バートランド・ラッセルに関するメルマガ

バートランド・ラッセルに関するメール・マガジンn.28


カテゴリー: 2007年06月30日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■-■■■■■■■■■■
バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
 2007/06/30:n.0028 (2006/12/21 創刊) (毎週土曜or日曜日発行)
  ===============================
HP(main): http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm 
Blog: http://green.ap.teacup.com/russellian/ (あるRussellianの呟き)
Blog その2(Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/ ・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ■ 目 次 ■

(1) ラッセルの言葉
(2) 三浦俊彦氏のラッセル関係の論文等(再編集しアップロード)
(3) ラッセルからシュバイツァーへの手紙(再編集しアップロード)
(4) (2)(3)以外のものから(再編集しアップロード)
(5) 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの言葉(ラッセル著『教育論−特に幼児教育について』より)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 [n.0074:"活力(Vitality)"の重要性]

 '活力'は、どんな出来事にも興味を持つことを容易にし、しかも、興味を持
 つことによって、精神の健全さ(正気であること)のために不可欠であると
 ころの'客観性'を促進する。」
  ★出典: http://russell.cool.ne.jp/beginner/OE02-110.HTM
 (ラッセルが言うように、「活力」は、精神的特質というよりも、むしろ、
 生理的な特質であり、年をとるにつれしだいに衰えていく。しかし、逆に、
 いろいろな事物や出来事に自然な興味を持つことができれば、「活力」減退
 のスピードを遅らせることができる。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 Vitality makes it easy to take an interest in whatever occurs, and 
  thus promotes objectivity.
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) 三浦俊彦氏のラッセル関係の論文等(再編集しアップロード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★三浦俊彦「大正の日本とラッセル−「哲人ラッセル」という大時代的な鏡が
 逆説的に映し出す現代の空虚と老成−」
  http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/MIURA-01.HTM
 自分が体験したわけではないにもかかわらず、何かやたらと懐かしい現象と
 いうのがあるものだ。例えば、バートランド・ラッセルというイギリス人が
 いた。「哲人」という大時代な呼び方が似つかわしかった、おそらく世界最
 後の思想家である。デモ行進の先頭で東西両陣営の首脳に呪いの怒号を投げ
 つけながら一九七〇年数え年九十九で死んだときのラッセルのイメージは、
 単に反核平和運動のリーダーという他にもさまざまな色を帯びていただろう。
  
★三浦俊彦「哲学者の機知と怒り」
  http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/br-wit.htm
 ・・・。僕の論文は『哲学者の機知と怒り−バートランド・ラッセルと世界』
 だった。分量は四方田論文とほぼ同じ六百数十枚。大英帝国とアイルランド
 ヘの愛憎に揺れたスウィフトとは対照的にラッセルは生粋のイギリス貴族、
 いわゆる辺境的アンビバレンツと無縁の一本気ヒューマニストと思われがち
 な偉人である。しかしこれが全然違う。・・・。

★三浦俊彦「B.ラッセルと中国・日本」
  http://members.jcom.home.ne.jp/miurat/MIUR4-01.HTM
 バートランド・ラッセル(一八七二〜一九七〇)は、一九二〇年、「中国講演
 協会」により北京大学客員教授として中国に招かれ、二十二歳年下の愛人ド
 ーラ・ブラックを伴って同年十月から翌年七月まで中国に滞在し、その帰途、
 日本に立ち寄った。大正十年七月十七日、神戸港に着き、同月三十日横浜港
 をたつ。これは改造社の招聘によるもので、当年創刊二年目の総合雑誌『改
 造』の宣伝という意味合いが強いが、当時のジャーナリズムの啓蒙的役割を
 考える上で注目すべき事業だったと言える。・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) ラッセルからシュバイツァーへの手紙(再編集しアップロード) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ラッセルからシュバイツァーへの手紙(1963.09.25)
  http://russell.cool.ne.jp/LETTR-30.HTM
 バートランド・ラッセル平和財団(Bertrand Russell Peace Foundation)と
 その附属の大西洋財団(Atlantic Peace Foundation)の重要な仕事のための
 かなりの準備と支援の懇請の後、財団は免税の身分(注:資格・権利?)を
 得ましたが、(1963年)九月二十九日の日曜日に北ウェールズの私の家で記者
 会見により公式に発表されることになりました。・・・。

★ラッセルからシュバイツァーへの手紙(1963.09.27)
  http://russell.cool.ne.jp/LETTR-31.HTM
 九月九日附の手紙で、ソ連邦内のユダヤ人のためのフルシチョフ氏へのアピ
 ールにあなたの署名をお願いしましたが、そのアピールには第二次世界大戦
 の結果、ごく近い身内から引きはなされてきた個々の人たちの悲劇的な窮地
 に少しも言及していないことに、その後私は気がつきました。この事柄を含
 めることをあなたもたしかにお望みになると思い、それゆえアピールの文章
 をほんの少し修正してみたいのです。・・・。
 
★ラッセルからシュバイツァーへの手紙(1964.04.15)
  http://russell.cool.ne.jp/LETTR-33.HTM
 バートランド・ラッセル平和財団(Bertrand Russell Peace Foundation)創立
 後半年間の私たちの仕事、成果と用意(誤訳?)についてお知らせします。・
 ・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4) (2)(3)以外のものから(再編集しアップロード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★マッド・アマノ「(B. Russell) 平和の昇天」
  http://russell.cool.ne.jp/M-AMANO.HTM
 この戯画写真?に Mad AMANO 氏がこめた気持ちはわかりませんが・・・

★(語学テキスト)神山正治(編訳注)『Bertrand Russell's Best』から
  http://russell.cool.ne.jp/YOKOZE-2.HTM
 「大衆ヒステリアは,人間だけに限られていない現象である。それはいかな
 る群居性の種族にも見られるであろう。わたくしはかつて中央アフリカの野
 生の象の大群が,はじめて飛行機を見て,みな激しい集団的恐慌の状態にお
 ちいっている写真をみたことがある。象はたいがいの場合,落ち着いた賢い
 動物である。しかしこの前古未曽有の,騒々しい未知の空の動物という現象
 は,群れ全体を完全にあわてさせたのである。すべての象はそれぞれ,みな
 恐怖にとらえられた。そして一匹一匹の恐怖は他の象に伝わり,ひどく増大
 した恐慌を引き起こした。しかしながら,彼らのなかにはジャーナリストは
 いなかったので,その恐怖は飛行機が見えなくなったとき消滅した。」 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5) 編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 メルマガの第28号をお届けします。
 
 今回は、三浦俊彦氏のラッセル関係の論文を再編集してアップロードしてみ
 ました。ただし、三浦さんの論文は、ラッセルのホームページの姉妹サイト
 である、三浦さんのホームページ上にあります。次回も三浦さんのものを特
 集するつりです。 (松下彰良)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良・まつしたあきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に :  matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://www.dgcr.com/regist/index.html
■WEBサイト: http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm
■電子掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs  ・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 149部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 149部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング