平和構築フォーラム・ニュースレター

平和構築フォーラム・ニュースレター第51号(2012/2/5発行)


カテゴリー: 2012年02月05日
■ 平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2012/2/5 第51号 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いま、平和構築が国際社会の重点的なアジェンダとして大きな注目を集
めています。平和構築にかかわる政策や活動の立案・実施・研究の立場
を横断し、(1)情報や知見の共有(2)政策や活動に向けた新アイ
ディアの検討(3)人材育成などに資する情報交換やネットワーキング
の場として2006年5月に「平和構築フォーラム」がスタートしました。
このニュースレターでは、平和構築関連の最新情報をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
☆ 目次 ☆

【1】平和構築関連の今後のイベント
●オイコクレジット・ジャパン「「出資」でできる途上国支援」(2/5・大阪)
●広島大学・文部科学省・外務省・筑波大学共催「第9回国際教育協力日本フォーラム」(2/7・東京)
●日本総研BoPビジネス立ち上げチーム「BoPビジネスにおける現地社会起業家と日本企業のソーシャル・イノベーション」(2/7・東京)
●日本国際ボランティアセンター「巴勒女神楽坂一夕語り(ぱれじょかぐらざかいっせきがたり)」(2/11・東京)
●明治学院大学国際平和研究所「映画「稲妻の証言」-南アジアにおける戦争と女性への暴力―」(2/11・東京)
●JICA横浜「よこはま国際フォーラム2012」(2/11-12・神奈川)
●JICA横浜「住民主体型開発ワークショップ」(2/13-15・神奈川)
●アフリカ日本協議会「国際保健NGO リーダーシップセミナー 第5回:国際保健NGOの将来を展望する」(2/14・東京)
●外務省「UPR(普遍的・定期的レビュー)政府報告作成に関する市民・NGOとの意見交換会について」(2/21・東京)
●広島平和構築人材育成センター「平和構築のキャリア構築~外務省委託“平和構築人材育成事業”5周年にあたって」(2/27・東京)

【2】平和構築関連の最近のイベント報告
●外務省主催NGO研究会「東日本大震災と人道支援の国際基準」(東京 1/31)
●大阪大学『アジアにおける平和と人間の安全保障の促進に向けて(大阪 1/28
●JEN「コミュニティスペースin 東京」(東京1/27)
●東京大学「紛争後、平和はどう築かれるのか」(東京 1/26)
●ARUN設立2周年シンポジウム(東京1/26)
●広島大学HiPeC研究会:「南アジアの平和構築」(千葉 1/25)
●内閣府 「第3回 国際平和協力シンポジウム」(東京 1/19)
●国連大学高等研究所 「気温4度上昇?ダーバン会議と先進国およびBASICグループの役割」「リオ地球サミットと福島後の原子とパワー~インドと諸外国における原子力エネルギーの意味と影響について~」(横浜 1/17)

【3】平和構築関連の情報・資料
●外務省 「国連平和協力調査員」の募集
●国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所 インターン募集のお知らせ(PR部門)
●国際協力機構(JICA) 事業部海外事業担当職員【アジア緊急救援担当】
●国連国際防災戦略事務局(UNISDR)駐日事務所(神戸)インターン
●UNDP本部Democratic Governance Group (DGG)の選挙チーム インターン募集
●難民支援協会 難民アシスタント養成講座・基礎編
●国連開発計画(UNDP) 東京事務所ニュースレター発行開始
●外務省 「ゴラン高原国際平和協力隊の派遣延長」
●外務省「ハイチ国際平和協力隊の派遣延長」
●国連開発計画「アジア太平洋地域の貧困削減には『付加価値のあるエネルギー』パッケージが必要と国連が指摘」
●オクスファム「G20に取り残されて」報告書


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【1】平和構築関連の今後のイベント

●オイコクレジット・ジャパン「「出資」でできる途上国支援」(2/5・大阪)

発展途上国の人々の経済的自立を支援する方法の一つとして、貧しい人々に担保なしにお金を融資し、その小さな「事業」を支援する「マイクロファイナンス」が大変有効です。さらに、おカネを「出資」するだけでなく、経営ノウハウ等の技術的な支援を同時に提供することで、おカネがより有効に活用される取組みもあります。ODAや寄付でできない、「もうひとつの国際協力」を考えます。

◇日時:2012年2月5日(日)12時30分~14時30分
◇会場:大阪国際交流センター2階会議室A・B( 定員60名 )
◇参加費:無料
◇講師
小柴 巌和さん(ARUN関西支部長・三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)研究員)
山下 豊一郎さん(Kiva Japan代表、株式会社DoEvery代表取締役)
小吹 岳志さん (オイコクレジット・ジャパン事務局長)

*申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

本イベントに関するお問い合わせ:
オイコクレジット・ジャパン(担当:小吹こぶき)
mailto:japan@oikocredit.org

*両プログラムとも、西日本最大の国際協力の祭典「ワンワールド・フェスティバル」
内のプログラムです。会場は大変混雑しますので、早めにご来場ください。

ワンワールド・フェスティバル
http://blog.canpan.info/owf/

詳細
http://oikocredit.blog32.fc2.com/


●広島大学・文部科学省・外務省・筑波大学共催「第9回国際教育協力日本フォーラム」(2/7・東京)

広島大学は、文部科学省・外務省・筑波大学と共に、下記のとおり、「第9回国際教育協力日本フォーラム」を開催します。

第9回となる本フォーラムでは、「『援助の有効性』と国際教育協力の責務」をテーマとします。教育援助の第一線で活躍する国際機関や二国間の実務者、教育開発の専門家の方々をお迎えし、教育における「援助の有効性」と国際教育協力のあり方について、ポストEFA(「万人のための教育“Education for All”」)を見据えた検討を行います。政策重視の思潮に対して、現場中心の実践経験に豊かな日本はどう貢献ができるか、皆さまのご参加による活発な意見交換の場となることを期待しています。

【日時】
2012年2月7日(火)

【場所】
文部科学省東館3階 講堂(東京都千代田区霞が関3丁目2-2)

【内容】※日英同時通訳あり
◇基調講演
*ビルガー・フレデリクセン(元世界銀行アフリカ地域人間開発局長)
「変動する世界情勢における教育援助の有効性再考」
*ルース・ムバンガ(ザンビア教育省教師教育局長)
「教育援助の有効性-途上国からの視点」

◇パネルセッション
「国際教育協力における援助の有効性とは何か」
<モデレーター>
*ドロシー・ナンポタ(マラウィ大学教育研究訓練センター長)
<パネリスト>
*萱島 信子(独立行政法人国際協力機構(JICA)人間開発部部長)
*山田 肖子(名古屋大学大学院国際開発研究科准教授)
*チェア・ウィ・ホック(東南アジア教育大臣機構理数科教育センター研究開発部調査官)
◇指定討論
◇総括討論

【主催】
文部科学省、外務省、広島大学、筑波大学

【後援】
国際協力機構

【参加申し込み】
参加ご希望の方は、「参加申込書」にご記入の上、FAXまたはE-mailにて、下記お申し込み先へお送りください。
お申し込みは、1月31日(火)までにお願いします。

詳細
http://www.hiroshima-u.ac.jp/news/show/id/12766


●日本総研BoPビジネス立ち上げチーム「BoPビジネスにおける現地社会起業家と日本企業のソーシャル・イノベーション」(2/7・東京)

本セミナーでは、新興国におけるソーシャル・ビジネス立上げ・運営に尽力している実業家の声を聞き出し、日本企業がソーシャル・ビジネスに参画するに当たって重要なポイントは何かを提示します。
特に重要となる現地のソーシャル・アントレプレナー(社会起業家)とのコラボレーション方法やそのポイントについて解説を行います

◇日時 	2012年02月07日14時00分~17時00分
◇場所 	国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場
◇講師 	住友化学株式会社 ベクターコントロール事業部 水野達男部長
    株式会社リコー 総合経営企画室 新規事業開発センター 瀬川秀樹副所長
    慶応義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘准教授 井上英之氏
    Drishtee Foundation CEO Satyan Mishra氏
    株式会社日本総合研究所ヨーロッパ 槌屋詩野
    株式会社日本総合研究所 副主任研究員 菅野文美
    株式会社日本総合研究所 副主任研究員 渡辺珠子
◇参加費 	3,000円(消費税込み)
◇定員 	90名
◇申し込み先
https://www.jri.co.jp/seminar/120209_380/application/privacy/

詳細
http://www.jri.co.jp/page.jsp?id=20631


●日本国際ボランティアセンター「巴勒女神楽坂一夕語り(ぱれじょかぐらざかいっせきがたり)」(2/11・東京)

日本国際ボランティアセンター(JVC)のパレスチナボランティアチームには、女性たちが多く参加しています。それぞれに皆パレスチナへのアツイ思いを胸に、独自に活動を行うことも少なくありません。
にもかかわらず、意外にも女子だけの報告会はこれまで皆無。

そこで今回はパレボラチーム初の「女子報告会(おとな女子篇)」を開催いたします。旅行はもちろん、子どもたちとの交流、ワークショップ、起業、書道などでパレスチナとの交流を深める女子4人が、神楽坂の夕べに、ときには真面目に、ときにはユーモアを交えて、それぞれの「アツイ思い(熱、暑、厚、篤)」を語ります。ぜひ奮ってご参加ください。

※ 当日会場では、西口有貴子先生の新作を展示致しております。
展示作品: 四方田犬彦著「見ることの塩」 E・サイード「パレスチナへ帰る」など
また、パレスチナの難民キャンプの女性グループが作っている刺繍製品を販売致します。
◇日時 	2012年2月11日 (土) 17:00~19:00 (16:30開場)
◇会場 	西口貴翠書道教室 神楽坂教室
    住所:東京都新宿区神楽坂6-16 桑原ビル2階

◇報告者
【熱】『パレスチナの子どもたちとの交流』
    橘 由美子(保育士)
    2001年に難民キャンプを訪れて以来、キャンプ外の地域も含め毎年のように行う絵本  の読み聞かせなど、子どもたちとのふれあいの中で感じたことを語る。
【暑】『パレスチナ人体験一週間 2011』
    高橋 純(会社員)
    パレスチナでの“突撃ワークショップ”実施をライフワークとする。「厳しい占領政  策を生き抜く人々」について、昨夏の現地での交流から語る。
【厚】『刺しゅうに魅せられて』
   仲條 満美(ドニヤ・ホッブ代表) 
    美しいパレスチナ刺しゅうに出逢って、起業を決意。開業までの道のりと、初めて足  を踏み入れた現地の印象を語る。
【篤】『私は忘れない、ヘブロン、エルサレムの友の願いを』
   西口 有貴子(書家) 
    初めての旅行で知った、衝撃的な理不尽と不条理の数々。書家として、人として今の  自分の立場から何ができるかを語る。
◇司会 藤屋 リカ(JVC海外事業担当、大学教員)

◇参加費 	500円(パレスチナのお茶とアラビックスイーツ付き)
◇定員	30名 ※事前にお申し込みください
◇主催	日本国際ボランティアセンター(JVC)
◇申し込み/問い合わせ先	
日本国際ボランティアセンター
TEL: 03-3834-2388
MAIL: tsudaka@ngo-jvc.net (担当:津高)

詳細
http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2012/02/palestine-kagurazaka.html


●明治学院大学国際平和研究所「映画「稲妻の証言」-南アジアにおける戦争と女性への暴力―」(2/11・東京)

インド・パキスタン分離独立、そしてバングラデシュ独立運動。英領インドを3つに分割した2度の独立期の戦争や暴動で、女性は性暴力の被害にさらされた。
そして現代インドで続くダリットへの差別、ムスリムへの暴力、またカシミールや北東部における紛争でも、女性はナショナリズムの暴力に遭い続けている。
後半はナガランド州やマニプル州など、海外メディアが入ることのできない北東部の紛争地で、女性が暴力に対して立ち上がる姿も収録。女性への性暴力を繰り返している対立の歴史を、ナレーション、字幕、スケッチ、写真、アーカイブ映像など駆使した映像表現でたどる。2009年山形国際ドキュメンタリー映画祭上映作品。

◇日時:2012年 2月11日(土)14:00~17:00
◇会場:明治学院大学白金校舎 本館10階大会議場http://www.meijigakuin.ac.jp/access/
◇解説:森本泉(国際平和研究所所員)、木村真希子(国際平和研究所研究員)
◇主催:明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
◇協力:市民外交センター、ジュマ・ネット、反差別国際運動(IMADR)、アジア女性資料センター
◇参加費:無料
◇お申込み・お問合せ:準備のため、できるだけ事前にお申込み下さい。当日参加も可能です。メールまたはFAXにて、件名に「インド上映会申込み」とご記入の上、お名前、ご所属(または学籍番号)、連絡先をお伝え下さい。

詳細
http://www.jummanet.org/notice/


●JICA横浜「よこはま国際フォーラム2012」(2/11-12・神奈川)

昨年に引き続き、横浜および周辺地域に拠点をおくNGO、NPO、学校、国際機関など約40団体による国際協力・国際交流・多文化共生に関する講座やワークショップを開催します。多数の講座が盛りだくさんの2日間。

◇日時:
    2月11日(土曜)・2月12日(日曜)
    11時から17時
◇会場:
    JICA横浜【地図】
◇主催:
    よこはま国際協力・国際交流プラットフォーム運営委員会  よこはま国際フォーラム2012プロジェクト
◇構成団体
JICA横浜、(特活)横浜NGO連絡会、横浜市、(公益財団法人)横浜市国際交流協会、AOTS横浜研修センター、(特活)教育支援協会、日本赤十字社 神奈川県支部
◇参加費・申込方法
「よこはま国際フォーラム2012」への参加には、参加費500円(2日間有効)及び事前申込が必要です。関連リンク「よこはま国際フォーラム2012」ウェブサイトからお申し込みください(各セミナーの席の事前予約はできません。会場への入場は、当日の先着順となりますので、お早めにご来場ください。また、講座によっては、資料代などで別途料金を申し受けるものもあります)。

※JICA横浜は「よこはま国際フォーラム2012」内で下記4本のセミナーを開催予定です。詳細は関連リンクから各セミナーのイベント情報をご覧ください!

◇2月11日(土曜・祝日)11時~12時50分(定員:60名)
JICA横浜教師海外研修報告会-7人の先生たちが見つめたカンボジア-

◇2月11日(土曜・祝日)15時~16時50分(定員:60名)
武器を持つ手を仕事をする手に-戦後世代の日本の平和構築支援-

◇2月12日(日曜)11時~11時50分(定員60名)
JICAと東日本大震災復興支援

◇2月12日(日曜)15時~16時50分(定員60名)
経済不況下における在日日系ブラジル人の実態及び社会統合への課題
詳細
http://www.jica.go.jp/yokohama/event/index.html#a0211-01


●JICA横浜「住民主体型開発ワークショップ」(2/13-15・神奈川)

◇日時:
    2月13日(月曜)から2月15日(水曜)【3日間】
    9時30分から16時30分(昼食休憩が1時間入ります)
◇会場:
    JICA横浜4階 セミナールーム7【地図】
◇主催:JICA横浜
◇協力:株式会社国際水産技術開発

JICA横浜では、株式会社国際水産技術開発と協力し、漁村における男女共同参画(ジェンダー主流化の視点)による小規模地場産業の起業計画案が関係者と共有されることを目標として、集団研修コース「漁村開発におけるジェンダー主流化」を開催し、海外から8人の研修員(出身国:ベナン、ブルキナファソ、ラオス、タイ、ミャンマー)を受け入れる予定です。
この研修の中で実施する「住民主体型参加型ワークショップ」への参加者を募集します。
現地住民と共に行う開発計画作成のために必要なファシリテータの役割を、海外の研修員と一緒に理解し技能を身につける良い機会ですので、是非、ご参加ください。

【受講費用】 無料  

【定員】 15名(事前申し込み制・先着順)

【対象者】3日間出席できる方が望ましい。43歳以下の方が望ましい(※43歳という基準は、研修員の年齢にあわせています)。

【ワークショップの目標】現地住民を主体とした農山漁村地域開発の重要性を理解し、住民と共に行う開発計画作成のために必要なファシリテータの役割を理解し、技能を身につける。

【内容】
1. 住民参加(主体)型等の村落開発の概要を理解する。
2. 住民と共に行う漁村・村落調査に必要な様々な調査方法・情報分析手段を理解する。
3. 様々な調査手法をロールプレイ及びグループワークによりファシリテータの 役割を理解する。
4. 住民が主体となって行われる地域開発の擬似的な計画を立案する。

具体的には…
(1)ロールプレイで貧しい農民役・金持ち・公務員・お坊さん・援助する団体等の擬似村組織をつくり、自分達の生活状況改善のために、誰がどのような役割を担っているか、必要なことが必要なところに届いているか、村の集会がうまくいくのは、行かないのはなぜか、といったことを楽しく理解する。
(2)援助する側とされる側の本質をゲームを通じて考える。 
(3)世の中は色々な人がいるが、可能な限り皆が幸せになるようになるべく公平に要求を満足するにはどう進めていけばいいかを考える。
(4)自分が何かを始めるときにどうやって計画を立てたらいいか。
などを考えながら、学んできます。

【講師】
ムクタ・ラマ氏
母国ネパールで、オランダやドイツのプロジェクトで活躍し、アメリカのコーネル大学で文化人類学の博士号を取得。
カンボジア、ネパール、インドなど海外での経験も豊富で、ILO(国際労働機関)プロジェクトにおいて、農村部における基本的人権の推進、労働・生活条件の向上等の専門家経験があり、ネパールでは自ら地域開発に関するNGOを主催しています。

【使用言語】英語(通訳なし)
英語能力は問わないものの、通訳をおきませんので、自分で周りをみながら判断できる程度の英語能力は必要です。

【その他】 講師からは何回も違う言い回しで丁寧な説明がありますが、やる気は必要です。

【第一回申込締切】2012年2月3日(金曜)17時まで
※募集期間を延長しました!

詳細
http://www.jica.go.jp/yokohama/event/index.html#a0213-01


●アフリカ日本協議会「国際保健NGO リーダーシップセミナー 第5回:国際保健NGOの将来を展望する」(2/14・東京)

・開発援助の主要課題の一つ「国際保健」。リーマン・ショック後の援助資金の先細りの中で、国際保健政策も激動しています。その中で、国際保健に携わるNGOの共通の立ち位置、共通理解を模索するため、11月から2月にかけて、5回シリーズで「国際保健NGOリーダーシップセミナー」を開催しています。

・「ミレニアム開発目標」(MDGs)の達成期限が迫っています。第5回は、MDGsの期限である2015年に向けて、また、それ以降の「ポストMDGs」に向けて、国際保健という課題はどうなっていくのか、また、国際保健NGOはどうあるべきかについて検討します。

・世界経済危機により、MDGs達成のための財源確保が極めて厳しくなっています。また、経済格差、失業、気候変動、自然災害といった大きな課題が立ちはだかる中、国際保健など途上国の開発や世界の貧困解消の課題は埋没しがちになっています。

・ポストMDGsにおいて、国際保健はどうあるべきか、また、どうなっていくのか。市民社会は「あるべき姿」に向けてどう動くべきなのか、また、それはどうすれば可能なのか。プライマリー・ヘルス・ケアの観点から途上国で保健プロジェクトに取り組んできたシェアの本田徹さん、政策アドボカシーで活躍してきたオックスファム・ジャパンの山田太雲さん、リプロダクティブ・ヘルスの向上と、国際保健NGOのネットワーキングの双方に尽力してきたジョイセフの石井澄江さんからの提起を聞き、討議します。

・MDGsからポストMDGsへの「過渡期」のNGOと国際保健の在り方を占う「国際保健NGOリーダーシップ・セミナー」最終回。ぜひご参加ください。 

◇日時:2012年2月14日(火)午後2時~5時 (開場:1時30分)
◇場所:JICA地球ひろば セミナールーム303号室
・東京都渋谷区広尾4-2-24
・東京メトロ日比谷線広尾駅3番出口 徒歩1分
・地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
◇進行:
・2時~3時20分:リソース・パーソンからの提起
 (基調提起:アフリカ日本協議会 稲場 雅紀さん)
 (提起1:シェア=国際保健協力市民の会 本田 徹さん)
 (提起2:オックスファム・ジャパン 山田太雲さん)
 (提起3:ジョイセフ 石井澄江さん)
・3時25分~3時30分:休憩
・3時30分~4時30分:グループワーク
・4時30分~5時:シェアリング
◇参加費:無料
◇定員:30名(お早めにお申し込みください)
 ※国際保健に携わるNGOのスタッフ、役員、会員、関係者を優先します。
◇主催:外務省NGO研究会「保健分野MDGsの達成とNGOの役割」
・事務局:(特活)アフリカ日本協議会 (担当:稲場雅紀)
・東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル2F
・電話:03-3834-6902, Fax:03-3834-6903
・メールアドレス:ajf.event@gmail.com
◇申し込み:以下のURLにアクセスし、「申し込みフォーム」に記入して送信下さい。
<申し込みフォーム> http://ow.ly/8xqfs
※地方在住で参加に際し、交通費、宿泊費合計10,000円以上を要する方には、参加経費を補助いたしますので、申込フォームの該当欄にその旨ご記入ください。

詳細
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/seminar-event/20120214.html


●外務省「UPR(普遍的・定期的レビュー)政府報告作成に関する市民・NGOとの意見交換会について」(2/21・東京)

 このたび,外務省総合外交政策局人権人道課では,UPR(普遍的・定期的レビュー)政府報告の作成に当たり,広く意見を募るために,標記会議を開催することとしました。
 ついては,下記要領により意見を募集するとともに,会議参加希望者を募集しますので,ご希望の方は所定の方法によりお申し込みください。

 なお,会場スペースの都合上,希望者多数の際は参加をお断りすることもありますので あらかじめご承知おきください。
1.日時

平成24年2月21日(火曜日) 午前中(予定)
(注)詳細はこちらからの返信のメールでご案内致します。
2.場所

 外務省 会議室(東京都千代田区霞が関2-2-1)
3.内容

 意見募集及び集められた意見に対する可能な範囲での回答,意見交換
4.参加登録要領
(1)参加会議登録

    様式は,こちら(PDF,WORD)から入手してください。
    メールもしくは郵便にてお申し込みください。
    こちらからの返信のメールもしくは郵便が当日入場の際に必要となりますので,ご来場の際に身分証明書(運転免許証やパスポート等,顔写真付きの証明書)と併せて持参してください。
    参加登録申し込み期限は平成24年2月7日(火曜日)18時00分(必着)とします。

    (注)参加登録されていない方の参加はできません。
    (注)必ず「意見」欄に参加者の意見を記入してください。記入に際してはできるだけ簡潔に,1,000字以内でお願いします。
    (注)意見書のみ提出する方(意見交換会は不参加の方)は,上記様式中「不参加」を丸で囲んでください。
    (注)なお,いただいた個人情報につきましては,適切に管理し,本件目的にのみ使用いたします。

(2)申し込み送付先

    メール:uprhoukoku@mofa.go.jp
      (注)上記4.(1)の様式に内容を書き込みメールに添付してください。
      (注)件名を「参加登録」としてください。
    郵便:〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
    外務省総合外交政策局人権人道課(UPR担当)
    (注)封筒に「参加登録」と朱書きで明記してください。

詳細
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/upr_1201.html


●広島平和構築人材育成センター「平和構築のキャリア構築~外務省委託“平和構築人材育成事業”5周年にあたって」(2/27・東京)

◇予定開催日 	平成24年 2月27日(月) 12:00~17:30
◇開 催 場 所 	JICA地球ひろば 3F講堂
        東京都渋谷区広尾4-2-24 
◇参 加 費 	無料
◇言   語 	日本語・英語(日英同時通訳有り)
◇主   催 	主催:一般社団法人 広島平和構築人材育成センター、後援:独立行政           法人 国際協力機構
◇テ ー マ 	「平和構築のキャリア構築~外務省委託“平和構築人材育成事業”5周         年にあたって」
◇概   要 	平和構築人材育成事業5周年にあたり、平和構築分野でのキャリア構築        のあり方について語り合う。
◇招 聘 者 	<基調講演>
        Ms. Judy Cheng-Hopkins (Assistant Secretary-General for Peacebu        ilding Support, United Nations) “United Nations and Peacebuildi        ng”

<パネリスト>
・玉内 みちる(Human Resource Manager, Division of Human Resource, UNICEF)
・宮村 浩子(Team Leader, Western Europe and Eastern Mediterranean Team,
 Europe Division, Department of Political Affairs, United Nations)
・関 薫子(Humanitarian Policy Officer, Policy Planning and Analysis Section,
 Policy Development and Studies Branch, Office for the Coordination of
 Humanitarian Affairs (OCHA), United Nations)
・中村 俊裕(NPO法人 Kopernik、Co-Founder & CEO)
・小松原 茂樹(Programme Advisor, TICAD unit, Regional Bureau for Africa,
 United Nations Development Programme)

<コメンテーター>
・外務省総合外交政策局国際平和協力室関係者(予定)
・UNV関係者(予定)

<その他の公式参加者>
・過去4年間の平和構築人材育成事業修了生および平成23年度平和構築人材育成事業
 本コース研修員

<司会>
・篠田 英朗(HPC事務局長)

【スケジュール】

時 間 	内 容
12:00~ 	開場、企画展・事業紹介ビデオ上映
13:00~13:20 	開会の挨拶(外務省代表・HPC事務局長)
第 1 部
13:20~14:00 	基調講演:Ms. Judy Cheng-Hopkins
(Assistant Secretary-General for Peacebuilding Support, United Nations)
“United Nations and Peacebuilding”
14:00~14:40 	パネリストによるコメント
14:40~15:00 	休憩(企画展・事業紹介ビデオ上映)
第 2 部
15:00~15:45 	「事業修了生の声」事業修了生による報告
15:45~16:00
	「事業研修員の声」
・海外実務研修派遣中の平成22年度事業研修員からのメッセージ
・国内研修中の平成23年事業研修員からの報告
16:00~16:30 	「パネルディスカッション」・質疑応答
16:30~ 	交流会(ブースごとに分かれて会場で研修員らが来場者の方々と質疑応答)

お問い合わせ・お申し込み:一般社団法人 広島平和構築人材育成センター(HPC)
             Tel:082-236-1414
             Fax:082-247-0643
             e-mail:event@peacebuilders.jp
(メールでお申し込みの際は、メール件名を「5周年記念シンポジウム参加希望」としていただき、メール本文に参加される方の氏名と所属、連絡先、このシンポジウムをどこでお知りになったかをご記入下さい。)
※会場の定員になり次第、ご応募を締め切らせていただきます。

詳細
http://www.peacebuilderscenter.jp/symposium20120227.html



【2】平和構築関連の最近のイベント報告

●外務省主催NGO研究会 シンポジウム「東日本大震災と人道支援の国際基準  ~援助の中で周辺化されがちな視点を中心に~」
(東京 1/31)
http://www.refugee.or.jp/event/2012/01/31-1236.shtml

●大阪大学 シンポジウム『アジアにおける平和と人間の安全保障の促進に向けて』開催のご案内(大阪 1/28)
http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/ja/event/20120128_asiasympo.pdf 

●JEN「コミュニティスペースin 東京」?JENのスタッフが語る世界のコミュニティ事情。グローバルな視野は虫の目から? (東京1/27)
http://jenhp.cocolog-nifty.com/supporter/2012/01/injen-88a2.html

●東京大学≪アイハウス・ランチタイム・レクチャー≫「紛争後、平和はどう築かれるのか」(東京 1/26)
http://www.asnet.u-tokyo.ac.jp/?q=node/7243

●ARUN設立2周年シンポジウム(東京1/26)
http://www.arunllc.com/  

●広島大学 第30回HiPeC研究会:「南アジアの平和構築」(千葉 1/25)
http://www.hiroshima-u.ac.jp/news/show/id/12982/dir_id/0

●内閣府 国際平和協力本部事務局主催 「第3回 国際平和協力シンポジウム」~我が国の国連PKO参加20周年を迎えての、さらなる国際平和協力分野の人材育成に向けて~(東京 1/19)
http://www.pko.go.jp/PKO_J/info/pdf/20120119sympo.pdf

●国連大学高等研究所 「気温4度上昇?ダーバン会議と先進国およびBASICグループの役割」「リオ地球サミットと福島後の原子とパワー~インドと諸外国における原子力エネルギーの意味と影響について~」(横浜 1/17)
http://www.ias.unu.edu/


【3】平和構築関連の情報・資料
●外務省 「国連平和協力調査員」の募集
申込:2月2日‐3月31日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/hijyokin/kokusaiheiwa120124.html
●国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所 インターン募集のお知らせ(PR部門
締切:2月7日
http://www.undp.or.jp/news/docs/2012_00582.shtml
●国際協力機構(JICA) 事業部海外事業担当職員【アジア緊急救援担当】
締切:2月28日
http://partner.jica.go.jp/main_out/servlet/CTRL?NEXT_PAGE=/TI/TI_details.jsp&TAL_NO=102003024610144
●国連国際防災戦略事務局(UNISDR)駐日事務所(神戸)インターン
http://www.unisdr.org/who-we-are/vacancies/24751
締切:2月15日
●難民支援協会 難民アシスタント養成講座・基礎編
2012年3月10・11日
http://www.refugee.or.jp/event/2012/03/10-1408.shtml
●UNDP本部Democratic Governance Group (DGG)の選挙チーム インターン募集
締切:3/31
http://jobs.undp.org/cj_view_job.cfm?cur_job_id=27865
●国連開発計画(UNDP) 東京事務所ニュースレター発行開始
http://www.undp.or.jp/news/docs/2011_00563.shtml
(英語版報告書)
http://www.beta.undp.org/content/dam/undp/library/Environment%20and%20Energy/Sustainable%20Energy/EnergyPlusReport.pdf
●外務省 「ゴラン高原国際平和協力隊の派遣延長」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/24/1/0120_03.html
●外務省「ハイチ国際平和協力隊の派遣延長」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/24/1/0120_04.html
●国連開発計画(UNDP) アジア太平洋地域の貧困削減には『付加価値のあるエネルギー』パッケージが必要と国連が指摘(1/19)
http://www.undp.or.jp/news/docs/2012_00581.shtml
●オクスファム「G20に取り残されて」報告書
http://oxfam.jp/2012/01/richard_go.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:平和構築フォーラム
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ニュースレターは、無料メルマガ「まぐまぐ!」のシステムを通じて
配信しています。次のウェブサイトから登録・解除いただけます。
http://www.peacebuilding.jp/newsletter.htm
バックナンバーはこちらからご覧いただけます。
http://blog.mag2.com/m/log/0000203690/
ご意見・ご質問は、本フォーラム事務局(上杉・齋藤・XX(編集担当者名))
までご連絡ください。
info@peacebuilding.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング