バートランド・ラッセルに関するメルマガ

バートランド・ラッセルに関するメール・マガジンn.13


カテゴリー: 2007年03月17日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■-■■■■■■■■■■
バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
 2007/03/17:n.0013 (2006/12/21 創刊) (毎週土曜or日曜日発行)
  ===============================
HP(main): http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm
Blog: http://green.ap.teacup.com/russellian/ (あるRussellianの呟き)
Google Blogger: http://russell-j.blogspot.com/  ・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ■ 目 次 ■

 (1) ラッセル格言・警句集(過去ログより)
 (2) ラッセル『教育論』より
 (3) 再掲:、東宮隆「ラッセルの史観」その他
 (4) 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセル格言・警句集(過去ログより)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[n.0042:誰にでも、興味を持てるものがあるはず]

 何がその人の興味・関心を起こさせるか、事前に推測することはできない
が、大部分の人は、何らかのものに強い興味を持つことができるし、いった
んそういう興味が呼び起こされれば、その人たちの人生は退屈から解放され
る。
★出典: http://russell.cool.ne.jp/beginner/HA22-040.HTM
(強い興味を持てるものを小さい時に見つけ一生を追求できる幸福な人も少
数いる。/年をとっても強い興味を持てるものをいっこうに発見できない人
もいる。/しかし、狭い自己の殻に閉じこもらずに、虚心に外界を観察すれ
ば、きっと、多くの人が、強い興味を持てるものを発見できるのではないだ
ろうか。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
It is quite impossible to guess in advance what will interest a man,
 but most men are capable of a keen interest in something or other,
  and when once such an interest has been aroused their life becomes
   free from tedium.
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[n.0041:人生を満たす興味]

 ありとあらゆる事柄に興味を持つには、人生は短かすぎる。しかし、人間
の一生(日々)を満たすに足るだけ多くのものに興味を持つことは、良いこ
とである。
★出典: http://russell.cool.ne.jp/beginner/HA22-010.HTM
(n.40の「人は、関心を寄せるものが多ければ多いほど、よりいっそう幸福に
なる機会が多くなり、また、ますます運命に左右されることが少なくなる。」
を別の言い方をしたもの)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Life is too short to be interested in everything, but it is good to
 be interested in as many things as are necessary to fill our days.
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[n.0040:多くのものに興味を持つこと]

 人は、関心を寄せるものが多ければ多いほど、よりいっそう幸福になる機会
が多くなり、また、ますます運命に左右されることが少なくなる。
★出典: http://russell.cool.ne.jp/beginner/HA22-010.HTM
(興味を持てる'もの'(物事)が少ないと、それら少数の'もの'に興味を持て
なくなると、その人は不幸になりやすい。/とはいっても、非常に多くの趣味
を持っていても、いずれも表面的な、浅い興味のものばかりであれば、何らか
の機会に一挙にそれらの多くのものに対する興味を失う危険がある。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
The more things a man is interested in, the more opportunities of 
happiness he has, and the less he is at the mercy of fate.
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセル『教育論』より(松下彰良 訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
・・・。 動物、機械、雷雨、あらゆる種類の手細工が子供の好奇心をかき立
てる。子供の知識に対する渇望(旺盛な知識欲)は、最も知的なおとなも顔
色なしにする。この衝動は、年をとるにつれて弱くなり、ついには、よく知
らないものは嫌悪感を抱かせるだけで、もっとよく知りたいという欲望はま
ったく抱かせなくなる。人々が、この国は滅びかけているとか、「世の中い
ろいろ、私の若い頃とは違ってしまっている」などと言い出すのは、この段
階である。遠い昔と同じでない(変わってしまった)のは、そのようなこと
を言い出す人の好奇心である。また、好奇心の死とともに、活発な知性も死
んでしまったと考えてよいだろう。
 → http://russell.cool.ne.jp/beginner/AB22-190.HTM

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) 再掲:、その他
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ・東宮隆「ラッセルの史観」
  → http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/TOMI-01.HTM
   学問の根本は分析的知性にあると考え、それをその適用できるかぎり
   適用すると共に、ひろく人生の事実と親しむことによって生じる市民
   的な常識と勘に主として頼りながら、人生の問題、社会の問題、歴史
   の問題を考えてゆく他ないと考え、この常識と勘の義成の場所として
   市民としての公的、私的活動があり、また歴史の学習があると考えた。
   人生、社会、歴史を科学的に扱うことについてのラッセルの控えめな
   態度が、結局において、これらの問題について、ラッセルを同時代の
   学者よりも少なく誤まつことを可能にさせたのである。
   
 ・小野修「ラッセルの歴史観」
  → http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/ONO4-01.HTM
   かつて、ウィル・デュラントはその大部な啓蒙書『哲学物語』のラッ
   セルを扱った章で「ラッセルには古典に対する嗜好がない」と書いた
   が、これは完全な誤りであって、デュラントがラッセルを充分に理解
   し得なかったことをあらわしている。ラッセルの歴史への関心は、
   「哲学と数学を除いて、何よりも歴史に私は興味を抱いた」という
   『我が精神の発展』(1944年)の中に見られる彼自身の言葉にもあらわ
   されている。
   
 ・家永三郎「「関特演」の違法性」
  → http://russell.cool.ne.jp/IENAGA-S.HTM
   いっそう重要なのは,たとい公権力による刑事裁判の実行が不可能で
   あったにしても,思想や学問の領域において,戦争犯罪ないし戦争を
   めぐる日本国家ならびに国家機関構成員の行為に対する法的評価を,
   厳密な論理と実証とに基づいて徹底的に遂行しようとする試みが全く
   企てられなかったところにあるのではあるまいか。15年戦争について
   の諸種の記録・体験談・歴史的研究・文芸作品・政治的または感情的
   論議の類は無数に公にされた。しかしその全体または個々の事実に対
   する学問的方法に基づいた法的評価は管見に属するかぎり皆無にちか
   いように思われる。たとい公権力による戦争裁判が実行されなくても、
   学問的次元においての法的責任の究明は可能であったしまた当然なさ
   れねばならないはずであったにもかかわらず,法律学界にも,歴史学
   界にも,哲学界にも、そのような問題意識さえ提起されることなしに
   今日にいたったのではなかろうか。私がラッセルの企図のニュースに
   接し、はげしい衝撃を受けたのは、それがまさに右のような日本の思
   想界・学界の盲点をつくものであったからである。ラッセルが世界の
   文化人を集めて米国大統領を「裁判」してみたところで,彼らに刑罰
   を加える方法のありえないことははじめから知れている。しかし思想
   ・学問の次元で考えるならば,そのような「裁判」でもそれを実行す
   ることにはきわめて重大な意義があるのである。ラッセルのように公
   権力をもたない人でさえ,やろうと思えば「裁判」を行なうこともで
   きるのである。まして学問の領域で法的責任の究明を行なうことくら
   いいつでも自由にできたのに,日本ではそれさえもなされなかった。
   私たち日本の思想家・学者の怠惰は免れがたいと思う
 
 ・東宮隆「ラッセルの『権力(論)』について
  → http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/TOMI3-01.HTM
 ・大門一樹「権力と経済原理:ラッセル著『権力』」
  → http://russell.cool.ne.jp/DAIMON.HTM
 
 ・日高一輝「(アメリカのラッセル協会)ケートを訪ねて」
  → http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/HIDA9.HTM
  
 ・谷川徹三「ラッセルとトインビー」
  → http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/TANI6.HTM
 ・日高一輝「ラッセルとトインビー」
  → http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/HIDA9.HTM
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4) 編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 メルマガの第13号をお届けします。
 今回は、「ラッセルと歴史」及びに「ラッセルの権力観」に関するエッセ
イを並べてみました。
                          (松下彰良)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良・まつしたあきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に :  matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://www.dgcr.com/regist/index.html
■WEBサイト: http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm
■電子掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs  ・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/21
部数 143部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/21
部数 143部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング