バートランド・ラッセルに関するメルマガ

バートランド・ラッセルに関するメール・マガジンn.29


カテゴリー: 2007年07月08日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■-■■■■■■■■■■
バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
 2007/07/08:n.0029 (2006/12/21 創刊) (毎週土曜or日曜日発行)
  ===============================
HP(main): http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm 
Blog: http://green.ap.teacup.com/russellian/ (あるRussellianの呟き)
Blog その2(Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/ ・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ■ 目 次 ■

(1) ラッセルの言葉
(2) ラッセル『教育論』から
(3) 三浦俊彦氏のラッセル関係の論文等(再編集しアップロード)
(4) 三浦俊彦以外のもの(再編集しアップロード)
(5) 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの言葉(ラッセル著『教育論−特に幼児教育について』より)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 [n.0075:年をとる("活力(Vitality)"の衰え)につれ・・・]

 「人間は、(活力の衰えとともに、しだいに)自分のことに注意を奪われ、
  見たり聞いたりすることや自分に直接関係のないものに興味を抱くことが
  できなくなる。」
 
  ★出典: http://russell.cool.ne.jp/beginner/OE02-110.HTM
 (活力が悪い方向に向けられると不幸な結果を生むが、概ね、活力は人間に
  とってよい性質である。子供の頃は大体活力にあふれているが、教育や躾
  によってしだいにおとなしくなり、年とともに活力が少なくなっている。
  日本の場合は受験の影響がかなり大きいと思われるが、周囲の目を気にす
  る国民性も大きな影響を与えている。逆に言えば、いろいろなことに興味
  が持てれば、活力の減退を少なくすることができる。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 Human beings are prone to become absorbed in themselves, unable to 
 be interested in what they see and hear or in anything outside their 
  own skins.
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセル『教育論』から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第一部 教育の理想 第2章 教育の目的(承前:OE02-200)

 '好奇心'が実り多いものであるためには、好奇心は知識を獲得するためのあ
る種の技術と結びついていなければならない。(また)観察の習慣、知識は獲
得できるという信念、忍耐、勤勉が、存在しなければならない。もともと好奇
心の'元手'があり、適切な知的な教育が与えられるならば、これらのものは、
ひとりでに発達するだろう。しかし、知的生活は私たちの活動の一部にすぎな
く、また、好奇心は絶えず他の感情と衝突しているので、ある種の知的な美徳、
たとえば'開かれた知性'(偏見のない心)といったものが必要である。私たち
は、慣れと欲望のために、新しい真理を受けつけなくなる。長年固く信じてき
たこと、あるいは自尊心やその他根本的な感情を満足させるものを疑うことは、
難しい。それゆえ、'開かれた知性'(偏見のない心)こそは、教育が生み出す
ことを目指すべき性質の一つでなければならない。現在、これはごく限られた
範囲でしか行なわれていない。たとえば、1925年7月31日付の『デイリー・ヘラ
ルド』紙の以下の文章は、このことを例証している。・・・。

If curiosity is to be frutful, it must be associated with a certain  
technique for the acquisition of knowledge. There must be habits of  
observation, beilief in the possibility of knowledge, patience and  
industry. These things will develop themselves, given the original  
fund of curiosity and the proper intellectual education. But since  
our intellectual life is only a part of our activity, and since  
curioshy is perpetually coming into conflict with other passions,  
there is need of certain intellectual virtues, such as open-mindedness. 
We become impervious to new truth both from habit and from desire; we 
find it hard to disbelieve what we have emphatically believed for 
a number of years, and also what ministers to self-esteem or any other 
fundamental passion. Open-mindedness should therefore be one of the 
qualities that education aims at producing. At present, this is only 
done to a very limited extent, as is illustrated by the following 
paragraph from The Daily Herald, 31st July, 1925:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) 三浦俊彦氏のラッセル関係の論文等(再編集しアップロード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★三浦俊彦「反核平和運動における利己心−バートランド・ラッセルと核時代」
  http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/MIUR3-01.HTM
 ラ・ロシュフコーの『箴言』に、「老いてますますかくしゃくたることは、
 狂気を去ること遠からざるものだ」というのがある。イギリスの哲学者バー
 トランド・ラッセル(1872〜1970)による十数年前までの熾烈な反核平和運動
 ほど、この警句を妙を得て体現した現象はないであろう。世界を突き離して
 眺める機知と皮肉の散文家として知られた冷徹の数理哲学者が、とくに晩年
 に向って、世界の苦悩に没入し一体化した燃える情熱をもって奔走したとい
 う不可解、そして、四十年代末から五十年代初めにかけての極端な反ソ的言
 動からビキニ以後の中立非同盟を経てベトナム戦争以降の反米的姿勢へと至
 る過激な変貌−こういった矛盾転変はもちろんのこと、彼ラッセルが死の前
 日まで一貫して人類の未来に注ぎつづけた異常なほどの関心と執念そのもの
 が、いまだにわれわれの中に独特の驚きの念を響かせずにはいない。あのラ
 ッセルにとって核時代とは、また、この核時代にとってラッセルとは一体何
 であったのか。・・・。
  
★三浦俊彦「B.ラッセルとベトナム戦争−倫理の核時代−」
  http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/MIUR5-01.HTM
 R.D.レイン(Ronald David Laing, 1927〜。イギリスの精神分析医)は、
 思想的にラッセルとはまず対極に位置する人物である。その差異は、純理論
 的であるにとどまらず、いやむしろ純粋理論の濃密な深部に発しているのだ
 からこそ、現実の人間世界を見(診)る二人の姿勢、実践的態度へと相応の相
 違として沁み出してきて然るべきでもあろう。しかるに、レイン、ラッセル、
 この二人の、生活規範という現実への意識の何とよく似通っていることか。
 ・・・。

★三浦俊彦「大江健三郎とバートランド・ラッセル」
  http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/miur2-01.htm
 ・・・。かくも肌の合わぬ大江作品を、ではなぜああも読み続ける気になれ
 たのか。大江健三郎が、核時代という環境を常に意識して書く作家だからだ。
 僕はラッセルの反核運動にも心酔した。が、ラッセルは僕が小学四年の時に
 亡くなっていた。サルトルが「ラッセル法廷」の裁判長としてベトナム反戦
 を叫んでいたときリアルタイムで作家生活を営んでいた大江さんという人は
 ほんとうに羨ましい。・・・。
 
★三浦俊彦「マイ・ロングセラー(2)『(ラッセル)幸福論』」
  http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/long-s2.htm
 「学生」になった日から、とりあえず読みたくなる種類の本というのがある。
 私の頃は「幸福論」と「哲学入門」。この二つは黙って漁ろうという雰囲気
 があった。・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4) 三浦俊彦以外のもの(再編集しアップロード) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『アインシュタイン平和書簡集』へのラッセルの序文
  http://russell.cool.ne.jp/EINS-O-P.HTM
 アインシュタインの科学上の主題以外の、手紙と文章が集められ印刷されるの
 は、たいへん結構なことである。アインシュタインは、同時代の最も有能な科
 学者であっただけではない。彼はまたそれとは異った賢人であった。もし政治
 家たちが、彼の言葉に耳を傾けていたとしたら、人類のいろんな出来事の経過
 は、実際起ったほど悲惨なものにはならなかっただろう。「実際的な人々」と
 呼ばれる人たちの間では、広い展望のきく人のことを、すべて夢想家として非
 難する習慣がある。最も重要な関連事実の9割まで無視するか、知らない人で
 なければ、政治に関して発言する価値のある人物とは考えられない。このよう
 な土台に立って、誰も、アインシュタインに耳を傾けなかった。・・・。

★日高一輝「ラッセルの日常と人間性」
  http://russell.cool.ne.jp/HIDA6.HTM
 ・・・。ラッセルの日常生活はきわめて几帳面で、日課がきちんとしていた。
 朝7時に起床、内庭を散歩してから朝食。午前8時から11時30分まで新聞(ザ・
 タイムズ、ガーディアン、テレグラフ、ニューヨーク・タイムズ、ヘラルド・
 トリビューン)を読み、ニュースをきき、手紙の処理に当たる。手紙も1日100
 通ぐらいの平均で来ていた。午前11時30分から午後1時まで、来客に接し、執
 筆に当たる。・・・。
 
★美濃口武雄「ラッセル、ケインズの確率論」
  http://russell.cool.ne.jp/MINOGUCI.HTM
 つぎに(ケインズの)『確率論』におけるラッセル、ホワイトヘッド、W.E.ジ
 ョンソンのケインズに与えた影響を検討してみよう。ハロッド(Roy Harrod, 
 1900-1978: 英国の経済学者でケインズの高弟。オックスフォード大学教授)
 も指摘しているように、ケインズの『確率論』は、純粋な数学的確率論ではな
 い。むしろそれは一種の記号論理学であったし、哲学でさえあった。『確率論』
 が『一般理論』(The General Theory of Employment, Interest, and Money, 
 1936)とどのようなかかわりをもつかについてのケインズ自身の説明が、この点
 を見事に論証している。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5) 編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 メルマガの第29号をお届けします。
 
 前回に引き続き、三浦俊彦氏のラッセル関係の論文を再編集してアップロード
 しました。三浦さんの文章はよく読まないと誤解する恐れがありますので、早
 とちりしないように、ゆっくり読んでください。 (松下彰良)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良・まつしたあきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に :  matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://www.dgcr.com/regist/index.html
■WEBサイト: http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm
■電子掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs  ・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/21
部数 143部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/21
部数 143部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング