平和構築フォーラム・ニュースレター

平和構築フォーラム・ニュースレター第58号(2012年9月1日)


カテゴリー: 2012年09月01日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2012/9/1 第58号 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いま、平和構築が国際社会の重点的なアジェンダとして大きな注目を集
めています。平和構築にかかわる政策や活動の立案・実施・研究の立場
を横断し、(1)情報や知見の共有(2)政策や活動に向けた新アイ
ディアの検討(3)人材育成などに資する情報交換やネットワーキング
の場として2006年5月に「平和構築フォーラム」がスタートしました。
このニュースレターでは、平和構築関連の最新情報をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ 目次 ☆
【1】平和構築関連の今後のイベント
●JVC「ガザで続く『封鎖』という『占領』」(9/1東京)
●カンボジア調査報告会「人々から奪われる土地、続く人権侵害」(9/4東京)
●国連大学グローバル・セミナー「地球社会は多様な人道危機にどう取り組むか」(9/6神奈川) 
●アムネスティ大阪事務所「なんみん学集会(大阪)」(9/9大阪) 
●日本赤十字社医療センター「自然災害や紛争時における手術の特異性」(9/13東京) 
●JICA研究所「JICA研究所公開セミナー『世界開発報告書(WDR)2013:Jobs』」(9/19東京)
●jaih-s×(社)日本WHO協会共催企画「国際保健×地域医療~日本の地域医療から国際保健のフィールドでの生き方を考える~」(9/23大阪)
●平和・安全保障研究所「第10回 RIPS公開セミナー『中国、宇宙、武器輸出    ―日本の安全保障政策を考える』(9/20・27・10/4) 

【2】	平和構築関連の最近のイベント報告
●ヒューマンライツ・ナウ「最前線の人に聞く」 (8/29東京)
●世界銀行 「ユース向け世銀ワークショップ『Visualizing your city in 2025』」(8/23・25東京) 
●DC開発フォーラム第229回「中米地域のシャーガス病対策の教訓と課題」(8/21ワシントン) 

【3】平和構築関連の情報・資料
●米川正子(元UNHCRコンゴ民主共和国・ゴマ所長)「Ted×早稲田大学『How aid really help people?』」 
●UNDP「人間開発報告書(日本語版)PDF掲載開始」
●わかる!国際情勢「世界防災官僚会議in東北『21世紀型の防災』へ」

【4】平和構築関連の情報・資料
●上杉勇司・藤重博美・吉崎知典(共編著)『平和構築における治安部門改革』(国際書院、2012年)2800円+税

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】平和構築関連の今後のイベント
●JVC「ガザで続く『封鎖』という『占領』」
【日時】2012年9月 1日 (土) 14:00~16:30
【会場】明治大学 リバティータワー 14階 1145号室
【プログラム】土井敏邦氏:「ガザで続く『封鎖』という『占領』」
福田直美:「ガザの人々とともに ―NGOができること」
対談:「私たちがガザに関わり続ける理由」
【参加費】1000円
【主催】日本国際ボランティアセンター(JVC)
【申し込み】事前にお申し込みください。日本国際ボランティアセンター(JVC) info@ngo-jvc.net
【関連URL】http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2012/09/20120901-palestine.html

●カンボジア調査報告会「人々から奪われる土地、続く人権侵害」
 【日時】2012年9月4日(火) 午後6時半から8時
【場所】東京大学駒場キャンパス18号館4階 コラボレーションルーム1 
 【主催】特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ、東京大学持続的平和研究センター(予定)、カンボジア市民フォーラム(予定)
【資料代】500円
【関連URL】http://hrn.or.jp/activity/event/post-163/

●国連大学グローバル・セミナー「地球社会は多様な人道危機にどう取り組むか」
【日時】2012年9月3日    14:00―2012年9月6日    17:00
【会場】神奈川、湘南
【関連URL】
http://jp.unu.edu/events/upcoming/unu-global-seminar-shonan.html#overview

●アムネスティ大阪事務所「なんみん学集会(大阪)」
 【日時】2012年 9月 9日 (日) 14:00 ~ 15:00
【申し込み】アムネスティ大阪事務所 大阪難民チーム< refugee-osaka@amnesty.or.jp >
【参加費】300円(25歳以下無料)
【関連URL】http://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2012/0909_258.html

●日本赤十字社医療センター「自然災害や紛争時における手術の特異性(通訳あり)」
【日 時】2012年9月13日(木)18時45分~21時00分 
【場 所】日本赤十字社医療センター 12階 多目的ホール 
【講 演】クリストス ジャヌー医師(元赤十字国際委員会主任外科医) 
【関連URL】http://www.med.jrc.or.jp/topics/2012-0823-1101-4.html

●JICA研究所「JICA研究所公開セミナー『世界開発報告書(WDR)2013:Jobs』」
【日時】2012年9月19日14:00-16:00
【会場】JICA研究所 6F 600会議室
【予約】下記「参加申し込み」ボタンから、申込フォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください(9月14日(金)締切。尚、定員に達し次第締め切りとさせていただきますのでご了承ください。)
https://jica-ri.jica.go.jp/app/event/apply/125/?ref=ja&refpage=http://jica-ri.jica.go.jp/ja/announce/jica.html
【関連URL】http://jica-ri.jica.go.jp/ja/announce/jica.html

●jaih-s×(社)日本WHO協会共催企画「国際保健×地域医療~日本の地域医療から国際保健のフィールドでの生き方を考える~」
【日時】2012年9月23日(日)12:00~17:50(開場11:30~)
【会場】大阪大学中之島センター
【予約】事前参加登録:http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=104#5 
【関連URL】http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=104 

●平和・安全保障研究所「第10回 RIPS公開セミナー『中国、宇宙、武器輸出    ―日本の安全保障政策を考える』
【日程・内容】
 第1日 9月20日(木) 15:00~17:00  「中国は変わるか-第18回党大会を迎えて」
 第2日 9月27日(木) 15:00~17:00  「宇宙の安全保障と日本(特に自衛隊)の役割」
 第3日 10月4日(木) 15:00~18:00  「新しい武器輸出政策と日米欧防衛企業の対応」 
【場所】ホテルグランドヒル市谷、東京
【申し込み】https://pro.form-mailer.jp/fms/4cba2dc932135

【3】	平和構築関連の最近のイベント報告
●ヒューマンライツ・ナウ「最前線の人に聞く」 (8/29東京)
http://hrn.or.jp/

●世界銀行 「ユース向け世銀ワークショップ『Visualizing your city in 2025』」(8/23・25東京)
http://jointokyo.org/ja/programs/catalogue/visualizing_your_city_in_2025

●DC開発フォーラム第229回「中米地域のシャーガス病対策の教訓と課題」(8/21ワシントン)
http://www.devforum.jp/bbl/

【3】平和構築関連の情報・資料
●米川正子(元UNHCRコンゴ民主共和国・ゴマ所長)「Ted×早稲田大学『How aid really help people?』」
http://www.youtube.com/watch?v=XnTh_M-dqVA&feature=BFa&list=ECA872A1BA32FFF563

●UNDP「人間開発報告書(日本語版)PDF掲載開始」
http://www.undp.or.jp/newsletter/index.php?id=128

●わかる!国際情勢「世界防災官僚会議in東北『21世紀型の防災』へ」http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol90/index.html


【4】平和構築関連の情報・資料
●上杉勇司・藤重博美・吉崎知典(共編著)『平和構築における治安部門改革』(国際書院、2012年)2800円+税
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%8F%E3%90%99%97E%8Ei%81%40%8E%A1%88%C0%95%94%96%E5%89%FC%8Av&x=0&y=0
 
本書は、紛争解決・平和構築の研究と実務を結びつけることに関心を持つ、以下の18名によって書かれています。
 
上杉勇司(広島大学)、藤重博美(法政大学)、吉崎知典(防衛研究所)、篠田英朗(広島大学)、工藤正樹(JICA)、中内政貴(大阪大学)、安藤友香(大阪大学)、中澤香世(元内閣府・外務省)、橋本敬市(JICA)、今井千尋(元内閣府・外務省)、室谷龍太郎(JICA)、香川めぐみ(広島大学)、長谷川晋(外務省)、古澤嘉朗(関西外国語大学)、片山善雄(防衛研究所)、山根達郎(大阪大学)、太清伸(広島大学)、二村まどか(国連大学)。
 
本書は、治安部門改革に焦点を当てた最初の邦文専門書です。治安部門改革とは、紛争後の平和構築の過程で基盤的な役割を担う国家の治安部門の機能強化と体質改善を目指す活動のことです。現在の国連やNATOと通じた平和構築の取り組みの中で、治安部門改革は極めて重要な活動として認識されているにもかかわらず、日本国内では、これまで治安部門改革について体系的かつ理論と実際を包括的に取り扱った専門書が存在していませんでした。本書は、そのギャップを埋める一冊です。
 
本書は、治安部門改革の理論的な考察を提供する第一部と具体的な事例を通じて治安部門改革の実際の課題を浮き彫りにする第二部からなります。
第一部(理論的考察)では、安全保障と開発という二つのアプローチの接点という治安部門改革の位置づけを説明し、二つのアプローチが意図と反して、十分な連携関係を築けていない実情を明らかにします。
第二部(事例研究)では、理論的考察で提示した問題意識を実際の治安部門改革の取り組みの中で検証していきます。旧ユーゴスラビア、東ティモール、モザンビーク、コンボ民主共和国、アフガニスタンを取り上げます。
 
本書では、理論通り進められていない治安部門改革の現実を描き出すとともに、平和構築における治安と開発のジレンマ(治安がよくならなければ開発が進まず、開発が進まなければ治安が安定しない)を克服しようとする国際社会の活動の一つとして治安部門改革を評価しています。国家の権力中枢にメスをいれる治安部門改革は、平和構築において非常に重要な取り組みである一方で、国家主権の観点から当該国政府からの抵抗を受けやすい取り組みです。しかし、人間の安全保障の観点
から、治安部門改革を推進し、人々の安全と安心を確保することの大切さを本書では主張しています。持続可能な治安部門改革を可能にするためには、現地関係機関の主体性を促進しなくてはなりませんが、治安部門改革が民主的統治の基盤となるためには、時に外部勢力の強力な働きかけが必要になります。また、アフガニスタンのように治安維持が十分にできていない状況下で治安部門改革に取り組む際は、短期的な視点から安全保障の論理が優先され、中長期的には民主的統治を阻害し
かねない治安部門が形成されてしまう現実も本書では指摘しました。このように治安部門改革は、さまざまな矛盾を抱えていますが、こうした矛盾を直視して、一つひとつ課題を解決していく際に、治安部門改革という安全保障と開発をつなぐ概念は、両者のバランスを考慮することの重要性を想起させてくれます。
 
本書は、一つの共通テーマについて、各執筆者が個別の見解を述べたのではなく、十分に議論を重ねたうえで取りまとめられました。さらに、書籍にまとめる過程では、一つの研究成果としての統一感や一貫性を重視した編集方針で臨みました。本書を読めば、現代の平和構築の実際の取り組みと課題が手に取るように分かると自負しています。
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:平和構築フォーラム
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ニュースレターは、無料メルマガ「まぐまぐ!」のシステムを通じて
配信しています。次のウェブサイトから登録・解除いただけます。
http://www.peacebuilding.jp/newsletter.htm
バックナンバーはこちらからご覧いただけます。
http://blog.mag2.com/m/log/0000203690/
ご意見・ご質問は、本フォーラム事務局(上杉・齋藤・青木(編集担当者名))
までご連絡ください。
info@peacebuilding.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング