イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

汚職で電気料金を値上げするな!


カテゴリー: 2017年05月27日
イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.502                2017. 5.20
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.502をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2017年5月27日配信:汚職で電気料金を値上げするな!
【2】翻訳資料:米軍の空爆による静かな虐殺  ニコラ・JS・デービーズ 2017年5月9日
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2017年5月27日配信:汚職で電気料金を値上げするな!
★イラクの首都バグダッドのフセイニヤ地区では地域の政府所有の発電機が汚職によって民間業者に
譲渡され、その業者が10倍もの電気料金を要求してきています。
2017年1月、サナテレビはこの地域の住民にインタビューをして、怒りの声を伝えました。

☆イラクは世界的な産油国であり、火力発電のための燃料となる石油は文字通り有り余るほどあります。
事実、2003年のイラク占領までは電力不足などという話は聞かれませんでした。
市民は普通に電気を使っていたのです。

◆ところが、イラク占領後、発電所や電力供給の施設が放置され、首都バグダッドでさえ市民に電気が
供給されないと言う事態が起こります。
それでも、イラク戦争から14年も経過しているんだから、電力供給は改善されているはずです。

◇ところが、この番組を見ていただければ分かるように、電気がまともに来ないのです。それどころで
はありません。
地域で発電機を設置して住民に電力を供給しているのに、政府は公的機関の発電機による電力供給をわ
ざわざ解約して民間の発電業者の供給に変えているのです。

●このバグダッドの首都圏にあるフセイニヤ地区で電力を供給する民間業者は、地域住民との契約も無
視して、電力の供給時間を守りません。
いや、それどころか、公的機関の発電機の時の10倍も高い電気料金を請求してきたのです。
(インタビューの答える市民は2度も実名を呼びます。よほど腹に据えかねているのでしょう。)

◎一体なぜ、こんなことが起こるのでしょうか?
インタビューに答える市民によると「ワイロを使って発電機を手に入れた」というのです。
そしてこの賄賂が効いたのでしょう、「バグダッド市長と州評議会と電力委員会委員長」がこの人物
に発電機を与えました。

★全く、バグダッド行政当局と民間資本は、電力供給という公的部門の民営化を汚職によって進め、電力供給サービスの内容の低下と高い料金をふっかけるという、典型的な民営化・腐敗路線を押し進めているわけです。
あまりにもひどい仕打ちにあって、市民はバグダッド州の司法当局に訴え出ますが却下されてしまいました。

☆ある市民はこう告発します。「政府当局は発電機の所有者と闘うのではなく、私たち住民と闘っている」と。
180家族、おそらく約1000人もの市民が行政当局と民間業者の汚職による結託によってこんなひ
どい目に遭っているのです。

◆サナテレビはこの地域の市民のインタビューを通じて、ひどい実態を訴えると共に、汚職と腐敗、
強欲に立ち向かって立ち上がろうと訴えているのです。

◇このインタビューが行われたのと同じ時期の2017年1月に、日本政府はイラクのアバディ政権
に電力供給の改善のためという名目で約4百億円の政府借款を与えると発表しました。
しかしそれは、腐敗した政府と民間業者の汚職を支えているだけです。政府の腐敗を追及し電力や水
道を要求しているイラク市民に日本から連帯していきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:米軍の空爆による静かな虐殺  ニコラ・JS・デービーズ 2017年5月9日
http://uslaboragainstwar.org/Article/77515/the-silent-slaughter-of-the-us-air-war

 独占記事:米国の主要メディアはロシアの戦闘機がアレッポの市民を殺した時には道徳上の怒りの声
を上げたのに、米国の戦闘機がモスルやラッカで罪のない人たちを虐殺しても黙ったままだと、ニコラ
ス・J・S・デービーズが述べている。 

 2017年4月がイラクのモスルの人々やシリアのラッカやタブカ周辺地域にとって大量虐殺と想像
しがたいテロの新たな1ヶ月となったのは、ベトナムにおける米国の戦争以来最も激しく最も長引いた
米国主導の爆撃作戦が33ヶ月目に入ったからである。

 「エアウォーズ」の監視グループは4月に米国とその同盟国の戦闘機から雨のように降り注いだ少な
くとも2237発の爆弾とミサイル(イラクに1609発とシリアに628発)によって1280人か
ら1744人の市民が殺されたという報告をまとめた。
最もひどい犠牲は旧モスル市と西モスルの市内と周辺で、784人から1074人の市民が殺害された
と報告されたが、シリアのタクバ周辺地域でも多大な市民の犠牲が出た。

 他の戦争地帯では、以前の記事で私が説明したように、「エアウォーズ」によってまとめられた市民
の死者の「控えめな」報告の類いでは、包括的な死亡数調査によって明らかになった実際の市民の戦争
による死者数の5%と20%の間がずっと把握されてきたに過ぎない。
「エアウォーズ」と同様の方法論を使ったイラク・ボディーカウントは2006年の占領下のイラクに
おける死亡者数調査によって見出された死者の8%しか数えていなかった。

 「エアウォーズ」は11年前のイラク・ボディーカウントより徹底的して市民の死者の報告を集めて
いるようだが、多数の死を「異論あり」か「根拠の弱い報告」に分類し、死者数の数え方には意図的に用心深い。
たとえば、事例によっては、「多数の死者」という地元メディアの記事を最大限の数字をつけずに最低
限の1名の死として数えている。
こう言うのは「エアウォーズ」の方式を非難するためではなく、市民の死者数の実際数の推定に寄与し
ようとしても限界があることを認識するためである。

 「エアウォーズ」のデータの様々な解釈を考慮し、過去のそのような試みと同様に、それが実際の死
者の5%と20%の間をつかんでいると推定すれば、2014年以来の米国主導の爆撃作戦によって殺
された市民の真剣な推定人数は、今頃は2万5000人と19万人の間のどこかとなっていなければな
らない。

 ペンタゴンは最近、2014年以来イラクとシリアで殺した市民のふざけた推定人数を325人に修
正した。
それは「エア・ウォーズ」が確信を持って名前を特定した1446人の犠牲者の4分の1以下なのである。

 「エア・ウォーズ」はシリアでロシアの空爆によって殺された犠牲者の報告も集めていて、その人数
は2016年の大部分の期間に米国主導の爆撃によって殺された市民の報告の人数を上回った。

 「エア・ウォーズ」の全ての報告が断片的であるという性格を持っているために、こうした形態が米
国かロシアがこれらの時期のそれぞれでより多くの市民を実際には殺害していたのかどうかは正確に反
映しているかも知れないし、反映していないかも知れない。
影響を与えた可能性のある要素がたくさん存在するのである。

 たとえば、欧米諸国の政府やNGOはロシアの爆撃が原因となった市民の犠牲者の報告をするホワイト・
ヘルメットや他の団体に資金を提供して支援してきたが、米国とその同盟諸国が爆撃をしているイスラ
ミック・ステートが保持している地域からの市民の犠牲者の報告に対して欧米からの同等の支援はない。
もしも「エア・ウォーズ」の報告がこのような要員のせいで他の報告よりも一つの地域で実際の死者を
より多くの割合で把握しているならば、実際の死者の違いを反映していない死者の報告数と違った結論
になるかも知れない。
………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/


イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊/毎日曜日発行
最新号 2017/06/24
部数 264部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊/毎日曜日発行
最新号 2017/06/24
部数 264部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング