バートランド・ラッセルに関するメルマガ

編集後記 『ラッセルの言葉366-画像付』の YouTube 版のアップロード


カテゴリー: 2017年08月26日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 (週刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
  no.0548_2017/08/26 (2006/12/21 創刊/毎週土曜 or 日曜日 発行)

バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 初心者向けページ: http://russell-j.com/beginner/
 R落穂拾い: http://russell-j.com/beginner/ochibo-2013.htm
 R落穂拾い(中級篇): http://russell-j.com/cool/br_inyo-2013.html
 R関係文献紹介: http://russell-j.com/cool/kankei-bunken_shokai2013.htm
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
               http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             http://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
 R英単語・熟語_総索引: http://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 Twitter : https://twitter.com/russellian2
★Rホームページ利用制限コンテンツ閲覧用パスワード: 1872Y0518
 ポータルサイト専用掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs
  Blog 1 (Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/  
  Blog 2 http://365d-24h.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[★投稿歓迎:ラッセルに関係するものであれば,ご意見,ご要望,エッセイ,
       ちょっとした情報提供等,何でもけっこうです。投稿は,
       matusitaster@gmail.com 宛,お願いします。
  ◆◆◆
 ◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
  ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
       いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
       ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックし
       たのがラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクで
       あれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
       収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラ
       ッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
     ■ 目 次 ■
          
(1)ラッセルの著書及び発言等からの引用
(2)ラッセルに関する記述や発言等
 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの著書や発言等から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366」
      n.1171~n.1176 を発行しました。
   http://archive.mag2.com/0001626338/index.html

  以下,1つだけ再録します。
   http://archives.mag2.com/0001626338/20170821073356000.html

 第7章 革命的な権力 n.14

(二)宗教改革(続き)

 けれども,エラストウス主義は,(教会と直接関わりのない)個人的な信仰心
( personal religion)の強い人々にとっては満足を与えるものでは決してなかった。
(たとえば)(カトリック教の)煉獄の実在に関する問題について,人々に(英国)
議会の権威に従うことを求めることは,いささかグロテスク(異様でばかげたもの)
であった。キリスト教独立教会派の人々は,神学的権威としての国家も教会も等しく
拒否し,個人の判断の権利を,その必然の結果として宗教上の寛容とともに(と併せ
て),主張した(注:東宮氏は,the right of private judgment を「個人の判断の
"正しさ"」と訳している。個人の判断が必ず正しいなどと主張できるはずはなく、
"right" はここでは当然「権利」であろう)。このような考えかたは,世俗的専制政
治に対する反逆と容易に結びついた。もし各個人に,自分自身の神学上の意見を持つ
権利があるとすれば,おそらく,他のいろいろな権利もあるはずではないか? 政府
が市民(個人)に対して合法的に(正当に)為しうるものごとに対しても割り当てる
ことができる制限が存在しないであろうか?(制限があるはずではなかろうか)。そ
ういうわけで,人権説は,クロムウェルに従ったがために敗北を喫した人々(注:清
教徒)によって大西洋を渡り,ジェファーソンによって米国憲法に具現化され,再び
ヨーロッパに持ち帰られ,フランス市民革命となったのである。
	
Chapter VII: Revolutionary Power, n.14

Erastianism, however, could never be satisfactory to men in whom personal 
religion was strong. There was something grotesque in asking men to submit 
to the authority of Parliament on such questions as the existence of 
Purgatory. The Independents rejected the State and the Church equally as 
theological authorities, and claimed the right of private judgment, with the
 corollary of religious toleration. This point of view readily associated 
itself with revolt against secular despotism. If each individual had a right
 to his own theological opinions, had he not, perhaps, other rights as well?
 Were there not assignable limits to what governments might legitimately do
to private citizens? Hence the doctrine of the Rights of Man, carried across
the Atlantic by the defeated followers of Cromwell, embodied by Jefferson in
 the American Constitution, and brought back to Europe by the French 
Revolution.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/POWER07_140.HTM	


■「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」
      n.1126~1131号 を発行しました
   http://archive.mag2.com/0001623960/index.html

  以下,1つだけ再録します。
    http://archives.mag2.com/0001623960/20170826060000000.html

★ deficient (adj.)【不十分な;欠点のある】

* deficiency (n) :不足,欠乏;欠陥
* mentally deficient 精神薄弱の
* deficiency disease 欠乏性疾患
   http://russell-j.com/beginner/reitan-d100.htm

<用例1>
Mental deficiency is, to my mind, the only thing at present sufficiently 
definite to be safely made the subject of legal enactment in this region.
[私の考えでは,いまのところ十分明確で,この方面で立法化の対象としてまちがい
ないのは,精神薄弱のみである。(注:Mental deficiency ここでは精神的欠陥全て
でなく「精神薄弱」/岩波文庫版の安藤訳では「精神的欠陥」)]
 出典:ラッセル『結婚論』第18章「優生学」
     http://russell-j.com/beginner/MM18-040.HTM

<用例2>
Most men and women are very deficient in control over their thoughts. I mean
 by this that they cannot cease to think about worrying topics at times when
 no action can be taken in regard to them.
[大部分の男女は,思考をコントロールする能力が大変劣っている。何を言いたいかと
いうと,彼らは,何も打つべき手がない場合であっても,その心配事についていろいろ
考えるのをやめることができない,ということである。]
 出典:ラッセル『幸福論』第5章「疲労
     http://russell-j.com/beginner/HA15-020.HTM

<用例3>
Children and young people feel instinctively the difference between those 
who genuinely wish them well and those who regard them merely as a raw 
material for some scheme. Neither character nor intelligence will develop 
as well or as freely where the teacher is deficient in love.
[inada_kokumin-minna-jieitai-keiken子供や若者は,彼らの幸せを純粋に願う人と,
彼らを何らかの計画のための原材料(素材)としか考えない人との違いを,本能的に
感じとる。教師に愛情が欠けている場合には,性格も知性も,十分に,またのびのびと
は発達しないだろう。]
 出典:ラッセル『教育論』第一部_教育の理想_第2章「教育の目的」
     http://russell-j.com/beginner/OE02-090.HTM

<参考1>
His diet is deficient in vitamine. / The products were deficient in certain
 details and couldn't be sold.
[彼の食生活はビタミンが不足している。/その製品はある細目で不備があり,販売
できなかった。]
 出典:宮川幸久『英単語ターゲット1900(四訂版)』p.405

<参考2>
a vitamine C deficiency / She made up for her deficiencyin talent by 
practice.
[ビタミンCの不足/彼女は才能不足を練習で補った。]
 出典:『京大学術語彙データベース 基本英単語1110』p.113

<参考3>
The deficiencies in the system soon became obvious.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.


★「ラッセルの言葉(Word Press 版)v.2」 n.869~874

1)n.869: 幸運な老年時代
          http://russell-j.com/wp/?p=2910

 幸運な老年時代(a successful old age)(を持つこと)は,適切な活動を伴う,強
い非個人的な関心を持っている人にはより容易であると思われる(注:逆に言えば,
個人的に関係あることしか興味・関心を持てない人は不幸になりやすい)。長い経験
が真に実を結ぶのはこのような領域(非個人的な興味・関心の対象)においてであり
,経験から生れた(得られた)知恵が抑圧的なものにならずに使われうるのは,この
ような領域においてである。大きくなった子供(たち)に過ちを犯すなと言うのは無
益なことである。なぜなら,彼らはあなたの言うことを信じないだろうし,また,過
ちは教育において必要欠くべからざる部分(役割を持つもの)であるからである。しか
し,あなたが非個人的な興味・関心を持たない(持てない)人であるならば,自分の
子供や孫に関心を寄せないかぎり,生活が空虚になるだろう。そのような場合におい
ては,子供たちにお小遣いをあげるとかジャンパーを編んであげるとかいった物質的
援助をまだすることができるとしても,子供たちが老人と共にいることを喜ぶのを期
待してはならない(注:期待をすると裏切られるので注意)。

I think that a successful old age is easiest for those who have strong 
impersonal interests involving appropriate activities. It is in this sphere
 that long experience is really fruitful, and it is in this sphere that the
 wisdom born of experience can be exercised without being oppressive. It is
 no use telling grownup children not to make mistakes, both because they 
will not believe you, and because mistakes are an essential part of 
education. But if you are one of those who are incapable of impersonal 
interests, you may find that your life will be empty unless you concern 
yourself with your children and grandchildren. In that case you must realise
that while you can still render them material services, such as making them
 an allowance or knitting them jumpers, you must not expect that they will
 enjoy your company.
 出典: How to grow old, 1951.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0958HTGO-030.HTM

<寸言>
 子供や孫に対しても過大な期待を抱くことは不幸のもと。

2)n.870: 死の恐怖で憂鬱になる老人
          http://russell-j.com/wp/?p=2913
     
3)n.871: 文章作法 - 出来る限り少い言葉で,明瞭に表現する
          http://russell-j.com/wp/?p=2916
  
4)n.872: 集中して物を考えることの重要性
          http://russell-j.com/wp/?p=2923

5)n.873:美文と良い文章とは別物
          http://russell-j.com/wp/?p=2926

5)n.874:要するに,手短に言えば・・・
          http://russell-j.com/wp/?p=2929
  

★「ラッセルの言葉_画像版」

 日本語 version : n.0293j-0299j を投稿
 英 語 version : n.0293e-0299e を投稿

 1つだけご紹介: 親子の愛情
  http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j0293.html 

 子供にとって親が最も頼りになるのは ーまともな親であれば- (子供が)病気の
時や,世間から非難されている時さえも含め,不幸な時である。私たちはみな,自分の
長所ゆえにほめられれば喜びを感じるが,大部分の人は,心底ではそういう称賛は心も
とないと感じるだけの謙虚さを持っている。親が子供である私たちを愛するのは,私
たちが彼らの子供であるためである。

But it is in times of misfortune that parents are most to be relied upon, 
in illness, and even in disgrace if the parents are of the right sort. 
We all feel pleasure when we are admired for our merits, but most of us are
 sufficiently modest at heart to feel that such admiration is precarious. 
Our parents love us because we are their children, and ...
 出典: The Conquest of Happiness, 1930, chap.13: The family.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA24-070.HTM

 <寸言>
 何か理由があるから相手を愛するのではなく,たとえ相手がどうであろうと愛する
ことができる親と子。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセルに関する記述や発言等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★インターネット情報源
1)The Wall Street Journal)「瀬戸際外交、古代ギリシャと現代の違いは(バートランド・ラッセルが名付けた"チキン・ゲーム")」 
  http://jp.wsj.com/articles/SB11038895341403684507804583350912946882542

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記 『ラッセルの言葉366-画像付』の YouTube 版のアップロード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この度,試しに『ラッセルの言葉366-画像付』の YouTube 版(2017年7月分)
を作って,YouTube にアップロードしてみました。

   日本語版 https://youtu.be/u4I4EtulOfY
   英語版  https://youtu.be/icYDea1iJks

 表題画面を別途作り,無料のBGM(モーツァルト)を付け加えたもので、スライ
ドショー形式にしてあります。画面は10秒で変わりますので,長めの文章の場合は
読みきれないうちに画面が変わってしまいます。しかし,ゆっくり視聴したい場合は
一時停止ボタン( "||" )を押せばよいので,テンポを大事にして、早めのままにし
ました。残りのものもボチボチ YouTube 版を作ってアップロードしようかと考えて
います。(松下彰良)

=====================================

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B012IYHZRG/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B012IYHZRG&linkCode=as2&tag=russellj-22">松下彰良(訳・編)『ラッセルの言葉366』</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=as2&o=9&a=B012IYHZRG" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com

■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/13
部数 150部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/13
部数 150部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ゼロから始める不動産投資
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング