田中優の“持続する志”

第664号:田中優より『 2018年7月の大雨 』


カテゴリー: 2018年07月11日
□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第664号
2018.7.11発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


このたびの西日本豪雨の被害に遭われたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。


岡山ということで、全国のたくさんの方から安否確認のご連絡を頂きました。
この場を借りて感謝申し上げます。

今回の水害の状態をブログに書きました。
ここに転載いたします。

なお、写真などはブログをご覧ください。
http://tanakayu.blogspot.com/2018/07/20187.html


-----------


『 2018年7月の大雨 』

 倉敷を始め、岡山県なども洪水によって甚大な被害を受けた。
同じ岡山県内に住んでいることもあって、ぼくのところにも有難いことにたくさ
んの人から安否を尋ねられた。はい、全く無事です。しかし実際に我が家も洪水
警報やら、土砂災害警戒情報などが出されていて、寝ていてもケータイはひっき
りなしに騒いでいた。でも我が家が避難する場所は地域の公民館で、我が家から
下に1メートル以上降りて行った場所にある。すなわち洪水になったら自宅の方が
安心なのだ。ほんの数メートルだけ高いので、我が家が水に漬かるときは、地域
中がみんな浸水した時になる。


(写真)水色が田中優宅。右下が吉井川の支流金剛川。

 そして裏山はそのまま「和気アルプス」と呼ばれている連山につながっていて、
土砂災害はちょっと怖い。でも我が家の辺りはなだらかな傾斜で、しかも築百年
以上の古民家を解体して建てたから、少なくとも百年は土砂災害に遭っていない
場所だ。そんなこんなで我が家にいた方が安全だと判断した。それでも夜は耳を
そばだてて寝ていた。地崩れの前の地鳴りがしないかどうか気にかけていたからだ。


 地鳴りもなく、洪水が届くこともなく大雨は過ぎていった。しかし7月6日に
開催予定だった岡山市内での講演会は中止に。そして翌日の天然住宅の見学会で
のお話会のため東京に行こうとしたら、列車のダイヤが大幅に乱れていて、岡山
まではなんとか行ったものの、新幹線が広島側から来なかった。止まってしまっ
たのだ。駅員に聞くと、「東京に行けるかどうかは保証できないですよ」と言わ
れてやむなく断念した。


 翌日7月7日、ローカル線が全滅、運休。7月8日、新幹線はほぼダイヤ通り
走っていると聞いていたので東京に行くことにした。ところがこの日もローカル
線は点検のために運休。確かにかなり増水した吉井川の脇を走るのだから、難し
いかなと思う。仕方なく車で岡山駅まで行って新幹線に乗った。岡山駅までの道
のりが長い。みな車で動くしかないせいで、道路が渋滞しているのだ。それでも
何とか乗ると、3分遅れで走ってきた新幹線は、東京までに遅れを取り戻して走
ってくれた。まぁ、実質的な被害は交通の乱れぐらいだった。


 岡山は天災がほとんどないせいか、全く慣れていない。ぼくの周辺では友人た
ちがボランティア隊を組織して、町内や近隣の町、倉敷などの地域へ手伝いに出
掛けて行った。和気町内では25棟が床上浸水した。

 悪天候が続いたので、オフグリッドをしている我が家では途中で電気がなくな
りかけた。今夜は無理だなと判断して子どもに言うと、子どもはさっそく近くの
温泉ホテルに出掛けるのを楽しみにしている。泊まろうかとも考えたが、満室だ
ったので日帰り入浴と食事だけにする。


 翌日も発電しないので、朝から発電機をかけた。こんな時のために発電機を持
っているのだ、音がうるさくて気になったりするのだが、雨音の方が大きくて心
配する必要もなかった、そして日曜日には雨が上がり、久しぶり日が差した。
通りすがりの人が「久しぶりの太陽だね」と言った。もっとも夏至に近いこの時
期は太陽高度が高く、曇りでも発電してくれる。おかげで翌日には電気の危機も
去った。


(写真)緑の棒グラフが当日。朝25%を下回っていた電気の充電率も75%まで回復!


 その後は天気も良くなってよく発電する。我が家ではありがたいことに電気が
余るほどになった。余った電気でエアコンを効かせながら、この原稿を書いてい
る。


 なんとも危機感のない話だが、今回の大雨、幸いなことに我が家はそうして過ぎ
ていった。大雨のせいで、地域の水路が溢れて道路に水びたしになった。子どもは
大喜びで、バケツを持って外に出て、大規模な水遊びをする。山から流れ出てきた
水にバケツを当てて、その水をあちこちに撒いている。ずぶぬれになったが、それ
もまた楽しいらしい。


 我が家の井戸はますます健在、電気もほんの少し不足しただけで健在、通信もイ
ンターネットも健在のままだった。やっぱりオフグリッドして自給していた方が、
安心なのかもしれないと思う。同じ集落から見ると、我が家はほんの一メートルほ
ど高い。この一メートルが大きいのだ。広さに一メートルの高さを掛けると、よっ
ぽどの大水にならなければ水が届いてこないことがわかる。そう、家を建てる場所
を考えるときに、高さを気にした方がいいのかもしれない(我が家は偶然だが)。



 今回悲惨だったうちの1つに愛媛県の肘川の氾濫がある。ダムが造られているの
に氾濫した。ダムには貯水量がある。それを越える雨が降ったので、ダムの「但し
書き操作」がされたのだ。雨が大量で、そのままではダムが破損する可能性がある
ときには、ゲートを開けて放水することができる。ただし放水するのは今降ってい
る雨の量までと制限されているのだが、その量が文字通り致命的だった。ゲートを
開ける前に三回もアナウスしたのだそうだが、その放流によって家は押し流され、
五人の人命が失われてしまった。


(写真)肘川ダムの放水


 「何のためのダムか」と言いたくなるが、もともとダムは完璧な解決策ではない。
想定内の雨が、想定内の範囲で降った場合にだけしか有効ではないのだ。それを政
治家と土建業者が利益のために「大丈夫になる、安全だ」などと言うから、こうし
た事態を招く。もともとダムは無限に水を貯められるものではないのだ。


 ちょうど長崎県の「石木ダム」についての訴訟の判決が出たところだ。住民側の
敗訴。県の勧めるダム建設は違法ではないと。水も足りていて利水の必要はなく、
洪水などの治水にもほとんど役立たないダムを大枚かけて建設するのが違法ではな
いそうだ。ばかげている。もっと税金を使うなら人々のためになることに支出して
ほしいと思う。

 それでもこの石木ダムの建設は、いずれ止まるだろうと思う。あまりにも根拠が
薄弱だからだ。裁判所すら合理的な判断ができず、政治家に至っては目も当てられ
ない状態だ。それでも私たちはその中を生きていかなければならない。



 私の消息を心配してくださったみなさん、本当にありがとうございます。
私は大丈夫なので、その分だけ今回被災された方や支援活動をされている方、
そして石木ダム予定地域で頑張っている皆さんに注意を向けてほしい。


 ダムはもともと万能ではなくて、しかも必要性の乏しい理由で人々の住まいを水
底に沈めようとしている。美しい場所なのだ。ダム計画があったために開発されな
かった。そのことが美しい場所を奇蹟的に残せたのだ。夏は水遊びに出掛けること
もできる。こんな美しい場所すら私たちは子どもたちに残せないのか。

(『 なぜ故郷を水没させなくてはならない? 』もご参考ください
https://tanakayu.blogspot.com/2018/04/blog-post_26.html )



 私は子どもたちのために、こうした場所を残すために活動したい。
自分のできる範囲のことでいいから、関心を持ってほしいと思う。


 最後に、今回の大雨の状態を、近所の見える範囲だけ写真に撮ってみたので
ご覧ください。

 1の写真は同じ場所で、水位の低いグラウンドに看板が立っている。
その看板が水没してしまっている。

 2は集落を流れる水路の写真。溢れた水が道路を冠水させている。

 3の写真も同じ水路。1メートルぐらい下を流れるが、そこから溢れて農地に
逆流している。こういうところを間違えて踏み込むと水難被害に遭うのだと思う。
「近くの水路を見に行く」と言って消息不明になる人は、こういうところに落ち
るのではないか。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第165号「天然住宅は、なぜ「森を守って、健康・長持ち」を目指すのか(中)」(6/30号)

・第164号「天然住宅は、なぜ「森を守って、健康・長持ち」を目指すのか(上)」(6/15号)

・特典号「ご希望の方へ冊子プレゼント♪」(6/8号)

・第163号「フェアに生きようとする軋轢」(5/30号)

 
田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


DMMオンラインサロン
  『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』


ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,038人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式web shop https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/07/11
部数 6,111部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/07/11
部数 6,111部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング