相撲コラム「天下泰平記」

相撲コラム「天下泰平記」


カテゴリー: 2009年04月01日
=================================

           相撲コラム「天下泰平記」

            大相撲春場所決算号

=================================

大相撲春場所は白鵬の全勝優勝で、幕を閉じました。今場所の白鵬の相撲
内容は、まさに横綱相撲でした。

今まで、このメルマガやブログで白鵬の右かいなの返しが完璧になること
が、本人が目指している不世出の大横綱双葉山に近づく最後の課題、とい
うことを書いてきました。

その右の使い方が完璧に近づいたのが、この春場所でした。

左上手を中心にしてきた従来の相撲から、右のかいなの返しからの重厚な
寄り身で白星を重ねました。双葉山も左上手投げを中心とした相撲でした
ので、投げより寄りが増えたこと自体を素晴らしいと言うわけではありま
せん。双葉山の左上手投げも右を効かせてのものでしたし、白鵬の今場所
の相撲も、寄っても投げてもOKというふうに右を使っていました。

上位に上がってきた頃の相撲から、大きく変わりました。当時頻繁に使っ
た張差しは、むしろ張ってから上手を狙う動きで、解説の北の富士さんを
して「あれは張差しじゃなく、張り上手だ」と言わしめました。

若手力士時代の柔らかな巨体を利した投げ中心の相撲から、堂々たる正攻
法へ見事に転換を果たしました。今場所の重厚な右四つ左上手の相撲内容
は、まさに本格派横綱誕生と言えるものです。

対する朝青龍、4差を付けられる不調に終わりました。4敗すべてが上位
力士に喫したもので、取りこぼしではなく力負けの印象を強くしました。

左ヒジの状態が影響しているのは確かでしょうが、かつてはケガに強い横
綱として君臨した面影はありませんでした。若くして最高位に昇り詰めた
横綱が皆経験する、重責による相撲年齢の進みが速まっているのかもしれ
ません。ケガへの対処が、これからの朝青龍を占うことになります。

敢闘した若手力士を1人上げるとすれば、やはり技能賞の鶴竜でしょう。
ちょうど1年前の“砂かぶりの夜”
http://blog.sumomania.com/?eid=606646で、鶴竜の記事を書きましたが、
いよいよブレイクという感じです。

先代師匠の鶴ヶ嶺の両差しと寺尾の突っ張り、さらには四つ相撲でも力を
発揮する鶴竜。スケールの大きさは師匠を超えています。

初めて上位に挑戦した平成19年の秋場所、このときの“天下泰平記” 
http://archive.mag2.com/0000229202/20070925000500000.html?start=20
で、この場所に負け越していながらも、注目する力士に鶴竜を上げました。

理由は自分より上位の力士にはほとんど負けたのに、下位の力士には逆に
ほとんど勝っての7勝8敗。上位陣に対する負け方は小細工無しの真っ向
勝負、まるで自分の力を冷静に分析しているような相撲でした。

そして下位の力士に対する勝ち方は、圧倒的かつ確実な勝ち方でした。
このときの鶴竜を見て、小兵の名大関と謳われた旭国の“相撲博士”とい
うニックネームを思い出しました。着実に強くなろうとし、そして実際に
着実に強くなっている鶴竜。来場所以降の飛躍が期待されます。

場所前に3番手に挙げた琴欧洲、優勝争いには全く絡めませんでしたが、
横綱戦では今後への期待感を持たせる相撲を見せてくれたと思います。
自信を持って、来場所に臨んで欲しいところです。

最後に、期待外れに終わった新関脇の稀勢の里。拍手が多かった分、その
相撲内容の不甲斐無さが目立ちました。先制攻撃に期待すると先々週号で
書きましたが、率直に言って、いくら親方が期待しても稽古していないこ
とは出来ないということです。最近は完全に四つ相撲になった若の里との
稽古だけでは、やりたいことと出来ることのギャップは広がるだけです。

そして、もうひとつ気になるのは稀勢の里の仕切りの所作です。これは
またブログの方で、じっくりと書きたいと思います。

        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一生いっしょの医療保険・ガン保険
アフラックの通販サイト http://tailac.com 

=================================

発行者サイト    http://blog.sumomania.com
関連サイト     http://ameblo.jp/tailac/ 
           
配信停止はこちら  http://www.mag2.com/m/0000229202.html

相撲コラム「天下泰平記」

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/24
部数 203部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

相撲コラム「天下泰平記」

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/24
部数 203部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

「竹中亮祐」×「長倉顕太」 海外で自由な生活をしながら1億稼ぐ方法
20代で国内外で5社経営している実業家・投資家、著者であり、シンガポール在住の竹中亮祐と、東京とサンフランシスコの間でデュアルライフを送っていおり、手掛けた書籍は1100万部以上のパブリッシャー長倉顕太の2人が海外にいながら1億稼ぐための最新のビジネスノウハウを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング