ブッククロッシング・ジャパン e-news

ブッククロッシング・ジャパン e-news vol.306


カテゴリー: 2013年08月09日
■□■=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=■□■
       ~ ようこそ! 本を愛する人達のコミュニティーへ ~     

      △▼△ ブッククロッシング・ジャパン e-news ▲▽▲
              http://bookcrossing.jp/

               2013.08.09 ★ vol.306               
■□■=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=■□■

こんにちは。毎日、暑い日が続いていますが、海へ山へ街へと思い思いの夏を楽し
んでおられることと思います。お盆休みという名の大人の夏休みももう目前で、私
の頭の中は、すでに休みのことで一杯なんですが、さりとて、どこかへ行くという
予定も特になく、読みたかった本や聞きたかったCDを積んで、おうちでのんびりで
きるのが一番のこちそうだったりします。涼しくなるまでしっかり体力を温存し、
ボケない程度に充電したいと思います。(笑)

さてさて、例年のごとく公式ゾーン調査を下記の予定で行います。
ゾーンのご担当者ならびにゾーンの情報をお持ちの会員の皆さんが対象です。
ご協力、よろしくお願いします。m(_ _)m

 ========================================================================
          ★-☆- 今週のMENU -★-☆  

  [ 1 ]  今週の新着情報
  [ 2 ] ブッククロッシングとわたしとおすすめ本
   [ 3 ]  コラムクロッシング ~ミメイ&ムーンの出来たとこ勝負!
  [ 4 ] 編集後記
 ========================================================================
◆◇------------------------------------------------------------------◆◇
            【今週の新着情報】
◇◆------------------------------------------------------------------◇◆

《お知らせとイベント》 http://www.bookcrossing.jp/info_bc.html

◎ ブッククロッシング・ジャパンの運営本部が移転しました。
      http://www.bookcrossing.jp/honbu.html

◎ 本日より末日まで、下記リンクにて公式ゾーンの現況調査を行います。
  ゾーンの現状を知るために行うものであり、結果や成果を求めるものではあり
  ませんので、お気軽にご参加をお願いします。
  この結果に基づき、公式ゾーンリストの整備をします。
  ゾーンのご担当者はじめ、会員の皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。
            http://bit.ly/1ctY894
 
◆◇------------------------------------------------------------------◆◇
         ブッククロッシングとわたしとおすすめ本
             http://ameblo.jp/reeeal/
                             by えちごゆう
◇◆------------------------------------------------------------------◇◆

『ライフトラベラー』 著:喜多川泰(ディスカヴァー)
 http://amzn.to/19GKK1O

先日の芥川賞受賞作を読んでみたけど、私にはなんだかピンとこずでした。
子どもも「直木賞・芥川賞のあらすじ見てみたけど買わないなぁ。」って、、最近
の我が家 。

で、本屋さんをふらっとして手にした本が『ライフトラベラー』。
タイトルには全く響かなかったのですが(笑)著者が、喜多川泰さんだったので即
買いしました。
本の帯には喜多川さんの作品『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が9月に映
画で全国ロードショーとあり、喜多川ファンの私は映画化されることは知らなかっ
たのでさらに興奮気味に新刊を購入しました(≧∇≦)

涼やかな装丁もムシムシする8月には嬉しい感じでそそられました。

内容は人間的成長を重視した塾をされてる喜多川さんですから、今作も若者へむけ
て(であろう)の「人生の捉え方の視点」がベース。
それが著者の喜多川さんの"想い"なんだと感じられ、その"想い"を毎回切り口を変
えてストーリーに仕上げるのはいつもながら"さすが"です。

本文にある
ーほとんどすべてが〈自由〉な〈不自由な旅〉だ。そんな旅こそ、きみの人生を変
えてくれるー(ここまで本文より)

自由と不自由の視点。
そして、〈0〉を〈1〉にしていくこと。
ギブ&テイク。

私にとってはよい意味で大人への日々の赤本のような感じのお話であり、装丁同様
に涼やかな風が読み終わったあと通り抜けました。

子どもたちは夏休み。大人ももうすぐお盆休みですね。
旅へ出る方も多いでしょう。
新たな出会いも生まれる場面も訪れるでしょう。
旅立つ前に読むと楽しい気持ちが増幅される作品なので、旅のお供というよりは旅
の前日に読むと面白いです。

お盆休みが終わっても、今年後半は待ちわびてた連休目白押し。
現在ざっくり連休の旅の日程だけ私は組み始めているのですが、"小さな旅"への"想
い"も本書ですごく膨らむものになりました。

とはいえ、『ライフトラベラー』の軸は人生の旅のお話。
遠くへ出かけなくても自分の人生のリュックの中身を点検してみるのも、かなり面
白い旅ができるように思います。

◆◇------------------------------------------------------------------◆◇
    コラムクロッシング ~ミメイ&ムーンの出来たとこ勝負!

           【テーマ:もしも、あの時】
◇◆------------------------------------------------------------------◇◆

小学校にあがる前の1年間、バレエを習っていた。病弱で人見知りで引っ込み思案な
娘を案じた母に手を引かれ通い始めた「お稽古」だったけれど、上のクラスのお姉
さん達が履いていたピンクのサテンのトウシューズに憧れて、ひょろひょろと細い
手足を動かしていた。

大きな劇場での発表会の日。最年少クラスが踊るのは、「かもめの水兵さん」。
相変わらず病弱でレッスンも休みがち、踊りも満足に覚えていないというのに、そ
んなことは気にならなかった。水兵さんの衣装は可愛かったし、初めて真っ赤な口
紅をつけてもらえたし。とにかく踊り通せば、ひとつ上のクラスに進める。トウシ
ューズが履ける。そんなわくわくした気持ちで舞台に立った。

ライトが眩しくて、客席は暗い海のようだったけれど、怖くはなかった。むしろ嬉
しくて、手も足もいつもよりずっと滑らかに動いた。が、ラスト近く。ラインダン
スのように全員が横一列に並んだとき、ふいに思った。足をあげるのは右からだっ
け、左からだったっけ。考えてみたところで分からない。えいっと上げた足は見事
に皆とは反対で、客席の暗い海原が笑い声で波立った。

そんなヘマをやらかしたというのに、あたしは上機嫌だった。トウシューズは履け
ないかもしれない、とは思ったけれど、それよりも舞台に立つ楽しさの方が強く心
に残っていた。大勢の人を前にしているのに、不思議と「見られている」という意
識はなくて、解放感さえ感じていた。

小学校4年生のとき。なぜかクラス代表で学芸会に出ることになった。放課後になる
と講堂に行って、日暮れまで劇の練習をした。監督である先生はとても熱心で、ひ
とつのシーンを何度も繰り返す。あたしの役は「兵隊B」で、たいして台詞もなか
ったのだけれど、繰り返すうちに分からなくなって、「最近は取り締まりが厳しく
て」というべきところを「きびしまりがとりしくて」と言ってしまい(しかも堂々
と)、その場にいた全員が涙を流して笑っていた。

又してもヘマをやったというのに、なぜかちっともめげなかった。芝居の稽古は楽
しくて、このままずっと続けばいいのにと思っていたし、本番で着た焦げ茶色のワ
ンピース(太い革のベルトを巻いて、そこに銀紙で作った剣を差した)は、それか
らしばらくお気に入りの一着だった。

そして中学3年の時。全学年参加の「英語劇大会」が開かれた。1年から3年までクラ
スごとに競い合う。あたし達のクラスの演目は「むじな」。小泉八雲の怪談なので、
出演者全員ゆかたを着て臨んだのだった。短い物語だから、ひとりひとりの台詞は
少ない。あたしの役は「町民」で、同じく町民役の生徒5,6人とぞろぞろ舞台を歩
いていく。

が、誰もが緊張しているようで、声が小さい。皆あがっているんだなぁ、と思うう
ちに自分の番がきた。口を開き、「By the way」と言ったその声が自分でも驚くほ
どに大きかった。そのことに気をよくして、客席に向かってゆっくりと喋った。
舞台に立って、言葉を発するということの楽しさを久しぶりに思い出していた。

その日の午後、教室に一年生の男子が、『「By the way」と言った人はいます
か?』と訪ねてきた。ファンになりました、と。相変わらず人見知りで引っ込み思
案のあたしは、ろくな返事も愛想笑いもできず、困惑するばかりだった。そして放
課後には、演劇部の先生がやってきて言ったのだった。うちの部に入らないか、と。

あの時、あたしは何と返事をしたのだったか。たぶん、断りの言葉をぼそぼそ並べ
たのだろう。滅相もない。それが正直な気持ちだった。演劇部というのは、もっと
華やかで目立つ人たちが集う場所。あたしはひっそりと本を読んだり、ノートに言
葉を連ねたりしている方が性に合っている。そんなふうに思っていた。

今でも、あたしは人見知りで引っ込み思案だ。初対面の人との会話はぎこちなく、
10人20人の前で話すのは緊張する。それが知っている人ばかりだと、よけいにどぎ
まぎしてしまう。が、不思議なことに、もっと大人数になると、さほどあがらない。
200人300人となれば、かえって力が湧いてくる。原稿や台詞があれば、尚のこと。

この事を自覚したのは、大人になってからで、我ながらどうしてそうなるのか、よ
く分からない。でも、そんな質であることは確かなようで、だからこそ、「もし、
あの時」と思ったりもする。夢中になればとことん、という性格だから、きっとの
めり込んでいただろう。とはいえ演技が上手いわけでも、声が良いわけでもないか
ら、ちゃんとした役者になれるはずもなく。アルバイトをしながら小さな劇団に所
属して、細々と芝居に係わりつづけていたかも。となれば、ずいぶんと違う人生に
なっていたことだろう。

今のこの人生をやり直したいとは思わないけれど、でも振り返ってみれば、もしあ
の時、ということは存外たくさんあって驚いてしまう。巧妙に伏線が張られた小説
みたいに、あとになって気づいたりする。ああ、そういえばと頁を戻して確認して
みても、物語はすでに進んでしまっている。この先も、謎を孕みながら続いていく。
人生とは最大のエンターテイメント小説、かもしれない。

      ------------------------------------------------

ここにコラムを書くたびに、「我が事ながら、よく分からない」ということを発見
しているような気がします。人生最大の謎は、自分自身?(^o^) 
ムーンさんの「もしも、あの時」も意外なことが出てきそうで、ちょっとわくわく。
期待しています!

     ★田川未明オフィシャルサイト http://www.mimei.info/

★☆------------------------------------------------------------------☆★
               編 集 後 記
★☆------------------------------------------------------------------☆★

毎日、暑い日が続いていますが、近所のスーパーやホームセンターへ行くと、ビー
ルを箱買いしている方をたくさん見かけます。これだけ暑いとキンキンに冷やした
ビールがさぞかしおいしいのだろうと思ったりしますが、最近のビール市場は、
ビール類計、ビール、発泡酒とも年間の落ち込み率が最大となり、例年のごとく新
ジャンルの一人勝ちだとか。

そして、清涼飲料水の中でも今年は、「熱中症対策飲料」という新しいジャンルが
できつつあるそうで、従来からあるポカリスエットやアクエリアスといったスポー
ツドリンクや機能性飲料に加え、熱中症の増加に伴い、ソルティ・ライチやグリー
ン・ダ・カ・ラといった塩が含まれている飲料で熱中症予防を全面に出した商品が
爆発的に売れているそうです。これまでスポーツドリンクの市場は、炭酸、コー
ヒー、茶飲料などの主要カテゴリーの半分以下で近年は減少傾向だったそうですが、
必要に迫られる形での需要で今後、ますます新商品の開発も進んで大きく成長して
いくのかもしれません。

メルマガに関するご意見、ご感想、おもしろ企画など、どんなことでも結構です。
下記アドレスまで、ぜひお寄せください。(^_-)

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
      ◆◇公式サイトがスマートフォンに対応しました!◆◇
            http://bookcrossing.jp/

 簡易版になりますが、最新情報や公式ゾーン・おうちゾーンリスト、ギャラ
 リーなどの情報を見ることができます。もし、PCサイトが開いてしまった時は、
 タイトルをクリックしてみてくださいね。(^_^)v
 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 ◆◇「ブックロ図書館~メルマガ・セレクション~」が開館しました!◆◇
       http://www.bookcrossing.jp/books/books2007.html

  メルマガで取り上げてきた本を本棚に収めています。
  これらの本は、Amazonアフィリエイトに参加しています。
  リンク経由でお買い上げいただくと紹介手数料が運営資金になります。
  ご協力をよろしくお願いします。
 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 ◆◇「ブッククロッシングジャパン e-news」に広告を掲載しませんか?◆◇

 広告料金は無料ですが、ブッククロッシング・ジャパンショップより何か1つ
 ご購入いただき、本部運営費へのご協力をお願いします。

 ご希望の方は、ショップよりご購入の際に、その旨を備考欄にご記入下さい。

      ◆ブッククロッシングジャパン オンラインショップ◆
            http://bcjp.shop-pro.jp/
 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    ◆◇ β版ブッククロッシングの携帯サイトもどうぞ! ◇◆
           http://www.bookcrossing.jp/m/

   *現在、テスト版のため携帯からの会員登録はできません。m(_ _)m
 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
--------------------------------------------------------------------------
■ 配信元:ブッククロッシング・ジャパンメルマガ編集部  
       編集長 藤岡 恵理子(halfmoon@bookcrossing.jp)

              http://bookcrossing.jp/ 

■ 発行者:ブッククロッシング・ジャパン 代表 財津 正人

       〒730-0051  広島市中区大手町3-8-3 今井ビル2F
               株式会社イーセット内

                TEL 082-259-3925
                FAX  082-259-3926

■ 代表ブログ :http://plaza.rakuten.co.jp/bookcrossing/

  編集長ブログ:http://d.hatena.ne.jp/halfmoon0419/

■ Facebook公式ファンサイト : http://www.facebook.com/bookcrossing.japan

■ Twitter : http://twitter.com/Bookcrossing_Jp

■ mixi : http://mixi.jp/view_community.pl?id=2356281
--------------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

ブッククロッシング・ジャパン e-news

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2014/01/17
部数 636部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ブッククロッシング・ジャパン e-news

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2014/01/17
部数 636部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング