イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

なぜ、学校の前に歩道橋がないのか?


カテゴリー: 2017年06月03日
イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.504                2017. 6. 3
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.504をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2017年6月3日配信:なぜ、学校の前に歩道橋がないのか?
【2】翻訳資料:マンチェスターへの攻撃についてのSTWCの声明
ストップ戦争連合 2017年5月23日
【3】翻訳資料:ジェレミー・コービンの外交政策演説についてのSTWC(ストップ戦争連合)の声明
ストップ戦争連合 2017年5月26日
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2017年6月3日配信:なぜ、学校の前に歩道橋がないのか?
★イラクの首都バグダッドでは、必要もないところに歩道橋が作られる一方で、車の交通量が多くて
危険な場所に歩道橋が作られていません。
2017年3月、サナテレビはこの問題についてバグダッドの市民や学生にインタビューを行って意
見を聞きました。

☆イラクの都市部は車社会です。
地下鉄はもちろん、鉄道はほとんどないし、自動車での移動が一般的です。多数の自動車がかなり広
い道路を高速で走り去ります。
そうすると、多くの人が車道を横断する場所には歩道橋が当然必要となります。

◆ところが現在のイラクでは、ここで奇妙な風景が見られるのです。
まず、ほとんど人通りのない場所に歩道橋が作られています。その一方で毎日多くの生徒が通う小学
校の前には「歩道橋は全くありません」という状態なのだそうです。

◇サナテレビのインタビューに答えて、ある市民が、バグダッド市当局は「(人通りがほとんどない)
酒屋の前とかお年寄りの家の前に歩道橋を建てる」とあきれ顔で言います。
そんな歩道橋がたくさんあるのだそうですが、「誰も使っていません」と説明してくれます。

●サナテレビはさらに自動車の通行が非常に多い大学の正門前で学生たちにインタビューをしました。
この映像で見ると、ほとんどブレーキもかけずに高速で走る自動車の合間を縫って学生たちが広い通
りを走り抜けて大学の正門を行き来しています。「これは危ないな」と一目でわかります。

◎学生たちは「交通事故に遭った学生もいる」「毎日道路を渡るために1時間も待っている。
ここでは女子2人と男子1人が死んだ」といった深刻な実態を口々に訴えます。インタビュアーのサ
ジャド・サリームさんが言っているように、「ここで毎学期、交通事故で多数の死者が出ている」と
いうひどい実態です。
そしてインタビューは「今朝、私が事故に遭わずにすんだのは奇跡でした」という学生の告発で締め
くくられます。

★いったいなぜ、こんなことになっているのでしょうか?
それは、アバディ政権が歩道橋の建設費用でさえ汚職に使っているからなのです。そのために誰も使
わないところに歩道橋を作るのに、交通事故の死者がたくさん出ている学校の前には歩道橋が全くあ
りません。

☆もちろん市民や学生は黙ってこんな状態を傍観しているわけではありません。
大学当局も行政に対して歩道橋の建設を要請しています。サナテレビはこの映像を通じて人命をかえ
りみない行政当局に、市民・学生の抗議と事態の改善の要求を突きつけているのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:マンチェスターへの攻撃についてのSTWCの声明
ストップ戦争連合(英国) 2017年5月23日
http://www.stopwar.org.uk/index.php/news-comment/2577-stwc-on-manchester-attack-23-05-17
 ストップ戦争連合はマンチェスターでの攻撃を糾弾し影響を受けた全ての人たちにお悔やみを伝える。
 昨夜のマンチェスターのコンサートでの爆破は、楽しい夜を過ごしていた若者たちに対して行われた
恐ろしい残虐行為だった。
ストップ戦争連合は攻撃を糾弾し亡くなった人たちの家族や友人と影響を受けた全ての人たちにお悔や
みを伝える。
 マンチェスターの人々の反応は連帯と思いやりであった。
非道な行いに対して団結と憎しみや罪のおおいかぶせに抵抗し続けるのは不可欠なことである。
 我々はまだ攻撃が誰のせいであるのかは分からないが、テロ事件は全世界で増加してきている
我々は対立や分断のない平和な世界を求める運動を続けなければならない。特に我々はこの恐ろしい事
件の結果起こるどんな人種差別的な反発にも反対しなければならない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【3】翻訳資料:ジェレミー・コービンの外交政策演説についてのSTWC(ストップ戦争連合)の声明
ストップ戦争連合(英国)
 2017年5月26日
http://www.stopwar.org.uk/index.php/news-comment/2584-stwc-statement-on-jeremy-corbyn-s-foreign-policy-speech-26-05-17
 ストップ・戦争連合はジェレミー・コービンの外交政策の新手法に関する演説を歓迎する。
 ストップ戦争連合は今朝のジェレミー・コービンの演説を歓迎する。
我々は長らく「対テロ戦争」はその申し立てられている目的達成に失敗する一方で、中東や中央アジア
やさらに多くの地域でほとんど信じがたい破壊と悲劇を生み出したのだと主張してきた。
暴力の恐るべき連鎖を終わらせ、マンチェスターにおけるような残虐行為がさらに起こる機会を減らす
ためにいかにするべきなのかを真剣に討議するなら、どういうものであってもテロが拡大する結果となっ
た全ての範囲の要因を誠実に検証しなければならない。
 反戦運動には元MI5[英国軍情報部第5課。保安部]の元長官を含む広範な専門家や解説者が参加し
て、近年の一連の対外戦争はより危険で不安定な世界を作り出し、そしてテロの増大の一員となったと
主張しているのである。
 ジェレミー・コービンの今日の演説は大変必要な大衆討議を促進する助けとなった。
我々はそれが長年遅れてきた英国の外交政策の変革へと至ることを願っている。
………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊/毎日曜日発行
最新号 2017/12/16
部数 249部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊/毎日曜日発行
最新号 2017/12/16
部数 249部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング