食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第613号:2018/1/29!


カテゴリー: 2018年01月29日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第613号:2018/1/29
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第613号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、1/26現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
3038神戸物産4,815+365+8.20%、7465MV北海道4,610+125+2.79%、
2742ハローズ2,628+58+2.26%、3171MV九州2,699+40+1.50%、
8289オリンピック628+9+1.45%、7520エコス1,297+15+1.17%、	
8255アクシアル4,055+45+1.12%、8182いなげや1,834+19+1.05%、
2791大黒天5,060+50+1.00%、9974ベルク6,490+60+0.93%、				

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
9846天満屋ス1,380-18-1.29%、7475アルビス3,820-35-0.91%、
8274東武ストア3,080-5-0.16%、9919関西スーパ1,222-1-0.08%、
9993ヤマザワ1,769-1-0.06%、8167リテールPA1,424 0 0.00%、
9823マミーマート2,460 0 0.00%、8267イオン1,900.0+1.0+0.05%、
8287MV西日本2,001+1+0.05%、3222USMH1,123+1+0.09、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.コスモス薬品、中間、成長戦略に舵!
  2.コンビニ、売上速報、12月、既存店-0.3%!
  3.新春特別セミナー終了、AIを提言!
  4.Google、Cloud AutoML、Fei-Fei Li氏公表!
  5.Amazon Go、1/22、オープン、No lines, no checkout!
  6.電通、AI推進プロジェクトチームを発足!
  7.イオン、GMS事業、回復基調か?

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・Amazon Go:https://www.amazon.com/b?node=16008589011&ref=tsm_1_tw_s__1298132646&linkId=47201727
  ・#AmazonGo:https://twitter.com/hashtag/AmazonGo?src=hash
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 27, 2018
1.コスモス薬品、中間、成長戦略に舵!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/01/post-6924.html

PI研コメント:
・コスモス薬品が1/11、2018年5月期の中間決算を公表しました。結果は増収、
減益、減益幅はいずれの段階でも10%を下回る大幅なダウン、業績予想も
下方修正となり、利益に関しては厳しい状況です。結果、株価も急落、
投資家は売りと判断したようです。ただ、コスモス薬品自身は、「自社競合に
よる一時的な収益性の低下も厭わず、次々と新規出店を行い」、「同時 に、
新商勢圏への店舗網拡大も図ってまいり」、「中部地区に3店舗、 関西地区に
9店舗、中国地区に8店舗、四国地区に4店舗、九州地区に17店舗」と、
「合計41店舗」の新規出店と、成長戦略に大きく舵を切っています。実際、
キャッシュフローを見ると、投資キャッシュフローは、△141.73億円と
営業キャッシュフローの121.32%であり、減益をいとわず、ここは攻めとの
強い意志を感じるキャッシュの配分です。「売上総利益率は前年同期より
低下しましたが、既存店売上高は堅調に推移」と、利益よりも既存店の売上げ、
新規出店の開発を重視した経営戦略といえます。ちなみに、減益になった要因
ですが、原価、経費ともに上昇、特に、経費の上昇が大きかったといえます。
コスモス薬品自身も、「積極的な人員増強策を実施したことで
売上高人件費比率が上昇」、さらには、「電気料金の高騰」も響いたとの
ことです。コスモス薬品、成長戦略を重視する姿勢を崩しておらず、今後、
東海、そして、関東への出店も視野に入れているとのことですので、当面、
利益よりも成長を重視した経営が続くと思われます。今回、投資家は売りと
判断したようですが、今後、買いに転じるか、それとも、さらに売るのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9%E8%96%AC%E5%93%81%E4%B8%AD%E9%96%93%E6%88%90%E9%95%B7%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AB%E8%88%B5/1536046469849279/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 26, 2018
2.コンビニ、売上速報、12月、既存店-0.3%!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/01/12-03-23e7.html

PI研コメント:
・日本フランチャイズチェーン協会が1/22、2017年12月度の売上速報を公表しま
した。結果は、全店は58ヶ月連続のプラスとなりましたが、既存店は7ヶ月連続の
マイナスと、特に既存店が依然として厳しい状況にあるとのことです。コメント
でも、「客数減少の影響等を受 け、既存店売上高は前年を下回る結果」とのことで、
客数減が影響しているといえます。数値を見ると、既存店 1,278,410(千人:
-1.6%)であり、「22ヶ月連続のマイナス」とのことで、浮上の兆しが見えない
状況が続いています。コンビニは新店も伸びが止まりつつあり、既存店の
厳しい状況が続くと、今後の成長に大きな影響を与えかねず、どう梃入れを
してゆくか、各社、大きな課題といえます。この12月は日配、加工食品、
非食品、いずれもマイナスですので、客単価は伸びていますが、いずれの部門の
客数も厳しい状況にあると想定されます。2018年度、課題の客数をどう改善して
ゆくか、厳しい新年度を迎えるといえ、各社、どのような活性化に踏み切るのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E9%80%9F%E5%A0%B112%E6%9C%88%E6%97%A2%E5%AD%98%E5%BA%97-03/1535935729860353/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 25, 2018
3.新春特別セミナー終了、AIを提言!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/01/ai-d26f.html

PI研コメント:
・商人伝道師、水元さんが経営する日本経営コンサルタント(株)主催の
新春特別セミナー、第2講の講師として、「「人工知能(AI)」「eコマース」の
発展で業界に何が起こるのか?「スーパーマーケットの未来」と「流通業の
未来戦略」を学ぶ!」をテーマに約90分の講演をしました。AI、特に流通業界の
動向を中心にしてのテーマでしたので、現在取り組んでいるID-POS分析とAIの
分析事例も踏まえ、どこからAIに取り組むべきかの提言も入れました。AIは現在、
第3次のブームとなっており、特に、AlphaGo(アルファ碁)に代表される
機械学習、デープラーニングが花盛りですが、これ以外にも様々なアルゴリズムが
あり、今回はその中でもID-POS分析と相性の良い、PLSA、BIについて、特に
分析事例も踏まえ提言しました。ちなみに、この2つのAI、かなりの値段ですが、
思い切って購入し、これをもとに、AIの研究開発に入っています。今回の
セミナーでの提言のポイントは、「100年前のスーパーマーケット創業への
原点回帰!」です。スーパーマーケットは約100年前に生まれた革新的な販売業態と
いえます。これについては、M.M.ジンマーマンのThe Super Market
 -A Revolution In Distribution(スーパーマーケット流通革命の先駆者)に、
その当時の状況が書かれており、その中にスーパーマーケットの父といわれて
いるマイケル・カレンの「有名な手紙」の詳細が掲載されています。その核心は
ヨキミセサカエル、部門別管理にあるといえます。現在、ID-POS分析の時代と
なり、顧客は1店舗で約2万人、商品は約1万種類、ID-POSデータにすると
約500万行のデータとなります。これを部門別管理し、マイケル・カレンが
提唱したような相乗積を駆使し、マーケティング戦略を打ち出すわけですが、
もはや人間がやるには限界を超えているといえます。したがって、ここにAIを
投入し、顧客と商品の最適解を導き、店舗を起点に店長が中心となり、再度、
マイケル・カレンがやろうとしていた革新的なマーケティング戦略を打ちだす
べきではというのが、今回の提言の骨子です。残念ながら、マイケルカレンは
クロガーを退社し、新店をオープンし、わずか6年で亡くなっていますが、
100年後の日本でこの意思をついだらどうか、AIがまさにその解決策になるの
ではというのが、今回の講演のポイントです。AIは人知を超えた相反する数値の
最適解、黄金比率を導きだし、人間が管理可能なまでに次元縮減、
ソフトクラスタリングをし、新たな経営ユニットをつくってくれます。
その因果関係を機会学習させ、優先順位をつけ、さらに、Amazon等が取り
組んでいるリコメンド分析、ダイナミックプライシングを加えれば、マイケル・
カレンの求めた現代における革新的な販売業態、スーパーマーケットができる
のではないかと思います。2018年度はAIシフトの元年ともいえますので、
このセミナーを手始めに、AIの研究開発体制も整いつつありますので、
ID-POS分析とAI、すなわち、IDプラスAI(アイ)に本格的に取り組んでゆきたい
と思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%96%B0%E6%98%A5%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E7%B5%82%E4%BA%86ai%E3%82%92%E6%8F%90%E8%A8%80/1535844709869455/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 24, 2018
4.Google、Cloud AutoML、Fei-Fei Li氏公表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/01/googlecloud-aut.html

PI研コメント:
・日本経済新聞が1/18、「グーグル、AI活用手軽に」という見出しの記事を
掲載しました。googleのAIの新しいサービスですが、その内容以上に興味深いのは、
このプロジェクトの先頭にFei-Fei Li氏が立っていることです。googleが三顧の
礼で迎えたAIの最先端の研究者であり、スタンフォード大学でAI研究所を率い、
スタンフォード大学のトヨタのAIチームにも属しています。また、中国の
googleのAI研究所も率いるとのことで、今やgoogleのAIの顔ともいえる存在
です。2015年のTEDの講演を見ると、苦労してAIに取り組んできたといえ、
特に、2009年のImagenetプロジェクトは彼女のAI研究の原点ともいえるもの
です。このImagenetはいまでも無償で公開されており、「14,197,122 images, 
21841 synsets indexed」を閲覧することができます。「167ケ国48,940人の
作業者が10億枚近い画像を整理し、ラベル付けする作業に携わ」ったとの
ことで、彼女のAI研究の基盤となったプロジェクトといえます。猫1匹を
認識するに、このような研究が背後で動いていたとは驚きです。今後、
Googleは、さらにAIを発展させてゆくことになると思いますが、今回の
「Cloud AutoML」はその手始めですので、どう進化し、「AIの民主化」が
もたらされてゆくのか、Fei-Fei Li氏、そして、googleの動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/googlecloud-automlfei-fei-li%E6%B0%8F%E5%85%AC%E8%A1%A8/1529859463801313/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 23, 2018
5.Amazon Go、1/22、オープン、No lines, no checkout!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/01/amazon-go122no-.html

PI研コメント:
・Amazon Goが1/22に一般顧客向けにオープンとのことです。アマゾンのHP、
Twitterでリリースしています。また、各報道機関も報じており、いよいよ
checkout-free shopping 、No lines, no checkoutの実現に向けて、小売業が
動き出したといえます。Amazon Goは1800-square-foot、約50坪ぐらいですので、
まさに、コンビニといえます。a high-tech version of a 7-Elevenという
記事などもあり、セブンイレブンのハイテク版コンビニともいえます。なぜ、
Amazonがこのような店舗に挑戦したかですが、Amazon自身が「if we could 
create a shopping experience with no lines and no checkout?」と語って
おり、レジのない店舗をつくりたっかった、これがそもそもの動機とのこと
です。では、どうそれを実現するか、Amazonは、「the same types of 
technologies used in self-driving cars」といっているように、自動運転の
技術をふんだんにとりいれているとのことです。特に、machine learning、
機械学習のAIを駆使したとのことで、すべての商品の画像、恐らく1つの商品で
数万枚を機会学習させ、それを棚とスマホに連動させ、スアホの
バーチャルカートでAmazonで決算という仕組みかと想定されます。amazonは
すでに、Amazon Rekognitionという画像認識のAIをAWSでサービスを開始して
いますので、それが今回のamazonGOの背後で動いていると思われます。
レジ無し店舗、アメリカだけでなく、中国、そして、日本でも実証実験が
はじまっていますので、今後、食品スーパー、ドラッグストア、HC等でも
数年後には実現される可能性が高まったといえます。まずは、コンビニ業界が
どう動くか、AmazonGOの今後の動向とともに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/amazon-go122%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3no-lines-no-checkout/1533532423434017/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 22, 2018
6.電通、AI推進プロジェクトチームを発足!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/01/ai-abe4.html

PI研コメント:
・電通が1/16、AIのプロジェクトチーム「AI MIRAI」(エーアイ・ミライ)を
発足させました。約40人で構成、AIの解決テーマは3つ、「AI MIRAI Marketing」、
「AI MIRAI Workstyle」、「AI MIRAI Business」だそうです。企業の経営
そのものをAIでの解決を目指しているといえ、AIを経営の根幹に据えた組織の
発足はまだ少ないといえ、今後の展開が気になるところです。電通はすでに、
昨年の5/17に、「AICO (アイコ/AI Copy Writer)」(β版)を開発し、
実践投入していますので、これらの研究、実践成果が集約され、今回の
新AIプロジェクトにつながったといえます。今後、社内での活用だけでなく、
「顧客企業の課題解決に直結するAIソリューションの開発と、社会における
AI活用のさらなる拡大に貢献」とクライアントへの支援、さらには、社会への
貢献も視野に入っているとのことで、AIが電通そのものを変革してゆくことに
なると思われます。いよいよ、日本においても、AIがここまで浸透しはじたと
いえ、2018年度はまさにAIシフトの時代に突入したといえるかと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%9B%BB%E9%80%9Aai%E6%8E%A8%E9%80%B2%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E7%99%BA%E8%B6%B3/1528045987315994/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 21, 2018
7.イオン、GMS事業、回復基調か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/01/gms-824e.html

PI研コメント:
・イオンの2018年2月期、第3四半期決算は増収増益、特に、営業利益は20.4%増と
なる結果となりましたが、その数値に貢献したのがGMS事業の赤字幅縮小が
大きかったといえます。GMS事業は実際、回復基調となったといえるのか、
その数値をもう少し、落としてみたいと思います。その中核企業の
イオンリテールですが、既存店は依然として、「売上高は対前年同期比 
98.9%」と厳しい状況にありますが、「対前年同期比を 0.6 ポイント上回り」と、
前期比では回復基調にあるといえそうです。また、「荒利益率の改善に加え、
販促費用の効率化等、経費削減の 取り組みが奏功し、営業損益は前年同期差で
 74 億 64 百万円改善」とのことで、営業利益も赤字幅が大きく改善しています。
特に、店舗の改装においては、「約 300 席のイートイ ンスペース」を設けたり、
「G.G(グランド・ジェネ レーション)店舗として出店」など、高齢化に合わせた
店づくりに挑戦するなど、改革を推し進めています。さらに、課題のダイエーも
-42億円と赤字ですが、前期差 +15億円と、回復基調といえます。イオンリテール
以外のGMS事業の中のイオン北海道も「当第3四半期連結累計期間における同社の
売上高は過去最高(対 前年同期比 101.2%)を更新」と、堅調な数字を達成して
います。こう見ると、数字は明らかに回復基調になってきているといえますので、
課題のGMS事業も「イオングループ中期経営計画(2017 年度~2019 年度)」の
中で、黒字化も見てきたといえそうです。イオンのGMS事業、残り四半期ですが、
今期の回復基調をもとに、中期経営計画の最終年度、来期、黒字化へ向けて
どのような業務改革を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3gms%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E5%9F%BA%E8%AA%BF%E3%81%8B/1527872580666668/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/02/19
部数 1,011部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/02/19
部数 1,011部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング