「アジアと中国の民主主義を考える会」通信

サンプル誌


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「アジアと中国の民主主義を考える会」通信 創刊準備号 2007.11.02
発行:アジアと中国の民主主義を考える会(代表:牧野聖修・前衆院議員)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「アジアと中国の民主主義を考える会」のメールマガジンです。中国民主化
運動の論壇誌「北京之春」の日本語訳をはじめ、様々な地域の民主化運動に
関する情報を提供します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『北京の春』通巻169号総括
『北京の春』編集部(2007年5月)

一、カバーストーリ:反右派運動50周年記念

 今年は毛沢東を指導者とする中国共産党が発動した反右派闘争50周年である
この運動で、少なくとも50万人が右派とされ、何百万を超える家族が甚大な
被害を受た。しかし、罪人である中国共産党は、被害者に対する正式な謝罪や
賠償が一切ないだけではなく、この政治迫害が必要であったと主張し続けてき
た。今年の初めごろから、本誌は反右派運動に関する記念文章を継続的に掲載
してきた。本号においては、「反右派運動50周年記念」をカバーストーリとし
、北京劉自立の「大公報記者の右派分子について」、山東尹福生の「災難」、
ニュージーランド周素子の「右派情跡」および本誌編集長胡平の「反右派運動
と言論自由」、上海朱長超の「_小平反右派必要論批判」等を含む一連の記事を
集中的に掲載することにした。
 前三篇は叙述的な文章で、50年前に実際起こったストーリを記述した。北京の
劉素子は「対公報」の歴史研究者で、この文章で当時「大公報」の20人が右派
にされたことを記述した。この数字は編集部・経理部人員の十分の一を占めて
いて、彭子岡、楊剛、徐盈、曾敏之、蕭乾、徐鑄成など1949年前後の著名人を
も含めていた。党に対して「心を打ち明けた」ことにより右派にされた人もいれ
ば、いかなる言論もないのに、「雑家」であるゆえに右派にされた人もいるし、
さらに、左傾を貫いてきた記者たちも右派にされ、自殺した人もいる。尹福生の
記事は自分の被害ストーリであり、山東大学医学院(後の青島医学院)であった
作者が「大鳴大放」での発言により右派にされた。その後、労働教養所に送られ、
1958年から1979年まで、20年余りの苦難の満ちた教養場人生を送った。周素
子の記事は、中央美術学院華東校「赤専両全(政治思想が赤で専門知識も優れて
いること)」の教師・画家であった王流秋、元浙江美術学院教授・美術評論家朱
金楼および元中央美術学院華東校初代院長・古参共産党員李家_等3人の右派分子
としての悲惨運命を記述した。後の二篇は論説的文章であり、朱長超の文章は主に
_小平のいわゆる「右派運動必要論」に対する批判である。反右派運動は、毛沢東
が発動し、_小平が具体的に指導する運動であった。この中華民族のエリート層を
地獄に落とした運動について、_小平は、全体的には必要であったが、ただ「ちょ
っと拡大化」したという観点を持つ。朱長超は、反右派運動が中華民族と国家にも
たらした効果、後で名誉回復された右派の割合および名誉回復されなかった5人の
言動に基づき、反右派運動の不必要性を論証した。_小平は、1957年反右派運動
中ですでに手に血が付き、文革初期にもまた大学に「工作組」を派遣し、「反動
学生」を調べ上げ、1975年には雲南沙甸の回族同胞を弾圧した。89年の天安門
広場での愛国学生に対する弾圧は、ある意味においては反右派運動の継続だとい
える。彼の反右派運動に対する評価は、彼の一貫した思想スタイルに合致し、歴
史事実を無視したでたらめであり、人間性の良識に欠けた横暴と頑固である。
 胡平の記事は、反右派運動は「陰謀」か「陽謀」かという問題を分析した。当
初毛沢東が開明姿勢を示し、緩やかな雰囲気を作り、共産党外の知識人を言い放
題させる目的は、彼らの力を借りて党内の政敵を打倒しようという目的だった。
それは文革とは非常に類似している。文革中の造反派を利用して走資派を打倒し
たことと非常に似ている。それゆえ、反右派運動は未遂の文革だと、胡平氏は主
張している。しかし、文革中に現れた様々な異端思想と比べると、57年の右派言
論に自由民主主義理念の内容がはるかに豊富であり、明白でり、純粋である。反
右派運動は史上最大の文字獄である。この経験からわれわれが得るべき教訓と取
るべき方法は言論自由の把握という原則である。言論自由原則には二つの特徴が
あると、胡平氏が主張している。言論自由の原則は共産党独裁制度の根幹を揺る
がすものである。そして、言論自由の原則は共産党が表では認めているので、言
論自由を主張することにより、共産党に対する根本的な挑戦にもなる。反右派運
動50周年に際して、人々の言論自由原則への重視を再び喚起することが最もよい
記念になる。

このメルマガは現在休刊中です

「アジアと中国の民主主義を考える会」通信

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 未創刊
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

「アジアと中国の民主主義を考える会」通信

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 未創刊
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング