バートランド・ラッセルに関するメルマガ

編集後記 「エリートの館」財務省の醜態ぶりと「忖度」の報い


カテゴリー: 2018年04月14日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 (週刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
  no.0580_2018/04/14 (2006/12/21 創刊/毎週土曜 or 日曜日 発行)

バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 初心者向けページ: http://russell-j.com/beginner/
 R落穂拾い: http://russell-j.com/beginner/ochibo-2013.htm
 R落穂拾い(中級篇): http://russell-j.com/cool/br_inyo-2013.html
 R関係文献紹介: http://russell-j.com/cool/kankei-bunken_shokai2013.htm
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
               http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             http://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
 R英単語・熟語_総索引: http://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 Twitter : https://twitter.com/russellian2
★Rホームページ利用制限コンテンツ閲覧用パスワード: 1872Y0518
 ポータルサイト専用掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs
  Blog 1 (Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/  
  Blog 2 http://365d-24h.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[★投稿歓迎:ラッセルに関係するものであれば,ご意見,ご要望,エッセイ,
       ちょっとした情報提供等,何でもけっこうです。投稿は,
       matusitaster@gmail.com 宛,お願いします。
  ◆◆◆
 ◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
  ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
       いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
       ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックし
       たのがラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクで
       あれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
       収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラ
       ッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
     ■ 目 次 ■
          
(1)ラッセルの著書及び発言等からの引用
(2)ラッセルに関する記述や発言等
 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの著書や発言等から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366」
      n.1359~n.1363 を発行しました。
 
  以下,1つだけ再録します。
   http://archives.mag2.com/0001626338/20180411060000000.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『権力』(Power, 1938) 第17章 権力の倫理学 n.2
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第17章 権力の倫理学 n.2

 最も広い意味(広義)での権力愛は,人間の世界であろうと人間以外の世界であろ
うと,外側の世界に対して意図した効果を生じさせることができることへの欲求であ
る。この欲求は,人間性の必須の一部(部分)であり,精力的な人々にあっては,じ
つに広範囲かつ重要な一部(部分)をなすものである。いかなる欲求も,もしもすぐ
に満足させることができないと,満足させる(ことのできる)能力を持ちたいという
願望が生れ,従って,ある種の形態の権力愛が生れる。このことは,最悪の権力愛に
あてはまると同時に最良の権力愛にもあてはまる。あなたが隣人を愛しているならば
,あなたはその隣人を幸福にする力(権力)を望むであろう。従って,あらゆる権力
愛を非難することは,あなたの隣人を愛することまで非難することになる。

 けれども,手段として権力を望むことと,権力それ自体を目的として望むこととで
は,大きな相違がある。手段として権力を望む人は,最初に(権力自体以外の)何ら
かの他の欲求をもっており,それから次に、その欲求を達成することができる地位
(position 立場)に自分がいたらよいのにと願うようになる(導かれる)。(これ
に対し)権力(自体)を目的として欲する人は,権力を獲得する可能性によって,
(自分の)目標を選択するであろう。政治においては,たとえば,ある者は,若干の
法案(measures)が制定されることを願い,そうして公共の問題に関与するようにな
る。一方(他方),別の者は,ただ個人的な成功だけを願い,どんな計画であろう
と,この目的(権力獲得)を達成してくれそうな計画を採用する。

Chapter 17: The Ethics of Power, n.2

Love of power, in its widest sense, is the desire to be able to produce 
intended effects upon the outer world, whether human or non-human. This 
desire is an essential part of human nature, and in energetic men it js a
 very large and important part. Every desire, if it cannot be instantly 
gratified, brings about a wish for the ability to gratify it, and therefore
 some form of the love of power. This is true of the best desires as well 
as the worst. If you love your neighbour, you will wish for power to make 
him happy. To condemn all love of power, therefore, is to condemn love of 
your neighbour.

There is, however, a great difference between power desired as a means and
 power desired as an end in itself. The man who desires power as a means has
 first some other desire, and is then led to wish that he were in a position
to achieve it. The man who desires power as an end will choose his objective
 by the possibility of securing it. In politics, for example, one man wishes
 to see certain measures enacted, and is thus led to take part in public 
affairs, while another man, wishing only for personal success, adopts 
whatever programme seems most likely to lead to this result.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/POWER17_020.HTM
	

■「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」
      n.1314~1318号 を発行しました

  以下,1つだけ再録します。
   http://archives.mag2.com/0001623960/20180410060000000.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 R英単語・熟語 meanwhile (adv.) [その間に,それまでは;一方] 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ meanwhile (adv.) [その間,その間に,それまでは;(話変わって)一方] 

   http://russell-j.com/beginner/reitan-m070.htm

<用例1>
A dog will pursue rabbits to the point of complete exhaustion and be happy
 all the time, but if you put the dog on a treadmill and gave him a good 
dinner after half an hour, he would not be happy till he got the dinner, 
because he would not have been engaged in a natural activity meanwhile.
[犬は完全に疲れきってしまうまで兎を追いかけるだろうが、追いかけている間ずっ
と幸福であるだろう。しかし,犬を踏み台にのせて(運動させ)半時間後にご馳走を
与えるとしたら、犬は,その間,自然の活動に従事していたのではなかったであろうこ
とから、食物を食べるまで幸福ではないだろう。]
 出典:ラッセル第12章「幸福に至る道」
     http://russell-j.com/beginner/1952_RtoH-040.HTM

<用例2>
If you wish to teach bears to dance, you place them upon a platform so hot
 that they cannot bear to leave a foot on it for more than a moment, and 
meanwhile you play "Rule Britannia" on the orchestra.
[たとえば,あなたが熊にダンスを教えようと思えば、あなたは,熊を非常に熱い台
の上にのせ,一瞬しか足をつけたままでいられないような状態におき、その間にオー
ケストラで英国国歌を演奏する。]
 出典:ラッセル「精神と物質(心と物)」
     http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter090.HTM

<用例3>
Meanwhile my income had diminished catastrophically.
[一方,私の収入は激減した。]
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第5章「テレグラフハウス時代末期」
     http://russell-j.com/beginner/AB25-020.HTM

<参考例1>
Meanwhile, as Senator Johnson told the Senate, scientific power could have 
astonishing effects upon our own planet.
[その一方,ジョンスン上院議員が上院で語ったように,科学の力は地球に驚くべき影
響を与えることができた。]
 出典:ラッセル「拡大する宇宙の精神的把握」
     http://russell-j.com/cool/EXPAND-M.HTM

<参考例2>
Everyone was taken in by the fireworks. Meanwhile, thieves were picking 
pockets.
[皆が花火に見入っていた。その間に,泥棒はスリを働いていた。
 出典:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』 p.586]
I'm starting work in April. Meanwhile, I'm travelling around the US.
[私は4月に働き始める。それまでは,アメリカ中を旅するつもりだ。]
 出典:『キクタン TOEIC TEST SCORE 990』p.281

<参考例3>
They'll be here soon. Meanwhile, let's have coffee. / Eve was cutting the 
grass, (and) meanwhile Adam was planting roses.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.


★「ラッセルの言葉(Word Press 版)v.2」 n.1058~1062

1)n.1058:R『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.2:聖職者の堕落の例
   https://russell-j.com/wp/?p=3658

2)n.1059:R『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.3:身分の差があればこそ
   https://russell-j.com/wp/?p=3664

3)n.1060:R『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.4: 詩的な恋愛と官能的な
      恋愛
 https://russell-j.com/wp/?p=3668

4)n.1061:R『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.5
 https://russell-j.com/wp/?p=3672

5)n.1062:R『結婚論』』第六章 ロマンティックな恋愛 n.6:騎士道のロマンス
 https://russell-j.com/wp/?p=3677


★「ラッセルの言葉_画像版」

 日本語 version : n.0524j-0530 を投稿
 英 語 version : n.0524e-0530 を投稿

  一つだけ再録します。
     http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j0527.html

  「悪しき情熱の仮面(口実)」

 人間が相互に加える害悪,そしてそれがはね返ることによって,自分自身に加える
害悪の,主要な源泉は,思想あるいは信念にあるというよりは,むしろいろいろな悪
しき情熱にある,と私は考える。しかし,害をなす(有害であるような)思想や原理
は,常にではないが,概して,悪しき情熱の仮面(口実)である。

I think that the evils that men inflict on each other, and by reflection 
upon themselves, have their main source in evil passions rather than in 
ideas or beliefs. But ideas and principles that do harm are, as a rule, 
though not always, cloaks for evil passions.
 出典: Bertrand Russell: Ideas That Have Harmed Mankind,1946.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0861HARM-020.HTM

 <寸言>
 論理的議論によって真偽が決まる問題は情熱によって左右されることはほとんど
ないが、人間や人間社会に関係する問題は、むしろ個々人の感情が支配していこと
が多い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセルに関する記述や発言等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回もお休み

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記 「エリートの館」財務省の醜態ぶりと「忖度」の報い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 福田次官のセクハラ問題で昨日、隠し録音された福田次官の(立場を利用した)女
性記者に対する卑猥な言葉の連投(セクハラ)行為が公開され、「エリートの館」財
務省の醜態ぶりは「ここに極まれり」という状態となってしまった。官邸や自民党の
権力者に対する過度な「忖度」の報いがこれから怒涛のようにやってきて、財務省が
信頼を回復するには10年位を要する事態となっている。

 副総理(麻生財務大臣)のセクハラに対する感覚は(日頃赤坂の行きつけのクラブ
で自らやっているせいなのか)とても鈍く、安倍政権のイメージ・ダウンに「貢献」
している。「ナチの手順を真似るとよい」他、数々の暴言をはいても「麻生総理は
面白い」という反応ですませてきた自民党及び一部の国民は、一強政治のもと、感覚
が麻痺をしてしまっているようである。

 いよいよ安倍政権の退陣へ向けて(不可逆の)歩みが始まったように見える。潔く
退陣するか、それとも醜態をさらして禍根を残してやめざるを得なくなるか、どちら
であろうか? (松下彰良)

=====================================

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B012IYHZRG/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B012IYHZRG&linkCode=as2&tag=russellj-22">松下彰良(訳・編)『ラッセルの言葉366』</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=as2&o=9&a=B012IYHZRG" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com

■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/23
部数 146部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/23
部数 146部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング