食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第600号:2017/10/30!


カテゴリー: 2017年10月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第600号:2017/10/30
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第600号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、10/27現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
8242H2Oリテイ2,124+66+3.21%、8255アクシアル4,720+75+1.61%、
3539Jミート1,805+27+1.52%、9974ベルク6,370+90+1.43%、
8167リテールPA1,315+16+1.23%、8267イオン1,742.0+18.0+1.04%、
8194ライフコーポ3,035+25+0.83%、8182いなげや1,849+15+0.82%、
8217オークワ1,164+9+0.78%、2742ハローズ2,578+15+0.59%、			

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
3222USMH1,036-42-3.90%、3038神戸物産4,935-105-2.08%、
9846天満屋ス1,166-13-1.10%、3094スーパーV954-5-0.52%、
8142トーホー2,835-5-0.18%、8198MV東海2,233-4-0.18%、
7520エコス1,272-2-0.16%、9977アオキスーパ1,307-2-0.15%、
9948アークス2,523-3-0.12%、2655MV東北1,302-1-0.08%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.リピート顧客って誰?
  2.カワチ薬品、2018年3月中間、増収減益!
  3.三越伊勢丹H、クイーンズ伊勢丹、株式66%譲渡!
  4.食品スーパー、売上速報、9月度、微増!
  5.コンビニ、売上速報、2017年9月、客単価、堅調!
  6.クイーンズ伊勢丹、丸の内キャピタルへ売却?
  7.アークス、2018年2月、中間決算、増収減益!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・ウォルマート:https://www.facebook.com/walmart
  ・Business Insider Japan:https://www.facebook.com/BusinessInsiderJapan/
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
October 28, 2017
1.リピート顧客って誰?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/10/post-9a03.html

PI研コメント:
・目の前の顧客はリピート顧客なのか、それとも初回購入顧客なのか、判断する
のは至難の技といえます。それはID-POS分析のシステムがないか、あるかよりも、
リピート顧客の定義が大きく2つあるからです。ひとつは時間という考え方を
入れた相対リピート顧客、そして、もひとつは時間を考えない絶対リピート顧客
です。結果、どちらの考え方をとるかで、目の前の顧客がどちらなのかが変わって
しまいます。実務的にはどちらでもいいじゃないかと、さほど違いはないのでは
とも思えますが、将来のリピート率を高めるめの施策をつくる上においては、
実務的に可能かどうかは別にして、絶対リピートの考え方を基盤にすえた方が
ベターといえます。たとえば、目の前の顧客が絶対リピートの視点で見た時に、
初回購入顧客だとわかった場合、その顧客へのアクションを起こすには
初回購買から時間がたてばたつほどリピート購入する可能性は低くなるのが
実態であり、一定時間をすぎると、どんなアクションもあまり効果が期待
できなくなるからです。したがって、そのベストタイミングをつかみアクションを
起こす必要があり、それが結果的に将来のリピート顧客を増やすことにつなが
ります。初回購入顧客は一般的には目の前の購入顧客の約50%、商品によっては
70%以上に及ぶこともあり、この顧客に数ケ月以内にアクションを起こさないと、
その後に何をやってもほとんど効果は期待できないといえます。そして、
これがその後にも起こり、その都度、その顧客に数ケ月以内にアクションを
起こすことが重要であり、結果、1年後のリピート顧客が限界まで増加することに
なります。ID-POS分析を活用する目的は、このように目の前の顧客を絶対的な
視点で初回購入顧客かリピート顧客かを峻別できることであり、しかも、
初回顧客のその後のリピート確率を割り出し、的確なアクションを起こす
タイミングを導けることにあるといえます。その結果、顧客の再購入率を高め、
売上、利益を維持し続けることが可能になるといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%88%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%A3%E3%81%A6%E8%AA%B0/1447394975381096/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
October 27, 2017
2.カワチ薬品、2018年3月中間、増収減益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/10/20183-5402.html

PI研コメント:
・カワチ薬品が10/25、2018年3月期の第2四半期の決算を公表しました。結果は
増収減益と、やや厳しい決算となりました。ただ、進捗率は売上高、
営業利益ともに50%を超えており、ほぼ計画どおりの数値ですが、株探ニュースに
よれば、「カワチ薬品、今期経常を5%下方修正」とのことですので、
下方修正後の数値と見ると、やはり、経営環境は厳しさを増していると
いえそうです。実際、カワチ薬品自身も、「小売各社の異業態間の戦いに加え、
競合各社の出店 増や価格競争の熾烈化が続く等、経営環境は一層厳しさを増し、
・・」とコメントしています。減益の要因ですが、原価は-0.17ポイント改善
していますが、それを上回る経費が+0.27ポイント上昇しており、これが利益を
圧迫したといえます。今期の決算では、ドラッグストアに限らず、小売業全体が
同様の傾向であり、経費比率の上昇が経営に大きな影響を与えつつあると
いえます。これを受けてか、投資キャッシュフローも△27.72億円と
営業キャッシュフローの24.28%であり、今期は投資を控えているといえます。
カワチ薬品、経営環境が厳しさを増しつつある中、今後、どのように成長戦略を
推し進め、利益の改善をはかってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%81%E8%96%AC%E5%93%812018%E5%B9%B43%E6%9C%88%E4%B8%AD%E9%96%93%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8A/1447295702057690/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
October 26, 2017
3.三越伊勢丹H、クイーンズ伊勢丹、株式66%譲渡!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/10/post-64ff.html

PI研コメント:
・10/23、三越伊勢丹Hが「当社子会社における会社分割及び株式譲渡の予定に
関するお知らせ」とのニュースリリースを公表しました。既に、日本経済新聞が
事前に報道していましたが、これが三越伊勢丹Hの正式な公表といえます。
内容は新たな子会社をつくり、その子会社の株式の66%を丸の内キャピタルに
譲渡するというものであり、10/23日付で契約したとのことです。
ニュースリリースの「本日の契約締結に至る経緯」を見ると、
「クイーンズ伊勢丹については過去、積極的な出店拡大戦略を進め、・・」
とのことで、これが「競合と の同質化に伴う競争激化」が起こり、結果、
「複数店舗の撤退を余儀なくされ、これに伴い業績が低迷 」とのことです。
日経新聞によれば、「ピークの2008年に21店舗まで拡大」とのことですので、
仮に2店舗撤退すれば、10%減となり、その瞬間に経費率が急上昇、既存店の
経営が厳しい局面に陥りますので、原則、スクラップ&ビルドで店舗数を
減らさないことが出店戦略のポイントといえます。結果、その後も、「出店・
リモデル関連コストやインフラ投資等が増加したことで収益が悪化し、近年に
おいて は抜本的な改革が必要な状況」だったとのことです。ここ最近では、
「17年3月期は11億円の営業赤字となった。赤字は5期連続で、立て直しが
急務」との経営状況だったとのことに加え、本体も、「現在、当社グループは、
将来の持続的な成長に向けて、「百貨店本業の再構築」「成長事業 の選択と
集中」に重点的に資源配分し、・・」と、百貨店事業に選択と集中をせざるを
えないことが重なった上での今回の決断とのことです。日経新聞の記事には、
「百貨店は館ごとに異なる客層に合わせて品ぞろえを工夫するが、スーパーは
チェーン全体で運営を効率化し、規模の利益を狙う、・・」と、経営戦略の
違いがあり、この成功事例はほとんどないとのことです。クイーンズ伊勢丹、
丸の内キャピタルのもとで、まずは赤字改善、そして、既存店のリモデル化、
さらには、成長戦略をどう構築し、実行してゆくのか、その動向に注目です。
続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E4%B8%89%E8%B6%8A%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E4%B8%B9%EF%BD%88%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E4%B8%B9%E6%A0%AA%E5%BC%8F66%E8%AD%B2%E6%B8%A1/1444650858988841/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
October 25, 2017
4.食品スーパー、売上速報、9月度、微増!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/10/9-d82e.html

PI研コメント:
・10/20、日本スーパーマーケット協会から「スーパーマーケット販売統計
調査資料」が公表されました。この統計資料は全国7,858店舗、270社の
食品スーパーの売上高を部門別、地域別、規模別に集計したものであり、毎月、
公表されるものです。その結果ですが、全体の数値は、101.8%(全店) 
100.2%(既存店)となり、全店、既存店ともに微増となりました。部門別に
見ると、残念ながら、この9月度は好調な部門がなく、やや好調が畜産のみで
あり、青果、水産が不調と生鮮3品では明暗が分かれました。また、これ以外の
部門もやや不調であり、数値が伸び悩んだ要因は、畜産のみしか好調な部門が
なかったことによるといえます。ただ、その畜産も、「水産カテゴリーからの
需要シフトが追い風」と、水産の「刺身類に対 してはアニサキス報道の影響が
続いている」ことによる追い風が大きいとのことです。また、食品スーパーを
取り巻く環境は、「外部消費環境に明るい兆しが見えはじめ、・・」との一方で、
「水産部門の不振、報道による惣菜への警戒感の高まりなどで先行きに対する
不安感が根強い、・・」もあり、難しい状況の中での経営の安定を図ることが
課題とのことです。食品スーパー、最大の売上高が見込める年末も近づき、
どのように、この乖離を解消してゆくのか、各食品スーパーの今後の動向に
注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E9%80%9F%E5%A0%B19%E6%9C%88%E5%BA%A6%E5%BE%AE%E5%A2%97/1443801869073740/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
October 24, 2017
5.コンビニ、売上速報、2017年9月、客単価、堅調!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/10/20179-c285.html

PI研コメント:
・10/20、日本フランチャイズチェーン協会が全国55,313店舗のコンビニの
売上速報を公表しました。結果は、「全店は55ヶ月連続のプラス・既存店は
4ヶ月連続のマイナス」とのことで、全体は堅調ですが、既存店はやや厳しい
数値となりました。その中身ですが、客数は「全店は2ヶ月ぶりのプラス・
既存店は19ヶ月連続のマイナス」と、既存店が伸び悩んでいます。一方、
客単価は「全店は3ヶ月連続のプラス・既存店は30ヶ月連続のプラス」と、
いずれもプラス、特に、既存店は30ケ月連続でのプラスであり、全体が既存店の
客単価に支えられているといえます。コメントでも、「麺類や中華まん等の
温かい商品が好調だった。更に、店内調理品等のカウンター商材も好調に
推移したため、既存店売上高はほぼ前年並みの結果」とのことで、
客単価アップの政策が効を奏しているといえそうです。気になるのは店舗数で
あり、実数では5万店を超えましたが、伸び率では2.1%増と以前の高成長の
段階は終わったといえますので、新規出店による成長戦略は期待できないと
いえます。結果、今後、ますます既存店の活性化、特に、客単価アップが重要な
政策となってゆくと思われます。コンビニ、腕力から知恵の時代に入るといえ、
今後、既存店活性化のため、どう商品、サービスを充実させてゆくのか、
各社が取り組む創意工夫に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E9%80%9F%E5%A0%B12017%E5%B9%B49%E6%9C%88%E5%AE%A2%E5%8D%98%E4%BE%A1%E5%A0%85%E8%AA%BF/1443727089081218/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
October 23, 2017
6.クイーンズ伊勢丹、丸の内キャピタルへ売却?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/10/post-2dee.html

PI研コメント:
・10/22、日本経済新聞が「三越伊勢丹、スーパー「クイーンズ伊勢丹」売却へ、
 業績不振で三菱系ファンドに」との見出しの記事を掲載しました。ただ、
同日の三越伊勢丹ホールディングスのHPでは「本日の一部報道について」
とのニュースリリースが公表されており、その中で「現在、業績回復に
向けあらゆる選択肢を検討しておりますが、現時点で決定していることは
ございません。決定次第、すみやかに公表させていただきます。」と、
コメントしており、正式決定でないようです。したがって、日経のスクープと
いうことになります。ただ、今期の三越伊勢丹フードサービスの本決算の
数値を見ると、赤字決算であり、日経の記事でも「三越伊勢丹フード
サービスは16年3月期から債務超過に陥っており、・・」とのことですので、
信憑性は高いといえそうです。また、売却先と目されている
丸の内キャピタルは流通系に強い投資ファンドであり、「高級スーパーの
成城石井(横浜市)を11年に買収し、利益を伸ばしたうえでローソンに
売却した実績」がありますので、この前例に近いケースといえます。
さらに、丸の内キャピタルは、昨年の2月に「丸の内キャピタル2号ファンド」を
設立しており、「最大1,000億円の規模での運用が可能」ですので、
今回のケースに十分に対応できる資金が準備されているといえます。
クイーンズ伊勢丹、どのような経営決断をするか、いずれ、正式な公表が
あると思われますが、高級路線が消費者から支持を得にくくなっていると
いえ、今後、どう立て直してゆくのか、抜本的な経営改革が必至といえ、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E4%B8%B9%E4%B8%B8%E3%81%AE%E5%86%85%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%81%B8%E5%A3%B2%E5%8D%B4/1443599292427331/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
October 22, 2017
7.アークス、2018年2月、中間決算、増収減益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/10/20182-0263.html

PI研コメント:
・アークスが10/12、2018年2月期の中間決算を公表しました。結果は増収減益、
増収幅も0.3ポイントですので、厳しい決算といえます。アークス自身も、
「消費者の節約志向の継続による価格競争の激化に加 え、人手不足の問題や、
人件費の増加など、経営環境は引き続き厳しい状況で推移」とのことで、
厳しい経営環境であったとコメントしています。これまでの
食品スーパー各社の2月期の中間決算の結果を見ても、ほぼ同様な
厳しい決算状況である企業が多く、食品スーパーを取り巻く経営環境は
厳しい状況にあるといえそうです。特に、経費の上昇が響いているケースが
多いといえますが、アークスの場合も、原価は-0.17ポイント改善して
いますが、それを上回る経費が+0.31ポイント上昇しており、これが利益を
圧迫しているといえます。このような厳しい経営状況の中、アークスは
将来の成長へ向けての準備を進めており、「今期の最重要課題であります
システム統合基盤構築プロジェクト」などに取り組むなど、経営基盤の
強化に入っています。また、「アークスグループのほぼ全ての店舗への
カード展開が完了」とのことで、「総会員数は、前年同期末に対し
14万人増の285万人」と、300万人が視野に入り、営業面の強化も進めて
います。さらに、新業態「ダ*マルシェ」の出店を含め、「業態変更を
含む11 店舗の改装を実施」し、「総店舗数は337店舗」と、店舗開発にも
積極的です。アークス、この中間決算は厳しい結果となりましたが、
後半、そして、将来に向けて、経営基盤をより強固にし、成長戦略を
どう推し進めてゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B92018%E5%B9%B42%E6%9C%88%E4%B8%AD%E9%96%93%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8A/1442075165913077/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/11
部数 1,017部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/11
部数 1,017部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング