がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!

【がんばれスポーツショップ。第570号】後継者を探せ


カテゴリー: 2018年01月24日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2018年1月24日発行          第570号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:後継者を探せ



こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

昨年来、やけに事業承継に関するセミナーが

増えています。

これも国の政策によるものです。

スポーツ用品業界だけではなく、

多くの業界で後継者不足に悩んでいます。

後継者のいない事業者は、

いったいどんな手を打っているのでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■        後継者を探せ         ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.後継者のいるお店



スポーツショップにおいても、後継者の問題は切実です。

店主が高齢になっても、後継者が見つからないお店もあります。

一方、私が親しくしているお店の多くは立派な後継者がいますし、

後継者候補もいます。

後継者がいなくて困っているお店に比べれば

何とも恵まれたお店です。


とはいえ、そんなお店にも少しだけ不安があります。

それは、先代と後継者の間で

十分な話し合いがされていないところがあるからです。


例えば、

事業の思いや方向性について、十分に話がされていなくて、

しかもお互いの考え方が違っているお店があります。

特に親子の場合は起こりやすい問題です。

のちのち、経営トラブルになる可能性があります。


また、こんなことも先代は後継者に伝えていません。

・資金繰りの上手な方法や、財務の勘所。

・銀行との折衝の仕方やいい関係の作り方。

・自分となじみのお客様の情報。

・メーカーさんや問屋さんなど取引先の人脈。

・個人保証や担保についての引き継ぎ方。

・自社株式の評価。


これらは、代替わりする直前で良いと考えているか、

経営を引き継いだら自然と覚えるだろうと思っているからです。

なかなかそうはうまく行きません。

ですから、伝えていないことがあれば、

今のうちから伝えておくことです。


とはいえ、これらを直接はうまく伝えられません。

実は、先代は

なかなか後継者に厳しいことや細かいことは言えないのです。

どうしたらいいでしょう。


それは、第三者の手を借りることです。

先代だけでなく、後継者は後継者で言いたいことがあります。

それを、顧問弁護士とか税理士とかコンサルタントとか、

信頼のおける人にぶつけてみましょう。

そうすれば、間接的ですが、うまく伝わるはずです。



2.後継者のいない店



さて、問題なのは、後継者のいないお店です。

この問題は、スポーツ業界に限ったことではありません。

「中小企業白書2017」には、

後継者がいないか、または決まっていない企業の割合が

経営者の年代ごとに示されています。


それによれば、中規模企業の後継者不在・未定の比率は

・50代経営者の企業では、75%

・60代経営者の企業では、52%

・70代経営者の企業では、41%

となっています。


また、小規模企業におけるその比率は

・50代経営者の企業では、72%

・60代経営者の企業では、41%

・70代経営者の企業では、30%

です。


一番企業数の多い、60代経営者の企業では、

中規模企業で5割、小規模企業で4割の後継者がいない

ということになります。


スポーツショップでも、そんな割合なのかもしれません。

そうであれば、深刻な事態です。

後継者がいなければ、

「廃業」ということにもなりかねません。

これは何とかしたいものですね。


何か良い手があるのでしょうか。

考えられる方法として

「事業引継ぎ支援センター」を利用する

というものがあります。

「事業引継ぎ支援センター」をご存知でしょうか。



3.事業引継ぎ支援センターを活用



「事業引継ぎセンター」とは、

公的機関で、全国都道府県に設置されています。

事業承継、主にM&Aを推進することを役目としています。


ご存知のように、M&Aとは事業譲渡、買収のことです。

このM&Aというと、

何だか大企業が行うことのように感じますよね。

ところが、ここ数年、

小さな企業のM&Aが増えてきているそうです。


その証拠に、民間のM&A仲介企業が急成長しています。

その民間仲介企業で、中小企業の案件が増えているのです。

それと同じように、

「事業引継ぎセンター」での相談件数が増えています。


そこで、

「愛知県事業引継ぎ支援センター」の方のお話を伺ってきました。

お話によると、

愛知県の場合は、この6年間で600件の相談があったとのこと。

その企業の平均年商は2.4億円で、

2億円以下の企業が9割とのことでした。

予想以上に小さい規模ですね。


しかも赤字の企業は34%もあったといいますから、

びっくりです。

また、その平均従業員数は16名で、

10名以下の企業は6割に上ります。


もちろん、

全部の相談企業がM&Aに成功したわけではありませんが、

ほとんどが小さな規模の企業であったことは確かです。

そして、譲渡先を探すのに、

民間仲介企業25社と提携をしているそうですから、

心配はいりません。


さらにいえば、

直接民間企業と相談するよりも、かかる経費は低いそうです。

そうであれば、

後継者のいないお店は、事業引継ぎセンターを頼ってみるのも

一つの選択肢です。


長年築き上げてきた

お店の信用やノウハウを引き継いでもらえます。

何よりもお客様や従業員を守ることもできるでしょう。

後継者がいないからということで悩んでおられるお店は、

一度検討されてはいかがでしょう。






■今日のツボ■


・先代から後継者に思いを伝えるには、第三者を利用する。

・60代経営者の企業では、4割から5割の企業で後継者がいない。

・事業引継ぎセンターを活用して、後継者問題を解決する。




■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



国も、事業承継の実績を上げようと、やっきです。

実は、企業を「売る」だけでなく「買いたい」と思っている

企業も増えています。

「買いたい」事業者にとってもチャンスですね。





14歳の張本選手が卓球日本選手権で優勝しました。

快挙です。

卓球業界の選手育成がうまく進んでるのでしょう。

サッカーも野球もバスケットもその他の競技も、

選手育成法に刺激を受けているに違いありません。

良い傾向です。





●「121わくわく新聞1月号」を発行中です。

 こちらからお読みください。

 http://www.121con.jp/news/index.html




意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com
【配信中止】http://www.mag2.com/m/0000227106.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング