ひろえのキャズ便り

「ひろえのキャズ便り2016年6月17日号」


ひろえのキャズ便り2016年6月17日号です。

 親しい友人に呼びかけるようなタイトルながら、中身はがっつり「現代美術と
は?」という問いをめぐって構成されている、下山由貴制作によるドキュメンタ
リー『こっちへおいでよ』。下山さん(1988年生まれ)と同世代のアーティスト
が、現代美術(と呼ばれるもの)への素直な思いを語っている様子が、彼らの制
作現場や展覧会風景とともにおさめられている記録映像です。
 かつて、同じギャラリーに出入りしていた知り合いではあるものの、「わたし
とは別の視線をアートに向けている」と下山さんがいうところの、原田ちあき、
ニロタカ、SHIZUKAの3人。それぞれに現代美術(の側にいるひとたち?)へのざ
わつき感を吐露する彼らなのですが、そんな彼らの立ち位置が「あっち」だとす
ると、「こっちへおいでよ」と彼らに呼びかける下山さんにとっての「こっち」
とは、ひとまず現代美術(とされているもの?)ということになると思われます。
あっちはあっち、こっちはこっちという両者のすみわけみたいなものも現に存在
するなかで、それでも「わたしは彼らを無視できなかった」といい、結果として
彼らにカメラを向け作品にしてしまったという下山さん。その原動力は、昔の同
志(?)に対するシンパシー、あるいは「こっち」へと自ら向かったその場所に
なじみきれない、彼女自身の違和感なのかは正直わかりません。ですが、「現代
美術は勉強しないとわからないんだよ~」(下山さん)注1)みたいな発言が挿入
されていたりもすることを考え合わせると、下山さんは結局のところ、あっちで
もこっちでもない場所にいるのかもしれないという予感はあります。というか、
「現代美術とは?」と問うことは、こっちは現代美術であっちはサブカルチャー
みたいな境界自体を問題にせざるを得ないはずなんですね。大枠ではそれほど表
現としての差はないにもかかわらず存在する線引きが、ちょっと自分とは趣味の
違う隣人へのアンチでしかないのなら、なんだかお互いに不幸だなと思ってしま
うのですが、それ以上に気になるのが、「いま」という時代が表現され、それな
りに現実に対して力を持ち得るようなアートがどれほど存在するのかということ。
単に〈わたし〉の気分が表現されているだけの作品を比べたところで、しょせん
好き嫌いの話にしかならないわけですから……。
 そんなことをにわかに考えはじめたのは、下山さんが切り取った若きアーティ
ストたちのもやもやした日常と、そこにかなり唐突な仕方で挿入されている国会
前のデモ風景との隔たりに、わたしたちが置かれているあるやりきれない状況が
視覚化されているような気がしたからでもあります。少しずつなにかが変わりつ
つあることへのぼんやりした不安を感じながら、それでもこの日常が永遠に終わ
らないことを祈るしかない無力感……とでもいいましょうか。そんな、個を公に
接続する手だてを持たないまま生み出される表現は、往々にして私的なものの輪
郭をなぞることに終始するという事情があるのだとしたら、それこそ「あっち」
でも「こっち」でも違いはないはず─そう、下山さんがいうように、「彼らの問
題は、わたしたちの問題」でもあるのです。
 「9条壊すな!」のプラカードほどではないにせよ、やっぱりいきなり感のあ
る阿波踊りと祭りのひとだかりの風景が、国会前のデモのそれと大差なく見える
ことに驚かされもした『こっちへおいでよ』注2)。もしかすると下山さんは、美
術の世界にある「あっち」と「こっち」をこんなふうに眺めているんだろうか……
なんてことを考えたりもしながら、そんなさめた映像の向こう側に、とある勉強
会で「結局、学生運動ってなんだったんですか?」と食い下がっていた、下山さ
んの真摯なまなざしがあることを書き添えておきたいと思います。

注1) 原田ちあき&下山由貴で、かつてニコ生のために語り合ったときの下山さ
んのことば。本編中では、このときの映像とともに、「下山さんとニコ生して色々
考えるようになった」(原田ちあき)という発言がなされている。

注2) 原田ちあき展の打ち合わせ中に話題になっている、東京の某所で行われた
阿波踊りの映像。

__上映会のご案内________________________________________________________

下山由貴「こっちへおいでよ」上映会

制作:下山由貴
出演:原田ちあき、ニロタカ、SHIZUKA

http://cas.or.jp/2016/SHIMOYAMA/index.html

■会期 2016年6月11日(土)~6月18日(土) 火・水 休み
  各日15:00~/17:30~ (約90分、最終日の18日は15:00~のみ) 

●アーティストトーク 「現代美術は正しいか?」:6月18日(土)17:00~(参加費¥500)
    下山由貴、辻大地、前田裕哉、ニロタカ、SHIZUKA

__次の展覧会のご案内____________________________________________________

徳重道朗展 「風光」
キュレーション:天野 一夫(豊田市美術館)

http://cas.or.jp/2016/TOKUSHIGE/index.html

■会期 2016年6月25日(土)~7月16日(土) 14:00-19:00 火・水休み

●オープニングレセプション 6月25日(土)17:00~¥500(1ドリンク付き)
●アーティストトーク 聞き手、天野 一夫
 7月16日(土)16:00~(参加費¥500)

------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人キャズ(CAS)
大阪市浪速区元町1丁目2番25号
A.I.R.1963 3階
TEL/FAX 06-6647-5088
Web http://cas.or.jp/
E-mail info@cas.or.jp
________________________________________________________________________

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/04/20
部数 107部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/04/20
部数 107部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング