FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント

【FP栗本のメルマガ】ビットコイン急騰劇の背景


カテゴリー: 2017年12月11日
]□■────────────────────────────────
■  FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント(2017.12.11 第375号)
http://fpoasis.jp/                 
────────────────────────────────□■

------------------------------------------------------
▼講演のご依頼はこちらから
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 
------------------------------------------------------


みなさん、こんにちは。
エフピーオアシスの栗本です。



2017年も残すところ20日となりました。


12月末は所得税の計算期間の区切りでもあるため、
ふるさと納税を検討中の方もいらっしゃるかもしれません。


平成20(2008)年度の税制改正で導入されたふるさと納税は、
当初81.4億円だった受け入れ額が、
平成28(2016)年には2,844.1億円にまで増加し、
制度としてかなり浸透してきたように思えます。


一方で、「ふるさとチョイス」のサイトを運営する
トラストバンクさんの調査によりますと、
「制度を知っているが利用したことが無い」
という人が全体の77%を占めるそうです。


ふるさと納税に関しては、
本来の寄付という気持ちではなく、
返礼品目当ての利用が多いという点において、
賛否両論があるようですが、

普段は意識していない、
ご自身の税金について考える良い機会でもあります。


気になっているけど利用したことが無い方は、
制度について学んでみるものいいかもしれません。



***




今週号からお読みくださっている皆様、
ご登録頂きましてありがとうございます!

お時間があるときにバックナンバーにも目を通してみてください。

▼バックナンバーはこちらから
 http://archives.mag2.com/0000216963/



------------------------------------------------------
■ セミナーのご案内
------------------------------------------------------


こちらでは、私共が講師を務めたり開催に関係している中で、
どなたでもご参加いただけるセミナー情報をお伝えしています。


また、私が所属している生活経済研究所長野が主宰する、
家計の見直しセミナーのご案内も行っています。




■11月26日、武蔵小杉にて公開収録した映像をの配信スタート


11月26日に開催した、
家計の見直しセミナー公開収録と、
栗本FPスクールのガイダンス、
そして、FPI-J.TV発表会の様子を収録した映像を、
家計の見直しセミナーWEBサイトで公開しています。



1.セミナー「介護と仕事の両立対策」
(1ch・受講料¥8,640・年間パスポート会員は無料)

2.栗本FPスクール 講師・養成コース 講座案内(2ch・無料)

3.FPI-J.TV 発表会(1ch・無料)



是非、ご覧ください。


▼「家計の見直しセミナー」WEBサイトはこちら
 https://fpi-j.tv




家計の見直しセミナーは、
生活経済研究所長野が提供するWEBセミナーです。


1テーマは2時間~2時間半。
テキストはその場でPDFデータをダウンロードできます。


実際に受講された方の90.9%が「とても満足」と回答され、
まあまあ満足と合わせると、98.2%の受講者にご満足いただいてる、
業界内でも注目のコンテンツです。


現在「確定拠出年金導入セミナー」を
丸ごと1本、無料視聴していただけます。


WEBサイトにアクセスしてご自身の目でお確かめください。


▼家計の見直しセミナー
 https://fpi-j.tv




--------------------




さて、今回は3つの話題をお伝えいたします。


1.ビットコイン急騰劇の背景
2.最近の相場の動き
3.栗本FPスクールのお知らせ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.ビットコイン急騰劇の背景
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビットコインを代表とする仮想通貨については、
過去2度ほどメルマガで取り上げています。


▼2016年7月11日:メルマガ324号
 http://archives.mag2.com/0000216963/20160711190554000.html


▼2017年7月21日:メルマガ361号
 http://archives.mag2.com/0000216963/20170721170040000.html


ここにきて、ビットコインの価格が急騰し、
ネット上で大きな話題になっていましたので、
改めて今の状況を整理してみましょう。



■そもそも仮想通貨とは?


私たちが普段使っている「円」や「ドル」などの現実の通貨は、
その国の中央銀行が発行、管理していることで価値が守られています。


それに対して仮想通貨は、
中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず、

ブロックチェーンと呼ばれる取引の記録によって
その信憑性が担保されています。


技術的な話はさておき、
この仮想通貨は、現実の通貨と交換できるため、
財産としての価値があります。


最も規模(=時価総額)が大きく、
仮想通貨の代表格ともいえる
「ビットコイン(以下、BTC)」を例にとると、


12月10日13時時点の取引価格は、
1BTC=約150万円となっています。


2017年当初の取引価格は「1BTC=約10万円」でしたから、
1年弱の間に、15倍にも価値が増えたことになります。


ちなみに12月7日には、
1BTC=240万円の価格を付けたタイミングがありました。


ちなみに、こうした「通貨同士の取引」だけでなく、
BTCでの支払いを受け付けているネット上や現実の店舗で、
物品やサービスの決済手段としても使えます。


早い段階から試験導入されていた家電量販店のビックカメラでは、
1会計につき利用できるBTCの最大額を、
10万円相当額から30万円相当額に引き上げています。


これまで曖昧だった法的な位置づけも、
2017年4月1日施行の「改正資金決済法」によって、
支払手段の一つとしてきちんと認められるに至ってます。




■2017年のビットコインの値動き


さて、BTCを例にとり、
今年1年間で15倍にも価値が上昇したとお伝えしましたが、
各月ごとの価格を確認すると、
直近の異常な値動きがよくわかります。


まずは3ヶ月ごとの月末の価格です。

3月末:約12万円
6月末:約28万円
9月末:約48万円


ここからは1ヶ月ごとの動きです。
これでも十分に異常な動きのように思いますが、
ここから上昇に勢いがつき始めます。


10月末:約72万円
11月末:約117万円


そして、12月に入ってからの日々の動きです。


12月5日:約130万円
12月6日:約156万円
12月7日:約222万円
12月8日:約189万円
12月9日:約175万円
12月10日:約156万円


いかがでしょうか。

1年弱で15倍と言いましたが、
実際には10月以降に急上昇していることがわかります。


しかも、12月7日は瞬間的に240万円まで上昇し、
その後わずか3日間で約35%も下落しているのです。


この急激な動きによって、
一瞬にして大きな利益を手に入れた方もいれば、
あっという間に資金を失った方もいるようです。


こうした値動きには、
いったいどのような背景があったのでしょう?



■ビットコイン急騰の背景


BTCに限りませんが、
実際の価値がわからないモノの価格が上がるのは、
「まだまだ価値が上がる」という人の存在です。


今回のBTC急騰の裏にあったのは、

1.投機手段として注目度が高まった
2.先物取引が始まることで、大手の資金流入が見込まれる
3.以前にあった「分裂」が今後も予想されている

という3点が大きな要素のようです。


まず「1」については、理屈ではありません。

単に「値上がりしそうだから買う」という投機家が
取引に大量に参入してきたことで値上がりした形です。

もちろん、BTCが今後決済手段として広がるといった、
実需に対する期待があることは事実ですが、
それだけにしてはあまりにも急激に上昇しすぎています。


また「2」について、
いよいよビットコイン先物取引が始まります。


米シカゴ・オプション取引所(CBOE)を運営する
CBOEグローバルマーケッツの先物取引所が
12月10日にビットコイン先物を上場するのに続き、
18日には、先物取引所大手CMEグループでも取引が始まります。

さらに、来年の前半には米ナスダック市場も
参入を予定しているようです。


ビットコインの先物が上場となれば、
ビットコイン価格の下落リスクをヘッジすることが可能になります。

これによって、ビットコイン投資はより魅力的なものになりますし、
大手の取引所が介在することで、
機関投資家のように大量に資金を動かす投資家が参入しやすくなります。


そして「3」の分裂。

これは仮想通貨に特有の要因かもしれません。

8月1日にビットコインが、
ビットコインとビットコインキャッシュに分裂した際、

分裂した時点でビットコインを保有していた人は、
ビットコインと同量のビットコインキャッシュを付与されました。

従来のポイントで「1,000ポイント」持っていた会員に、
新たなポイントとして「1,000ポイント」が付与されるわけですから、

「それまでにポイントをゲットしておこう!」
と考える人が増えるのは当然、という感じでしょうか。


今後も、ビットコインの分裂が予定されているため、
分裂後に新通貨が付与されることを狙っての買いが入っているということです。



実際のところ、分裂した際の対応が、
どのように取られるのかはわかりません。

現に、11月に分裂した「ビットコインゴールド」に関しては、
現時点でもまだコインの付与が無いケースが出ているようです。


なお、急に注目度が高まって取引が急増したこともあり、
取引所が対応しきれず、決済に時間がかかったり、
手数料が大きくなったりというケースも発生しています。


現在の仮想通貨全体の時価総額は3,905.8億ドル(約43.7兆円)。


その中で時価総額が一番多いのがBTCです。
なお、上位5通貨の時価総額は次のとおりです。


1.ビットコイン:約2,374憶ドル(約27兆円)
2.イーサリアム:約437.6億ドル(約4.9兆円)
3.ビットコインキャッシュ:約223.2億ドル(約2.5兆円)
4.イオタ(アイオータ):約117億ドル(1.3兆円)
5.リップル:92.9億ドル(約1兆円)


1位のビットコインの時価総額は、
5月時点で約300億ドル(約3.4兆円)でしたから、
わずか7ヶ月で8倍ほどに増えています。

しかも、3位のビットコインキャッシュは、
ビットコインから分裂した通貨なので、
その成長ぶりに驚くばかりです。


先物取引が始まる今後の相場の動きを、
しっかり見ておきたいものです。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.最近の相場の動き
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


11月30日⇒12月8日の主な相場指標の動きです。


●株価

日経平均株価:22,724円96銭 ⇒ 22,811円08銭
TOPIX:1,792.08 ⇒ 1,803.73
NYダウ:24,272.35ドル ⇒ 24,329.16ドル
上海総合指数:3,317.57 ⇒ 3,290.16




●為替

米ドル円:112円53銭 ⇒ 113円07銭
ユーロ円:133円94銭 ⇒ 133円12銭
ポンド円:152円20銭 ⇒ 152円33銭
豪ドル円: 85円12銭 ⇒  84円91銭



●その他

原油(NY):57.59ドル ⇒ 57.34ドル
金(NY):1,279.0ドル ⇒ 1,245.9ドル

長期金利:0.035% ⇒ 0.045%

VIX指数:11.28 ⇒ 9.58
Bitcoin:1,099,588円 ⇒ 1,905,569円



***



株式市場は、12月4日から6日にかけて三日連続下落するなど、
少し不安定な動きになりましたが、
その後は再び買い優勢の状況になっています。


ただ、北朝鮮を巡る問題や、
イスラエルの首都に関するトランプ大統領の発言など、
地政学リスクを意識せざるを得ないニュースが相次ぎ、
こちらも不安定な要素が目につきます。


また、ビットコインを中心とした仮想通貨については、
今回のコラムで触れている通り、
12月に入ってから異常なほど盛り上がっています。


そんなわけで、
今回から、相場指標の中にビットコインを含めました。


原則として、国内最大の取引所である、
bitFlyerさんが公表されている数値のうち、
日本時間22時時点の価格を掲載する予定です。



ちなみに、相場が加熱した時に
暴落を恐れる投資家の心理を表す指標として、
「VIX指数」があります。



VIX指数とは、
「ボラティリティ・インデックス(Volatility Index)」の略称。

アメリカのCBOE(シカゴ・オプション取引所)が、
アメリカの主要株価指数「S&P500」を対象とする
オプション取引の値動きを元に算出・公表しています。


このVIX指数、投資家の恐怖心理を示す指標として有名です。

VIX指数の数値が高くなるほど、
投資家が相場の先行きに不安を感じていると見られるため、
「恐怖指数」とも呼ばれているものです。


通常、VIX指数の数値は10P~20Pの間で動いており、
20を超えてくると、不安が高まっていることを示します。
(リーマンショック後は24Pが基準ともいわれている)

ちなみに、
2008年のリーマンショック時には最高で89.53Pをつけました。


今回から、こちらの指数も毎回掲載しますので、
推移を見ながら、マーケット参加者の心理状況をご想像ください。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.栗本FPスクールのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



2018年1月7日(日)から
「講師・養成コース」がスタートします。


▼栗本FPスクール「講師・養成コース」
 http://fp-school.jp/course-guide/koushi/


こちらのコースでは、

「FPのプロ講師として必要な講演スキルとともに、
 講師として稼ぐ力を身に付け、安定した収入を得ること」
を第一の目的にしています。


そのための目玉となるのが
「パーソナルトレーナー」制度。


こちらのコースでは、
受講生一人一人をパーソナルトレーナーとして受け持ち、
卒業までの2ヶ月間をサポートいたします。


「講座を受ければ稼げる講師になる」
のではなく、

「稼げる講師になるように徹底的に指導する」
のが、こちらの講師養成コース。



11月26日に実施したガイダンスの様子は、
栗本FPスクールのサイトでご覧いただけます。


当日配布した資料もダウンロード可能となってますので、
是非一度ご覧ください。


▼栗本FPスクール 講師・養成コース
 http://fp-school.jp/course-guide/koushi/
 


▼栗本FPスクール
 http://fp-school.jp/



------------------------------------------------------
■編集後記
------------------------------------------------------


今回は、ビットコイン(BTC)を中心とした
仮想通貨を取り上げました。



ビットコインについて、
初めて学んだのは2014年のことでした。


当時は、違法サイトでの取引の話題や、
ビットコインの交換所である
「マウントゴックス」の破たんのニュースなど、
ネガティブな話題が多かった印象です。


それから3年で、市場は大きく変わりました。

2017年は「仮想通貨元年」として、
歴史に残る1年になるのかもしれませんね。


先物の上場後は、
ビットコインETFの誕生も現実味を帯びてきます。


この週末の二日間だけでも、
高値約190万円から安値約149万円まで、
40万円近くの値動きがあるビットコインは、
まだまだ「得体のしれないモノ」扱いかもしれません。


それでも、
世の中の経済に確実に影響を及ぼす存在になっている以上、
ちゃんと目を開けて見ておくべきなのでしょう。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の配信は2017年12月21日を予定しています。



日々の活動は、下記のブログやツイッター、
Facebookでもご覧いただけます。

コメントやお友達申請は、お気軽にどうぞ!

お友達申請の際には、
ひと言でもメッセージを頂けると嬉しいです。


(株)エフピーオアシスのFacebookページにおいても、
活動の様子などをお伝えしています。

 https://www.facebook.com/fpoasis.jp/



▼ FP栗本の幸せ日記
 http://blog.livedoor.jp/kurisuke701/


▼株式会社エフピーオアシス
 http://fpoasis.jp/


------------------------------------------------------
▼講演のご依頼はこちら
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 
------------------------------------------------------


▼解除/バックナンバーはこちら
 http://archive.mag2.com/0000216963/index.html


====================================================
本メールの内容の複製・転載、および本メールの転送を禁じます。
著作権は株式会社エフピーオアシスに帰属します。
●発行者:株式会社エフピーオアシス
●執筆者:栗本大介
日本FP協会認定CFP、1級FP技能士
==================================================== 

FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/12/11
部数 1,606部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/12/11
部数 1,606部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング