平和構築フォーラム・ニュースレター

2009/2/20 平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2009/2/20 第36号


カテゴリー: 2009年02月20日
■ 平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2008/2/20 第36号 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いま、平和構築が国際社会の重点的なアジェンダとして大きな注目を集
めています。平和構築にかかわる政策や活動の立案・実施・研究の立場
を横断し、(1)情報や知見の共有(2)政策や活動に向けた新アイ
ディアの検討(3)人材育成などに資する情報交換やネットワーキング
の場として2006年5月に「平和構築フォーラム」がスタートしました。
このニュースレターでは、平和構築関連の最新情報をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
☆ 目次 ☆
 
【1】平和構築関連の今後のイベント
●セミナー「アフリカ支援への多様な視点」(2/21-22・神戸)
●「平和・国際都市渋谷」フォーラム
有森裕子UNFPA親善大使、NHK長尾香里氏 対談(2/23・東京)
●国連事務局リクルート・ミッション講演会
(2/26・東京、2/28・京都、3/6・東京(早稲田大学))
●人間の安全保障シンポジウム(3/11・東京)
●「広島平和構築人材育成センター」のユース向けワークショップ
(3/14-15・広島)
●広島平和構築人材育成センター公開シンポジウム(3/20・広島)
●アフリカン・フェスタ2009 in 横浜(5/16-17・横浜)

【2】平和構築関連の最近のイベント報告
●平和構築人材育成:平成21年度予算の概要
「平和構築人材育成事業の新たな展望」(国連フォーラム勉強会)

【3】平和構築関連の情報・資料
●UNHCR機関誌Refugee is vol4「平和構築と景観設計」を発表
●平成21年度「平和構築人材育成事業」のお知らせ-「本コース」
の海外実務研修の長期化、「シニア専門家向けコース」の新設-
●任期付外務省職員の臨時募集(アフガニスタンのPRT
(地方復興支援チーム)における人道復興支援業務)
●ガザ地区に対する人道支援ファクト・シート(外務省)
●パレスチナ被災民に係る物資協力の実施(外務省)
●東ティモール統合ミッション(UNMIT)のカレSRSGが訪日
●2009年「世界難民の日(6/20)」関連イベント企画者募集
●ケニアのダダーブ難民キャンプの映像(日本UNHCR協会)
●紛争の変容のためのBergohfハンドブック(英文資料)
●天然資源財、紛争と平和構築(英文資料)
●平和構築基金最新情報(英文資料)
●成功のモデル化(英文資料)
●ジャパン・プラットフォーム パレスチナ自治区ガザ人道支援を開始
●みんなの平和教室:日本紛争予防センター 瀬谷ルミ子氏 中国新聞
●赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所オープン
●世界がもし100人の村だったら 完結編 発行
●国連職員NOW! 第94回 国連難民高等弁務官(UNHCR)
駐日事務所 小坂順一郎さん
●国連職員NOW! 第95回 国連開発計画(UNDP)インドネシア事務所
宇野 智之さん
●国連職員NOW! 第96回 国際労働機関(ILO)本部 松沢朝子さん

【4】一押し文献紹介
●戦争と平和の間ー紛争勃発後のアフリカと国際社会 武内進一編 
JETROアジア経済研究所(2008年11月)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

【1】平和構築関連の今後のイベント
●セミナー「アフリカ支援への多様な視点」(2/21-22・神戸)

2月21日(土)〜22日(日)、神戸国際会議場にて、人道支援や
アフリカについて考えるためのセミナー・シリーズの第三弾、
『アフリカ支援への多様な視点』を開催します。

このセミナーには、国際機関やNGOなど支援活動のプロフェッショナル、
紛争問題を研究する人、写真家、ファッション業界の人、ゴリラの研究に
携わる人など、様々な視点を持つ多彩なゲストが集まるセミナーです。
人道支援とアフリカへの理解を深める貴重な機会ですので、
どなた様でも奮ってご参加下さい。

なお国際機関や援助団体へのキャリア・セミナーも同時開催する他、
21日(土)午前(9時45分開場、10時上映開始)には、ウガンダ北部の
子供たちのドキュメンタリー映画「WAR DANCE」を上映します。
(http://www.wardance-movie.com/)

開催日:平成21年2月21日(土)、22日(日)
会 場:神戸国際会議場 3階 国際会議場 
(地図 http://kobe-cc.jp/access/index.html)

プログラム概要はこちら
(※プログラム内容は予告無く変更する場合があります。)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/sem_africa0902.html

主催:外務省 人道支援室

共催:国連児童基金(UNICEF)、国連世界食糧計画(WFP)、
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

協力:国際協力機構(JICA)、国際移住機関(IOM)、国連開発計画(UNDP)、
ジャパン・プラットフォーム(JPF)、大阪大学大学院国際公共政策研究科 
国連政策研究センター 

参加費:無料

言語:日本語、英語(※同時通訳)

その他:22日(日)昼は、セミナー参加者を対象としたランチ・
レセプションを行います(※参加無料)

●「平和・国際都市渋谷」フォーラム
有森裕子UNFPA親善大使、NHK長尾香里氏 対談(2/23・東京)

渋谷区と国連大学の共催で、「平和・国際都市渋谷」フォーラム
が開催されます。

日時:2月23日 午後4時〜午後5時30分、
場所:国連大学 (5階 エリザベス・ローズ国際会議場)。

マラウイの視察を終えたばかりの有森氏と、国際情勢を
掘り下げた報道で活躍中の長尾氏から、ライブでお話を
聞くことのできる機会です。

是非、皆さま、ご参加ください。

なお、事前登録が必要です。お電話にて、渋谷区役所企画部
国際文化交流課国際交流係 TEL 03-3463-1142 まで
お申し込みください。

◇詳細はこちら
http://www.unu.edu/hq/japanese/index-j.htm

●国連事務局リクルート・ミッション講演会(2/26・東京)
今月下旬、国連事務局リクルート・ミッションが訪日する予定ですが、
その際に、東京の国連大学本部で講演会を開催することとなりました。
団長のキャサリン・ポラード人的資源担当国連事務次長補をはじめ、
ミッションの全員がプレゼンを行います。国連でのキャリア
(・アップ)に関心のある皆様におかれては、是非ご参加
いただければ幸いです。

日時:2月26日 18時-20時
会場:国連大学本部ビル(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
ウ・タント国際会議場(定員360名)
http://www.unu.edu/access/ 

◇次第 	
・開会挨拶
国連大学副学長 ゴヴィンダン・パライル氏

・基調講演
人的資源担当国連事務次長補 キャサリン・ポラード氏

・国連での就職機会と求められる人材
国連人的資源管理部アウトリーチ・ユニット長 ジョン・エリクソン氏
国連フィールド支援局アウトリーチ調整官 スーザン・ハンチントン氏
		
・国連の前線からの報告
国連東ティモール統合ミッション・ガバナンス部長 井上健氏
国連人的資源管理部アウトリーチ・ユニット 伊藤美保子氏

・閉会挨拶
外務省総合外交政策局審議官 廣木重之氏

なお、この講演会は、インターネットで生放送され、後日ビデオ録画も
ウェブ上で視聴可能です。是非ご覧下さい。

◇詳細はこちら
http://www.mofa-irc.go.jp/boshu/boshu_ServingUN_BetterWorld.htm
		
申込方法:参加には事前登録が必要です(定員まで先着順で受付)。
参加ご希望の方は、2月25日(水)10時までに、氏名・所属を
電子メールにて、国連広報センター( event@untokyo.jp  )まで
送付願います。受領確認のメールにて「入場票」を送付しますので、
印刷して当日ご持参ください。

◇お申込はこちら(2/26・東京)
http://unic.or.jp/unic/single_event/966		

◇京都での開催(2/28)の詳細・お申し込みはこちら
http://www.mofa-irc.go.jp/boshu/boshu_Employment_at_he_United_Nations.htm

◇東京(早稲田大学)での開催(3/6)の詳細・お申し込みはこちら
http://www.mofa-irc.go.jp/boshu/UN_Recruitment_Mission_to_Japan.htm  	 

●人間の安全保障シンポジウム(3/11・東京)

〜人間の安全保障の実践と理論〜

我が国は、人間の安全保障の推進を日本外交の柱の一つとして位置付け、
二国間援助や我が国が国連に設置した人間の安全保障基金等を通じて、
人間の安全保障の実現に努めています。、

このような日本の努力もあり、国連やG8、ASEANといった国際会議の文書
に人間の安全保障についての記述が盛り込まれ、昨年5月には国連総会
において初めて人間の安全保障に関するテーマ別討論が開催されました。
様々な国際機関やNGOも、人間の安全保障の実現を目指した支援活動
を積極的に行い、日本を始めとする様々な国の研究機関においても、
人間の安全保障に関する研究が進められており、人間の安全保障は、
国際社会において広く認識・議論されるようになってきています。

今回のシンポジウムは、今後、人間の安全保障を更に推進するために、
人間の安全保障委員会関係者や、日本政府関係者、国連機関、NGO、
JICA といった援助関係機関関係者、そして人間の安全保障研究に携わる
有識者の参加の下、現場における人間の安全保障の実践と人間の安全保障に
関する研究の現状・課題を講演・討論を通じて明確にし、国際機関、NGOと
いった援助実施機関と研究機関等の間の協力関係のあり方について提言を
得ることを目的としています。

日時:3月11日(水曜日) 10時〜17時(9時45分開場)(予定)
(ランチブレーク・コーヒーブレークあり)
場所:外務省内(北国際大会議室)

<プログラムの概要> (日英同時通訳)

10時00分
開会の辞(杉山外務省地球規模課題審議官)

10時10分〜11時30分 	
第1セッション:「人間の安全保障の意義・歴史・これまでの取組」
・人間の安全保障委員会関係者基調講演(予定)
・鶴岡外務省国際法局長基調講演
・討論
・質疑応答

11時30分〜13時10分
ランチ・ブレーク

13時10分〜14時20分
第2セッション:「現場における人間の安全保障の実践の現状・課題」
・ヨハン・セルスUNHCR駐日代表講演
・フローデ・モーリングUNDPコソボ常駐代表講演
・長有紀枝 難民を助ける会理事長(ジャパン・プラットフォーム共同代表
理事)講演
・JICA講演
・討論

14時20分〜14時30分
休憩(10分間)

14時30分〜15時40分 
第3セッション:「人間の安全保障に関する研究の現状」
・山影進東京大学教授講演
・フィリップ・オステン慶応大学準教授講演
・星野俊也大阪大学教授講演
・岡野正敬外務省国際法局国際法課長講演
・討論

15時40分〜15時50分
休憩(10分間)

15時50分〜17時00分 
第4セッション:「人間の安全保障の実践と研究の間の協力」
・第2セッションパネリストによるコメント
・第3セッションパネリストによるコメント
・討論

17時00分
閉会

申込締切日:2/27

◇詳細、申込用紙はこちら
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/sy_090311.html

●「広島平和構築人材育成センター」のユース向けワークショップ
(3/14-15・広島)

『平和構築人材育成ユース・ミーティング』を開催

参加する学生・ユースのアイディアを引き出す役として
国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日副代表の岸守一氏が
ファシリテータを務めます。

開催日時:3月14日−15日(合宿)、3月 20日(公開シンポジウム)

場所:合宿―アステールプラザ(広島市中区加古町) 
公開シンポジウム―広島国際会議場「ヒマワリ」(広島市中区中島町)

費用:宿泊費・参加費無料

募集人数:30名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

応募締切:3月6日(金)

募集対象:
・平和や国際貢献に関心があり、本企画の趣旨をご理解の上、積極的な
意見交換の意欲をお持ちの高校生から20代までのユースの方
・日本国内に在住の方
・原則として、本企画の全てのスケジュールに参加可能な方

◇お問い合わせ・詳細はこちら
http://www.unhcr.or.jp/Tokyo-Release/2009/090314.html
http://www.peacebuilderscenter.jp/hpceventmarch2008.html

●広島平和構築人材育成センター公開シンポジウム(3/20・広島)

広島に 平和の担い手づくり専門家 集まる

平和の担い手を育成する本事業の目的の下、平和構築の最前線の実務者
たち、未来の平和の担い手であるユース世代、そして平和への強い想い
を持ったヒロシマの市民の方々が、3月20日国際会議場に集います。

広島平和構築人材育成センター(HPC)では、2007年度より
外務省委託「平和構築分野の人材育成のためのパイロット事業」
を実施しており、この事業では、国連や国際NGOなど、平和
構築の現場で働くエキスパートを育てようという目的で、国内研修
海外実務研修、さらに就職支援を行っています。初年度から多くの
研修員の国際機関への就職が決定し、本事業の高度な内容と効果は
国内外から高く評価されています。

本事業の一環として、3月20日、広島国際会議場にて公開のシンポジウム
を開催し、各国の平和構築分野の研修実施機関の専門家を集め、平和
構築分野のための人材育成の現状と展望について意見交換を行います。

本シンポジウムは、平和構築の担い手づくりに携わる世界各国の専門家
たちから、世界の平和構築の人材育成の現状について聞くことのできる
貴重な機会です。14日から行われるユース向けワークショップを通して
国際貢献に関心を持つ若い世代と共に平和構築分野で求められている
人材のあり方を主体的に捉え、人材育成には何が必要かを話し合い、
自分たちなりの答えを導き出していく、という企画を実施致します。

本シンポジウムを通して、将来に繋がる若い世代の平和構築への意欲や
行動力を感じていただきたいと思います。

日時:2008年3月20日(金・祝)14:00〜16:40
場所:広島国際会議場 ヒマワリ
主催:広島大学広島平和構築人材育成センター
共催:外務省・特定非営利活動法人ピースビルダーズ

◆プログラム◆
14:00−14:10 開会の言葉

14:10−14:30 「平和構築人材育成ユース・ ミーティング」報告
「ユース・ミーティングの意義と感想」
同ミーティングファシリテーター・岸守一氏(国連難民高等弁務官(UNHCR)
駐日事務所副代表)とユース・ミーティング参加者による発表。

14:30−16:30 平和構築現場の変化、課題、展望
篠田事務局長がHPCの概要説明の後、過去2年間の活動を 振り返る。
HPCのパートナーとして、国内研修に協力してきた3団体から、
平和構築の現場の変化と新たな要請と照らし合わせ、HPCの研修に
対するコメントを寄せてもらいます。この報告に対して、
日本の平和構築支援の3本柱である外務(政治)、防衛(治安)、
JICA(開発)の各視点から、コメントをいただきます。

篠田英朗 
広島平和構築人材育成センター事務局長、
広島大学平和科学研究センター准教授

上杉勇司
広島平和構築人材育成センタープログラム・オフィサー、
広島大学 大学院国際協力研究科 准教授

アン・リビングストンAnn Livingstone
ピアソン平和維持センター副代表(カナダ)

ヨーナス・アルベロートJonas Alberoth
フォルケ・ベルナドッテ・アカデミー副所長(スウェーデン)

パトリシア・カラム Patricia Karam
国際移行期正義センター政策立案者・市民社会ユニット副部長

16:30−16:40 閉会の言葉
中込正志
外務省総合外交政策局国際平和協力室長

◆研修機関専門家会合との関連◆
HPCでは、本公開シンポジウムと同時期に、世界の平和構築関連の
研修機関・実務機関研修担当者約20名を招き、ワークショップ 
(非公開)を開催します。専門家が経験を共有し、平和構築分野
の人材育成策の課題と展望について話し合うもので、ワーク
ショップ参加者は上記の公開シンポジウムにも列席します。

ワークショップ参加機関(予定、順不同)
Centre for United Nations Peacekeeping, United Service Institution
of India (USI-CUNPK) (インド)、Malaysian Peacekeeping Training
Centre (マレーシア)、Search for Common Ground (ネパール)、
International Alert (イギリス)、Cairo  Regional Center for Training
 on Conflict Resolution and Peacebuilding in Africa (CCCPA) (Egypt)
Ecole du Maintien de la Paix du Mali(マリ) 、University for Peace
 (コスタリカ) 、独立行政法人国際協力機構(JICA)(日本)、
Norwegian Institute of International Affairs (ノルウェイ) 、
the Peace Building and Development Institute, American University
 (アメリカ) 、CMC Finland  (フィンランド) 、Center for 
International Peace Operations(ZIF) (ドイツ) 、
陸上自衛隊中央即応集団(日本)、Kofi Annan International
 Peacekeeping Training Centre (KAIPTC) (ガーナ) 、 他

概要はこちら
http://www.peacebuilderscenter.jp/hpceventmarch2008.html

●アフリカン・フェスタ2009 in 横浜(5/16-17・横浜)
アフリカン・フェスタは、アフリカへの理解・支持を幅広い層に訴える
ために開催する外務省主催のイベントです。昨年は横浜において第四回
アフリカ開発会議(TICAD IV)が開催されたことに合わせ、横浜にて開催
しました。本年につきましても、TICAD IV一周年を記念して、昨年同様に
横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて開催する予定です。

例年同様、NGO団体、駐日アフリカ大使館等のブース出展も募集を行う
予定です。プログラム詳細等も含め、詳しくは近日中に立ち上げる
公式ホームページでお知らせします。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/african_f_09.html


【2】平和構築関連の最近のイベント報告
●平和構築人材育成:平成21年度予算の概要
「平和構築人材育成事業の新たな展望」(国連フォーラムの勉強会)
http://www.unforum.org/lectures/53.html

【3】平和構築関連の情報・資料
●UNHCR機関誌Refugee is vol4「平和構築と景観設計」を発表
セミナー『アフリカ支援への多様な点』【神戸】にて、発表
詳細はhttp://www.unhcr.or.jp/Tokyo-Release/2009/090314.html

●平成21年度「平和構築人材育成事業」のお知らせ
「本コース」の海外実務研修の長期化、「シニア専門家向けコース」の新設
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/peace_b/h21_ji.html

●任期付外務省職員の臨時募集(アフガニスタンのPRT
(地方復興支援チーム)における人道復興支援業務)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/ninki/afghan_prt.html

●ガザ地区に対する人道支援ファクト・シート(外務省)
我が国は、ガザ地区のパレスチナ被災民に対し様々な支援を
実施しています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/plo/gaza_fs.html

●パレスチナ被災民に係る物資協力の実施(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/1/1186809_1090.html

●東ティモール統合ミッション(UNMIT)のカレSRSGが訪日
アトゥール・カレ東ティモール担当国際連合事務総長特別代表兼国際連合
東ティモール統合ミッション(UNMIT)代表の中曽根大臣表敬について

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/2/1187814_1092.html

●2009年「世界難民の日(6/20)」関連イベント企画者募集
4月中旬から7月にかけて同上イベントの全国各地での関連イベントを
企画してくださる方を募集しています。

イベント登録のご案内
http://www.japanforunhcr.org/event/pdf/2009WRDannai.pdf

イベント登録申込書
http://www.japanforunhcr.org/event/pdf/2009WRDoffer.pdf

昨年の登録イベント
http://www.japanforunhcr.org/event/event_wrd08.html

●ケニアのダダーブ難民キャンプの映像(日本UNHCR協会)
http://www.japanforunhcr.org/act/a_africa_somalia_01/#200902Dadaab

●紛争の変容のためのBergohfハンドブック(英文資料)

Bergohf Handbook for Conflict Transformation
http://www.berghof-handbook.net/std_page.php?LANG=e&id=253&parent=5

●天然資源の富、紛争と平和構築(英文資料)

Natural Resource Wealth, Conflict and Peacebuilding
http://www.cmi.no/publications/publication/?3283=natural-resource-wealth-conflict

●平和構築基金最新情報(英文資料)
http://www.un.org/peace/peacebuilding/PBCFastFacts/PBFBulletinJanuary2009.pdf

●成功のモデル化(英文資料)

Modeling Success: Governanve and Institution Building in West Africa
http://www.peacebuildinginitiative.org/_data/global/images/modelling%20success%20in%20West%20Africa.%201.23.09.pdf

●ジャパン・プラットフォーム パレスチナ自治区ガザ人道支援を開始
http://122.200.228.172/mtnews/2009/02/090205.html

●みんなの平和教室:日本紛争予防センター 瀬谷ルミ子氏 中国新聞
https://www.chugoku-np.co.jp/hiroshima-koku/classroom/index_20090210.html

●赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所オープン
http://www.jrc.or.jp/oshirase/l3/Vcms3_00001027.html

●世界がもし100人の村だったら 完結編 発行
http://www.unfpa.or.jp/4-2.html#00

●国連職員NOW! 第94回 国連難民高等弁務官(UNHCR)
駐日事務所 小坂順一郎さん
http://www.unforum.org/unstaff/94.html

●国連職員NOW! 第95回 国連開発計画(UNDP)インドネシア事務所
宇野 智之さん
http://www.unforum.org/unstaff/95.html

国連職員NOW! 第96回 国際労働機関(ILO)本部 松沢朝子さん
http://www.unforum.org/unstaff/96.html

【4】一押し文献紹介
●戦争と平和の間ー紛争勃発後のアフリカと国際社会 武内進一編 
JETROアジア経済研究所(2008年11月)
http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Books/Sousho/573.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:平和構築フォーラム
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ニュースレターは、無料メルマガ「まぐまぐ!」のシステムを通じて
配信しています。次のウェブサイトから登録・解除いただけます。
http://www.peacebuilding.jp/newsletter.htm
バックナンバーはこちらからご覧いただけます。
http://blog.mag2.com/m/log/0000203690/
ご意見・ご質問は、本フォーラム事務局(上杉・齋藤・宮川)
までご連絡ください。
info@peacebuilding.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング