平和構築フォーラム・ニュースレター

■ 平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2013/09/ 第65号 □


カテゴリー: 2013年09月05日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2013/09/ 第65号 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いま、平和構築が国際社会の重点的なアジェンダとして大きな注目を集
めています。平和構築にかかわる政策や活動の立案・実施・研究の立場
を横断し、(1)情報や知見の共有(2)政策や活動に向けた新アイ
ディアの検討(3)人材育成などに資する情報交換やネットワーキング
の場として2006年5月に「平和構築フォーラム」がスタートしました。
このニュースレターでは、平和構築関連の最新情報をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ 目次 ☆
【1】平和構築関連の今後のイベント
●難民支援協会「難民に関するシンポジウム:アジア太平洋地域における難民保護の枠組みの構築に向けてアジアにおける難民と強制移動-」(9/9東京)
●国連大学「国際機関は本当に『法の支配』を前進させるか」(9/10東京)
●東京財団「再生可能エネルギー、福島の取り組みと持続可能な普及に向けて」(9/12東京)  
●平和構築研究会「平和構築研究会:第5回セミナー」(9/14 東京)
●日本国際ボランティアセンター「激動する中東情勢・パレスチナはどうなっていくのか」(9/15~16東京)
●国連開発計画:UNDP「ソーシャルグッド・サミット2013東京ミートアップ (Meet-up): テクノロジーと新しいメディアで創る 『2030年のよりよい世界』」(9/24 東京)
●平和・安全保障研究所:RIPS「第11回公開セミナーODA・中国評価・緊急の尖閣―日本の安全保障に見る3つの課題」
●UNHCR「第8回UNHCR難民映画祭」(9/28~10/6 東京)

【2】平和構築関連の最近のイベント報告
●UNHCR「2013年UNHCR『難民の日』シンポジウム -信仰が支える難民保護-」(6/20 東京)
●アムネスティ・インターナショナル日本「世界のマイノリティ 『クルドの子どもたち』」(6/29 東京)
●国連大学:UNU-ISP「2013年 国連大学公開講座:国際協力と開発」(7/4~東京)
●明治学院大学:PRIME「第6回『移民の参加と排除に関する日仏研究会』」(7/7 東京)
●大阪大学:OSIPP「新オランダ学講座 Gateway to Europe 特別講義『アラブの春と移行期正義~リビアとチュニジアにおける正義をめぐる綱引き』」(7/11 大阪)
●アムネスティ・インターナショナル日本「2013 世界難民の日・関西集会」(7/14 大阪)
●ジャパン・プラットフォーム「アフガニスタンの今~日本のNGOの役割とは」(8/29 東京)

【3】平和構築関連の情報・資料
●IDE-JETRO:アジア経済研究所『アフリカレポートNo.51, 2013』(6/6~8/9 掲載分)
●国連職員NOW「第149回 関根一貴さん(国連児童基金 パキスタン事務所・HIV担当官)」(6/28 掲載)
●国連職員NOW「第150回 弓削昭子さん(国連開発計画(UNDP)駐日代表・総裁特別顧問)」(8/17 掲載)
●外務省「国際平和協力法に基づく我が国の『国際平和協力業務』の実績」(7月掲載)
●日本国際問題研究所「旭英昭『平和構築論を再構築する:日本の視点からの一考察』 」(8/21 掲載)
●国連開発計画:UNDP『2012-2013 年次報告書』 (8/23 掲載)
http://www.undp.or.jp/publications/pdf/AR201308.pdf

【4】一押し文献紹介
●福武慎太郎・堀場明子(編集)『現場〈フィールド〉からの平和構築論』勁草書房、2013年9月(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】	平和構築関連の今後のイベント
●難民支援協会「難民に関するシンポジウム:アジア太平洋地域における難民保護の枠組みの構築に向けてアジアにおける難民と強制移動-」
【日時】 2013年9月9日(月)15:00~19:00(受付14:30~)
【場所】 日本財団ビル 2階 大会議室A・B
【パネリスト】第一部:「難民保護における多様なステークホルダーの協働」
市川 正司氏(日本弁護士連合会 弁護士)
大森 邦子氏(特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ) 代表理事)
Nicholas Oakeshott氏(UNHCR地域事務所 保護官(無国籍担当))
Gopal Krishna Siwakoti博士 (INHURED International代表、Asia Pacific Refugee Rights Network (APRRN) 議長)
第二部:難民の声「私たちぬきで難民問題を語らないで」
※ミャンマー出身の難民の方をはじめ、アジア太平洋地域にて難民保護活動に携わっている3名の難民の方々
モデレーター:Brian Barbour(認定NPO法人難民支援協会 渉外部部長)
第三部:「アジア太平洋における強制移動と保護」
東南アジア:Veerawit Tianchainan氏(Thai Committee for Refugees 創始者・事務局長)
南アジア:Priyanca Mathur Velath博士(St. Joseph's College 准教授)
オーストラリア・太平洋地域:Kafeba Alvis Pergoleze Mundele氏(New Zealand National Refugee Network 議長)
東アジア:石井 宏明氏(認定NPO法人難民支援協会 常任理事)
モデレーター:Tamara Domicelj氏(Act for Peace、地域的難民保護アドバイザー、APRRN副議長)
【言語】 同時通訳(日・英)あり
【参加】 無料 ※要事前申し込み
【共催】 Asia Pacific Refugee Rights Network (APRRN)、公益財団法人 笹川平和財団、認定NPO法人難民支援協会
【後援】 UNHCR駐日事務所、東京大学難民移民ドキュメンテーションセンター (CDR)、特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ)
【関連URL】 
http://www.refugee.or.jp/event/2013/09/09-0000.shtml

●国連大学「国際機関は本当に『法の支配』を前進させるか」
【日時】 2013年9月10日(火)18:30~19:30
【場所】 国連大学本部 レセプション・ホール(2階)
【講演】 ホセ・エンリケ・アルバレス氏(ニューヨーク大学ロースクール国際法教授)
モデレーター:デイビッド・マローン博士(国連大学学長)
【言語】 英語 ※要事前申し込み
【関連URL】
http://jp.unu.edu/events/upcoming/international-organizations-and-rule-of-law.html#overview

●東京財団「再生可能エネルギー、福島の取り組みと持続可能な普及に向けて」
【日時】 2013年9月12日(木)18:00~20:00
【会場】 日本財団ビル 2階会議室(港区赤坂1-2-2)
【スピーカー】 (50音順、敬称略)
アナ・リバス・クエンカ(ANA RIVAS Cuenca)
   (スペイン送電会社・レッドエレクトリカ(REE)社 シニアエンジニア)
 佐々木秀三(福島県企画調整部エネルギー課 課長)
 佐藤彌右衛門(会津自然エネルギー機構理事、大和川酒造店代表社員)
 平沼光(東京財団研究員兼政策プロデューサー)※モデレーター
【言語】 日西同時通訳付
【参加】無料 ※要事前申し込み
【共 催】東京財団・福島県
【後 援】スペイン大使館 経済商務部
【関連URL】
http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=206

●平和構築研究会「平和構築研究会:第5回セミナー」
【日時】 2013年9月14日(土)15:00~17:30
【会場】 法政大学市ヶ谷キャンパス大学院棟2階 202教室
【報告】 東澤 靖氏(明治学院大学法科大学院の教授)
「法の支配の国内と国際レベルにおける相互依存性とその限界」
横田 洋三氏(日本国際連合学会理事長)
「尖閣諸島の領有問題と法の支配:国内法と国際法の相互関連性」
【主催】 平和構築研究会
【言語】 日本語
【申込】 氏名(漢字・ローマ字)、所属、連絡先(TEL, E-mail)、懇親会の出欠を明記の上、9月10日(火)までに渉外担当:浅野(masumi.mgbr.asano@gmail.com)迄。
【備考】 セミナー後の懇親会は自由参加。
※予算(実費)は1人あたり1000~2000円前後です。定員に達し次第、受付を締め切る場合があることをご了承下さい。
【関連URL】
http://www.shasegawa.com/archives/category/pbsg (Hasegawa Global Seminar)
https://www.facebook.com/pages/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E6%A7%8B%E7%AF%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/124430291076792 (Facebook公式)

●日本国際ボランティアセンター:JVC「オスロ合意20周年記念・映画とシンポジウムの集い:激動する中東情勢・パレスチナはどうなっていくのか」
【日時】 9月15日(日) 11:30~19:40
9月16日(月・祝日) 11:00~18:15
【場所】 明治大学(駿河台キャンパス) リバティタワー6F(1063号教室)
【プログラム】第一部:激動する中東諸国の現状
<映画上映>「沈黙を破る」(監督・土井敏邦/130分)
「侵 蝕」(監督・土井敏邦/121分)
 
1)	<シンポジウム>中東各国の現状解説
・エジプト/シリア/トルコ/湾岸諸国・専門の若手研究者たちによる解説
・「イラク現地報告」綿井健陽(ジャーナリスト)
2)	「エジプトの現状報告」川上泰徳(朝日新聞中東総局長/映像出演) 
3)	全体の解説と分析
        臼杵陽(日本女子大学文学部教授/中東地域研究)
        長沢栄治(東京大学東洋文化研究所教授/エジプト近現代史)
    土井敏邦:司会
第二部:オスロ合意とパレスチナ
<映画上映>「ガザ―和平合意はなぜ崩壊したのか―」(監督・土井敏邦/125分)
      「二つのインティファーダ」(監督・土井敏邦/80分)
1)	<シンポジウム>パレスチナ・現地報告
・「ヨルダン川西岸の現状」鈴木啓之(東京大学博士課程/中東地域研究)
・ガザの現状(並木麻衣・JVCパレスチナ担当)
2)	「イスラエル側から見たオスロ合意」錦田愛子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 助教/パレスチナ研究)
3)	<シンポジウム>現地からの声「オスロ合意とは何だったのか」
    ・ラジ・スラーニ(パレスチナ人権センター代表/映像)
    ・アタ・ケーマリ(元インティファーダ指導者/映像・交渉中)
4)	「エジプト情勢変化のパレスチナへの影響」川上泰徳(朝日新聞中東総局長/映像)
5)	全体の解説と分析
        臼杵陽(日本女子大学文学部教授/中東地域研究)
        長沢栄治(東京大学東洋文化研究所教授/エジプト近現代史)
        錦田愛子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 助教/パレスチナ研究)土井敏邦:司会
【定員】 250人(予約制ではありません)
【参加】 2日通し券 3000円(学割2500円)
       1日通し券 2000円(学割1500円)
       映画1作品のみ 800円
       シンポジウム(1日)のみ 800円
【主催】 土井敏邦・パレスチナ記録の会
【共催】 社会思想史研究会、特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)
【関連URL】
http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2013/09/20130915-oslo.html

●国連開発計画:UNDP「ソーシャルグッド・サミット2013東京ミートアップ (Meet-up): テクノロジーと新しいメディアで創る 『2030年のよりよい世界』」
【日時】 2013年9月24日(火) 18:00-20:30 (予定)
【場所】 日本財団ビル2階大会議室(東京都港区)
【定員】 120人 (先着順)※申し込み要
【主催】 国連開発計画:UNDP
【協力】 なんとかしなきゃ!プロジェクト、国連ボランティア計画(UNV)、株式会社ソーシャルカンパニー、日本財団CANPANプロジェクト、一般社団法人ボランティアプラットフォーム、特定非営利活動法人NPOサポートセンター、他調整中
【関連URL】
http://www.undp.or.jp/newsletter/index.php?id=240

●平和・安全保障研究所:RIPS「第11回公開セミナーODA・中国評価・緊急の尖閣―日本の安全保障に見る3つの課題」
【日時】 2013年9月20日(金)、27日(金)、 10月2日(水)
【会場】 グランドヒル市ヶ谷
【場所】 国連大学本部 エリザベス・ローズ国際会議場
【講演】 第1日:9月20日(金)15:00~17:00 3F 珊瑚の間
     田中 明彦氏(JICA理事長・元東京大学副学長)
     「ODAと日本の安全保障」
第2日:9月27日(金)15:00~17:00 3F 真珠の間
     津上 俊哉氏(現代中国研究科・津上工作室代表)
     「中国台頭の終焉 ―習近平政権の課題―」
     田中 明彦氏(JICA理事長・元東京大学副学長)
     「ODAと日本の安全保障」
第3日:10月2日(水)15:00~18:00 3F 珊瑚の間
     ○基調講演:陸上自衛隊・研究本部・総合研究部長
     「島嶼望遠の現状と課題」
     ○パネリスト発表
     司会:永岩 俊道氏(元空将・双日総合研究所)
      ・自衛隊の水陸両用作戦能力を検証する
        グラント F. ニューシャム大佐(米海兵隊)
      ・島嶼防衛と海上自衛隊の海上作戦能力
        杉本 正彦氏(元海将・前海幕長)
      ・島嶼防衛と戦力発揮上の課題
        織田 邦男氏(元空将・元航空支援集団指令官)
      ・統合作戦とISR
        ステファン・タウン氏(レイセオン社)
      ・回転翼戦闘機の即応力:オスプレイとアパッチ
        J.F.アーミントン氏(ボーイング社)   
【主催】 一般財団法人 平和・安全保障研究所
【参加】 事前申し込み、参加費要 
【関連URL】
http://www.rips.or.jp/events/rips/2013.html

●UNHCR「第8回UNHCR難民映画祭」(6/20 東京)
【日時】 2013年9月28日(日)~10月6日(日)
【会場】 イタリア文化会館、セルバンテス文化センター東京、明治大学、青山学院大学、早稲田大学他
 上映映画・会場詳細:http://unhcr.refugeefilm.org/2013/venues/
【入場】 無料     ※先着順(予約不可)
【特別協賛】 キャノン株式会社
【協賛】 イオン1%クラブ、外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ、ソニー株式会社、トヨタ自動車株式会社
【協力】 青山学院大学、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、セルバンテス文化センター東京、イタリア文化会館、日本映像翻訳アカデミー®、明治大学、日本放送協会、株式会社須田製版、株式会社ユニクロ、早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)
【後援】 外務省
【関連URL】
http://unhcr.refugeefilm.org/2013/

【2】	平和構築関連の最近のイベント報告
●UNHCR「2013年UNHCR『難民の日』シンポジウム -信仰が支える難民保護-」(6/20 東京) 
http://www.unhcr.or.jp/html/2013/05/wrd-2013.html

●アムネスティ・インターナショナル日本「世界のマイノリティ 『クルドの子どもたち』」(6/29 東京) 
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2013/0629_3997.html

●国連大学:UNU-ISP「2013年 国連大学公開講座:国際協力と開発」(7/4~東京) 
http://isp.unu.edu/jp/events/2013/unu-public-seminars.html

●明治学院大学:PRIME「第6回『移民の参加と排除に関する日仏研究会』」(7/7 東京) 
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/katsudo/kenkyukai/kenkyukai_2013/kenkyukai_2013_0707iminnosankatohaijyo.html

●大阪大学:OSIPP「新オランダ学講座 Gateway to Europe 特別講義『アラブの春と移行期正義~リビアとチュニジアにおける正義をめぐる綱引き』」(7/11 大阪) 
http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/ja/event/2013/06/201371110301200-gateway-to-europe.html

●アムネスティ・インターナショナル日本「2013 世界難民の日・関西集会」(7/14 大阪) 
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2013/0714_3965.html

●ジャパン・プラットフォーム「アフガニスタンの今~日本のNGOの役割とは」(8/29 東京)
http://www.japanplatform.org/info/2013/08/231108.html

【3】	平和構築関連の情報・資料
●IDE-JETRO:アジア経済研究所『アフリカレポートNo.51, 2013』(6/6~8/9 掲載分)
http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Periodicals/Africa/index.html

●国連職員NOW「第149回 関根一貴さん(国連児童基金 パキスタン事務所・HIV担当官)」(6/28 掲載)
http://www.unforum.org/unstaff/149.html

●国連職員NOW「第150回 弓削昭子さん(国連開発計画(UNDP)駐日代表・総裁特別顧問)」(8/17 掲載)
http://www.unforum.org/unstaff/150.html

●外務省「国際平和協力法に基づく我が国の『国際平和協力業務』の実績」(7月掲載)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/peace_b/genba/jisseki.html

●日本国際問題研究所「旭英昭『平和構築論を再構築する:日本の視点からの一考察』 」(8/21 掲載)
http://www2.jiia.or.jp/RESR/column_page.php?id=229

●国連開発計画:UNDP『2012-2013 年次報告書』 (8/23 掲載)
http://www.undp.or.jp/publications/pdf/AR201308.pdf

●国連フォーラム「私の提言:弓削昭子さん『ポスト2015開発アジェンダ:日本のリーダーシップを期待』」 (8/24 掲載)
http://www.unforum.org/teigen/36.html

【4】一押し文献紹介
●福武慎太郎・堀場明子(編集)『現場〈フィールド〉からの平和構築論』勁草書房、2013年9月(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:平和構築フォーラム
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ニュースレターは、無料メルマガ「まぐまぐ!」のシステムを通じて
配信しています。次のウェブサイトから登録・解除いただけます。
http://www.peacebuilding.jp/newsletter.htm
バックナンバーはこちらからご覧いただけます。
http://blog.mag2.com/m/log/0000203690/
ご意見・ご質問は、本フォーラム事務局(上杉・齋藤・吉村(編集担当者名))
までご連絡ください。
info@peacebuilding.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 993部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 993部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング