食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第607号:2017/7/18!


カテゴリー: 2017年12月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第607号:2017/12/18
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第607号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、12/15現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
3038神戸物産5,190+110+2.17%、9846天満屋ス1,219+19+1.58%、
8217オークワ1,166+15+1.30%、9974ベルク6,680+80+1.21%、
2655MV東北1,398+10+0.72%、8255アクシアル4,330+25+0.58%、
3171MV九州2,300+12+0.52%、8242H2Oリテイ2,234+9+0.40%、
8198MV東海2,408+7+0.29%、8287MV西日本1,770+3+0.17%、				

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
9919関西スーパ1,243-30-2.36%、8167リテールPA1,411-34-2.35%、
9977アオキスーパ1,326-20-1.49%、8194ライフコーポ3,040-40-1.30%、
2791大黒天5,150-60-1.15%、3539Jミート1,729-16-0.92%、
8289オリンピック588-5-0.84%、9948アークス2,672-15-0.56%、
7475アルビス4,125-15-0.36%、3222USMH1,160-4-0.34%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.表計算シートにAI、Google、リリース!
  2.Gotcha!mall、販売促進システム、特許取得!
  3.「Gotcha!mall」 x 「オムニ7」、12/1よりスタート!
  4.AI、ネット広告最適化システム、サイバーエージェント!
  5.スーパーやまと、業績悪化、自己破産!
  6.セブン-イレブン、58項目の新技術導入店舗へ!
  7.ALBERT(AI)、第3四半期決算、増収減益、株価急騰!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・Impress PC Watch:https://www.facebook.com/impress.pcwatch
  ・ZDNet Japan:https://www.facebook.com/ZDNetJapan/
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 16, 2017
1.表計算シートにAI、Google、リリース!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/aigoogle-b946.html

PI研コメント:
・いよいよ、表計算ソフトにもAIが入り始めました。Googleが12/8、
「Pivot to the cloud: intelligent features in Google Sheets help 
businesses uncover insights」というブログを公表し、その中で、表計算ソフトに
AIを導入、これまでエクセル等で難解であったピポットテーブルを自動作成する
機能を加えたとのことです。BIツールにはtableauなどでもすでに、一部AIが
導入されはじめていますが、Googleが今回ピポットテーブルに絞ってAIの導入に
踏み切ったことで、今後、エクセルをはじめ、様々なBIツールがAIの導入競争に
なると思われます。今回のGoogleのピポットテーブルへのAI導入はほんの
小手調べとのことで、今後、AI、特に機械学習をもとに話せばピポットテーブルが
自動作成される機能の追加、すでに、英語版ではリリース済みとのことですが、
さらに、ピポットテーブル同士を比較できる機能など、次の開発ステップも
公表されており、次々に進化をはかってゆくとのことです。ちなみに、
日本語版を試してみましたが、まだ快適にピポットテーブルが作れるとは
いえませんが、これまでよりも試行錯誤が簡単にでき、ピポットテーブルが
使いやすくはなっているようです。ここ最近、AIは日常生活の様々な領域に
入り始めましたが、やっと、表計算の世界にも入りはじめたといえ、Google他、
各社の今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E8%A1%A8%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%ABaigoogle%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9/1491760394277887/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 15, 2017
2.Gotcha!mall、販売促進システム、特許取得!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/gotchamall-5cfb.html

PI研コメント:
・12/5、ポプラ、12/1、セブン&アイ・ホールディングス、8/31、カスミと、
ここ最近、参画する企業が増えている「Gotcha!mall」ですが、その特許を
見てみると、非常にユニークな仕組みです。発明の名称は「販売促進システム」
ですが、販売促進で特許を検索すると189件(12/11)もあり、様々な特許が
すでに成立しています。この中で新たな特許を取得したわけですので、それだけ
独自の発明として認められたと思われます。そのポイントですが、「本発明の
目的は、ユーザが希望するクーポンをユーザ自身が能動的に楽しみながら取得し、
これにより商品等の認知度並びにユーザの来店確率を高め、最終的にはクーポンの
利用に結び付けることが可能な販売促進効果の高い販売促進システムを提供する
ことにある。」とのことです。ごく簡単にいえば、AIをつかった
現代版ガチャガチャであり、しかも、大株主のトランスコスモスの言葉を借りれば、
「来店コンバージョンと購買コンバージョンが測れるオムニチャネル
ソリューション」といえます。ガチャガチャがAIによって進化し、来店動機と
購買動機を同時に喚起する販売促進がリアルではなく、バーチャル上に
できあがった仕組みといえます。特許は全部で113項目、20の図表、
約25,000字ですが、よく考えられた、きめ細かな視点が組み込まれており、
スマホの中のガチャガチャを楽しみながら、自然に購買動機を刺激され、
それが来店動機につながり、GPSで店舗に誘導、つい買ってしまう、しかも、
F(頻度)の視点も入っており、時間とともにS顧客へ誘導されるような特許内容
です。今後、アジアをはじめ海外での展開も本格化するといえ、しかも、
そのための資金、支援にトランスコスモスがついたことにより、業務が
加速すると思われます。それにしても、ガチャガチャがこんなに進化するとは
驚きです。「Gotcha!mall」、今後、どのような進化を遂げてゆくのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/gotchamall%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E4%BF%83%E9%80%B2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E7%89%B9%E8%A8%B1%E5%8F%96%E5%BE%97/1491921157595144/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 14, 2017
3.「Gotcha!mall」 x 「オムニ7」、12/1よりスタート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/gotchamall-x-12.html

PI研コメント:
・Gotcha!mallにオムニ7が参画、「nanaco」ギフトが当たるプロモーション連携が
はじまります。Gotcha!mallはグランドデザインが運営するバーチャルモールで
あり、日本だけでなく、海外にも展開、国内ではココカラファイン、キャンドゥ、
イオン、ローソンなど、数10企業が出店しています。AIを使い、顧客個人個人と
店舗、商品とのベストマッチングをはかり、各企業へ新規顧客の誘因、来店頻度の
飛躍的な増加をはかることが売りです。パンフには来店頻度が230%、
バスケット頻度(ARPU)、すなわち、顧客一人当たりの売上高が170%になるとの
ことで、注目のバーチャルモールとのことです。今期はモール全体がかかわる
売上高300億円、200万人の集客を目標とするとのことです。すでに、
ビジネスモデル特許取得済みとのことですので、ユニークなビジネスモデルと
いえます。この8月には、「グランドデザインと北海道大学、マーケティング活用を
主眼とした人工知能の共同研究を開始」とのことで、人工知能の本格的な研究体制も
確立したとのことです。「大量のプレイヤーズデータ(「購買前後のプレイ履歴」
「位置情報」「レシートデータ」など)が蓄積されるのが特徴。ユーザー企業は
自社購買データ(ID-POS)とプレイヤーズデータを組み合わせて解析し、
インセンティブを個別最適に提供することで、過度な投資を伴わずに
ライトユーザーの購買頻度・購買単価を徐々に高め、次第にロイヤルカスタマーに
育成していくことができる。」とのことですので、リアルでは十分に実現できない
究極の販売促進が可能とのことですので、今後、さらに出店企業が日本だけでなく、
世界中から参画があると思われます。流通業界もこのようにAIがキーになる、
新たなビジネスモデルが生まれ始めたといえ、Gotcha!mallがどのように
成長してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/gotchamall-x-%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%EF%BC%97121%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88/1491142437673016/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 13, 2017
4.AI、ネット広告最適化システム、サイバーエージェント!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/ai-d4c6.html

PI研コメント:
・サイバーエージェントが12/8、「 AIによって、最も高い配信パフォーマンスを
実現する予算配分を自動算出 AIシミュレーションシステム「CAAI」を開発・
提供」とのニュースリリースを公表しました。AIがネット広告の最適予算計画を
策定するとのことで、いよいよ、AIも広告へ本格参入といえます。ここでのAIは
機械学習が使われており、「当社が取り扱う100以上のメディアにおける
年間総インプレション1兆以上の配信実績データから学習した独自ロジックを
用いて開発」とのことです。それにしても、AIが広告計画を自動策定するには、
1兆という途方もないデータを事前学習する必要があるとのことで、まさに、
人間の領域を超えたAIならではの仕事といえます。サイバーエージョントは
2016年1月にAI Labを設立、産学共同でAIの研究に取り組んできましたが、
その成果が出たといえます。参考に、AI Labの今井さんの研究論文をリンク
しましたが、今回の成果の元となった論文のひとつといえるかと思います。
これ以外にも、AI Labでは様々な研究が進んでおり、今後、今回の
「CAAI(シーエーエーアイ)」の改善、新たなサービスの開発が次々に
生み出されるのではないかと思います。当然、AbemaTV(アベマTV)も
研究対象でしょうから、視聴率、広告の仕組みもAIで劇的に変わる可能性も
あると思います。AI、ネット広告が可能であれば、リアルのちらしの分析も
ID-POSデータで可能といえますので、いずれ、挑戦してみたいと思います。
ここにきて、AIがマーケティングの領域に次々と入りつつありますので、
今後、サイバーエージョエントの動向を含め、何が生まれるか、
AIとマーケティングに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/ai%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%BA%83%E5%91%8A%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88/1490920977695162/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 12, 2017
5.スーパーやまと、業績悪化、自己破産!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/post-77bd.html

PI研コメント:
・12/7、東京商工リサーチが「TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向)」に
「 (株)やまと、破産申請へ 負債総額約16億7000万円」との見出しのニュースを
リリースしました。民事再生法の申請ではなく、自己破産の申請とのことですので、
営業を停止し、資産を処分、会社を解散することになります。負債総額は
16億7000万円とのことで、その要因は、「設備投資などによる借入負担が
重かったうえ、同業者との競争激化等」により、「最大16店舗を構えていた
ものの、25年以降は不採算店舗を中心に7店舗を閉店し、29年6月期の売上高は
約27億4000万円まで縮小」し、資金繰りに窮したことによるとのことです。
食品スーパーは1店舗数億円という多額の新規出店等の設備投資が必須の業態と
いえます。上場約50社の平均的な有利子負債は約200億円あり、総資産に占める
比率は20%を超えます。自己資本比率は約45%ですが、その大半を借入で
賄っているのが実態といえます。一方、キャッシュは商品売買から得られる
原価と経費差の関係はトントンのケースが多く、不動産、物流等のその他の
営業収入で営業利益を補填しているのが実態ですので、競合激化により、
既存店のキャッシュが減少すると、即、経営を圧迫します。さらに、今回の
ケースのように店舗を大量に占めると、キャッシュがいっきに減少、2重の
キャッシュ不足が生じ、有利子負債の返済にも影響、経営は厳しさを増すと
いえます。今回の「やまと」と同様な経営環境、財務状況の食品スーパーは
少子高齢化、競合激化とともに、今後、さらに深刻さを増すといえ、
厳しい局面を迎えているといえます。その意味で、「やまと」の破産は、
民事再生ではないだけに、食品スーパーにとって、今後の企業の存続が
問われた厳しい経営決断の問題といえます。「会社は6日夜までの営業を
最後にすべての店舗を閉店し、アルバイトを含むおよそ170人のすべての
従業員を解雇」とのことで、即店舗閉鎖とのことですので、関係者にとっては、
厳しい年末年始になるといえます。今回の件は、食品スーパーにとって、
経営の根本が問われているといえ、どう継続するかではなく、
どう存続するかが問われているといえます。2018年度は、その意味で、
食品スーパーの根幹が問われる年になるといえるかと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A8%E6%A5%AD%E7%B8%BE%E6%82%AA%E5%8C%96%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%A0%B4%E7%94%A3/1490763324377594/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 11, 2017
6.セブン-イレブン、58項目の新技術導入店舗へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/-58-3aff.html

PI研コメント:
・セブン‐イレブン・ジャパンが12/6、本部のある「セブン‐イレブン
千代田二番町店」のリニューアルを公表しました。基本コンセプトは3つ、
環境負荷の軽減、働きやすさの向上、快適な店内環境作りです。それぞれ、
最新の技術を導入しており、その数、58です。内訳は、環境負荷の軽減が22、
働きやすさの向上が26、そして、快適な店内環境作りが10です。数から見ると、
働きやすさの向上に力点を置いたリニューアルといえます。この新技術を
導入すると、「店舗全体の外部調達電力を約 28%削減」し、「対象設備に
関連する作業時間を 1 日あたり約 5.5 時間削減」とのことですので、将来、
全国約 19,900 店舗へ導入すると、莫大な電力と作業時間の節約となります。
また、「快適な店内環境作り」は項目数は10と少ないですが、コンセントに
関しては「内蔵センサーで地震を感知(震度5以上)し、即時に電気を遮断」、
傘立てでは「折り畳み傘も収納可能」、さらに、ベビーチェア、ベビーシートの
設置、トイレ床材、トイレ器具の改善など、顧客にとっても、快適な店舗に
なるといえ、きめ細かい配慮がなされています。これまで、どちらかというと、
POS、GOT、ネットワーク等の情報システムの改善が注目されてきたセブン-
イレブンですが、このような環境、働きやさすさ、快適な店舗への投資は、
新たな動きであるといえ、コンビニもまさに「広く社会的課題への対応」を
競う時代に入ったといえます。今回のセブン-イレブンの決断は、コンビニに
限らず、流通業界全体の流れを変える新たな時代の到来といえるかと思います。
今後、この58項目の新技術がどのようなスピードで進んでゆくのか、
セブン-イレブンの全国、全世界の店舗の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%B358%E9%A0%85%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%96%B0%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%B0%8E%E5%85%A5%E5%BA%97%E8%88%97%E3%81%B8/1489196044534322/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 10, 2017
7.ALBERT(AI)、第3四半期決算、増収減益、株価急騰!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/albertai3-f282.html

PI研コメント:
・ALBERT、AI、人工知能をメインにしたベンチャー企業がいま何を経営課題とし、
どのような経営状況にあるのか、それを知る上での象徴ともいうべき企業の
1社です。最新の決算、2017年12月度の第3四半期決算を見ると、増収減益、
しかも、営業、経常、当期純利益ともに赤字決算と厳しい状況にあります。
AIが必ずしも儲かるビジネスではないということがわかります。ただ、12/6の
株価はストップ高となり、異常な投資家の買いが殺到しました。その要因は、
「ALBERT、NVIDIA主催イベントで自動運転等に応用可能な深度推定(距離推定)
エンジンを発表」のニュースリリースであり、このAIの技術、深度推定手法が
今後の自動運転等へ応用され、莫大な利益をもたらすであろうとの思惑からと
思われます。AIはこのようなことがいつ起こっても不思議ではない要素を
もっているといえ、その技術が本物かどうかを見極めることが重要といえます。
ここ数年、ALBERTの利益が厳しかった要因は、AIの技術者を十分に確保
できなかったことが大きいとのことで、それが原因で優良案件の受注が
できなかったケースがあったとのことです。ただ、今回、株価がストップ高と
なり、2,000円を超えたことで、1,211円を転換価格とした新株予約権付
社債19.88億円が株式に転換し、結果、多額の資本が負債から転換したことに
なります。これで、自己資本比率が29.3%から大きく改善、財務は
安定しましたので、人材確保がしやすくなったと思われます。それだけ
AI技術者は不足し、世界中の先進企業が奪い合っているとのことですのです。
財務的にも一段落したALBERT、今後、AIをメインに人材を確保し、
どう企業の変革を遂げてゆくのか、その行くへに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/albertai%E7%AC%AC3%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8A%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E6%80%A5%E9%A8%B0/1488021337985126/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/21
部数 999部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/21
部数 999部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング