食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第604号:2017/11/27!


カテゴリー: 2017年11月27日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第604号:2017/11/27
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第604号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、11/24現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
9956バローHD2,524+53+2.14%、8182いなげや1,799+36+2.04%、
8142トーホー2,710+33+1.23%、8255アクシアル4,175+45+1.09%、
3222USMH1,114+9+0.81%、2742ハローズ2,449+17+0.70%、
9948アークス2,518+17+0.68%、8274東武ストア3,020+20+0.67%、
9974ベルク6,230+40+0.65%、8242H2Oリテイ2,072+13+0.63%、				

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
7465MV北海道3,345-35-1.04%、9846天満屋ス1,160-12-1.02%、
2791大黒天5,190-50-0.95%、9823マミーマート2,231-17-0.76%、
8167リテールPA1,347-8-0.59%、8279ヤオコー5,120-30-0.58%、
9993ヤマザワ1,745-4-0.23%、3094スーパーV1,015-2-0.20%、
8289オリンピック580-1-0.17%、2747北雄ラッキー641 0 0.00%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.アリババ、リアル店舗へ出資攻勢!
  2.マミーマート、2017年9月本決算、増収増益!
  3.AIレジ、JA東日本で実証実験!
  4.Tカード、商品開発、第一弾、カキ!
  5.ゼンショーH、中間決算、増収減益、株価急落!
  6.ウォルマート、第3四半期、増収減益、Eコマース好調!
  7.その2、AIと流通業、どこに活用できるか?

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・人工知能学会aiセミナーのページ:https://www.facebook.com/AIseminar/
  ・AI研究所:https://www.facebook.com/ai.kenkyujo/
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
November 25, 2017
1.アリババ、リアル店舗へ出資攻勢!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/11/post-4b78.html

PI研コメント:
・11/23、日本経済新聞が「アリババ、店舗と融合に的 スーパーに3200億円出資」
との見出しの記事を掲載しました。アメリカではamazonがホールフーズマーケットを
M&Aと、ネットとリアルの融合が進みつつありますが、中国でも同様な動きといえ、
時代が大きく変わりつつあるといえます。アリババは「過去2年強で、アリババが
実店舗買収に投じた資金は優に1兆円を超えた。」とのことで、今回の
「大型スーパー運営の高鑫零售(サンアート・リテール)に3200億円」の出資は
この延長といえます。「中国では2012年に1.3兆元(約22兆円)だったネット通販の
市場規模が16年には5.3兆元に拡大」とのことで急拡大中とのことです。しかも、
「ネット通販の約6割は、元は実店舗の売り上げだった」とのことで、リアルが
ネットへシフトする動きといえます。アリババ、ネット+リアルの融合をどうはかり、
中国の小売市場を固めてゆくのか、そして、その後、日本への参入はあるのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E5%BA%97%E8%88%97%E3%81%B8%E5%87%BA%E8%B3%87%E6%94%BB%E5%8B%A2/1474106012709992/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
November 24, 2017
2.マミーマート、2017年9月本決算、増収増益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/11/20179-a854.html

PI研コメント:
・マミーマートが11/14、2017年9月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、
特に、営業利益は15.4%と、2桁増となる好決算となりました。その要因は、
原価、経費、共にバランスよく改善したことに加え、その他営業収入も拡大、
トリプルで利益を押し上げたことが大きいといえます。今期、マミーマートは、
「「個店主義」「商品開発」 「時間帯MD確立」の3項目を重点取組項目」と
して、取り組み、店舗運営力を高めたとのことです。また、
「スピードセルフレジ(精算をお客様自身で行うシステム)の導入をはじめ、
自動発注 システムの対応拡大」するなど、経費削減に取り組んおり、
これらの取り組みが業績の向上をもたらしたと思われます。マミーマート、
今期の好業績を活かし、来期、どうこの好調さを維持してゆくのか、業界を
取り巻く環境は、「節約志向」、「人件費の増加」、「競合の出店 攻勢や
販売促進の熾烈化」とより厳しさを増しつつある中、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%9E%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%882017%E5%B9%B49%E6%9C%88%E6%9C%AC%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A2%97%E5%8F%8E%E5%A2%97%E7%9B%8A/1472299392890654/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
November 23, 2017
3.AIレジ、JA東日本で実証実験!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/11/aija-99aa.html

PI研コメント:
・日本経済新聞が11/21、「AIレジ開発のサインポストが21日に上場」との
見出しの記事を掲載しました。サインスポットが開発したAI搭載のワンダーレジの
実証実験をJR東日本が大宮駅で実施するとの内容です。いよいよ、日本でも
AIがレジに搭載、無人化への試みがはじまったといえ、興味深い実証実験です。
では、レジのどこにAIが活用されているかですが、記事では、「商品をカメラで
自動認識」、ここに機械学習、いわゆるデープラーニングが活用されており、
その後は、「バーコードの価格情報と照合して代金を計算」、「ICカードで
支払う」とのことです。さらに、サインスポットのホームページを見ると、
顔認識にもAIが活用されているとのことで、ワンダーレジにカメラがついており、
顧客の年齢、性別を自動認識するとのことです。ユーチューブのプロモーションを
見ると、顧客の清算時間がややかかるきらいはあるようですが、一連の流れは
スムースであり、今後、改良を重ね、実用化が近いのではないと思います。
アメリカでは、Amazon GOがAIとカメラ、スマホを駆使し無人店舗の実験が
進んでいますが、AIもいよいよ、小売業の本丸に切り込みつつあるといえ、
このワンダーレジはもちろん、今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/ai%E3%83%AC%E3%82%B8ja%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E5%AE%9F%E8%A8%BC%E5%AE%9F%E9%A8%93/1472230539564206/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
November 22, 2017
4.Tカード、商品開発、第一弾、カキ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/11/t-aa9a.html

PI研コメント:
・10/5、Tカードが第1弾として、カキの商品開発を公表しました。「カキと
バジルのオイル漬け」と「パセリとチーズ味の大きなカキフライ」「カレーと
ガーリック味の大きなカキフライ」であり、ID-POSデータが商品開発に
活かされた事例といえます。Tカートは、「6,000万人を超える、日本の2人に
1人の方にご利用」、「利用できるお店は70万店舗」で利用されているとのこと
です。今回のプロジェクトは、これを報道したCNET Japanによれば、
「175社のアライアンス企業、約40億件の購買データを活用できることが
ポイントで、2016年11月にスタート」とのことです。まだはじまったばかりの
プロジェクトですが、その第1弾がこのカキといえます。実際にどのように
商品開発が進んだかですが、「6000万人のT会員から選ばれし“とびきりの
魚介好き”たち。集まった9人のT会員」と「未来の世代が憧れる水産業の形を
目指そう!とがんばっている若き漁師たち「フィッシャーマン・ジャパン」」で
進められたとのことです。「東京と石巻で計4回の商品開発セッションを行い」、
「こだわりの13レシピが誕生」し、今回発売した2品に絞られたとのことです。
ID-POS分析を商品開発に活かす試みとしては、ユニークであり、今後、
加盟店にこれらの新商品が登場し、どのような顧客からの反応が見られるか、
その反応もTカードで検証できるといえますので、その後の商品改善に
つながってゆくといえます。今回のカキ、どう顧客に受け入れられ、
さらに、第2弾がどのような商品が開発されるのか、「Tカードみんなの
ソーシャルプロジェクト」の次の展開に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/t%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E5%95%86%E5%93%81%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%BC%BE%E3%82%AB%E3%82%AD/1470928759694384/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
November 21, 2017
5.ゼンショーH、中間決算、増収減益、株価急落!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/11/h-ed4f.html

PI研コメント:
・ゼンショーHが11/8、2018年3月期の中間決算を公表しました。結果は増収、
減益、特に小売事業が「426億31百万円(前年同期比41.0%増)、営業利益は
2億60百 万円(同12.1%減)」と、この影響が大きいといえます。系列総菜店
「でりしゃす」での食中毒の問題により、全17店を閉店したことなどが
響いています。また、日経新聞によれば、「主力の牛丼店の不振」もあるとの
ことで、この2つが主な要因とえます。結果、株価も急落、投資家は売りと
判断したといえ、ゼンショーHとしては本業とM&Aにより傘下に収めた
小売事業の立て直しが待ったなしの状況といえます。この中間決算で
気になるのは経費は改善していますが、原価が大きく上昇しており、これが
減益の要因となっています。また、有利子負債が1,352.15億円と総資産比 
46.24%と、財務に重くのしかかっており、今後の投資余力が圧迫されている
ことです。それにしても、原価率43.50%、結果、売上総利益は56.50%、
食品スーパーの売上総利益が約25%ですので、対極の比率といえます。
同様に経費比率も53.06%、食品スーパーは約25%ですので、これも対極の
比率です。したがって、全く収益構造の違う業態を抱えていますので、
双方の相乗効果が生み出しにくいといえます。ゼンショーH、本業の外食と
経営が厳しい状況にある小売事業、どう立て直してゆくのか、
後半に向けての経営戦略に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BCh%E4%B8%AD%E9%96%93%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8A%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E6%80%A5%E8%90%BD/1469463289840931/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
November 20, 2017
6.ウォルマート、第3四半期、増収減益、Eコマース好調!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/11/3e-7273.html

PI研コメント:
・11/16、ウォルマートが2018年1月期の第3四半期決算を公表しました。結果は
増収減益、やや厳しい決算となりましたが、株価は急騰、投資家は買いと
判断しています。その要因は11/17の日経新聞でも、「巨人ウォルマート、
アマゾンに反撃 ネット売上急増」との見出しの記事を配信していますが、
eCommerceが急増、これが店舗の売上にも影響を与えはじめており、
対アマゾンへの着実な第1歩となったことを好感しているためと思われます。
実際、この決算でも「eCommerce growth at Walmart U.S. remained strong, 
led by growth through Walmart com. Net sales and GMV3 increased 50%
 and 54%, respectively.」と、eコマースは好調であり、ウォルマートのCEO、
Doug McMillon氏もその可能性を強調しています。店舗の既存店もTraffic 1.5%、
Ticket 1.2%と、客数、客単価ともに堅調であり、少なからず、eコマースの
貢献があると思われます。やや気になるのは、減益の要因であり、原価、
経費ともに上昇、ダブルで利益を圧迫していることです。また、
キャッシュフローでも投資キャッシュフローが営業キャッシュフローの
34.42%と、新店への投資を控えていることです。ただ、その分、
比較的投資金額の低いeコマース等へキャッシュをシフトしていますので、
これが今後、どこまで企業全体の成長につながるかが課題といえます。
日経新聞によれば、「同社の米ネット通販市場でのシェアは約4%で4割超の
アマゾンの背中はまだ遠い」とのことで、まだシェアはアマゾンの1/10ですので、
アマゾンを脅かすほどにはいっておらず、今後、さらに巨額の投資が必要と
いえます。ウォルマート、約1万店舗とeコマースをどう融合させ、アマゾンに
迫ってゆくのか、本格化しはじめたeコマースの今後の成長戦略に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E7%AC%AC3%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8Ae%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%A5%BD%E8%AA%BF/1469273409859919/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
November 19, 2017
7.その2、AIと流通業、どこに活用できるか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/11/ai-fbe1.html

PI研コメント:
・沖電気工業が11/15、「レジ適正台数見える化」と「レジ混雑予測」の
システム販売を開始しました。流通業へのAI活用であり、「レジ周りの課題を
一挙に解決」するところに焦点を当てています。ただ、これは第1弾とのことで、
今後、「シフト計画作成支援」、「欠品検知」、「特定人物検出」、
「待ち時間予測」などのサービスをリリースする予定とのことです。今回の
サービスは「2016年4月からベイシア三好店で実証実験」を行っているとの
ことで、ベイシア流通技術研究所が全面協力してサービスが実現したとのこと
です。AIの活用としては、IoT(Internet of Things)がキーポイントといえ、
「画像センシング技術と人工知能(AI)・アナリティクス技術を活用」し、
「熟練者でなくても通知内容に従うだけで、混み始める前の最適なタイミングで
レジの開局指示が行える」とのことです。AI、いよいよ、流通業に入り
始めたといえ、今後、様々な支援サービスが登場すると思われます。前回は
マーケティングへのAIの活用でしたが、今回は生産性へのAI活用です。P/Lで
見ると、前回が売上高、今回が経費であり、双方がAIで改善することにより、
結果、利益が改善することになるといえます。AI、流通業ではまだはじまった
ばかりといえ、今後、どのようなAIが流通業に活用されてゆくのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/ai%E3%81%A8%E6%B5%81%E9%80%9A%E6%A5%AD%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%92/1468620943258499/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/11
部数 1,017部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/11
部数 1,017部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング