イタリアの幸せ食材

寒い日に飲みたいホットワイン


【イタリアの幸せ食材】Vol. 85

*******************************************************************
今さらですが…
tanti auguri!! 本年もよろしくお願いします。
今年最初のメルマガです。

年末年始は、比較的穏やかな気候でしたが…。
関東地方、この前の金曜日はぐっと冷え込みましたね。
お正月は、みなさんいかがお過ごしでしたか?
美味しいものたくさん召し上がりましたか?美味しいお酒も飲まれました?
そして、懐かしい人たちに会えましたか?

人が一斉に動き、新幹線に乗っても、飛行機に乗っても、車で移動しても
大変な年末年始ですが、なぜか他の人と同じように、大切な人に会いに
故郷を目指すものですね。同じような人が多いこともちょっと嬉しい。
待ってくれている人たちがいる限り、少々大変でもやっぱりこの行事は
続けたいと思っています。

最近では、おせち料理を家で作る家庭は、めっきり少なくなったと聞き
ます。デパートで買うこともなく、おせち料理自体あまり食べないところ
もあるようです。…そんな世相に反して、我が家はお節料理大好き一家
でして、小さいときから3が日は毎食おせち料理を食べていました。
もちろん他の料理を出したりもしていましたが、傍らには必ずお重。
兄など、「年中おせち料理を食べていたい」というほどのお節命。
母が今後年老いて作れなくなったらどうするのか、という話が毎年出る
のですが、そんな怖いことは想像もしたくないようですね。

相方の実家もお節は完全手作りのため、両家のおせち料理が堪能出来ます。
大家族ではなくなった今、たくさんの材料を使って作るおせち料理は
不経済で、そんなに召し上がらないご家庭では、おせち料理離れが進んでも
仕方ないでしょうが、せめて私たちだけでも、せっせと毎年作っては
「今年のおせち料理はこれが美味しい、来年は要改良」なんて話をしたい
ものです。

我が家のお正月・おせち料理はこんなでした。
スライドショーでご覧いただけます。
http://www.flickr.com/photos/casadellalbero/sets/72157612120713447/show/

http://www.casadellalbero.jp

*******************************************************************

今年最初のトピックは、「ホットワイン」です。

2007年の晩秋にピエモンテ州に行ったとき、日本とは比べ物にならない
寒さの中、トリュフ祭りをのぞいていました。あまりにもの寒さで、
何かあったかいものはないかと、周りを見渡すと人だかりが。
近づくと、そこにはおじさんが一人、紙コップに赤ワインをついで渡す
姿がありました。そして、その赤ワインからは湯気がたっています。
「おぉ、これはホットワイン!」と大喜びで、一杯1ユーロのそのホット
ワインをいただいたのです。手に伝わる温もり、立ち上るかすかな
アルコールの香り、そしてスパイスの香り。ひと口含むと温かく、そして
甘く、喉を通るときには熱く、お腹の中でもじんわりと温かさが残り
ます。1ユーロで享受できる美味しさと温かさに、感動したものでした。

ホットワインは、ヨーロッパでは寒い冬にはポピュラーな飲み物です。
風邪の予防にも飲むのだとか。イタリア以外では、フランスで特に
飲まれるようです。ワインをたくさん生産し、消費する国だからこそ
出来ることかもしれません。
赤ワインに砂糖、オレンジ、シナモン、ナツメグなどを入れて煮立てます。
お酒が飲めない人にでも、ほどよくアルコールがとんで、甘い香りと味で
美味しくいただけます。

冬の北イタリアといえば、栗も有名です。
焼き栗とホットワインの相性は抜群。ホクホク、そして少しモソッと
した栗をほお張り、ホットワインでぐっと流し込めば至福のとき。

お手持ちのそんなに高くないワインが残ったら、作ってみませんか?

[材料]
赤ワイン 500ml
砂糖または蜂蜜 30g
シナモンスティック 1本
オレンジ 1/2個
ナツメグ ほんの少し

[作り方]
1. オレンジの皮はよく洗い、輪切りにする
2. 全ての材料を鍋に入れ、10分程度煮立てる
3. コップに注いで熱々を飲む!

上記の材料の他にも、レモンの皮や、粒黒コショウ、ローリエ、セージ、
ローズマリーなどを加えてもさらに深みが出て美味しくなります。
砂糖・蜂蜜は、お好みの量で甘さを調節してくださいね。

寒い日にぜひお試しください!


*******************************************************************
発行者:笠木裕子
発行元:Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)
    〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町16-1-411
    http://www.casadellalbero.jp
連絡先:info@casadellalbero.jp

Copyright(c) 2007-2009 Casa dell'Albero
*******************************************************************

イタリアの幸せ食材
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000231431.html

イタリアの幸せ食材

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/21
部数 241部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

イタリアの幸せ食材

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/21
部数 241部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング