著作権判例速報

著作権判例速報3/27-「柴田是真 下絵・写生集」書籍印刷用データ流用事件-


カテゴリー: 2017年03月27日
◆◇著作権判例速報◇◆  配信2017/3/27
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!駒沢公園行政書士事務所日記メルマガです。
http://ootsuka.livedoor.biz/archives/52490241.html
最高裁判所ウェブサイト掲載日2017/3/21(謝意:裁判所判例Watch)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「柴田是真 下絵・写生集」書籍印刷用データ流用事件

大阪地裁平成29.1.12平成27(ワ)718損害賠償等請求事件
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/613/086613_hanrei.pdf
別紙
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/613/086613_option1.pdf

大阪地方裁判所第26民事部
裁判長裁判官 高松宏之
裁判官    田原美奈子
裁判官    林啓治郎

*裁判所サイト公表 2017.3.21
*キーワード:所有権、無体物、データ、黙示の合意、信義則

   --------------------

■事案

印刷会社による保有書籍印刷用データの無断流用が債務不履行などに該
当するかどうかが争点となった事案です。

原告:出版社
被告:印刷会社、出版社

   --------------------

■結論

請求一部認容

   --------------------

■争点

条文 民法85条、著作権法32条1項

1 被告ニューカラー写真印刷が本件絵画データを使用したか
2 原告が本件印刷用データを所有しているか
3 原告と被告ニューカラー写真印刷が原告書籍の出版の際本件合意をしたか
4 原告は本件写真データの使用を許諾したか
5 本件写真データの使用について著作権法32条1項が類推適用されるか
6 損害額又は本件印刷用データの使用料
7 不法行為責任の成否
8 被告光村推古書院の本件合意違反による不法行為責任の成否

   --------------------

■事案の概要

『原告は,被告らが,原告が「柴田是真 下絵・写生集」との題名
の書籍(以下「原告書籍」という。)を出版した際に製作された印
刷用のデータ(以下「本件印刷用データ」という。ただし,その具
体的な内容は,当事者間に争いがある。)を使用して,「柴田是真
の植物図」との題名の書籍(以下「被告書籍」という。)を印刷・
製本し,出版したと主張して,被告らに対し,以下の請求をした。
(以下、略)』(2頁以下)

<経緯>

H16.08 原告と東京芸大美術館が刊行申合せ
H17.02 原告被告ニューカラー間見積書(962万1200円)
       原告が被告ニューカラーに840万円支払
H25.07 被告光村推古書院と東京芸大美術館が被告書籍合意
H25.08 被告光村推古書院が東京芸大美術館に62万6850円支払
       被告光村推古書院が被告ニューカラーに252万円支払

原告書籍:「柴田是真 下絵・写生集」(平成17年4月11日初版発行)
被告書籍:「柴田是真の植物図」(平成25年9月20日初版発行)

   --------------------

■判決内容

<争点>

1 被告ニューカラー写真印刷が本件絵画データを使用したか

本件絵画データは、原告書籍の出版の際に原告が東京芸大美術館の
許可を得て撮影・製作させた柴田是真の絵画のリバーサルフィルム
(反転フィルム。現像の過程において露光・第一現像後、反転現像
によってポジ画像(陽画)を得る構造を持つ写真フィルム)に基づ
いて被告ニューカラー写真印刷が製作当初から印刷に至る最終過程
までの間に製作したすべての印刷用データでした。

裁判所は、
(1)被告光村推古書院は被告書籍を発行するに当たって東京芸大
美術館から原板使用許可を受けて62万6850円を支払っている
(2)東京芸大美術館は原板使用許可の際には画像データを送付し
ており、被告光村推古書院に対しても写真原板ではなく画像データ
を送付したものと考えられ本件の提訴後に原告が東京芸大美術館か
ら送付を受けた画像データはRGBデータであったことからすると、
被告光村推古書院が送付を受けた画像データはRGBデータであっ
たと推認される
(3)RGBデータをCMYKデータに変換して被告書籍の掲載形
態とすることは可能である
(4)原告書籍と被告書籍の間には掲載した絵画や掲載形態に相違
があることが認められる

といった点から、被告ニューカラー写真印刷は、東京芸大美術館か
ら送付を受けた画像データを用いて被告書籍を制作した可能性があ
ると認定。
結論として、被告ニューカラー写真印刷が被告書籍の出版に当たっ
て、本件絵画データを使用したと認めることはできないと判断。本
件の被告ニューカラー写真印刷に対する原告の各請求を認めていま
せん(20頁以下)。

次に、宮内庁所蔵に係る明治宮殿「千種の間」の室内写真2葉(本
件写真)のデータについて、被告ニューカラー写真印刷が被告書籍
の出版の際に本件写真データ(本件印刷用データのうち、本件写真
に係るデータ)を使用したことは当事者間に争いがないため、以下、
本件写真データの使用との関係で原告の被告ニューカラー写真印刷
に対する各請求が検討されています。

   --------------------

2 原告が本件印刷用データを所有しているか

原告が本件印刷用データを所有しているかどうかについて、裁判所
は、被告ニューカラー写真印刷は、本件印刷用データが保存された
記録媒体を所持しているところ、民法上の所有権の客体である「物」
は「有体物」に限定されており(民法85条)、本件印刷用データ
それ自体はデジタル化された情報であって無体物であるため所有権
の客体たり得ず、原告が同データを所有する旨の原告の主張は採用
することができないと判断しています(27頁以下)。

   --------------------

3 原告と被告ニューカラー写真印刷が原告書籍の出版の際本件合意をしたか

原告は、原告書籍の出版の際に被告ニューカラー写真印刷との間で
本件印刷用データを原告以外の出版社の出版物の印刷・製本に使用
する場合は原告の許諾を得た上で当該出版社が原告に使用料を支払
うこととする旨の合意が成立している旨主張しました(28頁以下)。

この点について、裁判所は、原告書籍の出版の際に原告は被告ニュ
ーカラー写真印刷に対して原告書籍の印刷・製本の対価を支払って
おり、その前提として原告と被告ニューカラー写真印刷は契約書は
作成していないものの、原告書籍に関する印刷・製本契約を締結し
たと認定。
原告書籍の印刷・製本契約における本件合意の有無については、日
本書籍出版協会会員などへのアンケート調査結果などから、一般に、
印刷・製本契約を締結した出版社と印刷業者との間では印刷業者は
出版社の許諾を得ない限り、印刷用データの再利用をすることがで
きないとの商慣行が存在していると認めるのが相当であると判断。
本件において、原告と被告ニューカラー写真印刷との間の原告書籍
に関する印刷・製本契約において、上記の商慣行にのっとり、被告
ニューカラー印刷は原告の許諾を得ない限り本件印刷用データの再
利用をすることができないとの黙示の合意がされたと認めるのが相
当であり、そうでないとしても被告ニューカラー印刷は印刷・製本
契約に付随して原告の許諾を得ない限り本件印刷用データの再利用
をすることができないとの義務を信義則上負うと解するのが相当で
あると判断しています。

   --------------------

4 原告は本件写真データの使用を許諾したか

結論として、原告が本件写真データの使用を許諾したと認めること
はできないと判断されています(35頁以下)。

   --------------------

5 本件写真データの使用について著作権法32条1項が類推適用されるか

被告らは、原告書籍からの転載が宮内庁による許可の条件とされて
いたため、被告らは被告書籍に原告書籍からの転載である旨を明示
したものであり、著作権法32条1項「引用」の類推適用により原
告の許諾がなくとも本件写真データを使用できる旨主張しましたが、
裁判所は、「本件写真データの使用につき原告の許諾を要するか否
かは,被告書籍を出版する際に,原告書籍に掲載された本件写真を
転載する方法に関わる事項であるにすぎず,本件写真を転載するに
当たり,原告書籍のために作成された本件写真データを利用する内
容上の必要性があるというわけではないから,同項の類推適用の基
礎を欠くというべきである」として、被告らの主張を認めていませ
ん(38頁以下)。

   --------------------

6 損害額又は本件印刷用データの使用料

原告は、原告書籍の出版の際に本件写真の撮影を株式会社エスエス
東京に依頼して同社に6万9300円を支払っていたこと、また、
原告は他社から原告が出版した書籍に掲載された写真3枚を紹介映
像に使用したい旨の依頼を受けた際に1枚当たり3万円(税別)の
使用料の支払を条件として使用を許可していました。
こうした点から、裁判所は、原告は被告ニューカラー写真印刷に本
件写真データの再利用を許諾する際には相当額の使用料を徴収して
いたと考えられ、その際の使用料相当額が被告ニューカラー写真印
刷による債務不履行に係る損害額となると判断。
被告ニューカラー写真印刷について、本件写真データの使用料は写
真1枚につき3万円と認めるのが相当であり、原告は2枚の写真か
ら成る本件写真データの使用料相当額の損害を被っている損害額は
6万円と認定しています(39頁以下)。

   --------------------

7 不法行為責任の成否

被告ニューカラー写真印刷又は被告光村推古書院が、被告書籍のた
めに本件印刷用データを再利用する場合に原告の許諾を得た上で使
用料を支払う旨の慣習法上・条理上の義務又は不文律違反の不法行
為責任を負うかについて、裁判所は、本争点は予備的請求2に係る
ものであるものの、仮に本争点について被告ニューカラー写真印刷
の責任が認められるとしても、それによる損害額が争点6で認定し
た額を超えるとは認められないとして、本争点について検討するま
でもなく、予備的請求1に係る後記認容額を超える部分に係る予備
的請求2は理由がないと判断しています(40頁)。

   --------------------

8 被告光村推古書院の本件合意違反による不法行為責任の成否

被告光村推古書院について、被告ニューカラー写真印刷による債務
不履行に加担したことが原告が被告ニューカラー写真印刷に対して
有する債権侵害としての不法行為を構成するかどうかについて、裁
判所は、結論として不法行為の成立を肯定。本件写真データの使用
料相当額として6万円を損害額(不真正連帯債務関係)として認定
しています(40頁以下)。

結論としては、原告の請求の趣旨に鑑みて、各被告について3万円
の損害賠償及びその遅延損害金の限度で認容されています。

   --------------------

■コメント

原告書籍は、1800年代に活躍した江戸蒔絵を継承する蒔絵師、
柴田是真の天井図下絵や写生帖から成る絵画を内容とするもので、
絵画は東京藝術大学大学美術館が所蔵していました(書籍の価格
は1万5000円)。

印刷用データの取扱いについて、原告側が印刷業者への詳細なア
ンケート調査を実施することで、印刷業者による印刷用データの
無断流用(二次使用)が商慣習上認められていない点を裁判所に
認めさせた部分は、近時の印刷業界におけるデータの権利関係に
関する意識調査としてもたいへん参考になるかと思われます。

本件では、著作権の保護期間が切れている著作物が対象で著作権
が中心の争点にはなりませんでしたが、無体物であるデータと所
有権の関係、印刷用データの取扱いにおける契約上留意する点な
ど(データ保存期間や流用禁止期間、契約期間なども課題として)
について、示唆に富んだ事例といえます。

   --------------------

■参考資料

東京都印刷工業組合「組合ガイド」(平成14年3月20日発行)
『「印刷版」・「印刷データ」の権利帰属』
http://www.tokyo-printing.or.jp/downloads/visit.php/cat100-110
(PDFダウンロード)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
後記:日曜は寒い雨となって、桜の蕾も足踏みです。
   駒沢公園の桜は一分咲きといったところです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼企業内イントラネット配信、業務・勉強会
資料にご自由にお使い下さい。皆様と著作権
問題について認識を共有できれば幸甚です。

執筆者:特定行政書士 大塚 大
駒沢公園行政書士事務所
東京都世田谷区駒沢5-12-7
E-mail:houmu@pc.nifty.jp
http://ootsuka-houmu.com
facebook.com/ootsuka.dai
twitter.com/ootsuka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

著作権判例速報

RSSを登録する
発行周期 月に3~4回程度の配信となります
最新号 2017/03/27
部数 1,244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング