バートランド・ラッセルに関するメルマガ

バートランド・ラッセルに関するメール・マガジンn.45


カテゴリー: 2007年10月27日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■-■■■■■■■■■■
バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
 2007/10/27:n.0045 (2006/12/21 創刊) (毎週土曜or日曜日発行)
  ===============================
HP(main): http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm 
Blog: http://green.ap.teacup.com/russellian/ (あるRussellianの呟き)
Blog その2(Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/ ・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ■ 目 次 ■

(1) ラッセル追悼記事及びエッセイ(新規にアップ or 再編集してアップ)
(2) ラッセルに関する著作等からの引用(再編集しアップロード)
(3) 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセル追悼記事及びエッセイ(新規にアップ or 再編集してアップ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「B.ラッセル氏、人道主義貫く−核時代の恐怖に警鐘−」
  http://russell.cool.ne.jp/ASA-OBIT.HTM
 
 ・・・。日本の知識人の間でも、深い信望を集めていた英国の哲学者、バー
 トランド・ラッセル氏の死亡が伝えられた。白髪、ほりの深い顔。世界的哲
 学者であり、徹底した平和運動家としても知られたラッセル卿の死を惜しむ
 人は、日本にも数多い。・・・。

★市井三郎「未来への強烈な闘士(B.ラッセル)」
  http://russell.cool.ne.jp/ASA-OBI2.HTM
  
 ラッセルの死を聞いて第一に思うのは、彼は、彼の父親ときわめてよく似た
 生涯を送るようになったことだ。父アンバレー卿は、女性の権利が十分認め
 られなかったビクトリア朝時代に、女性労働権を強く主張し、逆に政治家と
 してほうむり去られた。ラッセルは父親より長生きしたが、彼は父親と同じ
 ように、最も人気のないことを主張しつづけてきた。・・・。

★大竹勝「ラッセルの決別の辞」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/OTAKE5.HTM
  
 一九七〇年二月二日の夜、バートランド・ラッセルは他界した。最近数年間、
 毎冬彼の健康は気づかわれていたが、その都度、立ち直り、彼の著作や平和
 運動の発言は次々に発表されて、彼の健在を報じていたので、この分なら超
 人的百歳をマークするのではないかとすら想像された。・・・。
 
★鶴見俊輔「ラッセルの死を聞いて−若い人に学ぶ謙虚な反戦家−」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/TURU2-01.HTM
  
 バートランド・ラッセルが死んだ。97歳。日本流にいえば(数え年)99 歳で、
 百歳に一つたりない。こんなにながいきした哲学者を、私は、他に知らない。
 私は、彼がながいきしたことよりも、彼がながいきして、しかも、もうろく
 しなかったことにおどろく。それは、肉体の力だけから来たものではないだ
 ろう。自分よりも若い人びとの生きかたと仕事からまなぶことをやめなかっ
 たことから来たのだと思う。・・・。

★白石英男「ラッセル卿を悼む」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/SHIRA2.HTM
  
 ・・・。さて私がラッセルに近づいたのは大正七年頃だったか、当時の評論
 雑誌『改造』に、福田博士(松下注:福田徳三)のラッセル紹介が出て、その
 なかに、ラッセル著『社会改造の原理』(Principles of Social Reconstruction,
 1916)の主旨が掲載された時である。直ちに原書を求めて(自分なりに)読み
 出したのが始まりで、以来今日まで深く親しんできたものである。この「改
 造の原理」では、人間には '二つの衝動' があって、その一つは所有のそれ
 であり、もう一つは創造のそれである。戦後の社会改造には、特に創造の衝
 動に重きをおかねばならぬというのであって、当時の二十才を出たばかりの
 私には、ひどくこの魅力的な言葉に感銘して、私なりに自分のイメージを社
 会に対して持ち始めたものである。それ以来、機会のあるたびにラッセルの
 著書を漁っておったところ、大正十年頃か、ラッセルが北京大学で開講の後、
 帰りに日本に立ちよって、慶応大学の講堂で講演されたことがあった。初め
 て見る黄色の洋服に長身痩躯(松下注:当時の日本人から見れば「長身」と
 うつるのだろうが、イギリス人あるいはイングランド人から見ればラッセル
 は小柄といった方がよいだろう)のこの哲人の姿に、いたく感激したもので
 ある。・・・。
  
★島康晴「'地球の良心'悼む」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/SHIMA-Y.HTM

 ・・・。私がラッセルに感心したことの一つは、私のどのような手紙にも必
 ず返事を寄こしたということである。或る時は「全学連と共にやれ……」と
 か、中ソ論争では「……如何なるイデオロギーの勝利より人類生存の方が大
 切だ……」とか、「現代に於て核戦争に対する闘争よりさしせまった問題は
 ない……」とか非常に過激だと思われるような時もあったが、ラッセルから
 みれば当然なことであったのかもしれない。・・・。
 
★安福一郎「ラッセル卿敬慕−ラッセル卿と自分」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/ANPUK2.HTM
  
 私もまたラッセル卿を敬慕する者のひとり。その偉大な哲学業績と平和への
 現実実践のためだけではなく、私が在京遊学中、哲学へのしげきをあたえて
 いただいた生きた偉人としてだ! と言っても単身、ラッセル卿に会えたわけ
 でもなく、その洋書を手持ち書庫にかざっただけではあるが、かの『哲学の
 諸問題』(The Problems of Philosophy, 1912)を手にしたとき、初めてこの
 種洋書を得た気がし、神秘主義に凝りがちな自分の頭を程よく叩きつけた気
 もし、知識の問題にみちびいていただいた利得を、ありがたく感ずるからだ。
 ・・・。
 
★ラッセル卿追悼記事一覧−新聞・雑誌・機関誌関係(未完)−
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/OBIT-16.HTM


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセルに関する著作等からの引用(再編集しアップロード) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★シェル・ストレムベリ「ラッセルに対するノーベル文学賞授与の選考経過」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/SCHTREM.HTM
 
 ・・・。ノーベル賞がかれに授与されたのは、まず第一に、これらの純粋に
 科学的な業績に対してではなく、そのほかの理由に対してである、と演説者
 は強調する。アカデミーの目に重要と思われたことは、むしろ、ラッセルが、
 かれの著作により「素人」の世界の民衆に達することができ、かくして、非
 常に現実的なさまざまの領域において提起された諸問題をめぐり、実りある
 討論をつづけることができた事実である。・・・。
 
★市井三郎「ゲルナー事件」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/GELNER01.HTM
  
 ・・・。というのも、彼が予言した自分の死期がもうあと一年半ばかりに迫
 ってきた(つまり彼が満九十歳に近づいてきた)今日このごろ、当の『ザ・タ
 イムズ』紙(通称は「ロンドン・タイムズ」)の「読者の声」欄をめぐって、
 ラッセルがひと騒動を起してしまったからである。「死亡記事」にする前に、
 今までのところわたしに入手できた事実的ネタを、ごひろうしなければなる
 まい。
 同紙の一九五九年十一月五日号の投書欄に、ラッセルは次のような一文をの
 せた。・・・。
 
★碧海純一「バートランド・ラッセル雑感」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/AOMI3-01.HTM
  
 ・・・。今日の分析哲学者は一般にあまり思想史に興味を示さないがラッセ
 ルは(かれ自身、現代分析哲学の誕生の機縁を作った人物てあるが)、今では
 古典となった大著『西洋哲学史』(一九四五年)のほか、十五年後に、やはり
 ギリシャから現代にいたるまでの西洋思想史をとりあつかった『西洋の知恵』
 (一九五九年)を世に問うている。『西洋哲学史』のほうは、市井三郎教授の
 名訳でひろく日本の読書界に普及しているので、特にここで紹介するまでも
 ないが、『西洋の知恵』は、まだなじみがうすいと思われるので、一言ふれ
 ておくことにしよう。・・・。
 
★碧海純一「ソフィストとラッセル」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/AOMI7-01.HTM
  
 ・・・。ラッセルの『西洋哲学史』(原著は1945年刊で、わが国では市井三郎
 教授の名訳によってひろい読者層に親しまれている)は、いろいろな点で非常
 に特色のある、面白い書物であるが、その特色のひとつは、著者がプロタゴラ
 スその他のソフィストに対して、きわめて高い評価を示している点であろう。
 ・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) 編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 メルマガの第45号をお届けします。
 
 今回は「ラッセル追悼記事及びエッセイ」を特集しました。ラッセルの追悼記
 事は世界中で膨大な数だされました。日本だけでも非常に多数にのぼっており、
 ここでご紹介したのはほんの一部ですが、当時の日本の知識人や一般市民にど
 のようにラッセルが見られていたか、一端が知られるのではないかと思います。
 次回は、「ラッセルに関するFAQ及びQ&A」を特集する予定です。
 (松下彰良)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良・まつしたあきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に :  matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://www.dgcr.com/regist/index.html
■WEBサイト: http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm
■電子掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs  ・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 149部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 149部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング