バートランド・ラッセルに関するメルマガ

編集後記 豊洲問題は、利権,不正、巨大官僚機構の機能不全等のてんこもり


カテゴリー: 2016年09月17日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
  no.0500_2016/09/17 (2006/12/21 創刊/毎週土曜or日曜日発行)

バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 初心者向けページ: http://russell-j.com/beginner/
 R落穂拾い: http://russell-j.com/beginner/ochibo-2013.htm
 R落穂拾い(中級篇): http://russell-j.com/cool/br_inyo-2013.html
 R関係文献紹介: http://russell-j.com/cool/kankei-bunken_shokai2013.htm
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
               http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
 R英単語・熟語_総索引: http://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 Twitter : https://twitter.com/russellian2
★Rホームページ利用制限コンテンツ閲覧用パスワード: 1872Y0518
 ポータルサイト専用掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs
  Blog 1 (Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/  
  Blog 2 http://365d-24h.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[★投稿歓迎:ラッセルに関係するものであれば,ご意見,ご要望,エッセイ,
       ちょっとした情報提供等,何でもけっこうです。投稿は,
       matusitaster@gmail.com 宛,お願いします。
  ◆◆◆
 ◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
  ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
       いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
       ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックし
       たのがラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクで
       あれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
       収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラ
       ッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
     ■ 目 次 ■
          
(1)ラッセルの著書及び発言等からの引用
(2)ラッセルに関する記述や発言等
 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの著書や発言等から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ======
 ◆祝、500号◆
 ======

■「(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366」
      n.0887~n.892 を発行しました。
   http://archive.mag2.com/0001626338/index.html

  以下,1つだけ再録します。

◆ n.0890 ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』

 第十章 結婚 n.5

 今日,世界を見わたして,全体的に言って,どのような条件が結婚に幸福をもたら
し,どのような条件が不幸をもたらすかを自問する時,我々はいくらか(いささか)
奇妙な結論に追いやられる。即ち,人々は,文明化すればするほど,一人の配偶者で
(と)終生の幸福を得ることがよりできなくなる,という結論である。アイルランド
の小作農は,最近まで結婚は両親によって決められていたが,彼らのことをよく知っ
ている人々の話では,彼らの夫婦生活は,概して幸福で道徳的なものであったようで
ある。一般に,人と人との違いが最も少ない場合に,結婚は最も容易になる。男性が
他の男性とほとんど違わず,女性が他の女性とほとんど違わない時は,(他の)別の
人と結婚しなかったことを後悔する理由は特にない。しかし,雑多な趣味,仕事
(pursuits),興味(など)を持っている人々は,配偶者も同じ趣味・志向(相性)
を持っていることを望み,期待したほど(可能性があったほど)それが得られなかっ
た時には,不満を感じがちである。キリスト教会は,結婚を単に性の観点から見る傾
向があるので,ある配偶者が,別の配偶者と同じようにしないのか(同じようにうま
くいかないのか)その理由がわからない。そうして(それゆえに),結婚の永続性
(注:indissolubility 解消できないこと=離婚できないこと)を擁護し,結婚を解
消できないためにしばしば苦難がもたらされる,ということを理解できない(のであ
る)。

Chapter X: Marriage, n.5

When we look round the world at the present day and ask ourselves what 
conditions seem on the whole to make for happiness in marriage and what for
 unhappiness, we are driven to a somewhat curious conclusion : that the more
 civilized people become the less capable they seem of lifelong happiness 
with one partner. Irish peasants, although until recent times marriages were
 decided by the parents, were said by those who ought to know them to be on
 the whole happy and virtuous in their conjugal life. In general, marriage 
is easiest where people are least differentiated. When a man differs little
 from other men, and a woman differs little from other women, there is no 
particular reason to regret not having married someone else. But people with
 multi-farious tastes and pursuits and interests will be apt to desire 
congeniality in their partners, and to feel dissatisfied when they find that
 they have secured less of it than they might have obtained. The Church, 
which tends to view marriage solely from the point of view of sex, sees no 
reason why one partner should not do just as well as another, and can 
therefore uphold the indissolubility of marriage without realizing the 
hardship that this often involves.
 出典: Marriage and Morals, 1929.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM10-050.HTM


■「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」
      n.0842~0847号 を発行しました
   http://archive.mag2.com/0001623960/index.html

  以下,1つだけ再録します。

◆ R英単語・熟語 n.0842

★ intrude (v) [押し付ける;押し入る,立ち入る;侵入する(~ into)]

* intrude は自動詞, invade (侵略する,侵入する)は他動詞
* intrusion (n):押し付け;(場所への)侵入;でしゃばり
* intrusive (adj.):でしゃばりの,じゃまをする
   http://russell-j.com/beginner/reitan-i076.htm

<用例1>
Where possessive elements intrude upon love, it loses its vivifying power 
and eats up personality.
[愛情の中に所有の要素が侵入してくる場合は,その愛情は生き生きとした力を失い
,人格をむしばむ。」
 出典:ラッセル『教育論』第二部_性格の教育 第12章「性教育」]
     http://russell-j.com/beginner/OE12-120.HTM

<用例2>
The reason for this is that the higher parts of their intelligence are 
wholly absorbed by their work, and are not allowed to intrude into regions
 where they have no functions to perform.
[その理由は(注:科学者が古風な家庭生活で幸福である理由は),彼ら科学者の知性
の高級な部分はすべて仕事に吸収されてしまっており,彼らが果たすべき役割のない
領域に踏みこむことは許されないからである。
 出典:ラッセル『幸福論』第3巻第3章「トラファルガー広場」]
     http://russell-j.com/beginner/AB33-150.HTM

<用例3>
Old-fashioned people lament the intrusion of technical schools into the 
haunts of pure learning, but it continues none the less, because it is 
demanded by plutocrats who care nothing for "culture". 
[古風な人たちは,専門学校が純粋な学問の場に侵入してくることを嘆くけれども,
それにもかかわらず,この状況は続いている。なぜなら,「教養」などなんとも思わ
ない金権主義者たち(plutcrats)がそれを要求するからである。
 出典:ラッセル『教育論』第三部 知性の教育 第18章「大学」]
     http://russell-j.com/beginner/OE18-030.HTM

<参考1>
They accidentally intruded into hostile territory.
[彼らは誤って敵地に侵入した。
 出典:宮川幸久『英単語ターゲット1900(四訂版)』p.389]

<参考2>
Don't intrude your opinion on us.
[あなたの考えを私たちに押し付けないでください。
 出典:『新版完全征服 データベース5500 合格 英単語・熟語』p.297]

<参考3>
intrude upon someone's private life
[他人の私生活に立ち入る。
 出典:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』p.120]

<参考4>
I don't want to intrude (on you), if you're busy. / These questions are an
 intrusion upon people's privacy.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]


★「ラッセルの言葉(Word Press 版)v.2」

1)n.544: 老人だけでなく、若い人でも活力が衰えると外界に興味を持てなくなり・
     http://russell-j.com/wp/?p=1655

2)n.545: 狭い範囲のものや事柄にのみ強い興味・関心を抱くことの危険性
     http://russell-j.com/wp/?p=1660

3)n.546: 人生の幸福の総量?
     http://russell-j.com/wp/?p=1664

4)n.547: ラッセル『幸福論(幸福の獲得)』(1930年刊)に対する世間の評価
     http://russell-j.com/wp/?p=1668

5)n.548: 年をとっても活力を失わないようにしたいもの
     http://russell-j.com/wp/?p=1672

6)n.549: 女性を従属的な地位に置くことでなされた害悪-親の因果が子に報い・・
     http://russell-j.com/wp/?p=1676

7)n.550: 「恐怖」と「激怒」とは,非常に類似した感情
     http://russell-j.com/wp/?p=1680


★ Twitter

1)(2016.09.12) 金持ちのみが幼い子供にとって最適の空間と環境を用意することが
       できる。そういうものも・・・。
        https://twitter.com/russellian2/status/775099225151381505

2)(2016.09.13) 1918年の(英国)教育法のもと保育園は国費によって促進される予
       定になっていた。だが・・・。
        https://twitter.com/russellian2/status/775465482979684352

3)(2016.09.14) 人間に関わる他の事柄と同様に教育においても進歩への道はただ一
       つしかなく,それは即ち愛に支配された科学である。
        https://twitter.com/russellian2/status/775823961712046081
 
4)(2016.09.15) 性格形成は,正しく行なわれたならば,6歳までにはほぼ完成して
        いなければならない。
        https://twitter.com/russellian2/status/776186488501342208

5)(2016.09.16) ある種の知識は有害で,ある種の無知は有益だと考えるべきではな
       い。
        https://twitter.com/russellian2/status/776551641587732480

6)(2016.09.17) そういう(禁じられた事柄に関する)知識の魅力は,ほとんど常にと
       言ってよいほど,それが禁止されているからにほかならない。
        https://twitter.com/russellian2/status/776928622670065664

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセルに関する記述や発言等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★インターネット情報源
1) 岡田憲治「大人として、デモクラティックに生きる!」
  たまたま高校時代に手渡された英語の教科書が哲学者バートランド・ラッセル
  の『民主主義とは何か』(成美堂、1961年)でした。・・・。
   http://www.data-max.co.jp/280916_knk_02/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記 豊洲問題は、利権,不正、巨大官僚機構の機能不全等のてんこもり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 豊洲市場用地の問題は、利権,不正、巨大官僚機構の機能不全等のてんこもり状態
であり,全ての実態をあきらかにするには数年かかるであろう。いや、実態解明は中
途半端に終わる可能性も大きい。
 疑問は次にように満載。

1)築地の移転先は豊洲しかないとされていたが本当か? なぜ旧東京ガスの用地(土
壌汚染が予想される土地)にこだわったのか?
2)東京都庁の幹部等の天下り先の東京ガスとの癒着はなかったか?
3)豊洲市場の土地の来歴はまともに調査されたのか?

 都立大学名誉教授の青山貞二は次のように発言している。
 「この豊洲市場用地(豊洲六丁目の土地)の土壌汚染は、石炭から都市ガスを製造
する過程における副産物などによるもので、7つの物質(ベンゼン、シアン化合物、
ヒ素、鉛、水銀、六価クロム、カドミウム)による、土壌及び地下水(六価クロムを
除く)の汚染が確認されています。・・・。ところで、東京都が豊洲の土地を購入し
た頃の「しんぶん赤旗」2010年8月25日(水)号に、以下の記事が掲載されました。
『京都築地市場(中央区)の移転予定地・江東区豊洲(東京ガス工場跡地)に、戦争
中、毒ガスを製造していた旧陸軍技術研究所跡地(新宿区百人町)の都営住宅工事に
伴う土を5500立方メートル搬入し、盛り土にしていたことが8月24日、明らかになり
ました。・・・。都市整備局の資料で、旧陸軍技術研究所跡地からダンプカー1006台
分、5534立方メートルの土を運び込んだことが判明しました。・・・』」
 http://www.eritokyo.jp/independent/aoyama-toyosu001..html

4)第1回目の競争入札が不調に終わったのは、価格をつりあげるために業者が示し合
 わせたためではないか!!?

 第2回めの入札価格がいずれも99.9%になったのは、不思議ではない。業者の言い
値(希望価格)に予定価格を合わせて引き上げたためではないか? その場合は、通
常、競争入札の時の「予定価格(内緒)」とは言わずに、「談合価格」とでも言うべ
きものであろう。
 談合(入札の相談)は,多数のJV(ジョイントベンチャー)が Win Win の関係に
なることができるのでそれほど悪いことではないというのが入札企業の意識かもしれ
ない。しかし、入札に参加したくても実質的に参加できない企業も多いこと、また、
そのようなやり方をすれば結局価格が釣り上がり、東京都民の税金が無駄に使われる
ことは、(業者以外の)誰が見てもわかることであろう。  

5)歴代の都知事は自分には責任はないあるいは自分には関係ないといっているが、決
裁権者である都知事としては余りにも無責任ではないか? 特に石原元都知事(ある
いは、石原伸晃元東京都連会長を含めた石原一族)の責任が大きいのではないか?

 もちろん、東京都のドンと言われる内田元自民党幹事長の責任も同様に大きいであ
ろう。しかし、石原元都知事の責任が一番大きいのは明らかではないか? 石原裕次
郎の好イメージが影響してきたのか、石原氏を都知事に選んだり、石原伸晃を国会議
員に選んだりして、石原一族を甘やかしてきた東京都民のせいもあるであろう(自業
自得)。

 石原都知事が建物の下をいくつかのコンクリートの巨大な箱にすることも検討する
ように部下である市場長に指示したが、そのやり方のほうが余計に費用がかかるので
、石原都知事も諦めたようだ、ということであるが、盛り土しない方式にすることの
決裁は石原氏がしたはずである。即ち、結局は、専門委員会の結論をくつがえして盛
土をしないやり方をとることについて、石原都知事(当時)は決済印を押しているは
ずだから、当然、石原氏が一番責任があるはずどある。それなのに、インタビューに
おいて、下(部下である市場長)の報告を(定例会見で)紹介しているだけなので
(自分には)責任はあまりない、などとよく平気で言っている。「8年前のことだか
ら記憶があいまいなのは仕方がない」(石原氏を擁護する人の声)などとのんきなこ
とは言っておられない、というのが普通の感覚のはず。

 東京都庁の幹部の責任が大きいとしても、在職中、週2日しか登庁しなかった(そ
れ以外は主に自宅などで執筆活動)石原元都知事の責任は大きい。「報告受けず」で
免罪になるような問題ではない。石原氏の意識(昔のバカ殿の意識)は、自分は作家
として大変な収入を得ており、東京都知事の給料は出勤2日にも及ばない薄給だ、と
いうことかも知れない。

 東京都庁はガバナンスに問題があったのは、石原氏の責任が一番大きいが彼らはま
ったく自覚していない(極楽蜻蛉)。

 東京都は「情報公開のしかただけでなく、内部での危機管理の在り方にも問題があ
った(反省している)」とのことだが、「危機管理」というよりもまず「危機意識の
なさ」が問題のはず。「危機意識」がなければ、都民にとってもどんなにまずいこと
でも危機としてあがってこず、危機だと彼らが思うものだけ「徹底的な危機管理」を
してもむなしいだけであろう。まず、彼ら東京都庁の幹部の意識改革が必要(あるい
は、幹部の総入れ替え!?)が必要であろう。

 もちろん、石原都知事だけでなく、歴代の知事にも責任があるはず。この問題で、
舛添事務所にマスコミが質問したところ「マスコミの取材にはお答えしないことにし
ています」との返事だったとのこと。そのくせに、政治評論家としてTVにレギュラー
出演できないか交渉している(あるいは交渉していた)そうであるが・・・。
 知能(知識量)は一流でも人間としては三流。政治家にはそういった人間が多すぎ
る。 (松下彰良)

=====================================

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B012IYHZRG/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B012IYHZRG&linkCode=as2&tag=russellj-22">松下彰良(訳・編)『ラッセルの言葉366』</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=as2&o=9&a=B012IYHZRG" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com

■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━,━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/16
部数 149部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/16
部数 149部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング