偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

語り継がれる伝説の論語講義。


カテゴリー: 2018年04月11日


2018.04.11 偉人メルマガ
━━━━━━━━━━━


安岡正篤師の高弟として、
また、論語普及会学監として、
100歳を超えてなお登壇し、
現役経営者を中心に古典講義を行った
伊與田覺先生。

その伊與田先生が90歳の時に行った
伝説の論語講義が収録されたのが、
『「人に長たる者」の人間学』です。

弊社社長の藤尾も、
「人生の伴侶となる本」とすすめる一冊。

2007年に配信された「社長メルマガ」の文章に、
本書の魅力と、伊與田先生の言葉が紹介されています。

皆様にもぜひご一読いただきたい一冊です。


…………………………………………………

「四学」と「長たる者の人間学」

『致知』編集長 藤尾秀昭

…………………………………………………


学問には4つの段階があるといいます。

「蔵学」(ぞうがく)
「修学」(しゅうがく)
「息学」(そくがく)
「遊学」(ゆうがく)

「蔵学」――というのは、ひたすら、取り入れ、蓄積する段階です。
「修学」――も同じような意味ですが、
「修」には背中を流して美しくするという意味がありますから、
蔵した学びを整理し直すという意味があるようです。

その2つの段階を過ぎると、
学ぶことが呼吸をするのと同じように自然なものとなり(息学)、
そして、さらには学びが自己と一体となる。「遊学」です。

「遊」というのは、自在の境地ということでしょう。
ちなみに、「遊」は楽よりも上の境地です。
「楽」はまだ相対の世界です。
苦があって楽がある。
しかし、「遊」は相対するものがない、絶対の世界です。

若い頃、この言葉を知り、願わくば
そこの境地に達してみたいものだと思いましたが、
この人の学問はまさに息学・遊学の段階に
達しているのではないかと、刮目させられた人がいます。

伊與田覺先生です。

伊與田先生は当年92歳。
7歳の時から論語の素読を始めたといいます。

お母さんがなくなり、あまり悲しむので、
叔父さんが論語の素読を教えたところ、
それに夢中になったというのです。
天与の才というべきでしょう。

青年期には碩学安岡正篤先生に出会い、
以後安岡先生が亡くなられるまで、約半世紀、
安岡先生に深く師事してこられた方です。

その伊與田先生に昨年は「大学」を今年は「孝経」を
それぞれ毎月1回、6ヶ月にわたって講義をしてもらいましたが、
3時間休憩もなく、粛々はなされるその講義に
全国各地から集まってこられた中小企業の経営者の皆さんが
まんじりともせず、熱心に耳を傾けている様は
まさに圧巻でした。

真の活学は人の相をかえ、運命を変える。

90歳を超えた伊與田先生が背すじをビシッと伸ばし、
いかにも楽しげに古典の教えを講義されている姿をみるたびに、
私はその思いを深くします。

古典を知識としてではなく、自己修練の糧として、
八十余年、学び続けてこられたからこそ、
先生の話は、これまで古典などにあまり関心のなかった
人たちの心をも、深く魅するものがあるのだと思います。

伊與田先生の学がいかに深く体に溶け込んでおられるか。
それは先生の一年間に及ぶ論語講義をまとめた
『人に長たる者の人間学』(致知出版社刊)
に明らかです。
この本を読むと、古典のおもしろさがわかります。
古典が好きになります。
少々高価な本ですが、人生の伴侶となる本です。
皆さんにもぜひ一読をおすすめします。

その伊與田先生が言われます。

「自己自身を修めるには、あまり効果を期待せず、
静々と人知れずやられるといい。
それをずっと続けていくと、風格というものができてくる」

92歳の先生の言葉だけに心に響きます。

静々と学び続け、息・遊学の域に達したいものです。


━━━━━━━━━━━━━━

永久保存版

『「人に長たる者」の人間学』

伊與田覺・著
 
本体=9,800円+税 

語り継がれる伝説の『論語』講義 
http://online.chichi.co.jp/category/BOOK/742.html

━━━━━━━━━━━━━━

■目次

第一講  成人と人間学―物をつくる前に人をつくる
第二講  小人の学―『小学』を読む
第三講  大人の学―『大学』を読む
第四講  人間の天命―五十にして天命を知る
第五講  人間の真価―君子固より窮す
第六講  恥と日本人―己を行うに恥あり
第七講  弘毅と重遠―士は以て弘毅ならざるべからず
第八講  君子とは何か―君子はその能無きを病う
第九講  道理のままに生きる―死生命あり、富貴天にあり
第十講  中庸の道を往く―中和を致して、天地位し、万物育す
第十一講 孤独と不安―人知らずして慍みず、亦君子ならずや
第十二講 『論語』と現代―『論語』を活かして生きる


──────────────────

「偉人たちの一日一言」

~致知出版社が贈る人生を養う言葉~
発行:致知出版社 書籍編集部

──────────────────
致知出版社 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-24-9
電話 03-3796-2111 FAX 03-3796-2107


 

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング