相撲コラム「天下泰平記」

相撲コラム「天下泰平記」


カテゴリー: 2012年04月26日
================================

           相撲コラム「天下泰平記」

            大相撲夏場所展望号

================================

史上初の6大関が並び立つ、夏場所が始まります。
新大関の鶴竜に当然注目が集まるところですが、今場所はまず2人の
日本人力士について。ブログでは以前から、何度も取り上げてきました
稀勢の里と豪栄道です。

稀勢の里は何といっても、春場所での把瑠都戦が光りました。
大関昇進前、稀勢の里にとって把瑠都に勝つことは、大関を手にする
こと以上に重要だという意味のことをブログに書きました。把瑠都に
勝てないまま大関に昇進するよりも、把瑠都に勝つことの方が価値が
あると、それぐらい思っていました。

なぜなら、稀勢の里の最大の武器である左のおっつけは、右を差しに
くる白鵬には有効でも、右の深いところの上手を引くにくる把瑠都に
対して、左の攻めは暖簾に腕押し、稀勢の里の武器を封じられている
ようなものでした。稀勢の里がさらに上を目指すには、絶対に乗り越
えなければならない壁でした。

打開策は右からの攻め、それも浅く引いた右上手からの攻めしかないと
思われるのに、それが出来なかった稀勢の里。しかし春場所では初めて
理想的な形で勝つことが出来ました。今までの右上手は、手の甲が天井
に向いているか、あるいは良くて土俵に水平に引いていました。春場所
の把瑠都戦、右手の甲が土俵に向いた形で上手を引けました。浅い位置
の右上手です。ずっと待ちわびていた相撲を見れたと思いました。

重心が高い稀勢の里。浅い右上手、手の甲が土俵に向いた形の右上手は
これまでの課題でした。左からの攻めは強烈で、稀勢の里の真骨頂では
ありますが、やはり王道は上手からの攻め。大関で満足ならまだしも、
さらに上を目指すならば、上手です。その可能性が見えたように感じた
相撲でした。この型を磨いていってほしい夏場所です。

そして豪栄道、春場所の千秋楽、鶴竜戦が印象に残っています。
以前(先々場所)にもブログで触れましたし、それが豪栄道のブレイクの
きっかけになるかもしれないと書いたもの、それは豪栄道の張り差しで
した。そうです、鶴竜戦でも見せた、あの張り差しです。

なぜ、張り差しが豪栄道のブレイクのきっかけになるのか・・・。
それは、ただの張り差しでは無かったからです。普通、張り差しは推奨
されません。右で張って相手の顔が左を向けば、左四つに組むのは容易
でしょう。しかし立合いに張るという動作が入るわけで、当然強い立合
いは出来ません。逆に相手が張り手にめげず、強い当たりをしてくれば
リスクも発生します。つまり張り差しは、リスクが少ない格下の相手に
対してするものです。

ところが豪栄道の張り差しは先々場所もでしたが、相手を張る動作と強い
踏み込みを、同時にやってしまうというオリジナリティを持っています。
大相撲を見るようになって50年近くになりますが、こんな立合いは本当
に初めて見ます。只者ではない、やはり豪栄道は、高い潜在能力を持って
いることがうかがえます。

かつて朝青龍の全盛時代、白鵬の次に続く琴欧洲・日馬富士・稀勢の里・
琴奨菊を第1グループとすると、当時入幕して間も無かった把瑠都・鶴竜・
豪栄道を第2グループと勝手に私は呼んでいましたが、すでに大関候補に
なっていた第1グループよりも、第2グループの方が潜在能力は高いので
はないか、とブログに書いた覚えがあります。

その第2グループ、把瑠都と鶴竜は今、第1グループを抜く勢いです。
さて、豪栄道は続けるか?

================================
発行者サイト「大相撲ブログ、砂かぶりの夜」http://blog.sumomania.com
関連サイト               http://ameblo.jp/tailac/ 
ツイッター              http://twitter.com/#/sumoomania 


配信停止はこちら  http://www.mag2.com/m/0000229202.html

ついでに読みたい

相撲コラム「天下泰平記」

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/12
部数 204部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング