平和フォーラムメールマガジン

平和フォーラム・原水禁メールマガジン 第64号


カテゴリー: 2010年01月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇◆ 平和フォーラム・原水禁メールマガジン  第64号
◆◇◆      2010年1月13日発行(月2回発行)
◆◇◆        フォーラム平和・人権・環境 原水禁国民会議
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
平和フォーラム・原水禁のメールマガジンをお送りします。
転送は歓迎します。
配信を希望されない場合は「件名」に「配信停止」と記入しご返信ください。
アドレス変更やバックナンバーなどについては、お手数ですが、一番最後に記
載の操作をお願いします。

*** 目 次 *********************************************************

1.今号の焦点
(1)普天間基地はいらない 新基地建設を許さない 1.30全国集会
(2)「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない」解説パンフを発行
(3)柏崎刈羽原発7号機の営業運転移行に抗議する打電行動を
(4)韓国併合100年、東アジア共同体に向けた課題
   『建国記念の日』を考える2.11集会を開きます
(5)2月16日に「JR不採用問題解決へ!中央集会」が開かれます

2.その他の活動のお知らせ

3.活動の報告

4.署名運動の紹介
(1)核兵器廃絶を求める署名(1000万署名)
(2)上関町の原発建設計画中止を求める署名
(3)カネミ油症被害者の恒久救済に関する請願署名

5.刊行物のご案内
(1)新刊パンフ「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない」
(2)パンフ「朝鮮植民地化100年を機に日朝基本条約締結を」
(3)パンフ「「転換! エコ・エネルギーへの転換へ」
(4)平和フォーラム・原水禁機関誌「ニュースペーパー」2010年1月号

6.平和フォーラムホームページ各コーナー更新のご案内
(1)反基地運動ニュース、STOP!!米軍・安保・自衛隊
(2)KoreanWeekly 第326号~第328号
(3)イラク情勢Watch vol.79 

**********************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 今号の焦点
────────────────────────────────────

(1)普天間基地はいらない 新基地建設を許さない 1.30全国集会

 普天間基地の名護市辺野古への移設を巡って、緊迫した状況が続いています。
鳩山政権の発足に際して、与党三党の合意に基づき、普天間基地の辺野古移設を
見直す検討に入りました。ところが日本政府の決定に対して、米国政府は恫喝に
も似た圧力をかけ始めました。このままでは日本政府は、再び辺野古での新基地
建設を容認してしまうかもしれません。普天間基地のある沖縄県宜野湾市では11
月8日に「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」が開かれ、
21000人が参加して「米軍基地はいらない!!」との声を上げました。
 こうした沖縄の動きに連携し、東京で大集会を開くことで、日本政府に私たち
の声を伝えたいと考えています。この問題に関心のあるかたは、ぜひ1月30日に
日比谷公園野外音楽堂の集会に参加されますようお願いします。

 日時:2010年1月30日(土)14:00~15:30(集会)
  ※集会終了後に銀座・東京駅方向に向けてデモ行進
 会場:日比谷公園・野外音楽堂(千代田区日比谷公園1-3 電03-3591-6388)
 交通:地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」「内幸町駅」、JR「有楽町駅」
   (地図)http://hibiya-kokaido.com/access%20map0802.pdf
 内容:沖縄からの発言・国会情勢報告・参加団体からの発言・集会アピール
 主催:1.30全国集会実行委員会(平和フォーラムと市民団体で構成)
 問合:平和フォーラム(電03-5289-8222)
■詳しくはこちら
  http://www.peace-forum.com/mnforce/2009/okinawaaction.htm
■チラシはこちら
  http://www.peace-forum.com/mnforce/2009/01senden/okinawa02-01.pdf
■普天間基地と辺野古についての解説はこちら
  http://www.peace-forum.com/mnforce/2009/03kaisetu/091224okinawa.htm
■普天間基地についての宜野湾市のホームページはこちら(騒音被害映像もあり)
  http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2573/2653/2678/1004.html
■辺野古現地の運動を伝えている「辺野古浜通信」はこちら
  http://henoko.ti-da.net/

(2)「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない」解説パンフを発行

 沖縄米軍基地問題に関する学習・宣伝用の教材として活用してもらうため、平
和フォーラムは、パンフ「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない」を作
成しました。みなさんのご購読をお願いします。

 目次 普天間基地/少女暴行事件とSACO/名護市辺野古/再び辺野古新基
    地建設を決定/変わる基地の建設計画/沖縄の海兵隊/普天間の部隊は
    グアムに移転する/グアム移転を明記した米国の発表/沖縄米軍の現状
    /沖縄戦と米軍支配/沖縄の米軍基地/鳩山内閣と沖縄/普天間基地を
    撤去するために/図表・写真も多数掲載
 体裁  A5判 28ページ
 価格  150円(送料別)、30部以上は送料無料、100部以上は割引あり
 申込 平和フォーラム(電03-5289-8222)
■詳しくはこちら http://www.peace-forum.com/syuppan/100112.html

(3)柏崎刈羽原発7号機の営業運転移行に抗議する打電行動を

 12月28日に、東京電力柏崎刈羽原発7号機が、07年7月の中越沖地震によって
停止をしてから2年5カ月ぶりとなる営業運転に移行しました。いまだ地元での
根強い反対と不安の声が挙がる中での強引な運転再開です。地震の影響で、機器
がどれほど傷ついているのか心配があります。さらに、中越沖地震のような地震
がまた襲うようなことがあれば、今度はより 大きな被害が出るのではないかと
心配されます。
 そのような心配と危険な地域に立地する柏崎刈羽原発の運転再開は、大きな問
題です。原水禁では、東京電力、柏崎刈羽原発所、新潟県知事等に対して、抗議
の打電行動を呼び掛けています。皆さんのご協力をお願いします。

 抗議先:・東京電力社長 清水正孝 
       〒100-8560  千代田区内幸町1-1-3 
           FAX:03-3596-8539(広報部)
          ・柏崎刈羽原発所長 高橋明男
            〒945-8601 柏崎市青山町16-46 
            FAX:0257-45-5012(広報部)
          ・新潟県知事 泉田裕彦 
           〒950-8570  新潟市中央区新光町4-1 
            FAX:025-280-5049(広報広聴課) 
         ・新潟県技術委員会 
            〒950-8570  新潟市中央区新光町4-1 県原子力安全対策課 
            FAX:025-285-2975
 文例 ・県民の「安心・安全」は担保されていない。直ちに営業運転を中止しろ。 
     ・7号機の運転を中止し、全号機の安全性の詳細点検を行え。
        ・県民の声を聞け。7号機の営業運転を中止しろ。
 期間 1月15日(金)まで 

■「柏崎刈羽原発再開してはいけない20のQ&A」(原発からいのちとふるさと
 を守る県民の会作成)はこちら
  http://www.jca.apc.org/nnpp/nakayama/KK-QandA-final.pdf

(4)韓国併合100年、東アジア共同体に向けた課題
  『建国記念の日』を考える2.11集会を開きます

 2月11日の「建国記念の日」は、何らの歴史的根拠もないのに、神話をもとに
明治政府が制定し、植民地支配や侵略戦争を美化し天皇を賛美する日だった戦前
の「紀元節」を、1967年に政府・自民党が各界の反対を押し切って「建国記念の
日」とした日です。
 平和フォーラムは、この日に日本と日本人の平和と人権に関わる歴史認識を問
う集会を毎年行っています。新政権が誕生して、東アジア共同体が改めて提起さ
れています。また、2010年は韓国併合100年であり、日本の植民地支配についての
歴史認識が改めて問われていることも踏まえ、本年も集会を行います。どなたも
参加できます。

 日時:2010年2月11日(木)13:30~16:00
 会場:東京・自治労会館6Fホール(千代田区六番町1 電03-3263-3739)
 交通:JR・地下鉄「市ケ谷駅」「四ッ谷駅」、地下鉄「麹町駅」
   (地図)http://www.jichirokaikan.jp/access.html
 内容:講演「東アジア共同体と中国・日本」(仮)
	 講師	莫 邦富さん(ジャーナリスト)
	講演「愛するとき奇跡は創られる-在日三代史と未来への夢」
	 講師	宋 富子さん(高麗博物館館長)
 参加費:500円(資料代を含む)
 問合せ:フォーラム平和・人権・環境(電03-5289-8222)
■チラシはこちら http://www.peace-forum.com/houkoku/20100211chirashi.pdf

(5)2月16日に「JR不採用問題解決へ!中央集会」が開かれます

 国鉄の分割・民営化からまもなく24年を迎えようとしています。JRに不採用
となった国鉄労働者1047名とその家族は、あまりにも長く厳しい生活と闘いを強
いられてきました。政権交代という劇的に変化した新たな政治状況の中で、いよ
いよJR不採用問題は、政治解決に向けて大きく前進しようとしています。国鉄
労働組合をはじめ当事者「4者・4団体」は、2月16日に「JR不採用問題・解
決へ!中央集会」を開催します。多くの方の参加を呼び掛けています。

 日時:2月16日(火)18:30~
 会場:日比谷公園・野外音楽堂(千代田区日比谷公園1-3 電03-3591-6388)
 交通:地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」「内幸町駅」、JR「有楽町駅」
   (地図)http://hibiya-kokaido.com/access%20map0802.pdf
 主催:国鉄労働組合など当事者「4者・4団体」
 問合:国鉄労働組合(電03-5403-1640)
■詳しくはこちら http://www.kokuro.net/g211.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 その他の活動のお知らせ(平和フォーラム・原水禁および関係団体の予定)
────────────────────────────────────
1月15日(金) 今こそ、個人通報制度の実現を!大集会(18:20~日比谷公会堂)
  http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/data/100115.pdf 
1月17日(日) 六ヶ所再処理稼働反対デモ行進(14:00~水谷橋公園) 
1月23日(土) 朝鮮人強制連行真相調査団全国協議会・東日本(東京・朝鮮出版会館)
  http://www.peace-forum.com/houkoku/20100123chirashi.pdf
1月24日(日) 世界社会フォーラム(WSF)2010首都圏(9:30~韓国YMCA)
  http://tokyo.socialforum.jp
1月26日(火) 国内人権機関・選択議定書実現共同要請行動院内集会(12:00~衆議員会館)
1月26日(火) 全国被爆二世協議会厚生労働省交渉(13:00~厚生労働省) 
1月27日(水) 六ヶ所再処理工場稼働反対経済産業省抗議行動(18:30~経産省前)
1月27日(水) 足利事件の録音テープから分かる取調べの実態(18:00~弁護士会館) 
  http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/data/100127.pdf
1月30日(土) 朝鮮人強制連行真相調査団全国協議会・西日本(兵庫・ラフォール尼崎)
1月30日(土) 「くらしの安心・安全セミナー」第4回講座(18:30~ふるさと回帰支援センター)
  http://www.nishoren.org/campaigns/campaings-contents/09OWseminar.html
1月30~31日  全国被爆二世団体連絡協議会総会(広島市・ホテルチューリッヒ)
2月6~8日  第4回「核兵器廃絶─地球市民集会ナガサキ(長崎原爆資料館他)
  http://www.ngo-nagasaki.org/
2月13日(土) 国内人権機関・選択議定書実現共同要請行動ワークショップ
                    (14:00~松本治一郎記念会館)
2月24日(水) 平和フォーラム常任幹事会(13:00~総評会館)
2月25日(木) 部落解放中央共闘会議総会(13:30~日本教育会館)
2月27日(土) 東京大空襲65周年朝鮮人犠牲者追悼国際シンポジウム・追悼会
             (9:30~江東区文化センター 15:00~東京都慰霊堂)
  http://groups.yahoo.co.jp/group/nitcho/message/278
2月28日(日) ビキニ・デー関連企画「浜岡原発視察ツアー」(12:45~掛川駅集合)
3月1~2日  平和フォーラム全国活動者会議(静岡市)
3月1日(月) 被災56周年ビキニデー全国集会(18:00~静岡労政会館) 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 活動の報告(平和フォーラム・原水禁および関係団体の取り組み)
────────────────────────────────────
(1)ICNND報告「核の脅威を断つために」に対する原水禁の見解(12月22日) 

 日豪両政府のイニシャティブによる「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」
(ICNND)の報告書が12月15日に発表されました。日本の核をめぐる外交への
提言書となっています。その中では、「消極的安全保証」を評価するなど歓迎す
べき点もありますが、一方で、「行動計画に緊急性の意識と危機感が欠けている
」、「東北アジア非核地帯化構想には何一つ触れられていない」など様々な問題
点も含まれています。それらを含め、12月22日に原水禁としての見解を発表。
■見解の内容はこちら http://www.gensuikin.org/mt/000213.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 署名運動の紹介(平和フォーラム・原水禁および関係団体の取り組み署名)
────────────────────────────────────
 現在、平和フォーラム・原水禁および関係団体が取り組んでいる署名運動を紹介
します。内容、署名用紙等については、平和フォーラム・原水禁にお問い合わせを。

(1)核兵器廃絶を求める署名(1000万署名)
 内容:2010年NPT再検討会議で核兵器廃絶の道筋を合意すること
    2020年までに世界中のあらゆる核兵器の廃絶を実現すること
 集約:2010年2月末
 集約先:連合・連帯活動局
     〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館6階
     電話/03-5295-0513
 提出先:国際連合事務局長および内閣総理大臣
 ■署名用紙はこちら
http://www.jtuc-rengo.or.jp/rentai_katsudo/peace/syomei/data/syomei_youshi.pdf

(2)上関町の原発建設計画中止を求める署名
 内容:中国電力が進める山口県上関の原発建設計画の即時中止を求める
 集約:2010年3月31日まで
 集約先:原水爆禁止山口県民会議
     〒753-0078 山口市緑町3-29 労福協会館2階 電話/083-922-1841
 提出先:経済産業大臣
 ■署名用紙はこちら
  http://shimabito.net/syomeipdf2009.pdf

(3)カネミ油症被害者の恒久救済に関する請願署名
 内容:カネミ油症被害者の恒久救済に関する請願
 集約:2010年3月31日まで
 集約先:カネミ油症被害者支援センター
     〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8 未来館大明108番教室
          電話/090-1792-4985
 提出先:衆院・参院議長
 ■署名用紙はこちら
   http://blogs.yahoo.co.jp/qzg07170/folder/930124.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 刊行物のご案内
────────────────────────────────────
【1】新刊パンフ「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない」
 普天間基地の辺野古移設など、大きく動く沖縄米軍基地問題に関する学習・宣伝
用のパンフレット。
 ・普天間基地
 ・名護市辺野古
 ・沖縄の海兵隊
 ・沖縄戦と米軍支配
 ・普天間基地を撤去するために、など
 体裁  A5判 28ページ
 価格  150円(送料別)、30部以上送料無料、100部以上は割引あり
 編集・申込 平和フォーラム(電03-5289-8222)
 http://www.peace-forum.com/syuppan/100112.html

【2】パンフ「朝鮮植民地化100年を機に日朝基本条約締結を」
 日朝国交正常化連絡会は、朝鮮半島を植民地化した「韓国併合」から100年目と
いう歴史的な節目の年である2010年末までに日朝国交樹立の日朝基本条約を締結す
ることを求めて作成したパンフレット。
 ・日朝国交正常化連絡会の活動と目標
 ・日朝国交正常化に向けた提案
 ・日朝基本条約案の内容と解説
 ・共同提言「対北政策の転換を」
 体裁  A5判 32ページ
 価格  200円(送料別)
 編集 東北アジアに非核・平和の確立を!日朝国交正常化連絡会
 発行  フォーラム平和・人権・環境
 申込 平和フォーラム(電03-5289-8222)
 http://www.peace-forum.com/syuppan/091210.html

【3】パンフ「転換! エコ・エネルギーへの転換へ」
 日本の核燃料サイクル政策のむだで危険な実態をあきらかにし、なぜエネルギー
政策転換が必要なのかを提起。
 ・虚妄の核燃料サイクル政策
 ・高速増殖炉のまぼろし
 ・プルサーマルが危険を招く
 ・使用済みMOX燃料のゆくえ
 ・どうする? 高レベル廃棄物
 ・核燃料サイクルで温暖化は防げない
 ・エコ・エネルギー社会へ
 著者 西尾 漠
 体裁  A5判 42ページ
 価格  300円(送料別)
 編集・発行  原水爆禁止日本国民会議
 申込 原水爆禁止日本国民会議(電03-5289-8224) 

【4】平和フォーラム・原水禁機関誌「ニュースペーパー」2010年1月号
 ・インタビューシリーズ 日本被団協代表委員 坪井直さんに聞く
 ・特別座談会「2010年・韓国併合100年と私たちの課題」
 ・基地の縮小・撤去は新時代のあり方
 ・食とみどり、水を守る全国集会の討論から
 ・核兵器廃絶をめざす国際NGO(MPI)が来日
 ・ニュージーランド非核法の経験を日本は学んでほしい
 ・軍縮に進めないオバマ政権
 ・本の紹介「司法官僚」
 ・映画評「ブルー・ゴールド」など
  
 ■記事の内容、バックナンバーはこちら
  http://www.peace-forum.com/newspaper/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6 平和フォーラムホームページ各コーナー更新のご案内
────────────────────────────────────
【1】反基地運動ニュース、STOP!!米軍・安保・自衛隊
 全国の米軍基地や自衛隊基地、在日米軍再編の関連情報をお伝えしています。
 ●新設コーナー
 普天間基地はいらない 新基地建設を許さない
  http://www.peace-forum.com/mnforce/2009/okinawaaction.htm

【2】Korean Weekly
 第328号 1月11日 竜山惨事葬式、決して安らげぬ故人たち
    http://www.peace-forum.com/korean/weekly/koreaweekly100111.htm
 第327号 1月4日 竜山惨事妥結「政府が責任認めて謝罪」で合意
    http://www.peace-forum.com/korean/weekly/koreaweekly100104.htm
 第326号 12月28日 韓国大学生連合「授業料削減」要求し国会教育科学委占拠
    http://www.peace-forum.com/korean/weekly/koreaweekly091228.htm

【3】イラク情勢Watch vol.79 
   http://www.peace-forum.com/iraq/iraqwatch.html
  TOPICS
  1)イラク関連報道ピックアップ
  2)米軍、都市部撤退後も軍事作戦を継続
  3)英「イラク戦争検証委員会」で進む追及
  4)頻発する爆弾テロ、混迷するイラク政界
  5)【速報】イラク西部ラマディから医師二人が研修のため来日
  6)NGO8団体が日本のイラク政策の検証を求め、共同で要請

------------------------------------------------------------
編集後記
------------------------------------------------------------
 今日(1月12日)、東京では初雪が降りました。雪といえば、今年の正月は田舎
で過ごそうと、長野で新幹線を降り列車を乗り換えようとしたら、「雪のため運休」
のアナウンス。近年にない豪雪の被害を受けました。仕方なく、そのまま東京に戻
り、ビデオ三昧と決め込みました。見たのは2005年の韓国ドラマ「第五共和国」。
1979年10月に暗殺された朴正煕大統領以降、2度のクーデターで政権の実権を握る
全斗煥大統領を中心に第五共和国時代の韓国政治を描いたドラマです。この中で、
全斗煥がいかに権謀をめぐらし権力を握ったか、その過程でどのように民主化を求
める人々を弾圧したかが、克明に描かれています。
 そのクライマックスとなった1980年の光州での民主化闘争から、今年は早30年。
また、韓国併合から100年。さらに、1960年の日米安保協定の改定から50年と、いく
つかの節目の年を迎えました。「第五共和国」を見ていると、「国家とは合法的な
暴力装置である」という言葉を思い出しました。
 しかし、そうであったとしても、人々が自由と平等を求める闘いは、人類の歴史
でもありました。そうした世界に一歩でも近づくために、今年も奮闘を続けていき
たいと思います。よろしくお願いします。
 メールマガジンの次号は、1月25日発行予定です。(市)

------------------------------------------------------------
連絡先等
------------------------------------------------------------

[平和フォーラムメールマガジン]
発行:フォーラム平和・人権・環境、原水爆禁止日本国民会議
(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11総評会館内)

◆内容についてのお問い合わせは、平和フォーラムまで。電03-5289-8222
peace-forum@jca.apc.org

◆このメールに関するご意見・ご要望、又は、転載を希望する場合は、以下ま
でお願いします。
peace-forum@jca.apc.org

平和フォーラムメールマガジン

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/07/10
部数 2,356部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

平和フォーラムメールマガジン

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/07/10
部数 2,356部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング