平和構築フォーラム・ニュースレター

平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2008/5/12 第31号


カテゴリー: 2008年05月12日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 平和構築フォーラム・ニュースレター ■ 2008/5/12 第31号 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いま、平和構築が国際社会の重点的なアジェンダとして大きな注目を集
めています。平和構築にかかわる政策や活動の立案・実施・研究の立場
を横断し、(1)情報や知見の共有(2)政策や活動に向けた新アイ
ディアの検討(3)人材育成などに資する情報交換やネットワーキング
の場として2006年5月に「平和構築フォーラム」がスタートしました。
このニュースレターでは、平和構築関連の最新情報をお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
☆ 目次 ☆
 
【1】平和構築フォーラムの最新情報
●第18回平和構築フォーラム·セミナーのご案内(5/19・東京)
「国家建設における民軍関係ー破綻国家再建の理論と実践をつなぐ」
(広島平和構築人材育成センター・研修員募集説明会も行います)

 【2】平和構築関連の今後のイベント
●国連フォーラム「平和構築における人材育成の課題と展望」
(5/15・ニューヨーク)
●国際協力機構「人間の安全保障の実践を考えるセミナー」シリーズ  
―ボスニア・ヘルツェゴビナ スレブレニツァ地域の帰還民を含めた住
民自立支援計画の事例から共に考えよう!― (5/16・東京)
●広島平和構築人材育成センター募集説明会のご案内
(5/23・東京、ほか)
●第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)(5/28-30・横浜)
●広島大学第20回東京イブニングセミナー「広島発、現地主導の平和
構築」(5/30・東京)
●秋野豊メモリアルコンサート(7/19・つくば)

 【3】平和構築関連の情報・資料
●外務省・国際平和協力調査員募集(5/15締切)
●広島平和構築人材育成センター・職員募集(5/23締切)
●広島平和構築人材育成センター・研修員募集(6/16締切)
●G8平和構築専門家会合(4/22・東京)
●東京財団・国連ウォッチング(平和構築関連情報多数)
●IDP問題の恒久的解決に関する報告書
●OECD/DAC・紛争予防と平和構築活動ガイド
●説得力:平和創造におけるインセンティブ、制裁、コンディショナリティ
 
【4】一押し文献紹介
(平和構築関連書籍を紹介します)
 
【事務局より】
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【1】平和構築フォーラムの最新情報
 
●第18回平和構築フォーラム·セミナーのご案内(5/19·於東京)
「国家建設における民軍関係ー破綻国家再建の理論と実践をつなぐ」

現代の平和構築における新しい課題として、民軍関係が注目を集めて
います。本セミナーでは、今月発売された上杉勇司·青井千由紀編
『国家建設における民軍関係ー破綻国家再建の理論と実践をつなぐ』
(国際書院)の執筆者を中心に、破綻国家再建の理論的枠組みを
提示するとともに、アフリカをはじめとする破綻国家再建の実践を
通じて浮かび上がってきた民軍関係の主要な論点に焦点を当てて
議論を行います。また、広島平和構築人材育成センター(HPC)
の本年度日本人研修員募集(研修は本年8月下旬〜来年3月予定、
募集締切は6月16日)についてのミニ説明会も併せ開催します。

日時:2008年5月19日(月)17:30〜19:30
場所:青山学院大学 総合研究ビル10階 第18会議室(定員:65名)

第一部 国家建設における民軍関係(17:30-19:00)
[報告]
青井千由紀(青山学院大学准教授)
中満泉(一橋大学客員教授)
瀬谷ルミ子(日本紛争予防センター事務局長)
今井千尋(東京外国語大学研究員)
上杉勇司(広島大学准教授、平和構築フォーラム事務局)
[コメント]
岸守一(UNHCR駐日副代表、平和構築フォーラム共同発起人)
濱田貴之(防衛省陸上幕僚監部副法務官)

第二部 HPC研修員募集ミニ説明会(19:00-19:30)
紀谷昌彦(外務省国際平和協力室長)
上杉勇司(HPCプログラムオフィサー)

参加費:無料
申込締切:5月18日(日)まで(先着順)
申込・問合せ先:「第18回平和構築フォーラム・セミナー参加申込」
(または問合せ)と件名に記入し、氏名、所属、電子メールアドレスを
info@peacebuilding.jp(担当:上杉)まで電子メールでお送りください。
共催:平和構築フォーラム、青山学院大学、日本紛争予防センター(JCCP)
   広島平和構築人材育成センター(HPC)

*なお、当日は上記書籍を先着40名に限り、3000円(税込み)にて
販売いたします(通常は3400円+税)。


【2】平和構築関連の今後のイベント
 
●国連フォーラム「平和構築における人材育成の課題と展望」
(5/15・ニューヨーク)

勉強会開催のお知らせ:
5月15日(木)広島大学平和科学研究センター准教授、
広島平和構築人材育成センター事務局長 篠田英朗さん
「平和構築における人材育成の課題と展望」

来たる5月15日(木)、国連日本政府代表部と国連フォーラム共催の
平和構築分野における人材育成をテーマにした勉強会が、
ニューヨークで開催される予定です。「平和構築における人材育成の
課題と展望」と題し、講師には、広島大学平和科学研究センター准教授、
広島平和構築人材育成センター事務局長を務めておられる篠田英朗氏
をお招きします。今年で2年目を迎える外務省委託「平和構築分野の
人材育成のためのパイロット事業」における初年度の成果を振り返り
ながら、日本の平和構築分野での人材育成の問題点やそれに対する取
組み、今後の展望についてお話しして頂く予定です。
皆様、奮ってご参加ください。 本文へ⇒

http://www.unforum.org/lectures/top.html


●国際協力機構「人間の安全保障の実践を考えるセミナー」シリーズ  
―ボスニア・ヘルツェゴビナ スレブレニツァ地域の帰還民を含めた住
民自立支援計画の事例から共に考えよう!― (5/16・東京)

ボスニア・ヘルツェゴビナでは、旧ユーゴスラビアからの独立をめぐる
国内紛争が1995年に終息し難民・国内避難民の帰還が始まっています。
しかし、帰還家族や一家の働き手を失った母子家族は経済基盤が弱く、
人々は様々な援助に頼っています。また、民族間に残された不信感情は
地域社会の発展を妨げています。

このような状況下、JICAは、紛争末期にボスニア系(ムスリム)住民と
セルビア系住民の対立が激化し、大量虐殺が起きたスレブレニツァ市で、
民族和解の促進に配慮した復興・開発を進めています。このセミナーでは、
民族間の共働事業を通じて信頼醸成を促進している、「スレブレニツァ
地域の帰還民を含めた住民自立支援計画」を、題材に作成したビデオ「現
場に見る人間の安全保障」を上映した上で、一時帰国中の大泉泰雅専門家
(農村開発)からのお話も交えつつ、人間の安全保障の実現に近づけるた
めの工夫・アイデアについて意見交換する予定です。

日時:5月16日(金曜)18時30分から20時
会場:JICA地球ひろば 1階 市民のひろば
主催:JICA
参加費:無料
申込方法:電話またはEメールにて、JICA地球ひろば 地球案内デスク
までお申込ください(その際、お名前と連絡先をお知らせください)。
JICA地球ひろば 地球案内デスク
電話番号:0120-767278
chikyuhiroba@jica.go.jp

http://www.jica.go.jp/hiroba/event/200805.html#a01-516-01



●広島平和構築人材育成センター・募集説明会のご案内
(5/23・東京、5/26・大阪他)

平成20年度外務省委託「平和構築分野の人材育成のためのパイロット事業」
説明会開催のお知らせ(転送歓迎)
 
昨年度に引き続き平成20年度においても、広島大学が外務省より「平和構築
分野の人材育成のためのパイロット事業」を受託し、広島平和構築人材育成セ
ンター(Hiroshima Peacebuilders Center:HPC)」が、事業実施にあたります。

この事業では、平和構築の分野で活躍する人材を育成するための、専門知識と
技術を得るための日本国内での研修、平和構築の現場での海外実務研修、そし
て多方面での就職支援を行っていきます。

昨年度の事業は成功のうちに幕を閉じ、既に多くの研修員の国際機関等への就
職も決まっています。よりたくさんの方々に本事業を知っていただき、研修員
にご応募いただくため、下記のとおり、募集説明会を開催します。この機会に
是非ご参加ください。
 
○HPC事業報告・説明会
日時:5月23日(金)18:00〜19:00 
主催:広島平和構築人材育成センター
後援:特定非営利活動法人ピースビルダーズ(PB)
    特定非営利活動法人ジャパンプラットフォーム(JPF)(申請中)
テーマ:「日本の平和構築分野の人材育成はどうあるべきか」
場所:キャンパスイノベーションセンター国際会議室
東京都港区芝浦3-3-6 
(JR田町駅芝浦口徒歩1分)
http://cic-hp.zam.go.jp/tokyo/access.php
パネリスト:篠田英朗(HPC事務局長)
       上杉勇司(HPCプログラム・オフィサー)
       紀谷昌彦(外務省総合外交政策局国際平和協力室長)
       平成19年度HPC事業研修員(若干名)
 
○HPC講演会・募集説明会
日時:5月26日(月)15:00〜17:00
主催:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSSIP)
    広島平和構築人材育成センター(HPC)
後援:特定非営利活動法人 ピースビルダーズ(PB)
テーマ:「ボランティア精神と平和構築支援」
場所:大阪大学大学院国際公共政策研究科講義シアター
    大阪府豊中市待兼山町1-31
http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/access/index.html
基調講演:中田武仁(国連ボランティア名誉大使)
司会:栗栖薫子(大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授)
パネリスト:篠田英朗(HPC事務局長)
      上杉勇司(HPCプログラムオフィサー)
 
その他の説明会
5月15日(木)18:30ー20:00 (「国連フォーラム」勉強会として開催)
テーマ:「平和構築における人材育成の課題と展望」
講 師:篠田英朗(広島平和構築人材育成センター事務局長)
場 所:国連日本政府代表部(ニューヨーク)

5月19日(月)19:00〜19:30 <要予約>
(第18回平和構築フォーラム・セミナーの第二部として開催するミニ説明会)
場所:青山学院大学 総合研究ビル10階 第18会議室
担当:上杉勇司(HPCプログラム・オフィサー)
    紀谷昌彦(外務省総合外交政策局国際平和協力室長) 
 
6月2日(月)17:00〜18:00
テーマ「HPC事業と平和構築分野の人材育成」
場所:ロンドン大学<詳細はHPCのHPをご覧ください>
担当:篠田英朗(HPC事務局長)
http://www.peacebuilderscenter.jp/index_j.html

6月3日(火)15:00〜16:00
テーマ「平和構築分野で求められる人材とその育成」
場所:ブラッドフォード大学<詳細はHPCのHPをご覧ください>
講師:篠田英朗(HPC事務局長)
http://www.peacebuilderscenter.jp/index_j.html

参加申し込み先
hpc0523@peacebuilderscenter.jp
参加費:いずれも無料

説明会に関するお問合せ:
特定非営利活動法人ピースビルダーズ(担当:渡邉)
tel: 082-247-0645 fax: 082-247-0643 
paco@peacebuilders.jp

HPC研修員募集に関するお問合せ:
広島平和構築人材育成センター(担当:廣田)
tel & fax: 082-542-7098
hpc@hiroshima-u.ac.jp
http://www.peacebuilderscenter.jp/index_j.html


●第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)(5/28-30・横浜)

5/28-30に開催予定の第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)及び
関連イベントでは、平和構築についても様々な角度から
取り上げられます。

(外務省ホームページ)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/index_tc4.html
(横浜市ホームページ)
http://www.city.yokohama.jp/me/keiei/kaikou/jigyou/ticad/
(アフリカ月間)
http://www.yokohama2008ticad.com/
(アフリカンフェスタ2008 in 横浜(5/17-18))
http://www.africanfesta2008.com/


●広島大学第20回東京イブニングセミナー「広島発、現地主導の平和
構築」(5/30・東京)
 
広島大学平和構築連携融合事業(HiPeC)では、2008年3月末で文部科学
省の特別教育研究経費対象事業としての期間が終了しましたので、活動
の総括の意味もこめて、国際協力研究科の国際平和協力への取り組みを
紹介し、また連携パートナー諸機関にもご参加をいただいて、日本にお
ける、あるいは広島における平和構築への具体的な取り組みをお聞きい
ただきたいと思います。

*なお、上杉勇司・広島平和構築人材育成センター(HPC)プログラム
オフィサーからHPCの本年度日本人研修員募集(研修は本年8月下旬〜
来年3月予定、募集締切は6月16日)について説明する機会もあります。
 
日時: 2008年5月30日(金) 16:00 〜 19:30
場所: 東京都港区芝浦3-3-6 キャンパス・イノベーションセンター
(JR田町駅芝浦口徒歩1分)
費用: 講演会は無料、交流会は1000円です(当日支払い)
主催: 広島大学(社会連携推進機構、大学院国際協力研究科)
 
プログラム:
1.はじめに: HiPeCと「現地主導の平和構築」を目指す教育・研究
  16:00 〜 16:10 IDEC教授・HiPeC事務局長 吉田 修
2.講演  16:10 〜 17:15  (講演者5人で各 10〜15分講演)
 ・講演1:「紛争影響地域における開発援助の課題 」
  国際協力機構副主任 川本寛之
  ・講演2:「円借款による平和構築への取り組み 」
  国際協力銀行開発セクター部 審議役 黒澤  啓
  ・講演3:「ミンダナオにおける平和構築と開発援助 」
  国際協力銀行開発金融研究所兼開発第4部2班 副調査役 工藤正樹
  ・講演4:「現地主導の取組の可能性と限界: ナイジェリアにおけ
  る紛争和解の事例」
  日本貿易振興機構アジア経済研究所主任研究員 望月克哉
   ・講演5:「平和構築の理論と実務:大学院教育における融合の試み」
  大学院国際協力研究科准教授 上杉勇司
   ・質疑・討論 17:25〜18:10
3.おわりに: 国際協力研究科と「平和」
  大学院国際協力研究科長 池田秀雄
4.交流会  18:10 〜 19:30
  講演者と聴講者、聴講者同士、面識のある方・ない方で、
  交流を図る場を設けます。
 
申込み方法: FAXあるいはE-mailにて下記の東京リエゾンオフィスまで
お申込み下さい
広島大学東京リエゾンオフィス
電話:03−5440−9065 FAX:03−5440−9117
liaison-office@office.hiroshima-u.ac.jp
 
セミナーに関する詳細は以下のウェブサイトからご覧いただけます。
http://www.hiroshima-u.ac.jp/liaison/news_info/index.html?id=3661


●秋野豊メモリアルコンサート(7/19・つくば)

秋野豊が国連タジキスタン監視団(UNMOT)の政務官として活動中に
殉職されてから、今年で丁度10年となります。"平和の貢献のため
に死す"―タジキスタンの首都ドゥシャンベにある記念碑に刻まれた文
字は、平和の実現が如何に難しいかを我々に教えてくれるものです。
死後10年を経て、現在の世界情勢を見れば、故人の取り組みを風化
させることなく、平和への活動を継続する必要性は確実に増している
といえるでしょう。本企画の目的は、秋野豊追悼のオーケストラコン
サートを開催し、故人と縁があり、今も国際平和のため活動されてい
る方々と共に、多くの方々に平和への願いを伝えることです。これが
国際協力、紛争と平和について思いを巡らせる大きなうねりとして、
広く普及していくことを期待しております。

日時:2008年7月19日(土)開演3:30、開場3:00
場所:つくばノバホール
(茨城県つくば市吾妻1-10-1)

本企画に関するお問い合せはこちらまでお願いします。
http://www.akinomemorial.com/


【3】平和構築関連の情報・資料
 
●外務省・国際平和協力調査員募集(5/15締切)
 
現在、外務省国際平和協力室では、国際平和協力調査員の募集を新たに行
っています。本制度は、2002年の国際平和協力懇談会(明石懇)の提言も
踏まえて設置されたもので、勤務内容は以下の通りです。
(1)我が国の国際平和協力に関する調書作成・編纂
(2)国際平和協力政策全般に関する研究(国際機関や各国の政策の調査
分析)
(3)国際会議への対応や関係機関との調整の補佐 等
 
募集人数は2名、採用予定日は6月上旬、応募締切は5月15日(必着)とな
っています。
 
詳細は下記、外務省ホームページの募集要項をご覧下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/pdfs/chosain_pko.pdf
 

●広島平和構築人材育成センター・職員募集(5/23締切)
 
「広島平和構築人材育成センター(HPC)は、平成20年度外務省委託平和構
築分野の人材育成のためのパイロット事業の実施にあたり、事務職員を募
集します。ロジスティクス業務全般をリードして、自ら思考し、課題を発
見して周囲を動員しながら解決していけるダイナミックかつ柔軟な人材を
求めています。情報管理・知識管理に関心のある方を歓迎します。
 
詳細は以下のHPCホームページをご覧ください。
http://www.peacebuilderscenter.jp/jimukyokushokuinn.pdf
 
お問い合わせ先
広島平和構築人材育成センター(廣田・石井)
電話:082-542-7098
hpc@hiroshima-u.ac.jp
http://www.peacebuilderscenter.jp/index_j.html


●広島平和構築人材育成センター・日本人研修員募集(6/16締め切り)
 
広島平和構築人材育成センター(HPC)は、平成20年度外務省委託平和構築
分野の人材育成のためのパイロット事業の実施にあたり、この研修事業に参
加する日本人とアジア人(共に15名程度)のうち、日本人研修員を募集しま
す。なお、本事業は、文民の平和構築の担い手を養成することを目的として、
外務省が立ち上げた 人材育成事業です。この事業は、世界最高水準の講師陣
による6週間の国内研修、平和構築の現場で活動する海外の国際機関やNGOに
おける最大5 〜6ヶ月間の海外実務研修に大別され、更に就職支援も行いま
す。本センターは平和構築支援関係者の我が国及びアジアにおけるネット
ワーク作りを推進していきます。 

詳細は以下のHPCホームページをご覧ください。

(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/5/1179858_907.html

(HPC)
http://www.peacebuilderscenter.jp/index_j.html

お問い合わせ先
広島平和構築人材育成センター(廣田・石井)
電話:082-542-7098
hpc@hiroshima-u.ac.jp
http://www.peacebuilderscenter.jp/index_j.html



●G8平和構築専門家会合(4/22・東京)

G8平和構築専門家会合が、4月22日、東京で開催されました。
この会合では、本年のG8プロセスで取り上げることとしている
平和構築に関し、G8によるこれまでの取り組みや今後取り組む
べき課題等につき意見交換が行われ、(1)平和構築における軍事・
民生間の調整を進める必要があること、(2)国連やアフリカ連合
(AU)をはじめとする地域機関と協力を深めるべきであること、
(3)平和構築分野の能力強化のための一層の支援が重要であること
等について、意見の一致を見ました。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/4/1179357_906.html


●東京財団・国連ウォッチング(平和構築関連情報多数)

東京財団『国連研究プロジェクト』(リーダー:北岡伸一主任研究員)
では、国連外交に関心を持つ方々のために、外交の現場レポート、研究
動向、関連書籍などの情報を提供し、国連に対する理解をより深めてい
ただくことを目指しています。

この度、メールマガジン『国連ウォッチング』第9号が発行されました。
好評連載中のニューヨーク発「代表部便り」のほか、国連薬物犯罪事務
所の活動報告等が掲載されています。

http://www.tkfd.or.jp/ml2/detail.php?id=10

【目次】
1.創刊趣意 北岡 伸一(東京財団主任研究員、東京大学教授)
2.国連ウィーン本部、薬物犯罪事務所・条約局長の一日
 (日本についてもちょっとだけ)
        /尾崎久仁子 (在ウィーン国連薬物犯罪事務所 条約局長)
3.代表部便り<6>「『作業日程表』の読み方:安保理の活動」
        /石川直己 (国連政府代表部専門調査員)
4.公開シンポジウムのお知らせ


●IDP問題の恒久的解決に関する報告書
「Durable Solutions for Internally Displaced Persons:
An Essential Dimension of Peacebuilding」

国内避難民の人権に関する事務総長代表(Secretary-General's
Representative on the Human Rights of IDPs)のウォルター・カリン氏
(Walter Kalin)による報告書が掲載されました。
http://www.undp.org/cpr/iasc/content/docs/March08_Links/Doc10.doc

●OECD/DAC・紛争予防と平和構築活動ガイド
「Guidance on conflict prevention and peacebuilding activities」

OECD開発援助委員会による、紛争予防と平和構築活動の効果的な評価を
行うためのガイドに関するペーパーが掲載されました。
http://www.eldis.org/cf/rdr/?doc=36362
http://www.oecd.org/secure/pdfDocument/0,2834,en_21571361_34047972_39774574_1_1_1_1,00.pdf

●説得力:平和創造におけるインセンティブ、制裁、コンディショナリティ
「Powers of persuasion: incentives, sanctions and conditionality
in peacemaking」

英国に拠点を持つ国際NGO「Conciliation Resources」から、
「Peacemaking(平和創造)」と第三者の影響力の有効性に関するレポート
が掲載されました。
http://www.eldis.org/cf/rdr/?doc=36359
http://www.c-r.org/our-work/accord/incentives/contents.php


【4】一押し文献紹介
(平和構築関連書籍を紹介します)
 
●新刊書の案内
功刀達朗・野村彰男編『社会的責任の時代―企業・市民社会・国連のシナジー』
(東信堂、2008年)3200円+税

上杉勇司『平和構築における民軍関係の指針―アフガニスタンDDRに見るPR
Tの役割』日本国際政治学会編『国際政治』第152号(2008年3月)

石塚勝美『国連PKOと平和構築―国際社会における東ティモールへの対応』
(創成社、2008年)

吉田栄一『アフリカ開発援助の新課題:アフリカ開発会議TICADIVと北海道
洞爺湖サミット』(情勢分析レポート No. 10、日本貿易振興機構アジア経
済研究所、2008年)1500円+税

外交フォーラム6月号(5月8日発売)
<特集>アフリカ開発会議(TICAD4)のすべてがわかる本
http://www.toshishuppan.co.jp/gaikou_shousai.php

【事務局より】
 
●平成20年度の外務省事業である「平和構築分野の人材育成のためのパイ
ロット事業」がいよいよ始まりました。このニュースレターでも紹介しま
したが、日本人研修員の募集に関連するシンポジウム・講演会・説明会が
目白押しです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:平和構築フォーラム
http://www.peacebuilding.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ニュースレターは、無料メルマガ「まぐまぐ!」のシステムを通じて
配信しています。次のウェブサイトから登録・解除いただけます。
http://www.peacebuilding.jp/newsletter.htm
バックナンバーはこちらからご覧いただけます。
http://blog.mag2.com/m/log/0000203690/
ご意見・ご質問は、本フォーラム事務局までご連絡ください。
info@peacebuilding.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

平和構築フォーラム・ニュースレター

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2014/11/05
部数 1,000部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング