平和構築フォーラム・ニュースレター

平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2008/09/23 第33号


カテゴリー: 2008年09月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2008/09/23 第33号 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いま、平和構築が国際社会の重点的なアジェンダとして大きな注目を集
めています。平和構築にかかわる政策や活動の立案・実施・研究の立場
を横断し、(1)情報や知見の共有(2)政策や活動に向けた新アイ
ディアの検討(3)人材育成などに資する情報交換やネットワーキング
の場として2006年5月に「平和構築フォーラム」がスタートしました。
このニュースレターでは、平和構築関連の最新情報をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
☆ 目次 ☆
 
【1】平和構築関連の最近のイベント報告
●公開セミナー 国連による平和構築が直面する課題:現場からの教訓と
新しい取組 (7/25・東京) 
●平和構築分野の人材育成のためのパイロット事業 開講式と研修員によ
る福田総理大臣表敬訪問(8/25・東京)

【2】平和構築関連の今後のイベント
●外務省・平和構築人材育成事業 説明会開催(10/2・東京)
●ユニセフ・キャリアセミナー (10/3・東京)
●グローバルフェスタJapan2008 (10/4-5・東京)
●早稲田大学・東京外国語大学共催
シンポジウム「Peace Ad − 平和コミュニケーションの挑戦」(10/4・東京)
展示「Peace AD Exhibition」(9/29-10/4・東京)
●セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン教育ワークショップ 
「権利アプローチに基づいた基礎教育支援の質の向上−緊急から復旧・復興
へ−」(10/10-12、11/21-23・東京)

【3】平和構築関連の情報・資料
●川上隆久 前国際連合代表部公使参事官の国連東ティモール統合ミッショ
ン事務総長副特別代表指名について
●JICA「人」明日へのストーリー
「フィリピン・ミンダナオ島で平和構築に向けたプロジェクトの推進」
●東京財団・国連研究プロジェクト記事掲載(平和構築関連情報多数)
●第15回JCCP研究会開催報告掲載
●広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式 内閣総理大臣挨拶において平和構
築に関する言及
●ルート氏、平和構築支援事務局事務局長就任
●人間の安全保障基金によるコンゴ民主共和国における「イツリ地方におけ
る統合されたコミュニティ強化と平和構築支援」への支援について 
●「平和構築基金・国連事務総長第2回報告書」
●「平和構築基金最新情報」
●2008年カンボジア王国国民議会選挙日本政府選挙監視団声明の発出
●中満泉・一橋大学客員教授の国連平和維持活動局政策・評価・訓練部長へ
の採用について
●国連フォーラム「国連職員NOW」「私の提言」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【1】平和構築関連の最近のイベント報告

●公開セミナー 国連による平和構築が直面する課題:現場からの教訓と新
しい取組 (7/25・東京) 

7月25日、東京の国連大学にて、国連平和構築支援事務局(PBSO)、広島
平和構築人材育成センター(HPC)、国連大学(UNU)、外務省の共催、国連
ボランティア計画(UNV)、NPO法人ピースビルダーズ(PB)の後援により、
公開セミナー「国連による平和構築が直面する課題:現場からの教訓と新し
い取組」が開催されました。

セミナーでは、PBSOやネパール、レバノン、ブルンジ、ギニアビサウ、エチ
オピアの現地国連関連事務所関係者から、世界各地での国連の取組について
報告が行われ、大島賢三国際協力機構(JICA)副理事長(前国連大使・前国
連平和構築委員会議長)、長谷川祐弘法政大学教授(前国連事務総長特別代
表(東ティモール担当))より、今後の主要課題についてコメントがなされ
ました。最後に、秋元外務省総合外交政策局審議官(国連担当大使)が閉会
挨拶を行いました。

概要・資料及びプログラムが以下のウェブサイトに掲載されました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/peace_b/sem_080725.html
http://www.mofa.go.jp/policy/un/pko/seminar0807/program.pdf

当日の議論の様子は、UNUビデオポータルのWebcastでご覧いただけます。
http://c3.unu.edu/unuvideo/index.cfm?fuseaction=event.home&EventID=199

○現場からの報告関連資料
ビンセント・カイジュカ国連ブルンジ統合事務所(BINUB)戦略企画官の報
告(ブルンジ)
http://www.mofa.go.jp/policy/un/pko/seminar0807/burundi.pdf
ローラ・ボローニャ事務総長副特別代表特別補佐官 国連ネパール政治ミ
ッション(UNMIN)(ネパール)
http://www.mofa.go.jp/policy/un/pko/seminar0807/nepal.pdf
ジャネット・マードック国連ギニアビサウ平和構築事務所(UNOGBIS)平和
・ガバナンス・アドバイザー(ギニアビサウ)
http://www.mofa.go.jp/policy/un/pko/seminar0807/guinea_b.pdf
同上(アフリカ諸国)
http://www.mofa.go.jp/policy/un/pko/seminar0807/africa.pdf

○秋元義孝外務省総合外交政策局審議官による閉会挨拶
http://www.mofa.go.jp/policy/un/pko/seminar0807/remark.pdf

●平和構築分野の人材育成のためのパイロット事業 開講式と研修員による
福田総理大臣表敬訪問(8/25・東京)

世界各地の平和構築の現場で支援を行うために必要となる実践的能力を備え
た日本人・アジア人を育成する事業で本年度で2回目となります。同事業の
研修開講式が8月25日、都内で行われました。 
http://www.peacebuilderscenter.jp/openning20080825.html

研修員による福田総理大臣表敬訪問について掲載されました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/peace_b/sh_080825.html

各講義の概要をウェブサイトで紹介しています。
http://www.peacebuilderscenter.jp/2008lectures.html

【2】平和構築関連の今後のイベント

●外務省・平和構築人材育成事業 説明会開催(10/2・東京)

10月2日(木)午後6時半より東京・国連大学にて、平和構築人材育成事業
の説明会が開催されます。来年度の研修員の募集についての紹介や、今年度の
研修員と直接話す機会もあります。
詳細は外務省のウェブサイトにて近日中に発表される予定です。

●ユニセフ・キャリアセミナー (10/3・東京)

10月3日(金)15時〜、東京・JICA地球ひろばにて、ユニセフキャリ
アセミナー「〜国際機関での活躍を志す人へ〜『UNICEF - Career Information 
Seminar ver.2』」 が開催されます。

今回はユニセフ本部より、人事部外部人材登用担当官・玉内みちる氏が来日。
「ユニセフでのキャリア形成〜日本人の最も苦手とする面接突破に向けて〜」
をテーマに、将来ユニセフを含め国際機関で働くことを目指す日本の方々が
対象となっています。

日時:10月3日(金)15〜17時(14時半受付開始)
場所: JICA地球ひろば3F講堂
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html  

使用言語: 日本語 
費 用: 無料 
定 員: 200名 
主 催: 国連児童基金(ユニセフ)東京事務所 
協 賛: 国際協力機構(JICA) 

問合せ先/申込先: 国連児童基金(ユニセフ)東京事務所(担当:草道)
Tel.:03-5467-4435 / Fax:03-5467-4437
E-mail: tokyo@unicef.org  
締め切り: 2008年9月30日(火) 

セミナーに関する詳細は以下のウェブサイトでご覧頂けます。
http://www.unicef.or.jp/osirase/back2008/0809_02.htm

●グローバルフェスタJapan2008 (10/4-5・東京)

グローバルフェスタは「10月6日は国際協力の日」を記念して開催される
国内最大級の国際協力のイベントです。1990年より毎年開催されており、今
年で18回目の開催となります。今年は「地球を守るメッセージ〜ひとりひ
とりが「地球市民」〜」をメインテーマに、東京・日比谷公園で開催されま
す。

日時: 2008年10月4(土)、5日(日)
場所: 東京・日比谷公園
参加費:無料
主催: グローバルフェスタJAPAN2008実行委員会 
共催: 外務省・独立行政法人国際協力機構(JICA)・(特活)国際協力NGOセン
ター(JANIC) 

イベントに関する詳細は以下のウェブサイトからご覧いただけます。
http://www.gfj2008.com/index.html

●早稲田大学・東京外国語大学共催
シンポジウム「Peace Ad − 平和コミュニケーションの挑戦」(10/4・東京)
展示「Peace AD Exhibition」(9/29-10/4・東京)

 Peace AD―Peace Advertisement(「平和広告」)とは、「広告」というコ
ミュニケーションの一形態を用い、現代の情報技術を活用することによって、
平和へのメッセージを伝えて平和への行動を促すという平和構築の取り組み
の一つです。

展示「Peace AD Exhibition」では、紛争地域出身の学生たちによる、紛争と
平和に関するメッセージを「広告」(ポスター)という形で表現しています。
シンポジウム「Peace Ad − 平和コミュニケーションの挑戦」では、平和構
築の実践者、研究者、クリエイターを招き、Peace ADが平和を構築していく
可能性について議論を行います。

○主催
東京外国語大学大学院地域文化研究科平和構築・紛争予防講座
http://www.tufs.ac.jp/common/pg/pcs/index.html
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター
http://www.waseda.jp/wavoc/

○企画内容
(1)展示「Peace AD Exhibition」
東京外国語大学で開講されている「Peace Advertisement」受講生のポスター
の展示と、映像クリエイターの手によるPeace ADの映像作品上映。
 
日時:2008年9月29日(月)〜10月4日(土)
   10時(初日13時)〜18時(最終日16時)
場所:早稲田大学ワセダギャラリー 
http://www.waseda.jp/cac/gallery.html

(2)シンポジウム「Peace Ad − 平和コミュニケーションの挑戦」

同大学の伊勢崎賢治教授(元アフガニスタン武装解除日本政府特別代表、元
国連シエラレオネ派遣団DDR部長)が、アジア、アフリカでの紛争処理の経
験からPeace ADへ取り組むようになった経緯とPeace ADの可能性について講
演。Peace ADのクリエイターによる映像プレゼンテーションと、パネルディ
スカッションで、Peace ADの可能性や今後の発展について議論を深めます。

日時:2008年10月4日(土)13時〜16時
場所:早稲田大学大隈記念タワー302会議室(3階)
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda_up.html

プログラム概要:
基調講演 伊勢崎賢治(東京外国語大学教授・PCS講座長)
「『紛争屋』が到達した平和構築論−平和コミュニケーションの挑戦」
プレゼンテーション   マエキタミヤコ(東京外国語大学助教/サステナ代表) 
伊藤剛(東京外国語大学非常勤講師/ジェネレーションタイムズ編集長)
パネルディスカッション :伊勢崎賢治、マエキタミヤコ、伊藤剛

○シンポジウムへの参加申し込み
10月3日(金)17時までに、komine@tufs.ac.jp宛にメールで申込み下さい。
表題に「Peace ADシンポ参加希望」と明記の上、(1)ご氏名、(2)所属先
(3)肩書き(学生なら学部・学年)を記載。

○問合わせ先
東京外国語大学大学院地域文化研究科平和構築・紛争予防講座(担当:小峯)
〒183-8534東京都府中市朝日町3-11-1  電話&FAX:042-330-5472
E-mail:komine@tufs.ac.jp (9/29〜10/4 090-3286-6463(小峯))

●セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン教育ワークショップ 
「権利アプローチに基づいた基礎教育支援の質の向上−緊急から復旧・復興へ−」
(10/10-12、11/21-23・東京)
 
(社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、権利基盤型アプローチに基づい
た基礎教育支援一般、紛争・災害時の基礎教育支援についてのワークショップ
を開催します。

1.内容・スケジュール
(1)ワークショップ1: 権利アプローチと基礎教育支援
日時:2008年10月10日(金)、11日(土)、12日(日)9:30〜17:30
申込締切:9月26日
(2)ワークショップ2: より効果的な基礎教育支援に向けて−緊急から復旧・
復興へ−
日時:2008年11月21日(金)、22日(土)、23日(日)9:30〜17:30
(1日目:ステークホルダー分析、2・3日目:プランニング 

申込締切:いずれも10月31日
参加費: 無料
協力: NGO教育協力ネットーワーク(JNNE)、財団法人日本ユニセフ協会、
ユニセフ駐日事務所、早稲田大学グローバルCOEプログラム『アジア地域統合の
ための世界的人材育成拠点』「アジアの人権ガバナンス」研究プロジェクト

2.会場:独立行政法人 国際協力機構 国際協力総合研修所 4階
http://www.jica.go.jp/kokusouken/office/map.html

3.申込方法:所定のフォームに記載の上、下記宛にメールで申込み下さい。
(社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン NGO研究会事務局
Email: workshop@savechildren.or.jp

詳細と申込フォームは以下のウェブサイトから入手頂けます。
http://www.savechildren.or.jp/news/2008/20080901workshop.html 

【3】平和構築関連の情報・資料

●川上隆久 前国際連合代表部公使参事官の国連東ティモール統合ミッション
事務総長副特別代表指名についてウェブサイトに掲載されました。(9/3)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/20/dga_0903.html

●JICA「人」明日へのストーリー
「フィリピン・ミンダナオ島で平和構築に向けたプロジェクトの推進」(9/3)

ミンダナオ島西部地域の国際監視団に「ミンダナオ復興・開発担当上級アドバ
イザー」として8月下旬より派遣されている菊地智徳氏へのインタビュー記事
が掲載されました。
http://www.jica.go.jp/story/interview/interview_66.html

●東京財団・国連研究プロジェクト記事掲載(平和構築関連情報多数)

東京財団『国連研究プロジェクト』(リーダー:北岡伸一主任研究員)では、
国連外交に関心を持つ方々のために、外交の現場レポート、研究動向、関連
書籍などの情報を提供し、国連に対する理解をより深めていただくことを目
指しています。

○「平和構築委員会(PBC)議長国としての一年の活動を振り返って」
 遠藤彰氏(国連代表部参事官)が掲載されました。(9/2)
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=314

○「ジェンダー分野に関する国連の体制:現状と今後の展望」野村文月氏
(国連代表部専門調査員)が掲載されました。(9/2)
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=315

○2008年度第4回国連研究プロジェクト研究会(議事録概要)
「『国家建設における民軍関係:破綻国家再建の理論と実践をつなぐ』を読む」
作成:都築正泰(東京大学大学院法学政治学研究科)が掲載されました。
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=316

○2008年度第3回国連研究プロジェクト研究会(議事録概要)
「アフリカの安全保障」が掲載されました。(8/1)
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=304

○都築正泰氏による【紹介記事】ゲエノ国連PKO担当事務次長講演(PKO
60周年セミナー)が掲載されました。
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=305

●第15回JCCP研究会開催報告掲載(8/28)

8月28日に開催された「第15回日本紛争予防センター研究会」の議事録が
掲載されました。
テーマ「スーダン・ダルフールにおける国内避難民(IDP)保護:現状と課題」
講師:帯刀豊氏 (UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)スーダン・ダルフール事務
所難民保護担当指揮官。
http://www.jccp.gr.jp/biz/hr_dev/study_15.html

●広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式 内閣総理大臣挨拶において平和構
築に関して言及されました。

http://www.kantei.go.jp/jp/hukudaspeech/2008/08/06aisatu.html

●ルート氏、平和構築支援事務局事務局長就任(8/7)

潘基文国連事務総長は8月7日、平和構築支援事務局(PBSO)事務局長に、
ジェーン・ホール・ルート氏をキャロライン・マカスキー氏の後任として指名
しました。

http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=27630&Cr=peacebuilding&Cr1=
http://www.un.org/peace/peacebuilding/pbso.shtml

●人間の安全保障基金によるコンゴ民主共和国における「イツリ地方における統
合されたコミュニティ強化と平和構築支援」への支援について (8/4)

我が国及び国連は、8月4日、国連開発計画(UNDP)、国連食糧農業機関(
FAO)、国連児童基金(UNICEF)及び国連難民高等弁務官事務所(UN
HCR)がコンゴ民主共和国において実施する「イツリ地方における統合された
コミュニティ強化と平和構築支援プロジェクト」に対し、人間の安全保障基金を
通じ、516万2,305.62ドル(約5億8,334万円)の支援を行うことを決定しました。 

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/8/1182357_914.html

●「平和構築基金・国連事務総長第2回報告書」(8/4)

国連事務総長による平和構築基金の過去一年(2007年7月から2008年6
月)の活動概要をまとめた報告書(The Peacebuilding Fund: Second Report of 
the Secretary-General)が発表されました。
http://daccessdds.un.org/doc/UNDOC/GEN/N08/450/12/PDF/N0845012.pdf?OpenElement

●「平和構築基金最新情報」(8/1)

平和構築基金最新情報(PBF Bulletin)が掲載されました。
http://www.un.org/peace/peacebuilding/PBCFastFacts/PBFBulletin1August2008.pdf

●2008年カンボジア王国国民議会選挙日本政府選挙監視団声明の発出(7/28)

7月20日に行われたカンボジア国民議会選挙への日本政府監視団の声明が掲載
されました。平和構築フォーラムからは、齋藤昌子が監視団に参加しました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/7/1182156_912.html

●中満泉・一橋大学客員教授の国連平和維持活動局政策・評価・訓練部長への採
用について掲載されました。(7/12)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/7/1181757_912.html

●国連フォーラム「国連職員NOW」「私の提言」

国連フォーラムでは、平和構築関連の国連職員に最近行ったインタビューや、提
言を掲載しています。

○「国連職員NOW」
吉田 真紀さん 
国連事務局・政務局

マレーシア航空で広報担当として勤務した後、「伝説のDJ」と言われるほど
ラジオDJとして大成功した吉田真紀さんが、そのコミュニケーション能力を
活かして国連でご活躍されています。
http://www.unforum.org/unstaff/82.html

○「私の提言:緊急援助から開発協力へのスムーズな移行のために」
国際開発センター・田中清文さん

シエラレオネでの教育省を通じたコミュニティ開発プロジェクトでの経験と教
訓を元に、緊急援助から開発協力へとどうスムーズに移行させていくべきかを
提言されています。
http://www.unforum.org/teigen/13.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:平和構築フォーラム
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ニュースレターは、無料メルマガ「まぐまぐ!」のシステムを通じて配信し
ています。次のウェブサイトから登録・解除いただけます。
http://www.peacebuilding.jp/newsletter.htm
バックナンバーはこちらからご覧いただけます。
http://blog.mag2.com/m/log/0000203690/
ご意見・ご質問は、本フォーラム事務局(上杉・齋藤・宮川)
までご連絡ください。
info@peacebuilding.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング