バートランド・ラッセルに関するメルマガ

バートランド・ラッセルに関するメール・マガジンn.26


カテゴリー: 2007年06月17日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■-■■■■■■■■■■
バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
 2007/06/17:n.0026 (2006/12/21 創刊) (毎週土曜or日曜日発行)
  ===============================
HP(main): http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm 
Blog: http://green.ap.teacup.com/russellian/ (あるRussellianの呟き)
Blog その2(Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/ ・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ■ 目 次 ■

(1) ラッセルの言葉
(2) ラッセル=シュバイツァー往復書簡(再編集しアップロード)
(3) 湯川秀樹関係(再編集しアップロード)
(4) (2)(3)以外のものからの引用等(再編集しアップロード)
(5) 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの言葉(ラッセル著『教育論−特に幼児教育について』より)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 [n.0072:良い習慣を身につけること]

 よい習慣は、'徳'のほとんどを自動的なものとする(良い習慣を身に着けれ
ば、良い行いをしようと意識的に努力しなくても、良い行いを自動的・無意識
的にする(できる)ようになる。)
 ★出典: http://russell.cool.ne.jp/beginner/OE01-130.HTM
(良い習慣は「第2の天性」である。幼少期に良い習慣を身につければ(親が
 子供に良い習慣を身につけさせることができれば)他人から良く思われよう
 と意識的な努力をしなくても、普通に振舞うだけで、他人から好かれ、周囲
 に良い影響を与える。子供に良い習慣をつけさせることの重要性を多くの親
 はよく理解していない。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Good habits can make a great part of virtue almost automatic.
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[n.0071:幼児期の幸福]

 「幼児期の幸福(幼年期幸福であること)」は、最良のタイプの人間を作り出
すためには、必須である。
 ★出典: http://russell.cool.ne.jp/beginner/OE01-120.HTM
(「幸福な幼児期」を過ごした人間は他人に対して危害を加えたいという気持ち
 を余りいだかない。もちろん過保護かつわがままに育つことが「幸福な」状態
 ではない。自分が幸福であれば、他人に対しても親切になれるというのが通常
 の姿であろう。しかし、個人の幸福よりも、国家に役立つ人間をつくることが
 教育の第一の目標になると、結果として、不幸な人間を大量に生み出すことに
 なりかねない。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Happiness in childhood is absolutely necessary to the production of the best type of human being. 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセル=シュバイツァー往復書簡から(再編集しアップロード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「シュワイツァー(シュバイツァー)からラッセルへの手紙(1962.09.02)」 
 http://russell.cool.ne.jp/LETTR-12.HTM
 ・・・。核兵器は廃止されるに至らぬでしょう、これをつよく求める世論があ
 りませんから。廃止(運動が?)が要求する〔安全〕保障というものは(現在)
 存 在しません。ただ廃止を要求する意志と世論だけが保障を示すことができ
 ます。 私たちはいまだにこの保障からはほど遠くあります。ヨーロッパでも
 アメリカでも原子兵器に反対する者は誰でも悪人のようにみなされるのですか
 ら。……
 
★ 「ラッセルからシュワイツァーへの手紙(1962.10.11)」
 http://russell.cool.ne.jp/LETTR-14.HTM
 ・・・。すべて大国政府の広報と宣伝の能力は、もし私たちの努力がかなり大
 規模に行われないかぎり、私たちの努力を凌駕するほどのものです。 私はそ
 れゆえ、税のかからない大金を集め得るような大きな平和財団を設ける必要が
 あると 確信するに至りました。・・・。

★ 「シュワイツァーからラッセルへの手紙(1962.10.18)」
 http://russell.cool.ne.jp/LETTR-15.HTM
 ・・・。今しがた十月十一日附のお手紙を受けとり、大へん考えさせられます、
 なぜなら、あなたが核爆発実験の中止と核兵器の廃絶を要求する世論を作り出
 すことに私たちがまだ成功していないことで苦しんでおられるからです。これ
 は議会と報道が陥っている無感覚の状態と関連しています。それゆえあなたと、
 わたしたち・あなたの戦いの仲間とにとって、世論の向きを変えることがとて
 もむつかしい。私たちの宣伝を新聞や映画でひろめるため、もしより多くの資
 金が自由に使えるなら、よりよい成果が得られるとあなたはお考えになり、そ
 れゆえ大きな平和財団を設立して、それが資金をかきあつめ、より大きな宣伝
 のために役立たせるという御計画です。たしかにそれも意義あることでしょう
 が、しかし私は財団を過大評価してはならぬと思います。最大の宣伝力をもっ
 てしても、諸国民の陥っている無感覚の状態を著しく改善することはできませ
 ん。・・・。
 
★ 「シュワイツァーからラッセルへの手紙(1962.10.24)」
 http://russell.cool.ne.jp/LETTR-16.HTM
 ・・・。原子兵器の問題で、あなた自身お気づきになりましたように、新しい
 兆候があります。アメリカ合衆国の国防長官マクナマラとケネディ大統領自身
 が、公然と、もしキューバ問題とベルリーン問題で戦争にでもなれば、原子兵
 器もふくめてあらゆる種類の兵器を使うだろう、と言明しました。 これは原
 子兵器の問題における大へんな悪化です。米・ソ両国は原子兵器に関するすべ
 てを無視しています。・・・。
 
★ 「ラッセルからシュワイツァーへの手紙(1962.10.30)」
 http://russell.cool.ne.jp/LETTR-17.HTM
 ・・・。私があなたにもう一度はっきり申しておくべきことは、平和財団の目
 的は、大量広告の方法や大国がよくやる民衆操作の形式を許すようなものでは
 ないということです。事実の知識の必要と、計画的なやり方で行動の代替路線
 を真剣に提示することは、平和のための真剣な運動の必須条件です。私たちが
 要求するような運動は、人々にその住んでいる世界の真実を印象づけ得るよう
 な大きな機会なしには確保できないでしょう。ところが実情は、人々の感受性
 が現代の組織化された社会に存する報道手段が示す虚構の世界により、たえず
 叩かれているのを私たちは怠慢から容認しています。私の考えでは、この民衆
 の思考力への侵入が私たちの危険を冒かす(→危険を危険として感じずに、危
 険を冒させる)という害毒を私たちは見落しています。・・・。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) 湯川秀樹関係(再編集しアップロード) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★湯川秀樹「戦争のない一つの世界−世界連邦世界大会を迎えて(1963年8月)」
 http://russell.cool.ne.jp/YUKAWA63.HTM
 ・・・。軍縮後の世界において各国民の安全が保障されるためには、すべての
 国の政府が守らなければならない「世界法」と、各国にそれを守らせるだけの
 権威と力を持った超国家的な機関とを創り出す必要がある。それにはどうした
 らよいかについては、いろいろ違った意見があり得る。しかし現在、世界連邦
 運動に関係している人の多くが考えているのは、国連憲章を改正して世界法の
 性格を持たせ、それに伴って国連自身を、世界連邦議会、政府、裁判所、警察
 等から成る世界的組織へと発展的に改変することである。そういう改変の過程
 における最も重要なポイントの一つは、各国が主権の一部を超国家的権威に委
 譲することである。・・・

★湯川秀樹「パクウォッシュ会議を目前にして」
 ・・・。そうこうするうちに、パグウォッシュ会議の開会も迫ってきたので、
 私も気が気でなく、まだ食欲不振、貧血、足腰が弱っている状態の中退院させ
 てもらって、転地療養することにした。そして、せめてパグウオッシュ・シン
 ポジウムの開会式であいさつできるまでにこぎつけたいと健康回復に努力して
 きた。・・・。
 
★「核廃絶、署名運動を−湯川博士夫妻が呼びかけ」
 http://russell.cool.ne.jp/YUKAWA80.HTM
 五年余の闘病生活から立ち直ったノーベル物理学賞受賞者の湯川秀樹さん(73)
 と夫人のスミさん(70)(=京都市左京区下鴨泉川町)は十九日、核兵器全廃を
 呼びかける署名運動に乗り出すことを明らかにした。レーガン次期米国大統領
 のタカ派的体質をめぐって気遣われている国際危機を、世論の盛り上がりで食
 い止めたい、としている。・・・。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4) (2)(3)以外のものからの引用(再編集しアップロード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★笠信太郎「知恵の構造(ラッセル生誕94年記念講演会要旨)」
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/RYU5-S01.HTM
 ●録音したもの: http://russell.cool.ne.jp/RYU-S.WMA ●
 
★吉田夏彦「議論について」
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/YOSIDA01.HTM
 ラッセルは多方面で活躍した人であるから、彼の愛読者の関心も、さまざまに
 わかれていると思う。晩年の彼のファンには、平和主義者が多かったことであ
 ろうが、たとえば軍国主義者でありながら、彼の哲学書を好んで読むというこ
 とも、十分可能である。・・・。
 
★ラッセル「プラス・ペンリンの家」
 http://russell.cool.ne.jp/beginner/P-PENRYN.HTM
 
★次回の読書会(「ラッセルを読む会」)ご案内
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/R2HOME.HTM

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5) 編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 メルマガの第26号をお届けします。
 
 今回も前回に引き続き、「ラッセル=シュバイツアー往復書簡」及び湯川
 秀樹関係のものを特集してみました。 (松下彰良)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良・まつしたあきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に :  matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://www.dgcr.com/regist/index.html
■WEBサイト: http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm
■電子掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs  ・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 149部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 149部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング