食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第622号:2018/4/02!


カテゴリー: 2018年04月02日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第622号:2018/4/02
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第622号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、3/30現在の週末の食品スーパーのベスト10、
ワースト10の株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
7465MV北海道3,680+100+2.79%、7475アルビス3,495+90+2.64%、
8182いなげや1,819+41+2.31%、3171 MV九州2,347+47+2.04%、
8198MV東海2,473+38+1.56%、2655MV東北1,396+16+1.16%、
8267イオン1,899.5+20.0+1.06%、8279ヤオコー5,730+60+1.06%、
9919関西スーパ1,129+11+0.98%、8287MV西日本1,790+11+0.62%、

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
8167リテールPA1,444-63-4.18%、8217オークワ1,090-18-1.62%、
8274東武ストア2,963-37-1.23%、3094スーパーV887-11-1.22%、
8289オリンピック558-6-1.06%、9846天満屋ス1,228-13-1.05%、
2791大黒天5,440-50-0.91%、8194ライフコーポ2,934-26-0.88%、
3222USMH1,131-4-0.35%、9974ベルク6,120-20-0.33%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 (POS分析千本ノック!あらゆる角度からPOSデータを分析!)
 1.POSデータ分析基本徹底セミナー:4/17(火):New!
  *http://www.marken.co.jp/seminar/2018/04/post_829.php
 2.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 3.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 4.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.AI、銀行、どうなる?
  2.流通業、2018年度はAI元年、何からはじめるか?
  3.セブン-イレブン、IC検品、本格着手!
  4.ウォルマート、ロボット、導入拡大!
  5.食品、有店舗宅配、世界で新潮流の蠢き!
  6.アスクル、第3四半期、増収減益!
  7.Mark Zuckerberg氏のコメント、Cambridge Analytica situation !

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・リテールAI研究会:https://www.facebook.com/retailai/posts/389381701528530
  ・トレジャーデータ:https://www.facebook.com/TreasureDataJP/
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 31, 2018
1.AI、銀行、どうなる?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/03/ai-a4f4.html

PI研コメント:
・4/3、週刊エコノミストが「AIと銀行」特集号を発売しました。「AI時代の
銀行は二極化」、「一般客はスマホで完結」、「富裕層は「最高級店」」と
サブタイトルの特集です。実際、メガバンクはAIを本格的に取り入れ、大胆な
構造改革に踏み込んでおり、現在進行形の動きといえます。この特集は2極化に
焦点を当て、スマホとメガバンクにいきつき、店舗の大半が消滅するという
見立ての内容です。残る店舗は顧客用と営業拠点となり、いずれも、
「富裕層向け」、「高額の預金や取引で相応の「手数料」を負担している顧客
だけ」に集約されるとの見通しです。恐らく、世の中のあらゆる店舗がAIにより、
不要になるか、メガ店舗になるかの流れになってゆくといえます。ただ、
食品は一方でコンビニのように網の目のような小型店舗網ができあがりつつあり、
AIの時代になっても、銀行とは若干違う展開となりそうです。この記事を読んで
いると、店舗に注目していますが、見方を変えると顧客ともいえ、これまでの
商品別分類にもとづく店舗づくりから顧客別分類による店舗づくりへと変化して
いるとも見えます。AIはその意味で、顧客の資産、信用を正確に認識し、
そのニーズに最大限に応える快適な店舗づくりを示唆してくれるともいえます。
時代は商品、サービスから顧客へとAIにより大きく転換しはじめたともいえ、
その観点からも、この特集は興味い、示唆を示しているといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/ai%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B/1604391069681485/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 30, 2018
2.流通業、2018年度はAI元年、何からはじめるか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/03/2018ai-6d7e.html

PI研コメント:
・3/27、人工知能技術コンソーシアムの2017年度の総会があり、出席しました。
人工知能技術コンソーシアムは2015年に、「国立研究開発法人産業技術総合研究所」
に設置された「人工知能研究センター」内にあり、昨年からIDプラスアイも
加入し、AI、人工知能の研究をはじめています。現在、そのワーキンググループの
「データ・知識融合 WG」に属し、ID-POSデータをAIで解析、そこからどのような
知見を得られるかを研究しています。すでに、150社を超える企業が参加し、
10を超えるWGが動いており、様々なデータをもとに、様々な産業でAIの研究活動が
動いています。総会では、それらのWGのリーダーの発表があり、興味深い成果が
プレゼンされました。また、2018年から3つのWGが立ち上がるとのことで、
そのリーダーのプレゼンもありました。興味深い動きとしては、今年の8月から
ABCI(AI Bridging Cloud Infrastructure)が産総研で動きはじめ、そのWGも
立ち上がったことです。産総研はこれまで高精度のスパコンがなかったとのこと
ですが、このABCIはあの京を超える世界最大規模の速さのスパコンであり、
しかもAIに特化し、この分野では世界一を目指すそうです。総予算も195億円との
ことで、その内50億円はソフト関連とのことで、このWGに入ると、このABCIを
利用できるとのことです。これまで、人工知能技術コンソーシアムのメインの
AIはPLSAとBNでしたが、このABCIは深層学習、ディープラーニングがメインとの
ことであり、GoogleのアルファGOを超える可能性を秘めており、文字通り、
日本の国を挙げてのはじめてのAIクラウドの試みだそうです。IDプラスアイも
今期3つのAIのアルゴリズム、ディープラーニング、PLSA、BNを保有しましたので、
この人工知能技術コンソーシアムで研究をし、ID-POSデータ、POSデータ、
気象データ、GISデータ等の融合に今年は挑戦してゆく予定です。そのための
研究会も、DRM社( ダイヤモンド・リテイルメディア)と組み、この6月に独自に
立ち上げますので、一緒に「流通業のためのAI」を学びたい方は参加して
いただければと思います。このブログでも途中経過、研究成果を都度、
発信してゆきますので、ご期待ください。小売業の方で、1店舗、過去2年間の
全顧客のID-POSデータをAIにかけてみたい方があればご連絡ください。
この研究会に無償で招待しますので、1年間、AIの研究を一緒にやりませんか?

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%B5%81%E9%80%9A%E6%A5%AD2018%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%81%AFai%E5%85%83%E5%B9%B4%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%8B/1601917093262216/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 29, 2018
3.セブン-イレブン、IC検品、本格着手!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/03/-ic-9480.html

PI研コメント:
・セブン-イレブンが日経新聞によれば、「検品でのICタグ実用化はコンビニエン
スストア業界では初めて」の試みに挑戦します。すでに、「大手コンビニ5社は
経済産業省と共同で25年までに取り扱う約1000億個の商品すべてにICタグを
貼り付ける目標」を掲げ、様々な展開がはじまっていますが、この動きは
商品1品1品にICタグをはるのではなく、「商品を納入するケースにRFID
(無線自動識別)機能を持つICタグを取り付ける」ことであり、物流全体の
効率化を目指すものといえます。すでに、北海道のセブン-イレブン5店舗で
Proof of Concept(概念実証)が実施されており、その後、北海道の1000店舗へ、
さらに、全国20,000店舗へと水平展開してゆくとのことです。これを受けて、
関連業界の株価が急騰しており、「カーディナル <7855>  1,618円 (+300円、
+22.8%) ストップ高」とのことです。ICタグ、いよいよ、構想段階から
大きな一歩を踏み始めたといえます。今後、物流業界が大きく変わる可能性が
高く、食品スーパー、ドラッグストア、ホームセンター等、あらゆる小売業に
波及することは必至といえ、今後の展開に大いに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%B3ic%E6%A4%9C%E5%93%81%E6%9C%AC%E6%A0%BC%E7%9D%80%E6%89%8B/1601806546606604/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 28, 2018
4.ウォルマート、ロボット、導入拡大!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/03/post-5cb1.html

PI研コメント:
・ウォルマートが自動棚スキャンロボットを「アーカンソー州、カリフォルニア州を
含む4つの州、50店舗に拡大」とのことです。これまで試験的に導入していた
ロボットですが、効果が確認できたようで、店舗数を拡大、今後、さらに、
改良を加え、本格導入が近いといえます。BUSINESS INSIDERによれば、
「非常に興奮し、動機付けられている」、「(店舗従業員たちが)大抵、
最前線で我々が考えてもみなかったビジネスの改善策を見つける助けになって
いる」とのことで、様々なプラスの効果が見られるとのことです。しかも、
「中にはロボットをチームのメンバーと見なし、名前を付け、名札を作る
従業員もいる」とのことですので、従業員にも好感とのことで、現場にも
受け入れられつつあるとのことです。このロボットの主な機能は、
「陳列棚をスキャン、品切れになっている商品がないか、表示価格に間違いが
ないか、ラベルに間違いがないか確認」とのことですので、在庫だけでなく、
表示価格、ラベル内容まで見極めるとのことですので、優れものです。時間の
問題で日本でも導入がはじまると思われますが、このような業務改善、
顧客サービスの向上のロボットは今後、AIも取り入れ、様々な開発が進むと
思われます。2018年度はその意味で、小売業の店舗の改革がAIの助けもかり、
大きく改善する年になるのではないかと思います。ウォルマートの
今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%B0%8E%E5%85%A5%E6%8B%A1%E5%A4%A7/1600848553369070/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 27, 2018
5.食品、有店舗宅配、世界で新潮流の蠢き!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/03/post-9a2c.html

PI研コメント:
・日本でも有店舗宅配は盛んに取り組まれ、さらに、とくし丸も全国の
食品スーパーに広がり、リアル+バーチャルの融合ビジネスは着々と進んで
いますが、世界でもここが重要なビジネスとして、AI、ロボットのノウハウを
取り入れ、物流視点から取り組む、ヴェンチャー企業が次々に誕生しているとの
ことです。Forbesが3/3、「食品Eコマースの未来を担う「ダークストア」という
コンセプト」というタイトルの興味深い記事を取り上げました。
CommonSense Robotics社を取り上げた記事ですが、ダークストアという
キーワードを掲げ、「ダークストアの内部は、専用の小型ロボットが走り回る
小さな物流センター的空間」、その実態は、「テニスコート2面ほどの広さで
運営可能な「マイクロフルフィルメントセンター」」とのことです。実際、
動画を見ると、AmazonがAIを駆使したロボットの物流センターをすでに
稼働していますが、その食品スーパー版であり、ピザの注文よりも早く、
食品スーパーの生鮮食品が届くことを目指しているとのことです。すでに、
相当の資金が集まっているとのことで、このようなヴェンチャー企業は
Amazonも含め、イギリスではOcado社が同様な仕組みの提供を「英小売大手
「Morrison」やフランスの「グループ・カジノ」といったスーパーと契約」
したとのことです。時間の問題で、日本の食品スーパーも同様な仕組みを
このような企業と提携し、取り入れてゆくと思われますが、この動きは、
世界の潮流となりつつあるといえます。Amazonとホールフーズマーケットも
その準備をはじめているとのことで、2018年度は、食品スーパーにとって、
AIとロボットを駆使したダークストアのはじまりといえそうです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E5%93%81%E6%9C%89%E5%BA%97%E8%88%97%E5%AE%85%E9%85%8D%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%B5%81%E3%81%AE%E8%A0%A2%E3%81%8D/1598460793607846/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 26, 2018
6.アスクル、第3四半期、増収減益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/03/3-3cd4.html

PI研コメント:
・アスクルが3/16、2018年5月度の第3四半期決算を公表しました。今期は、
「「ASKUL Logi PARK 首都圏(以下、「ALP首都圏」)」 火災(平成29年
2月16日に発生)から完全復活する基礎固めの年と位置づけ」とのことであり、
注目の決算です。結果は増収減益、昨年の当期純利益は赤字決算でしたが、
今期は反転、黒字決算となりました。気になるのは、営業利益が3,936百万円に
対し、通期予想は3,800百万円、その比率、進捗率は103.58%と100%を超えて
いますが、株価は下落したことです。四季報ONLINEによれば、「連結決算は
順調に最終黒字転換したが、通期予想は据え置いており、これに失望した
売り注文に押されている」とのことです。投資家としては業績が急回復して
いますので、当然、「上方修正されるという期待感」があったものと思われ
ます。アスクル自身は、売上高は「主力分野であるeコマース事業の
BtoB事業が前年同期比3.7%の 増収と順調に推移」したことに加え、
「ペット・ガーデニング用品を専門に扱う株式会社チャームの 買収・
子会社化による売上高増が大きく寄与」とのことで、これが売上高を押し上げたと
コメントしています。一方、利益の方は、「物流変動費が一時的に増加」した
ことに加え、「「AVC関西」本格稼働前の地代家賃等の負担が重 く、
売上高固定費比率が上昇」とのことで、経費増が利益を圧迫したとのことです。
実際、経費比率は+2.29 ポイントと、大きく上昇しています。アスクル、
「ALP首都圏」を売却するなど、「当社の原点である「持たざる経営」へ回帰」に
舵を切り、火災からの完全復活を目指し、成果が表れ始めているといえ、
今期、残された四半期、そして、来期、どのような収益改善に向け、施策を
打ち出してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AB%E7%AC%AC3%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8A/1598257460294846/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 25, 2018
7.Mark Zuckerberg氏のコメント、Cambridge Analytica situation !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/03/mark-zuckerberg.html

PI研コメント:
・3/22、フェイスブックの創業者、Mark Zuckerberg氏が
Cambridge Analytica situation に関してのコメントをフェイスブック上に
掲載しました。食品スーパーマーケット最新情報のブログもフェイスブックを
第1優先で掲載していますので、他人ごとではなく、事態の推移を見守っている
ところです。今回の事件の核心は大きく2つ、一つ目はCambridge Analytica社が
性格診断のフェイスブックアプリを通じて、約5,000万人の個人情報を無断で収集、
2つ目がその情報をアメリカの大統領選挙に不正使用したとの疑惑です。
Mark Zuckerberg氏は、「私たちには皆さんのデータを守る責任があります。
守れなければ、私たちにサービスを提供する資格はありません」と明言しており、
既に対策は講じつつあるようですが、今後、アメリカ、欧州、双方の議会で
Mark Zuckerberg氏の証言が求められているとのことに加え、アメリカでは
「#deletefacebook(フェイスブックを削除せよ)」キャンペーンが始まったとの
ことで、今後の展開次第では、フェイスブックの経営にも影響が生じかねないと
いえます。株価もこの問題が発覚して以降、急落、Forbesによれば、「2日間で
600億ドル(約6.4兆円)以上の時価総額が吹き飛んだ」とのことです。以前から、
フェイスブックのアプリは危険との話はありましたが、今回の事件は、その象徴的な
出来事であり、フェイスブックをどう活用してゆくか、改めて考える段階に入ったと
いえます。食品スーパーマーケット最新情報としても、慎重に事態を見極め、
今後の対応を検討してゆくつもりです。来週以降、どのような展開となるか、
Mark Zuckerberg氏の今後の言動に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/mark-zuckerberg%E6%B0%8F%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88cambridge-analytica-situation-/1597724080348184/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
  (POS分析千本ノック!あらゆる角度からPOSデータを分析!)
 1.POSデータ分析基本徹底セミナー:4/17(火):New!
  *http://www.marken.co.jp/seminar/2018/04/post_829.php
 2.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 3.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 4.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 
 2018年
  *ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *「新春特別セミナー」で講演(日本経営コンサルタント株式会社 主催)!
 
 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/21
部数 999部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/21
部数 999部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング