バートランド・ラッセルに関するメルマガ

編集後記 少し「遅配」のため,編集後記は省略


カテゴリー: 2017年08月05日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 (週刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
  no.0545_2017/08/05 (2006/12/21 創刊/毎週土曜 or 日曜日 発行)

バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 初心者向けページ: http://russell-j.com/beginner/
 R落穂拾い: http://russell-j.com/beginner/ochibo-2013.htm
 R落穂拾い(中級篇): http://russell-j.com/cool/br_inyo-2013.html
 R関係文献紹介: http://russell-j.com/cool/kankei-bunken_shokai2013.htm
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
               http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             http://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
 R英単語・熟語_総索引: http://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 Twitter : https://twitter.com/russellian2
★Rホームページ利用制限コンテンツ閲覧用パスワード: 1872Y0518
 ポータルサイト専用掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs
  Blog 1 (Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/  
  Blog 2 http://365d-24h.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[★投稿歓迎:ラッセルに関係するものであれば,ご意見,ご要望,エッセイ,
       ちょっとした情報提供等,何でもけっこうです。投稿は,
       matusitaster@gmail.com 宛,お願いします。
  ◆◆◆
 ◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
  ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
       いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
       ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックし
       たのがラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクで
       あれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
       収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラ
       ッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
     ■ 目 次 ■
          
(1)ラッセルの著書及び発言等からの引用
(2)ラッセルに関する記述や発言等
 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの著書や発言等から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366」
      n.1153~n.1158 を発行しました。
   http://archive.mag2.com/0001626338/index.html

  以下,1つだけ再録します。
   http://archives.mag2.com/0001626338/20170731060000000.html

 第6章 剥き出しの権力 n.29

 経済学においてむきだしの権力が演ずる役割は,マルクスの影響がまだ働いていな
かった頃に考えられていたよりも,もっとずっと大きい。若干の事例(場合)におい
て,このことは明らかである。(たとえば)追はぎがその犠牲者(餌食)から奪い取
る戦利品(分捕品)や征服者が敗戦国民から奪い取る戦利品(分捕品)は,明らかに
むきだしの権力の問題である。奴隷制度(slavery)も,奴隷が長い習慣から(離れ
て)黙従しない場合には,そうである(むきだしの権力の問題である)【注:from 
離れて/abesent from home 不在で; The town is 3 miles from here 町はここか
ら3マイル離れたところにある。】。支払いをする人が怒っているにもかかわらず,
支払いがなされなければならないのであれば,その支払いはむきだしの権力によって
奪い取られることになる(強制されることになる)。そのような怒りは二種類の場合
に存在する。一つは,その支払いが慣例になっていない場合であり,もう一つは,見
解(ものの見方)の変化から,慣例であるものが不正だと考えられるようになった場
合である。以前は,男は,自分の妻の財産を完全に支配していたが,女権拡張運動の
結果,この慣習に反逆が起こり,それは法律の改正へと導いた。また以前は,雇傭者
は被雇用者の事故に何の責任(義務)も持たなかった。この点においても感情に変化が
起き,法律の改正がもたらされた。この種の事例は数え切らないほどある。

Chapter VI: Naked Power, n.29

The part played by naked power in economics is much greater than it was 
thought to be before the influence of Marx had become operative. In certain 
cases, this is obvious. The booty extracted by a highwayman from his victim,
 or by a conqueror from a vanquished nation, is obviously a matter of naked
 power. So is slavery, when the slave does not acquiesce from long habit. 
A payment is extorted by naked power, if it has to be made in spite of the 
indignation of the person making it. Such indignation exists in two classes
 of cases : where the payment is not customary, and where, owing to a change
 of outlook, what is customary has come to be thought unjust. Formerly, 
a man had complete control of the property of his wife, but the feminist
 movement caused a revolt against this custom, which led to a change in the
 law. Formerly, employers had no liability for accidents to their employees
 ; here, also, sentiment changed, and brought about an alteration in the 
law. Examples of this kind are innumerable.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/POWER06_290.HTM


■「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」
      n.1108~1113号 を発行しました
   http://archive.mag2.com/0001623960/index.html

  以下,1つだけ再録します。
     http://archives.mag2.com/0001623960/20170804060000000.html

★ pillar (n)【柱;記念碑;中心人物】

   http://russell-j.com/beginner/reitan-p082.htm

<用例1>
But when he advanced some slightly radical opinion they said, 'Oh, Mr 
Whitehead, we are so pleased to hear you say that', showing that they had 
hitherto viewed him as a pillar of reaction.
[しかし,彼がすこしばかり過激な意見を言った時,彼女らは,「ああ,ホワイトヘッド
さん,あなたがそう言ってくださるのは,とてもうれしく思います。」と言い,彼女た
ちがそれまで彼を反動の中心人物と考えていたことをあきらかにした。]
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第5章「初婚」
     http://russell-j.com/beginner/AB15-090.HTM

<用例2>
I doubt whether St Simeon Stylites would have been wholly pleased if he had
 learnt of some other saint who had stood even longer on an even narrower 
pillar.
[柱頭行者派の聖者シメオンは,他のある聖者がもっと細い柱の上に,もっと長時間立
っていたという話を聞かされたら,心から喜んだかどうか疑わしい。]
 出典:ラッセル『幸福論』第6章(「ねたみ」
     http://russell-j.com/beginner/HA16-040.HTM

<用例3>
They are invariably portly, middle-aged, and dignified, respected, 
irreproachable, and pillars of society. .
[彼らは,必ずと言ってよいほど,堂々とした中年の,厳かで,尊敬すべき,非の打
ちどころのない,社会の柱石ともいうべき人間(人物)である。]
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の(「情緒の予知」
     http://russell-j.com/EXPECTED.HTM

<参考1>
Newspapers are a pillar of democracy.
[新聞は民主主義の支えである。]
 出典:『京大学術語彙データベース5500基本英単語1110』p.150

<参考2>
a pillar of cloud / the Pillars of Heracules
[雲の柱/ヘラクレスの柱(ジブラルタル海峡の東端にそびえる2つの岩)]
 出典:Kenkyusha's New College English-Japanese Dictionary, 6th ed.


★「ラッセルの言葉(Word Press 版)v.2」 n.851~856

1)n.851: 量子力学(特に不確定性原理)に飛びついたキリスト教擁護者・神学者
          http://russell-j.com/wp/?p=2850

2)n.852: 自由意志の問題
          http://russell-j.com/wp/?p=2854
     
3)n.853: 身体の故障と精神の故障への対応の違い
          http://russell-j.com/wp/?p=2857

4)n.854: 生まれつきの機能不全に対して道徳的に責任はない!
          http://russell-j.com/wp/?p=2860

5)n.855:人間の重要性に対する「神」のお世辞
          http://russell-j.com/wp/?p=2863

5)n.856:「正義の仮面」をかぶって「不正」を働く
          http://russell-j.com/wp/?p=2867
 
 ・・・。正義と不正とは一緒に(同時に)取り上げられなければならない。一方を
強調し他を強調しないでいることは不可能である。さて(それでは),「不正」とは
,実際(において),なんであろう。それは(不正とは),実際においては,群集によ
って嫌われている種類の行為である。それを不正と呼び,さらにこの概念を中心に入
念な倫理体系を築いて,その嫌悪の対象に罰を加えることにおいて(に対して),群
衆は自己の正当化を行なうのである。その一方,群集は定義によって正しいのである
から(注:単純な多数意見に対する皮肉),群衆がその残酷な衝動を解放するまさに
その瞬間に,それは同時に,自分たちの自尊心を増大させる(のである)。これは私
的制裁(リンチ)を行なう心理であり,犯罪者が罰されるその他の(種々の)方法の
心理である。それゆえ,正義の概念の精髄は,正義の仮面で覆い隠すことによって,
自らのサディズムのはけ口を与えることである。

Righteousness and unrighteousness must be taken together; it is impossible 
to stress the one without stressing the other also. Now, what is 
“unrighteousness” in practise? It is in practise behaviour of a kind 
disliked by the herd. By calling it unrighteousness, and by arranging an 
elaborate system of ethics around this conception, the herd justifies itself
 in wreaking punishment upon the objects of its own dislike, while at the 
same time, since the herd is righteous by definition, it enhances its own 
self-esteem at the very moment when it lets loose its impulse to cruelty. 
This is the psychology of lynching, and of the other ways in which criminals
 are punished. The essence of the conception of righteousness, therefore, 
is to afford an outlet for sadism by cloaking cruelty as justice.
 出典:Has Religion Made Useful Contributions to Civilization? 1930
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0466HRMUC-170.HTM

<寸言>
「悪を成敗する」という事で,歴史上,いかに多くの悪がなされてきたことか。そう
いった悪は「勝てば官軍」ということで,時の権力者(政府など)によって,「国の
ために戦った(国民の生命と財産を守る)」とかいうように美化されてきた。


★「ラッセルの言葉_画像版」

 日本語 version : n.0272j-0278j を投稿
 英 語 version : n.0272e-0278e を投稿

 1つだけご紹介: 「自己分裂している人間」
  http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j0274.html

 自己分裂している人間は,興奮と気晴らしを追い求める。彼は,強い情熱を好むが,
それには十分な理由があるわけではなく,しばらくの間,その情熱が我を忘れさせ,骨
の折れる思考の必要性から遠ざけてくれるからである。・・・。いかなる種類のもの
であれ,陶酔を必要とするような幸福は見せかけのものであり,不満足なものである。
本当に満足できる幸福は,私たちの様々な能力を最大限に発揮させてくれるものであ
り,私たちの生きている世界を最大限に理解させてくれるものである。

The man divided against himself looks for excitement and distraction; he 
loves strong passions, not for sound reasons, but because for the moment 
they take him outside himself and prevent the painful necessity of thought.
 ... The happiness that requires intoxication of no matter what sort is a 
spurious and unsatisfying kind. The happiness that is genuinely satisfying 
is accompanied by the fullest exercise of our faculties, and the fullest 
realisation of the world in which we live.
 出典: The Conquest of Happiness, 1930, chap.7: the sense of sin
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA17-100.HTM

 <寸言>
 サッカーを始めとするスポーツに対する過度な熱狂
 常に'興奮'と'気晴らし'を追い求める心性,大きな天災・人災さえも・・・
 マスコミはそういった人間の気持ちや欠点を利用する
 9.11,仮想の敵やスケープ・ゴードをやっつけろのスローガン,右も左も真ん中
も。 
 ラッセルは,陶酔している時は本当の幸福な状態ではないといっているのではなく,
幸福のためには陶酔が必須であるとういような状態は,幸福であるとは言えない,と指
摘している。
 権力者に従順であれば困らないようにしてあげると言われても,言いたいことが言
えなくなったり,やりたいことに制限がいろいろ設けられたりするようなら,得るもの
よりも失うもののほうがずっと多い。
 現在日本の多くの国民は,経済発展が第一と言っているが,そちらに気をとられてい
るうちに,経済格差がますますひどくなったり,特定秘密保護法を通ってしまったり,
憲法解釈を統治者・権力者の都合のよいように変える動きがあったりしても,それほ
ど悪いようにはするはずがないと甘く考えているようでは気がついた時にはもう遅い
ということにもなりかねない。オーウェルの「新世界1984」や「動物農場」が実
現した後では,とりかえしがつかない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセルに関する記述や発言等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今回はお休み。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記 少し「遅配」のため,編集後記は省略
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 少しだけ「遅配」なので,編集後記は省略します。 (松下彰良)

=====================================

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B012IYHZRG/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B012IYHZRG&linkCode=as2&tag=russellj-22">松下彰良(訳・編)『ラッセルの言葉366』</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=as2&o=9&a=B012IYHZRG" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com

■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/12
部数 147部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/12
部数 147部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング