環境ベテランズファーム 会員ニュース

会員ニュース2017年12月15日


カテゴリー: 2017年12月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■□環境ベテランズファーム■
■■□EVF会員ニュース#130-2■   2017年12月15日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.11/30(木)セミナー:古林恒雄氏(上海華鐘投資コンサルティング有限公司薫事長):「驚きの中国、大丈夫か日本」の報告 (野口)
2.11/30(木)見学会:国立環境研究所の報告 (久保田)
3.プロジェクト報告
1)小エネプロジェクト (立花 )
2)ころころプロジェクト (三嶋 )

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
1.EVFセミナー(11/30)講師:古林恒雄氏概要報告    ( 野口 郷司 )
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
演 題 :「驚きの中国、大丈夫か日本」
~急速に展開するI oT、Fintech、EC関連経済~
講 師 :古林 恒雄氏 華鍾コンサルタントグループ 董事長・総経理
日 時 : 2017年11月30日(木) 15:30~17:30
場 所 : JICA市ヶ谷ビル大会議室
参加者: 57名

講師略歴
1965年東京大学工学部卒業、鐘紡(株)入社。ポリエステル直接連続重合法を開発、大河内記念生産賞、科学技術長官賞など各種受賞。75年初訪中、78年技術プラント輸出契約より84年引渡しまで上海石化で現地契約総代表。85年より中国事業開発に従事、20数社の合弁会社を設立運営。94年上海華鐘コンサルタントを設立、董事長・総経理。


<公演要旨>
講演は中国に関する知識のブラッシュアップからスタートした。私たちが抱く中国のイメージには講師が携わってきた繊維産業のように、日本からの技術や設備の移転による成長があってこそという意識が、払拭されてないことが大きい。
また中国の自動車販売台数は3,000万台/年(日本の約10倍)を超え、EVでは世界のリーダーにと、まだ増加する需要を抱える中国がEVにかじを切ったことの意味は大きい。
特にGDPの成長は目を見張るものがあり購買力平価でのGDPは2014年に米国を抜き、名目GDPも2030年前後には米国を抜くという予測もあることを紹介。ピュー研究所(PEC)の意識調査は、世界の中国観と私たち日本人の中国観の差を感じさせるものであった。

本題のIoT、Fintech、EC関連については、中国におけるスマホの普及率(54.3%)、インターネットの利用率(96.3%)が急速な発達を可能にした。
ECの普及は阿里巴巴、テンセントによるQRコードを利用したスマホで完結する決済手段の開発によるところが大きい。典型的なのはシェア自転車…利用者認識、料金支払い全てスマホ(携帯)でOK。街の風景が激変した。
また爆発的に増加するEC利用額とスマホ決済額は、2016年に中国GDP74.4兆元(1,265兆円)の2倍以上に達し、さらに増加ピッチは上がっている。
RFID(近距離無線タグ)による商品認識とスマホ決済による無人店舗実験が進む。
お金を入れずに決済する自動販売機が急速に普及し、レストランの無人化も進み(接客は商品をテーブルに届ける人くらいしかいない)、これらの大量情報の蓄積と分析により個人の格付けも進む。また市中では監視カメラの設置も急速に進められており、顔認識技術の進歩により通行している人の特定も行われて信号無視の警告がされたりしている。
中国では身分証番号とスマホ番号がリンクしており、スマホでの自動決済は自動的な個人認証と不可分である。スマホ番号を個人情報と認識している日本と意識の差は大きい。日本はこれらのスピードについてゆけるだろうか。

  より詳細な報告は下記EVFのHPのセミナー報告をご覧下さい。
http://www.evfjp.org/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2.EVF見学会 (11/30) 国立環境研究所の概要報告    ( 久保田 惣治 )
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・見学会開催日時 : 平成27年11月30日(木)  10:00~11:30
・見学先 : 国立研究開発法人   国立環境研究所
〒305-8506  茨城県つくば市小野川 16-2
http://www.nies.go.jp
・参加者数  18名

今回は我が国の環境対策研究施設の草分けである国立研究開発法人 国立環境研究所を見学させていただきました。この研究所は、公害問題が深刻な状況にあった1974年に、環境庁の研究所として、筑波学園都市に設置されました。当初は少人数でスタートを切った研究所はその後40年間に、大気汚染や水質汚濁などの地域的な環境問題から、化学物質による環境影響、さらには地球環境に至るまで、わが国及び世界における環境研究の中核として、最新の設備と幅広い専門知識を駆使した研究所になっています。

環境研究の柱となる1)地球環境、2)資源循環・廃棄物、3)環境リスク、4)地域環境、5)生物・生態系環境、6)環境健康、7)社会環境システム、8)環境計測、9)災害環境分野の9つの分野を担う研究センターを設置し、基礎研究から課題対応型研究に取り組み我が国の環境政策に必要な科学的知見を提言しています。
今回の見学会ではとても全てを見ることはできないので概要を伺った後で「環境試料タイムカプセル棟」と「水環境実験施設」見学し、主任研究員の方々から分かりやすく解説していただきました。

最初にご案内頂いた「環境試料タイムカプセル棟」では、国内の絶滅危惧野生動物種の皮膚などから培養した体細胞、生殖細胞(精子、卵子、受精卵、始原生殖細胞など)および組織を長期保存用タンクの中で凍結(冷凍)保存しています。これによって絶滅危惧種の遺伝的多様性を将来に残すことができます。
また、凍結した細胞等は絶滅原因の研究、感染症に関する研究あるいは個体増殖に関する研究に使用することが可能で、絶滅危惧種の保全に役立ちます。
今後は絶滅した生物の保存された生殖細胞から、絶滅生物の再生が可能になったら素晴らしい事だと思いました。

次の「水環境実験施設」では、陸水域の水質汚濁や環境汚染物質が生物に及ぼす影響、生物多様性の維持機構、絶滅に瀕する野生動植物の保全手法などを総合的に研究しています。研究・施設のポイントは、
1)水環境と生態系の関係の追求
2)化学物質の水生生物への影響実験です。

上記の様に、国立環境研究所が生物多様性・生態系の保全を行い、生態系からの恵みを享受できる自然共生社会の実現に貢献されていることが理解出来ました。

国立環境研究所には今回見学出来なかった沢山の研究施設があります。
又、機会がありましたら再度見学会をお願いしたいと思います。

 最後になりますが、見学会のお世話をして頂いた企画部広報室の志田奈津子様、概要説明をして頂いた今瀬修係長、施設見学でお世話になった大沼学主任研究員、小神野豊及び岡健太高度技能専門員の皆様、ありがとうございました。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
3.プロジェクト報告  
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

1.小エネプロジェクトジェクト報告 (立花 賢一)

1)JICA基金セミナー「多様なアクターが連携するアフリカ開発」(10/20日)での講演について
2015年に国連において全会一致で採択された「持続可能な開発目標」を実現するためには、政府、国際機関、民間セクターや市民社会など多様な関与者間のより
強固なパートナーシップが不可欠であります。
本セミナーでは、モノづくりの企業のOBが技術を生かして開発途上国の課題解決に取り組んでいるEVFのジョイセフとの連携、及びアフリカにおける取り組みについて話しをしました。
具体的には、ジョイセフの活動地ザンビアで、妊婦のマタニティハウスへの夜間移動、夜間の出産時の明かり、携帯電話の充電などで住民に貢献する人力発電自転車について紹介いたしました。
 

2)東アフリカ向け放送について
10/20のJICA基金セミナーでの講演はNHK国際放送局のインタビュー取材を受け、計11分程度のレポートに集約され、11/19(日)にスワヒリ語で、東アフリカ向けに放送されました。
3)ザンビア向け人力発電自転車の検収について
11/10にザンビア向け人力発電自転車の検収作業が、ジョイセフ、10の自治体の参加の下、横浜貿易倉庫にて実施され、今年度の製品出しを無事終えることができました。

2.ころころプロジェクト報告 (岡、奥野、大山、三嶋(記))

1) ころころプロジェクト-4 (本年スタート)
◇里親募集結果(12月初旬締め切り)
  計:71名-54名(ころころプロジェクト-3)
◇ドングリの実パッケージ配布状況
  計:39名 ⇒ 残り32名を年内に配布中
◇今後の予定
・ドングリの実の植え込み:2017年12月~2018年1月
・ドングリの発芽(予想):2017年2月~5月頃
・生育苗木の泊浜植樹  :2020年春~

2) ころころプロジェクト-3 (昨年スタート)                
   ◇12月6日現在の育苗状況
里 親:25名   育苗本数:69本
引き続き苗木の生育状態をフォローする。

3) ころころプロジェクト-2(一昨年スタート)
   ◇12月6日現在の育苗状況
里 親:5名   育苗本数:9本
引き続き苗木の生育状態をフォローする。

4) 今後の課題
   ◇現地との良好な関係の維持
   ◇ドングリに係るセミナー企画<一例:「ドングリと食」など>
   ◇数年後の南三陸町での植樹イベントの企画

5) どんぐりの雑学
*縄文時代には日本列島ではどんぐりを食していたのに、現在では常食としない
理由として、以下のような事が言われています。

1アクが強く、料理に手間がかかる。
2味が悪い。栗やナッツ、そして米や麦に比べて味が良くない。
3栽培に当初手間がかかる。樹木なので、育つまでが長い。
4さらに、表年と裏年で収量に差がある、年に一度しか収穫できない
など、主食にならない様々な理由が挙げられています。//


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●EVF(環境ベテランズファーム)会員の皆さまに毎月EVFメール通信をお送りして
 いますが、配信の中止を希望される方が居られましたらgoiken@evfjp.org 宛にご連絡
 下さい。

 このニュースはEVF関係者の方々にBCCでお送りしています。
 このメール通信も回を重ね, 読者の皆様からの反響が多くなってきました。
 通常のメルマガではなく、会員宛通信ですので、お気軽に返信頂ければと、専用の
 アドレスを設定いたしました。
  ⇒ mailto:goiken@evfjp.org
 こちらにご意見をいただければ大変に参考になります。
 頂きましたご意見は、会員ニュースでご紹介させて頂く事もございます。


━━━━━━━━━━━ 環境ベテランズファーム事務局 ━━━━━━━━━━
環境ベテランズファーム  http://www.evfjp.org/

環境ベテランズファーム 会員ニュース

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/06/01
部数 41部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

環境ベテランズファーム 会員ニュース

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/06/01
部数 41部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング