環境省ちゅうぶ環境メールマガジン

そらいろ通信 ~EPO-Chubuメールマガジン~103号(2018.1.9)


●○●○============================================================
○●○
●○ そらいろ通信 ~EPO-Chubuメールマガジン~103号(2018.1.9)
○
        発行:中部環境パートナーシップオフィス
        協力:環境省中部地方環境事務所

      空の色(そらいろ)を見ながら、皆さまとのつながりを感じつつ、多様
      なセクター、テーマ、中部地域の環境情報をお届けします。
      冒頭文は、
      中部地方環境事務所長三村起一(みむらきいち)さんです。
      …………………………………………………………………………………
        新年、明けましておめでとうございます。
        パリ協定の発効に明るい未来を予感して始まった2017年は、その推
      進役を担った米国の脱退表明に大きく揺れ、それでもなお協定に留ま
      り挑み続けることを宣言する自治体や企業の姿に希望を覚えたCOP23で
      暮れました。
        2050年の我が身を思い浮かべた時、我が国の製造業の中心地、中部
      地方に住む私達は一人の市民として何ができるのか? 本気で考えさせ
      られる1年でした。また、6年を経てもなお復興作業が続く東北の
      ニュースに触れ、災害に強く順応性の高い社会を作り上げていくこと
      の必要性を再認識する正月でもありました。
        私ども中部地方環境事務所はこうした内外の難しい課題に昨年にも
      増して精進努力していく所存です。
        皆様方のなお一層のご指導ご協力をお願い申し上げ、紙面をお借り
      しての新年のご挨拶といたします。
        本年もよろしくお願いいたします。
      …………………………………………………………………………………
♪*♪*♪*   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            「揖斐川流域未来フォーラム」を開催します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ♪*♪*♪*
  揖斐川流域を拠点に、上流、中流、下流域に点在する環境学習施設や社会
  教育施設をつなぎ、流域で暮らす人々が現状の課題を認識し、各地域の人々
  と学びあいながらつながり、流域全体の「持続可能な地域」の創出を目的
  に昨年度から事業を実施しています。今年は高校生を対象に、「揖斐川流
  域ESDツアー」を実施。参加した高校生と、揖斐川流域の持つ魅力や未来、
  わたしたちにできることを語りあうフォーラムを実施します。

  日  時:平成30年1月20日(土) 13:30~16:30(受付13:00~)
  場  所:くわなメディアライブ(三重県桑名市中央町三丁目79番地)
  対  象:揖斐川及び流域に関心のある市民、NPO/NGO職員、他流域で活動を
          しているNPO/NGO関係者等
  定  員:60名程度(申込制)
  締  切:平成30年1月5日(金)
  内  容:■13:30~14:30 揖斐川流域環境学習拠点等連携事業の紹介
                         揖斐川流域ESDツアーに参加した高校生レポート
          ■14:30~15:30 ESDとSDGsによる評価ワークショップ
          ■15:30~16:00 流域発地域、世界への発信
          ■16:00~16:30 ふりかえりTIME
  主  催:環境省中部環境パートナーシップオフィス
  協働連携:特定非営利活動法人泉京・垂井
  申込・問合せ:環境省中部環境パートナーシップオフィス
                E-mail:office@epo-chubu.jp

  ★揖斐川流域ESDツアーとは、
  揖斐川流域ESD教材を活用し、揖斐川の上流から下流の自然や恵み、人々と
  の出会いを通して、「流域の大切さ」に気づき、流域から持続可能な地域
  づくりのヒントを見つけるツアーです。11月に揖斐川流域にある高校生を
  対象に実施しました。

♪*♪*♪*   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            あいちの未来を考えた! 高校生が伝えたいこと
            ~環境学習プログラム交流会~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ♪*♪*♪*
  愛知県にある5校の高校生が、地域の自然環境をテーマにして5つの環境学
  習プログラムをつくりました。「イタセンパラ」「湧水湿地」「川のいき
  もの」「竹林」「カメ」など・・・。あいちの未来が見えてきます。伝え
  たい思いあふれる高校生のプレゼンテーション、体験交流会です。ぜひ、
  会場で高校生たちが半年間かけて作り上げた環境学習プログラムをその目
  で、その手で見て触れて感じて下さい。きっと熱い想いが伝わってきます。

  日  時:平成30年3月10日(土) 13:30~16:30(受付13:00~)
  場  所:ウインクあいち/会議室1202(名古屋市中村区名駅4-4-38)
  定  員:70名程度(申込制)
  締  切:平成30年2月15日(木)
  内  容:■13:30~13:40 趣旨説明
          ■13:40~14:40 あいちの未来クリエイト部紹介
                         5校のプログラム紹介
          ■14:40~15:40 各高校のブースでプログラム体験と交流TIME
          ■15:40~16:10 ふりかえりワークショップ・コメント
                         ~高校生からの発信
          ■16:10~16:30 クロージング
  申込・問合せ:環境省中部環境パートナーシップオフィス
                E-mail:office@epo-chubu.jp
  主  催:環境省中部環境パートナーシップオフィス
  協働連携:あいちの未来クリエイト部(愛知県)

♪*♪*♪*   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            環境省・UNU-IAS共催シンポジウム
            石川・金沢から発信するSDGsビジネス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ♪*♪*♪*
  石川県及び金沢市では、これまで里山里海や生物文化多様性の保全・活用
  などの分野で、国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざ
  わオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)との共同事業の実施により、
  地域のステークホルダーとの協働や国際的な視野を持った地域づくりが進
  められてきました。また、主に金沢市内の企業経営者等が所属する金沢青
  年会議所では、SDGsの目標6(安全な水とトイレを世界中に)に関する取組を
  実施するなど、地域におけるSDGsの達成に向けた機運が高まりつつありま
  す。またUNU-IAS OUIKは、2017年8月にJC金沢、金沢工業大学、JICA北陸と
  SDGsビジネスに関する覚書きを締結しており、シンポジウムでは4者の産
  官学連携の枠組みも紹介されます。そんな石川、金沢から地域の企業によ
  るSDGsへの貢献のあり方を議論します。

  日  程:平成30年1月22日(月)
  場  所:金沢商工会議所
  締  切:平成30年1月17日(水)
  定  員:150名(事前申込先着順)
  参加費:無料
  申  込:以下のURLのフォームから申込み。
          URL:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdHRkvN16UMZqpImOmw6To_gT80U1Mu8sNhJ86nY5OH0UqLow/viewform
  主  催:環境省、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
  共  催:公益社団法人金沢青年会議所
  後  援:石川県、金沢市、SDGsビジネスコンソーシアム金沢
  詳  細:http://ouik.unu.edu/events/1504

┏━━━━━━━━━━━┓
┃ ♪ も く じ ♪       ┗┓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【募集情報】
    1.平成29年度公益信託オータケ記念愛知県自然環境保護基金募集要項
    2.ネオニコチノイド系農薬に関する企画(助成プログラム)
    3.「伊勢三河カフェ」会議室シェア仲間募集
    4.「エネルギー・マイプロジェクト」助成のお知らせ

  【イベント情報】
    1.環境学習リーダー養成講座<全5回>
    2.悩める若者のための環境の仕事のハナシ
    3.藤前干潟ふれあい事業 藤前干潟サイエンスカフェ
    4.藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業「渡り鳥調査隊」
    5.レンジャー写真展2017
    6.レンジャー写真展20171DAYイベント
    7.企業とNGOの連携促進シンポジウムin名古屋
    8.ライチョウ基金」立ち上げのお知らせ
    9.『涼しいまちづくりデザインガイドブック』発刊のお知らせ
   10.「生物多様性地域戦略」レビュー結果の公表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          ♪募集情報♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┓
┃1┃平成29年度公益信託オータケ記念愛知県自然環境保護基金募集要項
┃  ┃(自然環境の整備・保護等の助成先募集について)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  美しく住みやすい社会づくりに貢献することを目的として愛知県下の自然
  環境の保護・啓蒙に貢献している活動に対する助成を実施しています。
  今年度もぜひ積極的にご応募ください。

  締  切:平成30年1月15日(月)到着分まで
  対  象:愛知県下における自然環境の整備、保全及び保護に関する
          1.実践的活動を行うもの
          2.調査、研究を行うもの
          3.普及、啓発を行うもの
  助成金額:総額100万円程度(3件程度、1件10万円~50万円)
  申込・問合せ:三井住友信託銀行 個人資産受託業務部 公益信託グループ
                オータケ記念愛知県自然環境保護基金申請口
                住所:〒105-8574  東京都港区芝3-33-1
                TEL:03-5232-8910 FAX:03-5232-8919(平日9:00~17:00)
  決定通知日:平成30年3月上旬頃

┏━┓
┃2┃ネオニコチノイド系農薬に関する企画(助成プログラム)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(代表理事:星川淳)は、ネオニ
  コチノイド系農薬の影響について独立の立場から検証する調査・研究の企
  画を募集します。予防原則を踏まえ、人や生態系の被害防止につながるこ
  とを期待しています。

  応募期間:平成30年2月1日まで
  助成対象期間:平成30年4月1日~平成31年3月31日に実施される活動
  助成金額上限:1件あたり100万円
  問合せ:一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト 助成係
          TEL:070-6551-9266(10:00~19:00、12月29日~1月5日は休業)
          Email:grant@actbeyondtrust.org
  詳  細:http://www.actbeyondtrust.org/info/3840/

┏━┓
┃3┃「伊勢三河カフェ」会議室シェア仲間募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  名古屋駅から傘をささずに歩いていける場所に事務所を持ちませんか。小
  さな木の棚をシェアして、大きな木のテーブルで語り合い、子育てからま
  ちづくり、平和、環境問題まで自分たちの生活を自分たちでよくしていこ
  うとする仲間が集う場所を作ります。アート系も大歓迎です。

  対  象:愛知、三重、岐阜県等で活動するNPO、市民団体、グループ
  場  所:名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル203
  費  用:年間12,000円
  問合せ:伊勢三河カフェ運営会議(丹羽健司)
          TEL:090-9916-1546
          E-mail:niwa_ken2002@yahoo.co.jp

┏━┓
┃4┃自然エネルギーを活かす暮らし、はじめよう
┃  ┃「エネルギー・マイプロジェクト」助成のお知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストは「エネルギーシフト」部門の
  特別支援プログラム「エネルギー・マイプロジェクト」による助成を行い、
  暮らしや地域に自然エネルギーを取り入れたい個人・団体の企画実現をサ
  ポートします。クラウドファンディングは日本最大級のプラットフォーム
  Motion Galleryがお手伝いします。成立後の活動は月間読者数15万人のウェ
  ブマガジン「greenz.jp」による取材・発表の可能性があります。あなたの
  プロジェクトをクラウドファンディングで実現しませんか。

  応募期間:随時
  申  込:以下リンクよりフォームにて申込み
          URL:http://www.actbeyondtrust.org/energy-my-project/
  問合せ:E-mail:grant@actbeyondtrust.org
  共  催:一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト
          クラウドファンディングサイトMotion Gallery
          ウェブマガジン「greenz.jp」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          ♪イベント情報♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┓
┃1┃環境学習リーダー養成講座<全5回>
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  環境問題は人間社会の多様な問題とつながっており、人権、ジェンダー、
  国際協力、市民参加などを総合的に考え、行動することが必要です。それ
  は、持続可能な社会づくりそのものです。そこで、ESD(Education for 
  Sustainable Development 持続可能な開発のための教育)を学ぶ講座を開
  催します。ぜひご参加ください。「ESDアクティビティ体験コース」、「ESD
  ファシリテーター養成コース」を過去に修了したが、もう一度復習したい
  という方も各コース5名ずつ募集します。

  <ESD入門 持続可能な社会をめざして>
  日  時:平成30年1月13日(土)10:00~16:00
  講  師:新海 洋子
        (環境省中部環境パートナーシップオフィス チーフプロデューサー)
  内  容:■ESDとは(講義)
          ■参加体験型アクティビティで、持続可能な社会について考える。
  締  切:申込先着順
  
  <ESDアクティビティ体験コース>
  日  時:平成30年1月27日(土)10:00~16:00
  講  師:鉄井宣人氏(特定非営利活動法人 NIED国際理解教育センター)
  内  容:■自然界におけるさまざまなつながりに気づく。
          ■自己がどのように地域社会や世界とつながっているか理解する。 
  締  切:申込先着順
  
  <ESDファシリテーター養成コース【3日間】>
  日  時:平成30年2月17日(土)10:00~16:00
          平成30年3月3日(土)10:00~16:00
          平成30年3月17日(土)10:00~16:00
  講  師:伊沢令子氏(特定非営利活動法人 NIED国際理解教育センター)
  内  容:■持続可能な開発のための原則をおさえ、環境学習に取り組む目
            的を確認する。
          ■流れのあるプログラムを体験し、手法やファシリテーションに
            ついて学ぶ。
          ■プログラムづくりのプロセスを学び、環境学習のビジョンを達
            成するプログラムをつくる。 
  締  切:平成30年1月27日(土)
  
  <共通>
  会  場:サン・ワーク津 研修室(津市島崎町143-6)
  対  象:18歳以上で、教員、大学生、教育や体験学習施設スタッフ
          市民活動で学校への出前授業に取り組んでいる方
          ESDに興味があり、これから何か活動を始めたい方
  定  員:各20名(申込み多数の場合は抽選。その際、三重県在住の方を優先)
          ※途中からの参加や欠席は講座運営を難しくします。各コースご
          とに全日程参加のつもりでご応募ください。
  参加費:ESD入門・ESDアクティビティ体験コースは無料
          ESDファシリテーター養成コースのみ参加費1,000円(3回通して)
  申込み:郵便・FAX・Eメールのいずれかで、講座の名称「環境学習リーダー
          養成講座」とコース名を明記の上、 氏名・年齢・郵便番号・住所・
          電話番号・FAX番号またはメールアドレスを下記問合せ先まで連絡。
  問合せ:三重県環境学習情報センター
          TEL:059-329-2000 FAX:059-329-2909
          E-mail:info@eco-mie.com
          
┏━┓
┃2┃悩める若者のための環境の仕事のハナシ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  集まれ!「環境」に携わる仕事に興味がある若者たち!! 今の勉強を将来ど
  う生かせるかな? 環境のことも考えた仕事がしてみたい! 今は別の仕事だ
  けど環境に関する仕事に転職したい!・・・など、環境に関わる「仕事」
  について考えてみませんか? 環境の仕事に携わる方のお話を聞き、疑問を
  ぶつけ、同じ悩みを持つ仲間たちと交流しよう!

  日  時:平成30年1月14日(日) 13:30~16:30
  場  所:四日市公害と環境未来館 研修・実習室
          (三重県四日市市安島1丁目3番16号)
  対  象:高校生(16歳以上)、大学生~30代くらいまで
          (就職説明会ではありませんので、楽な服装でお越しください)
  参加費:無料
  講  師:■内田 清隆さん(環境省 国立公園保護管理企画官)
            全国各地の国立公園で、動植物の保護や管理を行う他、志摩の
            横山展望台のリニューアル事業も手がける。
          ■木村 夏美さん(ビオス法律事務所 弁護士)
            環境破壊を止めるための裁判に関わったり、アスベストなど公
            害被害の相談も請け負う。
          ■内藤 修久さん(中部電力株式会社 環境経営グループ)
            就職してから、環境部門の在籍15年のベテラン! 環境コミュニ
            ケーションを担当。
  内  容:第1部 センパイたちのお仕事紹介
                環境を守るための仕事はどんなものがあるか紹介するほか、
                ゲストの仕事について紹介いただきます。
          第2部 グループに分かれて、直接質問してみよう!
                個別質問でゲストに直接質問したり、自分の悩みをグルー
                プワークで話してみよう。
          第3部 名刺交換交流会
                情報を持っているのは、講師の人だけじゃない! 参加者同
                士の繋がりから新しい「縁」が生まれるかも?!

  申込み:電話、メールまたは、FAX、郵送で、氏名、年齢(学生は学校名・
          学部名と学年)、電話番号を以下の宛先に前日までに連絡の上、
          申込み。
          四日市公害と環境未来館 「環境の仕事」係
          TEL:059-354-8430 FAX:059-354-8431
          E-mail:info@eco-yokkaichi.com
          郵送先:〒510-0075三重県四日市安島1丁目3番16号
  主  催:四日市公害と環境未来館
  詳  細:http://www.city.yokkaichi.mie.jp/yokkaichikougai-kankyoumiraikan/

┏━┓
┃3┃藤前干潟ふれあい事業 藤前干潟サイエンスカフェ
┃  ┃フクロエビ類ってなぁに?
┃  ┃~ヨコエビをはじめとする小型甲殻類の暮らし~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  フクロエビ類ってなぁに? エビ? いやいや、エビなのに、エビじゃない!
  いったいその正体はなんなのか? 干潟には関係あるのでしょうか? 東海大
  学海洋学部から田中克彦先生をお招きして、お話を聞きます! 飲み物片手
  に、講師、参加者、スタッフみんなで楽しく学び、語り合いましょう。

  日  時:平成30年1月20日(土) 14:00~15:30
  場  所:稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)
  締  切:平成30年1月14日(日)必着
  対  象:一般
  定  員:20名
  参加費:無料
  申込・問合せ:メール、はがき、FAXで以下の連絡先に申込み。
                環境省名古屋自然保護官事務所
                TEL:052-389-2877 FAX:052-389-2878
                E-mail:WB-NAGOYA@env.go.jp
  主  催:藤前干潟ふれあい事業実行委員会事務局
          (名古屋市環境局環境活動推進課内)
  詳  細:http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000067134.html

┏━┓
┃4┃藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業
┃  ┃「渡り鳥調査隊」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  藤前干潟にやってくるたくさんの渡り鳥。専門家と一緒に調査に参加して
  みませんか?

  日  時:平成30年1月20日(土) 10:00~12:00
  場  所:名古屋市野鳥観察館(名古屋市港区野跡4-11-2)
  対  象:小学生以上
  定  員:20名 ※当日先着
  参加費:無料
  持ち物:帽子、水筒、双眼鏡(お持ちであれば)
  申込・問合せ:名古屋市野鳥観察館
                TEL:052-381-0160
  主催等:藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業
  詳  細:http://inae-bird-watching-place.org/

┏━┓
┃5┃レンジャー写真展2017
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  伊勢志摩国立公園、白山国立公園、国指定藤前干潟鳥獣保護区で働く環境
  省職員「レンジャー」と「アクティブ・レンジャー」。彼らが目にする美
  しい自然を写真で紹介しています。
  
  日  時:平成30年1月18日(木)~1月31日(水)
  場  所:イオンスタイル名古屋茶屋店
  入場料:無料
  問合せ:環境省 名古屋自然保護官事務所
          TEL:052-389-2877
          
┏━┓
┃6┃レンジャー写真展20171DAYイベント
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  レンジャー写真展を実施しているイオンスタイル名古屋茶屋店で、ペー
  パーキャップを作るワークショップを行います! 藤前干潟にやって来る
  「ダイゼン」という鳥をモチーフにした、ペーパーキャップをご家族で作
  りに来てくださいね。
  
  日  時:平成30年1月27日(土) 11:00~15:00
          11:00~第一部開始(11:30受付終了)
          14:00~第二部開始(14:30受付終了)
          ※ダイゼンキャップがなくなり次第、終了となります。
  場  所:イオンスタイル名古屋茶屋店2階イオンスタイルカフェ
  参加費:無料
  問合せ:環境省 名古屋自然保護官事務所
          TEL:052-389-2877
                    
┏━┓
┃7┃企業とNGOの連携促進シンポジウムin名古屋
┃  ┃企業とNGOの連携の可能性~持続可能な開発目標(SDGs)と経営方針~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  持続可能な開発目標(SDGs)と経営上の優先課題を統合させる企業は、顧客
  従業員だけでなく、ステークホルダーとの協働を強化することができると
  言われています。グローバルな課題をともに解決するために、企業とNGOが
  どのような連携をしたらよいか、連携事例の経験や成果を聞いて、模索し
  ます。

  日  時:平成30年2月2日(金) 14:00~17:00
  場  所:ウィルあいち2F 特別会議室
  定  員:40名
  参加費:2,000円(学生500円)
  内  容:■第1部「SDGsに向けた企業の動き」講演14:05~15:00
                  講師:戸成司朗氏
                  (住友理工(株)CSR部長/NPO法人中部プロボノセンター協
                  働代表理事)
          ■第2部「企業×NGOの連携事例紹介」15:10~16:00
                  大和リース(株)×NPO法人まちづくりスポット
          ■第3部「名刺交換会」16:15~16:55
  申込み:以下サイトフォームにて申込み。
          URL:http://nangoc.org/information/22ngoinngosdg.php
          またはメール、電話、FAXで名前、所属、電話番号、E-mail、参加
          動機を明記のうえ、下記まで連絡。
          認定NPO法人名古屋NGOセンター
          TEL/FAX:052-228-8109(TEL受付対応時間火曜~土曜13~17時)
          E-mail:info@nangoc.org
  主  催:NPO法人名古屋NGOセンター

┏━┓
┃8┃「ライチョウ基金」立ち上げのお知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
  富山市ファミリーパークではライチョウの保護増殖事業を推進するために
  「ライチョウ基金」を12月1日に立ち上げました。ご支援いただいた寄付
  金は(公社)日本動物園水族館協会が環境省と協力して取り組んでいるライ
  チョウ生息域外保全において当園をはじめとするライチョウの飼育繁殖に
  携わる動物園で飼育繁殖技術の確立やライチョウの保全のための普及啓発
  に役立てる予定です。「ライチョウ基金」は継続するものですが、最初の
  3か月クラウドファンディングを使います。ご支援及び呼びかけにご協力く
  ださい。

  詳  細:https://readyfor.jp/projects/nokoso-raichio-familypark
 
┏━┓
┃9┃「涼しいまちづくりデザインガイドブック」
┃  ┃(暑熱適応のまちづくり研究会)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
  暑熱対応のまちづくり研究会では、暑さ対策製品・技術を有する企業や団
  体、まちづくりの担い手、有識者等の産官学が連携し、涼しいまちづくり
  を適切に推進するため、関連する研究活動や普及活動等を進めています。
  このたび、「涼しいまちづくりデザインガイドブック」を発行しましたの
  でお知らせします。まちなかに暑さ対策を導入していく際のポイントを示
  しており、各省庁・都道府県における暑さ対策に関連する事業計画の策定
  等に、ぜひご活用下さい。

  問合せ:暑熱対応のまちづくり研究会事務局 担当:石丸、堀口
          TEL:03-3265-4000 FAX:03-3234-5407
          E-mail:suzumachi@ceis.or.jp
  詳  細:http://www.ceis.or.jp/suzumachi/topix.html#t20171206b

┏━┓
┃10┃「生物多様性地域戦略」レビュー結果の公表
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  環境省では、地域戦略の作成や改定を検討している都道府県および市町村
  の参考となるよう、各都道府県や市町村が地域戦略を策定した経緯・契機
  や、策定・実施にあたっての課題、地域ごとに工夫されている点等をとり
  まとめています。レビュー結果を「生物多様性地域戦略」のホームページ
  に掲載しました。是非ご参照の上、ご紹介ください。

  詳  細:「生物多様性地域戦略」レビューホームページ
          URL:http://env.go.jp/nature/biodic/lbsap.html

--------------------------------------------------------------------
【本メールマガジンについて】
  本メールマガジンは、転送自由です。
  配信を希望される方は、下記までお申し込みください。
  ○申込 : office@epo-chubu.jp
  ○解除 : office@epo-chubu.jp
  ○バックナンバー
    そらいろ通信 ~EPO-Chubuメールマガジン
    http://www.epo-chubu.jp/
--------------------------------------------------------------------
  発信元:環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)
          〒460-0003  名古屋市中区錦2-4-3  錦パークビル4F
          TEL:052-218-8605  FAX:052-218-8606
          E-mail:office@epo-chubu.jp    http://www.epo-chubu.jp
====================================================================

環境省ちゅうぶ環境メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/01/09
部数 775部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

環境省ちゅうぶ環境メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/01/09
部数 775部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング