イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

テロの被害者に補償を行え!-イラクの障がい者の怒り


カテゴリー: 2017年07月29日
イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.512                2017. 7.29
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.512をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2017年7月29日配信:テロの被害者に補償を行え!-イラクの障がい者の怒り
【2】翻訳資料:モスル陥落は中東の苦悩を終わらせない
2017年7月11日 リンジー・ジャーマニー(ストップ戦争連合・イギリス)
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2017年7月29日配信:テロの被害者に補償を行え!-イラクの障がい者の怒り
 ★2017年6月、サナテレビはISの暴力や戦闘の中で負傷し障がいを負った人たちを取材し
ました。
ISのテロの犠牲となった警察官や兵士や市民は、まともな補償を行わないアバディ政権に対
する怒りの声をぶつけました。

 ☆2003年のイラク戦争・占領から現在のIS(「イスラム国」)に至るまで、イラクの市民はイ
  スラム政治勢力によるテロ攻撃に苦しめられてきました。市民の犠牲者は毎年数千人にも及びます。

 ◆ところが、マスコミが取り上げるのは爆弾攻撃などで亡くなったり負傷した人の数のみで、その後
の家族や負傷者の事が伝えられることはほとんどありません。
サナテレビはこんなテロ攻撃の被害
者を直接取材して視聴者に伝えています。

 ◇最初に登場する警察官のアシュラフ・アリ・アキリさんは2004年4月29日、ちょうどイラク
占領開始から1年後に仕掛け爆弾の爆発によって左足を失いました。
切断された左足をカメラにむけたままインタビューに応じる姿には胸が痛みます。
ところが、こんな被害を受けたアシュラフさんは政府から13年間放置されたままです。
まともな家さえ保障されずに借家暮らしです。彼はアバディ首相に「私を自分の息子のように守ってく
ださい」と要求します。

 ◆モスルをISから奪い返す作戦に参加していた兵士は、3年前にモスル近辺のチグリス川で負傷し
両腕が麻痺しています。
ところが政府から全く補償を受けていません。理由は何と、当局が彼の名前の表記を間違っていたか
らだというのです。
彼は自分の麻痺した腕をカメラに向けてこの不条理を糾弾し、「国防大臣には私の問題を解決しろ」
と訴えます。

 ◇最後に登場する学生は2006年にマフムディヤ地区に対する爆弾攻撃で両足と右目を失いました。
父親も自宅に爆弾攻撃を受けて亡くなりました。しかし政府からは何の補償もないし、彼自身大学生で
すが就職の展望はありません。
 
 ★2017年7月、イラクのアバディ政権はモスルのISを一掃したとして勝利宣言を行いました。
しかし治安悪化の中で負傷し、障害を負った人々に対する補償はほとんど行われていません。
政府は緊縮政策によって社会保障を切り捨てているからです。

 ☆番組を見ていただいてわかるとおり、こんなテロ攻撃の犠牲者たちのサナテレビに対する信頼感は
大きいものです。
サナテレビはテロの被害者たちの実態を明らかにし、共に補償を要求していこうと市民に訴えているのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:モスル陥落は中東の苦悩を終わらせない
2017年7月11日 リンジー・ジャーマニー(ストップ戦争連合・イギリス)
http://www.stopwar.org.uk/index.php/news-comment/2643-the-fall-of-mosul-won-t-end-the-agony-in-the-middle-east
10項目:モスルのISIS打倒がそうした脅威を終わらせるのではなく他の場所に移すことになる理由
1.モスルで「イスラム国」が打倒されたのでバグダッドでは戦勝祝いがあったのかも知れないが、イラク
とシリアの中の状況は悲惨なままである。
2.モスル陥落は巨大な犠牲を払って達成されらた。
イビニング・スタンダード紙のパトリック・コックバーンによると、ISISは彼らが守っていたどの
建物も米国が主導する「有志」連合軍の爆撃をすることでやっと追い出されたのであり、その結果モス
ル市は廃墟になり、市民にひどい犠牲が出て、食料や水やその他の施設が欠乏してしまった。
3.モスル包囲はが昨年秋に始められ、予想よりずっと長期間かかったのは、ISISが自爆攻撃やI
EDやブービー・トラップや、さらに広範囲に狙撃兵を使用するなど、非対称戦争を利用する軍事戦術
を展開したからである。
4.ISISはモスルで打倒されたし、シリアのラッカがすぐにそれに続くだろう。
しかしISISはイラクやシリアの他の地域で、中東の他の場所で、そして爆撃に参加したヨーロッパ
諸国でこうした戦術を利用し続けるだろう。
5.民族と宗教の分断はモスルで激化させられ、分断は続くというあらゆる兆候がある。
クルド民族や、ヤジディ教徒やキリスト教徒やシーア派のイスラム教徒がISISの手にかかって被害
を受けた。
スンニ派のイスラム教徒はISISと結びついている者もいたからだと疑われている。
6.ISISが打倒されれば中東地域で一掃の権力闘争を生み出すようであるのは、全ての主要関係国が、
自らの理念と戦略的な支配権を前進させたがっているからである。
7.ISIS自体は、イラク戦争と占領から生まれたものであり、それは2003年に対テロ戦争の一部
として始まり、目的はサダム・フセインを打倒することであった。
イラクはそれ以来ずっと戦争によって破壊し尽くされた国になっている。
8.当時広く予想されたように、2003年のイラク戦争は中東全土により巨大な不安定とより巨大なテ
ロの脅威を生み出す結果となった。
モスルのISIS打倒はそうした脅威を終わらせるのではなく、他の場所に移すことになるだろう。
9.ここでの犠牲者はなおも、過去何年にもわたって最も恐ろしい試練を受けている状況に苦しんできた
中東地域の普通の人々だろう。残念ながら、トランプとサウジアラビアを支持するイギリス政府の政策は
これを終わらせるには何の役にも立たないがより大きな火災を生み出すかも知れない。
10.この状況に対して軍事的な外交上の解決策は存在しない。
イギリスがこれらの戦争に参加しサウジアラビアのような政権を支持していることは、中東の民衆の苦痛
を長引かせるだけである。
………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊/毎日曜日発行
最新号 2018/07/21
部数 242部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊/毎日曜日発行
最新号 2018/07/21
部数 242部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング