バートランド・ラッセルに関するメルマガ

編集後記  「長いものにまかれろ」と,トランプを持ち上げる人々


カテゴリー: 2017年01月21日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
  no.0517_2017/01/21 (2006/12/21 創刊/毎週土曜or日曜日発行)

バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 初心者向けページ: http://russell-j.com/beginner/
 R落穂拾い: http://russell-j.com/beginner/ochibo-2013.htm
 R落穂拾い(中級篇): http://russell-j.com/cool/br_inyo-2013.html
 R関係文献紹介: http://russell-j.com/cool/kankei-bunken_shokai2013.htm
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
               http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
 R英単語・熟語_総索引: http://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 Twitter : https://twitter.com/russellian2
★Rホームページ利用制限コンテンツ閲覧用パスワード: 1872Y0518
 ポータルサイト専用掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs
  Blog 1 (Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/  
  Blog 2 http://365d-24h.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[★投稿歓迎:ラッセルに関係するものであれば,ご意見,ご要望,エッセイ,
       ちょっとした情報提供等,何でもけっこうです。投稿は,
       matusitaster@gmail.com 宛,お願いします。
  ◆◆◆
 ◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
  ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
       いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
       ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックし
       たのがラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクで
       あれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
       収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラ
       ッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
     ■ 目 次 ■
          
(1)ラッセルの著書及び発言等からの引用
(2)ラッセルに関する記述や発言等
 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの著書や発言等から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366」
      n.0990~n.995 を発行しました。
   http://archive.mag2.com/0001626338/index.html

  以下,1つだけ再録します。

◆ n.0991 ラッセル『結婚論』第十九章 性と個人の福祉 n.3

 第十九章 性と個人の福祉 n.3

 幼年期と少年期(幼少年期)は,人生において,いたずらや腕白や禁じられた行為
をすることが自然で,自発的なものであり,行きすぎないかぎりは嘆くにあたらない
時期である。しかし,性的な禁止の違反は(違反をすると),大人は他の規則を破っ
た場合とはまったく違った扱いをするので,子供はこれ(性的な事柄)はまったく違
った種類(カテゴリー)に属するものだと感じるようになる。子供が食料貯蔵室(食
料棚)から果物を盗むと,あなたは怒って,子供をきつく叱るだろうが,道徳的恐怖
(心)はまったく感ずることはなく,また,何かぞっとするようなことが起こったとい
う感じを子供に伝えることはない。一方,あなたが旧式の考えの持ち主であり,子供
がマスターベーションをしているのを見つけるならば,あなたの声には他の場合には
子供が絶対に耳にしないような調子がこもるだろう。この調子は,卑屈な恐怖心を生
み出す。おそらく,子供は,あなたの非難を招いた行動をやめることができないので
,その恐怖(心)はますます大きくなる(のである)。子供はあなたの真剣さに印象
づけられて,マスターベーションはあなたの言うとおりに邪悪なものだと深く信じ込
む。それにもかかわらず,それをやめようとしない。こうして,おそらく一生涯続く
病的な傾向の基礎が築かれる。
 少年期のごく早い時期から,子供は自分のことを罪人(つみびと)だと考える。や
がて彼は,こっそり罪を犯すことを学び,誰も彼(自分)の罪を知らないということ
に中途半端な慰め(a half-hearted consolation)を見いだすようになる。彼は,と
ても不幸なので,似たような罪を彼ほどうまく隠しおおせなかった人々を罰すること
で,世間に復讐しようととする(注:自分は最新の注意を払ってわからないようにや
っているのにあいつは堂々とやっている。あいつを処罰すべきだ,といった感情)。
子供の頃に嘘をつくことに慣れたので,大人になっても平気で嘘をつくようになる。
こうして,彼は,病的に内向的な偽善者でありかつ迫害者になる。これは,両親が判
断を誤って子供を自分たちの考える道徳的な人間にしようと試みた結果である。

Chapter XIX: Sex and Individual Well-being, n.3

Childhood and youth form a period in life when pranks and naughtiness and 
performances of forbidden acts are natural, spontaneous, and not regrettable
 except when carried too far. But infraction of sex prohibitions is treated 
by grown-up people quite differently from any other breach of rules, and is
 therefore felt by the child to belong to a quite different category. If a 
child steals fruit from the larder you may be annoyed, you may rate the 
child soundly, but you feel no moral horror, and you do not convey to the 
child the sense that something appalling has occurred. If, on the other hand,
 you are an old-fashioned person and you find him masturbating, there will 
be a tone in your voice which he will never hear in any other connection. 
This tone produces an abject terror, all the greater since the child 
probably finds it impossible to abstain from the behaviour that has called
 forth your denunciation. The child, impressed by your earnestness, 
profoundly believes that masturbation is as wicked as you say it is. 
Nevertheless, he persists in it. Thus the foundations are laid for a 
morbidness which probably continues through life. From his earliest youth
 onward, he regards himself as a sinner. He soon learns to sin in secret, 
and to find a half-hearted consolation in the fact that no one knows of his
 sin. Being profoundly unhappy, he seeks to avenge himself on the world by 
punishing those who have been less successful than himself in concealing a
 similar guilt. Being accustomed to deceit as a child, he finds no 
difficulty in practising it in later life. Thus he becomes a morbidly 
introverted hypocrite and persecutor as a result of his parents' ill-judged
 attempt to make him what they consider virtuous.


■「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」
      n.0945~0950号 を発行しました
   http://archive.mag2.com/0001623960/index.html

  以下,1つだけ再録します。

◆ R英単語・熟語 n.0947

★ abound (v) [豊富にある,大量にある;たくさんいる]

* スペルに注意(形容詞「豊富な」の場合は abandant)
   http://russell-j.com/beginner/reitan-a099.htm

<用例>
We had to furnish our house which we did from the very excellent second-hand
 furniture shops which abounded in Peking.
[私たちは家具の手配をしなければらならなかったが,家具類は,北京にたくさんあ
ったとても優れた中古家具店から調達した。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第3章「中国」]
     http://russell-j.com/beginner/AB23-050.HTM

<参考1>
Questions abound as to the reasons for the Prime Minister's decision.
[首相の決断の理由に関しては疑問がたくさんある。
 出典:『新版完全征服データベース5500 合格 英単語・熟語』p.117]

<参考2>
Natural resources abound in Australis. = Australia abounds in [with] natural
 resources.
[オーストラリアには天然資源が豊富にある。
 出典:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』p.287]

<参考3>
Stories about his travels abound.
[ 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary,8th ed.]


★「ラッセルの言葉(Word Press 版)v.2」 n.670~676

1)n.670 広大な風景に接することで幸福を感じるラッセル
         http://russell-j.com/wp/?p=2185

2)n.671 孤独だったラッセルが自分の子どもを持つことになり感じた幸福感
         http://russell-j.com/wp/?p=2190

3)n.672 若い時に満たされなかった欲求の穴埋めのために・・・
         http://russell-j.com/wp/?p=2193

4)n.673 人の振り見て我が振り直せ One man's fault is another's lesson
         http://russell-j.com/wp/?p=2196

5)n.674 「ウィン、ウィンの関係?」-犠牲者はいないかのごとく・・・
         http://russell-j.com/wp/?p=2199

 それゆえ,人びとが生存競争という言葉で意味しているものは,実際は,成功のため
の競争にほかならない。この競争に参加しているとき,人びとが恐れているのは,明日
の朝食にありつけないのではないか,ということではなくて,隣人に勝る(勝つ)ことが
できないのではないか,ということ(恐れ)である。

What people mean, therefore, by the struggle for life is really the struggle
 for success. What people fear when they engage in the struggle is not that
 they will fail to get their breakfast next morning, but that they will fail
 to outshine their neighbours.
出典:ラッセル『幸福論』第3章「競争」
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA13-010.HTM

<寸言>
3-Outcome-of-Conflict 勝者がいれば敗者も必ず多数でてきます。よく「ウィン・
ウィンの関係」を築くことの重要性を強調する人が少なくないですが,過当競争によ
って,多数の犠牲者や敗者が出ることに目をつぶっていることに対する「煙幕」や」
免罪符」にもなっています。「勝ち組」とか「負け組」とかいう言葉を無神経な人が
少なくないのも残念です。

ラッセルのこの文章の少し前に,こう書かれています。

「さて,ビジネスマンが”生存競争”と言うとき,彼が言おうとしているのは,そうい
うことではない。”生存競争“というのは,本質的に些細な事柄をもったいつけるた
めに見つけた不正確な言いまわしである。」

6)n.675 金から得たいものは,他人に対する優越感ではな,く安心して楽しめる余暇
         http://russell-j.com/wp/?p=2204

7)n.676 繊細な感受性は「競争におけるハンディキャップ?」
         http://russell-j.com/wp/?p=2209


★「ラッセルの言葉_画像版」

 日本語 version : n.0076j-0082j を投稿
 英 語 version : n.0076e-0082e を投稿

 1つだけご紹介
 http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j0076.html

 家畜は、いつも餌をくれる人の姿を見ると、餌を期待する。こういった斉一性(一
様性)に対するいささか粗雑な期待はすべて、まちがいやすいものだということをわ
れわれは知っている。雛に生まれてからずっと毎日餌をやってきた人間も、最後には
餌をやらずにその首をひねてしまう。このことは、自然の斉一性に関してもっと洗練
された見解をもっていた方が雛にとって役にたっただろうということを示している。
Domestic animals expect food when they see the person who feeds them. We
 know that all these rather crude expectations of uniformity are liable to 
be misleading. The man who has fed the chicken every day throughout its life
 at last wrings its neck instead, showing that more refined views as to the
 uniformity of nature would have been useful to the chicken.
 出典:The Problems of Philosophy, 1912, cahpt. 6: On Induction
 詳細情報:http://russell-j.com/07-POP06.HTM

 <寸言>
 ラッセルのこの「雛がある日突然首を捻られる」話はよく引用されるものです。実
験科学(応用科学)は、結局この機能的推論によっており、1,000回予想通りだった
としても、1,001回目も同じとは限らない、という宿命的な限界を持っています。こ
ういった分野においては、確率が重要となります。「哲学の問題は確率の問題だ」と
まで言う哲学者もいます。人間(人類)は、大きな目で見れば、家畜が置かれた立場
とそう異なるわけではない、とも言えそうです。 地球や人類は(太陽がダメになる
までの)あと数十億年は大丈夫か、それともそれは「幻想」にすぎないか? 、人類
の運命やいかに!? 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセルに関する記述や発言等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★インターネット情報源
1)(Blog 俺にはブルーズを歌う権利なんかない) 「恋するために生まれてきたの
 ~B・ラッセルを読み終わり、関係ないがCCガールズなど思い出している冬の日」
   http://russiansf.hatenablog.com/entry/2017/01/13/211540

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記  「長いものにまかれろ」と,トランプを持ち上げる人々
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 トランプを選挙で選んだ米国においても、支持する人よりも支持しない人のほうが
多い。それでも、どこの国においても「長いものにまかれろ(気に食わなくても、敵
にまわることなく、ご機嫌を取って甘い汁を吸いたい)」という人たちが世界中にい
る。日本でも、-日本は特に?- そういった人たちがいる。政治の世界においては
特に多いようである。

 もちろん、政治の実際においてはどのような相手であっても,影響力の大きな指導
者とうまくやっていくことは重要なことであろうが、追従的な外交や交渉を続ければ
「悪の温存のための担ぎ手」になってしまう恐れもある。政治家の中には、強権的・
独裁的な政治家相手のほうが、その人さえ手なづければ自分の欲求を実現し易いとい
うことでそういった政治家の登場を喜ぶ人さえも少なからず存在している。

 トランプの Twitter の使い方(ツイットによって脅かして,非難する相手に自主
的に従わせる手法)に対しては批判が少なくないが、ここで注意が必要。
 すなわち、iphone からツイートされる穏やかなものはトランプ自身のものではな
く、あくまでもアンドロイド端末からツイートされる過激なもののみがトランプのも
のということらしい、ということは要注意。だから穏やかな投稿をみてトランプにも
まともなところがあるとあまり期待しないほうがよいらしい。
 大統領になれば、Android 携帯からの投稿はセキュリティ上危険(アカウントが
乗っ取られる危険あり)なことから,オバマ大統領が使い始めた Twitter の公式ア
カウントを使うことになるかも知れない。しかし、当初は穏やかにしていても、いず
れはまた、悪態を頻繁につき始めるだろうと予想される。(松下彰良)

=====================================

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B012IYHZRG/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B012IYHZRG&linkCode=as2&tag=russellj-22">松下彰良(訳・編)『ラッセルの言葉366』</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=as2&o=9&a=B012IYHZRG" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com

■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━,━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/01/21
部数 151部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、好きなことを仕事にする「お金の心理学」
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

司法書士くりりんの事件簿
現役司法書士による法情報や出版した電子書籍に関する情報提供です。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング