食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第590号:2017/8/21!


カテゴリー: 2017年08月21日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第590号:2017/8/21
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第590号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、8/18現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
3094スーパーV1,165+43+3.83%、2747北雄ラッキー598+7+1.18%、
8182いなげや1,867+13+0.70%、3171MV九州2,015+12+0.60%、
8279ヤオコー5,060+30+0.60%、2742ハローズ2,400+8+0.33%、
3038神戸物産5,840+10+0.17、8217オークワ1,169+2+0.17%、
8198MV東海2,085 0 0.00%、9846天満屋ス1,188-1-0.08%、

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
7515マルヨシ399-56-12.31%、8289オリンピック561-17-2.94%、
8194ライフコーポ2,761-69-2.44%、7475アルビス4,335-105-2.36%、
8255アクシアル4,465-90-1.98%、9919関西スーパ1,438-24-1.64%、
8242H2Oリテイ1,917-31-1.59%、9956バローHD2,362-38-1.58%、
3539Jミート1,771-27-1.50%、3222USMH1,120-16-1.41%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.ソニー、ディープラーニングソフト、無償公開!
  2.F(頻度)って何? eラーニングになりました!
  3.北雄ラッキーの株5.5%をアークス横山社長が取得!
  4.Tableau(タブロー)、自然言語での分析へ挑戦!
  5.経営者心理って何だ? eラーニンングになりました!
  6.食品スーパー決算2017、分析の視点と注目ポイント!
  7.出店余力って何だ? eラーニンングになりました!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・ソニー:https://www.facebook.com/sony.jpn/
  ・人工知能最前線:https://www.facebook.com/aiforefront/?hc_ref=ARTzkCTT-_GrMvrPiMw70Q9OVpFyv-iTbrGBlv8_oK8YxYl4Zq6mzWb8ezd2b864TQ0&fref=nf
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 19, 2017
1.ソニー、ディープラーニングソフト、無償公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/post-48fc.html

PI研コメント:
・ソニーが8/17、「人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の
統合開発環境Neural Network Consoleを公開」と題し、「ニューラル
ネットワーク構造の視覚化で効率的なプログラム生成を実現」するソフトを無償で
公開しました。早速、ダウンロードして遊んでいますが、マニュアルだけで
100ページですので、これを自在に使いこなすには少し時間がかかりそうですが、
挑戦してみたいと思います。ID-POS分析に応用できるのではないかと期待して
います。少しこのソフトを動かしてみて、感じたのは、learning Curve、
学習曲線が目に留まった瞬間、商品と顧客の関係、すなわち、F(頻度)曲線と
同じ波形であることです。顧客は商品を(学習)しながら購入回数(学習回数)を
増やしてゆき、最終的にはロイヤルカスタマー(習熟)になってゆく、
その動向がlearning Curve、そのもののにシンクロしているように思えたこと
です。商品と顧客の関係をこのNeural Network Consoleで分析すると、新たな
知見が得られる予感がしますので、できるだけ、早く、このソフトのマニュアルを
読み、ID-POS分析に応用してみたいと思います。それにしても、ダウンロードに
1GB、解凍すると2GBですので、よくソニーは無償で公開したと思います。また、
for Windows 8.1/10_64bit ですので、人工知能を使うには64bitでなければ
パソコンが対応できな時代に入ったといえます。POS分析をはじため約30年前には
想像もつかなかった時代に入ったといえ、まさにlearning Curve、SA顧客の
ランクに入ったのではと思います。今後、何らかの成果が得られた場合は、
ここ最近取り組みはじめたeラーニングで、ソニーのように
無償公開してゆきたいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E7%84%A1%E5%84%9F%E5%85%AC%E9%96%8B/1385356111584983/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 18, 2017
2.F(頻度)って何? eラーニングになりました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/f-22ad.html

PI研コメント:
・DRM(ダイヤモンドリテールメディア)で13回に渡って連載した
「ID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略のすすめ!」の記事を編集加工し、
F(頻度)についての重要な個所を集約してeラーニング化しました。
ID-POS分析はF(頻度)と併買が基本分析ですが、その中のF(頻度)に
ついてのエッセンスとなります。一般にF(頻度)はデシル分析で10クラスに
均等分類されて分析することが多いといえますが、実際のF(頻度)は
ローグテール分布となり、均等に顧客が分布していません。しかも、
Z顧客(期間1.0回)の顧客は単品で見ると約60%占めるのが実態ですので、
F(頻度)を把握する実践的な分類は4クラスで十分といえます。ここでは、
その4つの分類、SABZ分類についてバナナの事例をもとに解説しています。
ちなみに、Z顧客以外のSAB顧客はリピート顧客、B顧客は頻度下位10%、
S顧客は頻度上位10%、残りがA顧客となります。ちなみに、F(頻度)の
期間は食品スーパーでは1年、ドラッグストアでは3年ぐらいが実践的な
分析期間となります。したがって、この時点で相当なビッグデータとなり、
BIツール+クラウドが必須となります。今後、財務3表連環分析に加え、
ID-POS分析についてもeラーニングに挑戦してゆく予定です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/groups/133574913429782/permalink/1377787835675144/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 17, 2017
3.北雄ラッキーの株5.5%をアークス横山社長が取得!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/55-bbdf.html

PI研コメント:
・8/15、アークスの横山社長が北雄ラッキーの株、5.5%を個人として
取得したとの報道が流れました。5/15には北海道新聞が報じ、翌816には
日本経済新聞等でも報じられました。また、北雄ラッキーも「当社株式に
関する一部報道について」との見出しでのニュースリリースを公表しました。
このニュースリリースを見る限り、「一般の株主様が増えるとの認識」、
「当社の経営に影響があるとは認識しておりません」とコメントしており、
あくまでも横山社長個人の株の取得であり、アークスと北雄ラッキーとの
資本業務提携に発展するとは見ていないようです。また日本経済新聞に
よれば、「北雄ラッキーの個人株主から35万株を立会外取引で買い取った」
とのことですので、公開買い付けではなく、あくまでも個人的な取引の
ようです。横山社長も「安定株主として長期保有する」と、コメントして
いるとのことですので、現時点では個人の株取引の範囲といえそうです。
ただ、北海道の市場動向、食品スーパー業界の現状を見るに、いつ、
本格的なM&Aに発展してもおかしくないといえ、今後、アークスが何等かの
アクションを起こすかが注目です。ちなみに、この日の株価ですが、
北雄ラッキーの株価が跳ね上がっており、投資家は買いと見ていると
いえ<M&Aを期待しているといえます。食品スーパー業界は少子高齢化、
人口減、競合激化により、成長戦略が描きにくくなる中、アークスを
はじめ、トップクラスは年商1兆円を目指す規模の拡大に入っており、
M&Aが経営の優先課題となりつつあります。今回の北雄ラッキーの件は
ともかく、アークスが今後どのようなM&Aのよる成長戦略を打ち出すか、
その動向が気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E5%8C%97%E9%9B%84%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%A0%AA55%E3%82%92%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%8C%E5%8F%96%E5%BE%97/1384520361668558/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 16, 2017
4.Tableau(タブロー)、自然言語での分析へ挑戦!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/tableau-493a.html

PI研コメント:
・8/9、Tableau(タブロー)がClearGraphの買収を発表を公表しました。
ClearGraphは2014年に設立、「自然言語によるクエリ(例えば「今週の
500ドル以上の取引を取得」など)によって、膨大なビジネスデータの
クエリとビジュアライズを行なうことのできるサービス」を開発している
ヴェンチャー企業とのことです。これまでTableau(タブロー)は様々な
記述を取り入れ、BIツールを進化させてきましたが、自然言語で分析が
できるようになる技術の取り込みははじめてといえ、業界でもまだ
事例はないといえます。現在でもBIツールのトップを走るTableau(タブロー)
ですが、これが実現すればBIツールの新たな次元の確立といえ、その動向に
注目です。ただ、日本語にも対応するのかどうかは現時点では不明ですが、
是非、日本語対応にも挑戦して欲しいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/tableau%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E8%87%AA%E7%84%B6%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%B8%E6%8C%91%E6%88%A6/1381567491963845/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 15, 2017
5.経営者心理って何だ? eラーニンングになりました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/e-9195.html

PI研コメント:
・財務3表連環分析、第3弾、CF、キャッシュフロー編です。ここでは
食品スーパーのキャッシュフローについて解説しています。CFには経営者の
心理が色濃く表れますが、その揺れ動く微妙な経営者の心理の源泉は
どこにあるかをキャッシュの面から解説しています。食品スーパーの
キャッシュは投資、すなわち、成長戦略にどこまで配分するかにありますが、
キャッシュフローが順流の場合と逆流の場合では大きく違い、そこに
経営者の心理が反映され、キャッシュの配分を決めることになります。
キャッシュフローはその意味で将来の経営の盛衰を決めるともいえ、
ここをしっかり分析することが食品スーパーの経営を見極めるポイント
ともいえます。財務3表連環分析では約50社の食品スーパーのCFの分析が
可能ですので、様々な角度から今後、経営者の心理にまで焦点を当て、
分析してゆきたいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/groups/133574913429782/permalink/1381515861969008/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 14, 2017
6.食品スーパー決算2017、分析の視点と注目ポイント!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/20173-7fcc.html

PI研コメント:
・財務3表連環分析2017のeラーニング版です。ここでは3つの視点から約50社の
食品スーパーの財務分析を試みました。1つ目は、「視点1:マーチャン
ダイジングの強さ」、P/Lの分析です。食品スーパー特有のマーチャン
ダイジング力をビジュアルにし、それぞれの企業のポジションを明確に
しました。マーチャンダイジング力は、営業利益から不動産収入や物流収入等を
差し引いた商品売買から得られる利益であり、2017度の本決算を見ると、
ほぼプラスマイナス0.0%となります。いかに、食品スーパーはこれら
その他営業収入が大きいかがわかります。ここから約50社を付加価値追求型と
価格訴求型に分類することが可能です。2つ目は、
「視点2:CF(キャッシュフロー)の配分」であり、キャッシュフローの
視点からの分析です。特に投資CF、すなわち、成長戦略への経営者の意欲を
分析しています。そして、3つ目は、「視点3:成長戦略(新規出店)に
ついて」です。ここではB/Sの視点からの分析であり、土地、建物、
敷金・保証金等の出店関連資産と有利子負債、純資産比率の差を分析し、
持続的、かつ、長期的な成長可能性を見ています。出店余力もここから分析が
可能です。さらに、ここでは、2つの注目ポイントとして、
「注目ポイント1:売上高5,000億円の時代に突入」、
「注目ポイント2:食品スーパーのROAは約3%、ROEは約7%」を加え
ました。いずれも、食品スーパーの本決算2017の注目ポイントです。
財務3表連環分析は、このように様々な分析が可能ですので、是非、
参考にしていただければと思います。今後とも、新たな視点を加えた
続報を検討してゆきたいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/groups/133574913429782/permalink/1376836812436913/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 13, 2017
7.出店余力って何だ? eラーニンングになりました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/e-9938.html

PI研コメント:
・MD力についで、財務3表連環分析シリーズ第2弾、「出店余力って何?」
です。MD力がP/Lについての食品スーパー独自の経営指標の解説でしたが、
この「出店余力って何?」は、B/Sについての食品スーパーの独特な
経営指標の解説となります。これまでこの解説書も関係者のみに頒布してきた
資料ですが、今回、eラーニング化し、一般公開に踏み切りました。
食品スーパーの財務状況、特にB/Sを理解する上で必須の視点といえます。
この出店余力のポイントは、食品スーパーの資産の大半、約は60%を
占めるのが土地、建物、敷金・保証金等であることに注目、しかも、
その大半は新規出店がらみであることから、食品スーパーのB/Sの本質は
新規出店=成長戦略にあると見なし、その実態を明らかにすると同時に、
もう一歩踏み込み、この新規出店が持続的、長期的に可能かどうかを負債、
特に、純資産との関係で明らかにしたものです。この経営指標を
出店余力と名付け、その考え方と計算式、さらには事例を解説したのが
このeラーニングとなります。食品スーパーはこの出店余力が
マイナスとなり、その数値が大きくなると新規出店が限界に達し、
やがて衰退してゆきます。逆に、プラスに転じ、その幅が大きくなると
新規出店余力が生まれ、中長期的な成長戦略を打ち出すことが可能と
なります。食品スーパーのB/Sを見る際、是非、参考にして
欲しい食品スーパー独自の経営指標です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/groups/133574913429782/permalink/1380315305422397/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/09/18
部数 1,033部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/09/18
部数 1,033部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング