化の流れの中で中電は費用のかかる原発と揚水発電所の建 
設を断念せざるを得なくなり、南島町の過半数を握っていた反対運動のせいで 
も、経営の問題でもなく見せながら、白紙撤回したのだ。その下準備が整ったと 
ころで県知事の県議会への説明があったから、翌日には中電も中止を承諾したの 
だろう。

 どちらの原発予定地も、計画を止めたのは地域の人々だった。島岡さんや小西 
さんのような名もなき地域の人たちが止めたのだ。芦浜原発予定地だった南島町 
では、止めるまでに長い時間がかかった、それだけでなく推進・反対の対立で、 
地域から祭りが消えるほどの分裂を招いた。それだけでなく南島町でも運動の中 
心メンバーのひとりが不審死している。遠い東京にいるぼくにすら、職場や家ま 
で嫌がらせのハガキが届いた。南島町の人たちからお礼を言われたが、お礼を言 
いたいのはぼくの方だった。


 今見る美しい海辺は、誰かの命がけの努力のおかげで保たれている。気持ち良 
い浜での海水浴ができることすら、彼らのおかげだ。自然の浜にも人の歴史があ 
るのだ。

 
( 川崎市職員労働組合様へ寄稿したものを、好意を得て転載しています。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆英断に喝采 ローマ初の女性市長が五輪招致を“取り下げ”◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優「こんな英断は歓迎です。」

  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「英断に喝采 ローマ初の女性市長が五輪招致を“取り下げ”」
(日刊ゲンダイ 2016.9.23)

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190376/1 より


今年6月、ローマ初の女性市長となったビルジニア・ラッジ氏(38)の
英断にローマ市民から拍手喝采が起きている。

イタリアは2024年夏の五輪招致を目指してきたが、
今月21日、招致反対の立場を鮮明にした。

ラッジ氏は会見で、五輪開催には税金が使われ
「市民や国民の借金を増やすことになる」と指摘。

「スポーツを市内に大量のセメントを流し込む理由にしたくない」と説明した。
ローマは近く正式に立候補を取り下げる見通し。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆オススメ動画「フォークス・オーバー・ナイブズ~いのちを救う食卓革命~」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



田中優より

このDVD、観ました。とても面白いし、知っていた方が良い話です。
最初に聞いたのは「百姓屋敷わら」の船越さんからでした。


--*--*-*--*--*--*-


DVD「フォークス・オーバー・ナイブズ~いのちを救う食卓革命~」予告編
動画→ https://www.youtube.com/watch?v=G5RNyB1sP7E


2012.12.19発売
DVD「フォークス・オーバー・ナイブズ~いのちを救う食卓革命~」
4,410円(tax in)/COBM-6385/112分収録
http://columbia.jp/forksoverknives/
http://columbia.jp/prod-info/COBM-6385/

上映情報  http://vegerevo.com/


牛乳を飲むと骨がもろくなる?
高タンパク低脂肪が前立腺ガンを引き起こす?

【食に対する常識を覆し、全米大ヒットを記録した
現代人必見のドキュメンタリー映画!】

1940年代から、完全食品として推奨されてきた牛乳。
酪農業を営む家で少年時代を送っていたキャンベル博士も、
これを当然と信じて疑わなかった。

しかしあるとき、動物性タンパク質とガンとの関連に気付いた博士は、
どの食物が何の病気の原因となるかを調べる大規模な調査に乗り出す。


一方、外科医としての実績を積んでいたエセルスティン博士は、
いくら手術で患者を治しても、これから病気になる患者はけっして減らないと
いう現実にジレンマを抱いていた。

栄養学と外科の世界的権威である、二人の博士が達した結論は
―動物と加工食品を食べず、菜食の実践で病は防げるということ。
そして多くの生活習慣病を治療することも可能だということ。


両博士の考えにインスパイアされたリー・フルカーソン監督は、
膨大なインタビューと科学的検証を通して、"食"の常識に鋭く切り込む。

薬漬けの日々を送る男女や、回復が見込めない心疾患だと診断された患者たち。
彼らに現れた変化を知った監督は自らも菜食に挑み、驚くべき効果を目の当たりにする!

加工食品に偏った手軽な食生活。
食品業界の意向が優先される学校での食事プラン。
肉を食べないと力が出ないという思い込みなど、日常に潜む問題点に警鐘を鳴らし、
食(フォーク)はメス(ナイフ)を征するという事実を明らかにする問題作である。


●コメント
「この映画を見て、すぐにキッチンの動物性食品を片付けた。
以来、5ヶ月半の間、ずっと菜食を続けている」---ジェームズ・キャメロン監督

「これは、あなたの命を救う映画だ!」---R・エバート(シカゴ・サン・タイムズ紙)

「菜食以上の医療を、私はしらない」---コリン・キャンベル博士

「2011年、1本のドキュメント映画が、最先端とされるアメリカの医療と栄養学の
世界に激震をもたらしました。
敬愛するキャンベル博士とエセルスティン博士らの成し得たすばらしい業績が、
こうして多くの人の目にふれたことに感激しています。
この映画が伝えるメッセージは、病気に苦しむ多くの日本人も救済することでしょう。」
-----松田麻美子(自然健康・治癒学博士、日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長)


■特典映像(インタビュー)
食物という薬(コールドウェル・エセルスティン博士)
有機飼育の肉や乳製品は安全か?(コリン・キャンベル博士)
糖尿病について/乳製品と税金(ニール・バーナード医師)
菜食主義の利点(パム・ポッパー博士)
ブライアン・ウェンデル(製作総指揮)、リー・フルカーソン(監督)


●出演 コリン・キャンベル博士(著書「葬られた『第二のマクガバン報告』」グスコー出版)
コールドウェル・エセルスティン博士(著書「心臓病は食生活で治す」角川学芸出版)
ニール・バーナード医師/パム・ポッパー博士/他
●監督 リー・フルカーソン
●製作総指揮 ブライアン・ウェンデル


2011年アメリカ作品 96分+特典16分
片面1層,チャプター有,メニュー画面 日本語字幕
カラー/16:9LB
音声 ステレオ/ドルビーデジタル


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆東京電力"最高値を更新"を"やや高め"と発表 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

福島原発港湾内で汚染が最高値を記録。
"やや高め"と"最高値を更新"ではずいぶんイメージ違うけど。


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「セシウム評価を矮小化 福島第1原発港湾内、最高値を「やや高め」」
(福島民友 2016.9.23)
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160923-113823.php より


 東京電力は22日、福島第1原発の港湾内で21日に採取された海水の分析結
果について、2地点でセシウム137の濃度が過去最高を更新したことを明らか
にした。
 ただ、分析結果を知らせる報道関係者への一斉メールでは「最近の変動から見
るとやや高めの傾向」と評価を矮小(わいしょう)化するような表現で発表して
いた。

 東電によると、「1号機取水口」のセシウム137の濃度は1リットル当たり
95ベクレルで、それまでの最高値だった2015(平成27)年9月の同82
ベクレルを13ベクレル上回った。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆田中優宅 オフグリッドレポート 2016.9.24 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


田中優より

「この一週間、台風が秋雨前線を刺激して雨ばかりでした。
おかげでついに電気不足に。

発電機を回して何とかしのいだが、一転して今日は晴れ。

発電頑張ってくれて朝の電気14%から98%まで急上昇。
(写真下の「電池残量変化」の矢印のように、急上昇です!)
写真はこちら→ https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/14440741_1165728263483825_691801173771988431_n.jpg?oh=776cd73183a21c2458b9d8b8ed4d1f9e&oe=5865003D

ブボボボうるさい発電機の倍の勢いで発電してくれる。
こういうのもオフグリッドの醍醐味だなぁ。」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第122号「「もんじゅ」廃炉でどうなるか」(9/15号)

・第121号「手つかずの自然は、誰かが残してくれたもの」(8/30号)

・第120号「地球の未来~戦争のリアル~ 」(8/15号)

・第119号「本当に自然の恵みを電気として役立てる(下)」(7/30号)

・第118号「本当に自然の恵みを電気として役立てる(上)」(7/15号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在9,347人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2016/09/26
部数 6,848部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング