食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第588号:2017/8/07!


カテゴリー: 2017年08月07日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第588号:2017/8/7
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第588号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、8/4現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
8182いなげや1,901+43+2.31%、9974ベルク5,340+120+2.30%、
3038神戸物産5,550+120+2.21%、3094スーパーV1,104+21+1.94%、
8142トーホー2,981+37+1.26%、9823マミーマート2,195+26+1.20%、
8167リテールPA1,172+13+1.12%、7475アルビス4,525+40+0.89%、
7520エコス1,134+8+0.71%	、8279ヤオコー4,855+25+0.52%、

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
8289オリンピック586-8-1.35%、9948アークス2,430-15-0.61%、
3539Jミート1,781-7-0.39%、8198MV東海2,079-7-0.34%、
3222USMH1,144-3-0.26%、9977アオキスーパ1,350-2-0.15%、
8267イオン1,688.0-1.0-0.06%、8287MV西日本1,667-1-0.06%、
8194ライフコーポ2,942-1-0.03%、2791大黒天5,570 0 0.00%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.ROAかROEか、未来投資はROA?
  2.食品スーパー、決算2017、ROA、ROE!
  3.食品スーパー、決算2017、人件費増鮮明!
  4.食品スーパー、ドラッグストア、5,000億円の時代へ!
  5.家計調査データ、2017年6月度、16ケ月ぶりにプラス!
  6.2017年版、財務3表連環分析、リリース、7/30!
  7.CPI(消費者物価指数)、2017年6月、コア指数0.4%!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・RF1 SOZAI:https://www.facebook.com/R.F.SOZAI/
  ・モロゾフ:https://www.facebook.com/morozoff.limited/?ref=timeline_chaining
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 05, 2017
1.ROAかROEか、未来投資はROA?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/roaroeroa-d432.html

PI研コメント:
・6/9に閣議決定された未来投資戦略 2017(Society 5.0 の実現に向けた改革)の
レポートに、これまで政府が推奨してきた経営のKPI、ROEに代わり、ROAが
提唱されました。そのレポートの114ページに、「大企業(TOPIX500)の 
ROA について、2025 年までに欧米企業に遜 色のない水準を目指す。 」と
明記され、大企業においてはROAを欧米並みに引き上げることが目標とされ
ました。大和総研のコラムでも、その背景を解説していますが、「企業の
資本政策による調整の余地を可能な限り小さくしようという判断が働いたのかも
しれない、・・ 」とのことで、企業の資本政策の影響を薄め、総合力で利益を
引き上げる堅固な企業体質を作り上げようという意図が働いたとのことです、
ROEもROAもどちらも分子は利益ですので、どちらを採用しても、利益をあげる
目標は変わりませんが、分母が純資産が総資産かの違いがあり、しかも、
ROA=純資産比率×ROEですので、ROEとROAの関係は比例関係よりも、反比例関係に
あるといえ、双方をバランスよく上げるのは至難の技といえます。したがって、
これまで政府はどちかというとROEを推奨していましたので、ROAが下がるきらいが
あり、結果、総資産、すなわち、全経営資源の活用が不十分、かつ、かたよる
ことがあったともいえます。今回、ROAを推奨したことで、必ずしも、ROEを
引き上げなくとも、純資産比率をあげ、財務内容を堅固にすることが重要な
経営課題になるともいえ、まさに、企業の総合力が問われることになるといえ
ます。今回のレポートではROA重視を鮮明にしましたが、今後、投資に限らず、
アベノミクスを進めてゆく上においてもROAが推奨されてゆくのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/roa%E3%81%8Broe%E3%81%8B%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AFroa/1373532386100689/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 04, 2017
2.食品スーパー、決算2017、ROA、ROE!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/2017-670d.html

PI研コメント:
・財務3表連環分析2017から、今期の食品スーパーの特徴を抽出、その第3弾と
なります。第1弾は年商5,000億円の時代に入ったこと、第2弾は経費比率の上昇が
経営を圧迫していることを取り上げましたので、今回はアベノミックスでも
KPIとなったROAについて見てみました。残念ながら、食品スーパー、約50社の
単純平均のROAは3.3%と低いといえます。ROAは売上高純利益率×総資産回転率×
財務レバレッジ(純資産比率の逆数)と分解できますが、ROEとの関係を見るには、
ROA=純資産比率×ROEの方がわかりやすいといえます。今回はこの数式でROAの
降順と昇順の10社を見てみました。参考にROE10%以上と純資産比率ベスト10も
取り上げました。ROA最高の食品スーパーはサンエーの7.4%でしたが、78.70%
(純資産比率)、 9.30%(ROE)ですので、バランスよく双方が高い数値と
いえます。実際、ROAとROE、約50社をグラフにすると、右下がりの傾向が
見られますので、この2つの指標は反比例の関係にあるともいえます。したがって、
どちらに重きを置くかにより、経営の方向性が真逆になりかねず、いかに
バランスをとってゆくかが課題といえます。これまで経営指標のKPIはどちらかと
いうと株主重視の観点からROEに比重がおかれてきたきらいがありましたが、
ここ最近の政府の方針はROAの方に関心が移りつつあります。その意味で、
食品スーパーも今後ROAを重視した経営が求められるといえますので、ROEを仮に
下げてもROAを引き上げる経営、いいかえれば純資産比率を引き上げることが課題と
なるといえます。財務の安定、持続的成長をはかってゆく上にも、ROAの改善は
重要といえ、本ブログでもROAの動向に注目してゆきたいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E6%B1%BA%E7%AE%972017%EF%BD%92%EF%BD%8F%EF%BD%81%EF%BD%92%EF%BD%8F%EF%BD%85/1372319599555301/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 03, 2017
3.食品スーパー、決算2017、人件費増鮮明!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/2017-0345.html

PI研コメント:
・財務3表連環分析2017から、2017年度本決算の食品スーパーの特徴ですが、
2016年度と比べ人件費率が上昇しているのが鮮明です。ここでは全体の単純平均と
上位、下位10社づつをピックアップしましたが、その違いが見られます。
個々に見ても明らかですが、全体では人件費率が10.7%から11.2%へと、
0.5ポイント、率にして約5%の上昇がみられます。結果、経費率も25.2%から
25.3%と、0.1ポイントアップしており、経費率を押し上げ、経営を圧迫している
現況が見られます。人手不足等からの時給の上昇に加え、社会保険等の
福利厚生費がアップしていますので、その結果が数値に表れたといえるかと
思います。結果、キャッシュの減少を招き、投資抑制、成長戦略を打ち出しにくく
しますので、企業活動が均衡縮小し、内向きな志向になりがちとなります。
ただ、当面、このような状況は続くと思われますので、食品スーパーとしては、
ここにどう踏み込み、改善してゆくかが、今期は大きな経営課題といえます。
セミセルフレジ、物流改善、オペレーションの見直し、AIの導入等が待った
なしといえ、各社、今期、どのような経営改善をはかってゆくのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E6%B1%BA%E7%AE%972017%E4%BA%BA%E4%BB%B6%E8%B2%BB%E5%A2%97%E9%AE%AE%E6%98%8E/1371513712969223/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 02, 2017
4.食品スーパー、ドラッグストア、5,000億円の時代へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/5000-775e.html

PI研コメント:
・財務3表連環分析2017を7/30にリリースし、現在、約100社近くの食品スーパー、
ドラッグストアの決算内容を様々な角度から分析しています。ここでは
特に注目すべきポイントを抽出し、2017年度の決算を振り返ってゆきたいと
思います。今回の注目ポイントは売上高です。興味深いのは食品スーパー、
ドラッグストアともに、売上高5,000億円の時代に入ったという点です。
食品スーパーではUSMH 503(店舗数) 670,475(売上高) イズミ 105 670,253 
ライフコーポレーション 264 634,643 アークス 338 512,645 
バロー 722 501,627の5社、ドラッグストアではウエルシアホールディングス 
1535(店舗数) 623,163(売上高) ツルハホールディングス 1755 577,088 
マツモトキヨシホールディングス 1555 535,133 サンドラッグ 1070 528,394 
コスモス薬品 827 502,732 の5社、奇しくも同数となりました。これらの企業は
M&Aを含め、成長戦略を依然として強く打ち出していますので、いずれ、
この中から数年以内に1兆円企業が誕生すると思われます。文字通り、日本の
産業を支える中核企業が食品スーパー、ドラッグストア業界から誕生すると
いえ、業界としての転機を迎えることになるといえます。また、この10社に
続く企業も控えていますので、全体のすそ野も広がりを見せており、
今後さらに産業基盤が固まってゆくと予想されます。このようなまさに
転換期を迎えた食品スーパー、ドラッグストアの動向を、2017年度本決算から、
さらに掘り下げ、今後、本ブログでは、その注目ポイントを
取り上げてゆく予定です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E9%AB%985000%E5%84%84%E5%86%86%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%B8/1370681239719137/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
August 01, 2017
5.家計調査データ、2017年6月度、16ケ月ぶりにプラス!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/08/2017616-ce1e.html

PI研コメント:
・7/28、総務省統計局から2017年6月度の家計調査データが公表されました。
結果は、「1世帯当たり 268,802円、前年同月比 実質2.3%の増加」と、
16ケ月ぶりにプラスに転じました。先月、5月度まで15ケ月連続でマイナスが
続いていたため、この6月度がプラスに転じたことで、今後、消費が活性化して
ゆくか、気になるところです。プラスに転じた要因ですが、住居関連の設備修繕・
維持が大きく、設備器具 21.5% ( 寄与度0.15)、外壁・塀等工事費 127.8%
 ( 0.99)となったことに加え、交通関連の航空運賃 42.7% ( 0.10) 、
自動車等関係費関連の自動車購入 28.6% ( 0.41)、自転車購入 138.7% ( 0.09) が
大きかったといえます。一方、減少になった項目もあり、特に、値上げがあった
「酒類:ビール -9.3% (-0.03)、発泡酒・ビール風アルコール飲料 -18.0% 
(-0.06) 」が大きかったといえます。CPI(消費者物価指数)と家計調査は裏腹の
関係にあるといえ、政府・日銀は依然としてCPI、2.0%増を目指していますが、
家計とのバラスをどうとるかも加味することが課題といえ、双方の数値を
どう読み解くかが、今後の消費を占うポイントといえます。家計調査、
7月以降、さらにプラスが継続するか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E5%AE%B6%E8%A8%88%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF2017%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%BA%A616%E3%82%B1%E6%9C%88%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9/1369705236483404/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
July 31, 2017
6.2017年版、財務3表連環分析、リリース、7/30!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/07/2017730-8fd8.html

PI研コメント:
・7/30、恒例の食品スーパー、約50社、ドラッグストア、約20社の上場企業の
財務3表連環分析の集計が完成し、一般公開を有償ではじめました。約10年前に
はじめたものですが、今年も無事、リリースできました。既に、業界誌では
決算2017の特集が組まれ、様々な分析結果が公表されていますが、改めて、
最新の食品スーパー、ドラッグストアの財務3表を自由に加工分析してみたい方に
とっては便利なツールかと思います。もともと、業界動向を把握するために
自主研究ではじめたものを一般公開したものですので、食品スーパー独特の
マーチャンダイジング力や出店余力などの指標も組み込んでいますので、
食品スーパーの経営実態を把握する上で参考になるかと思います。これまでは
単純集計だけでしたので、今年はもう一歩踏み込んで、タブローを活用し、
2017年度の動向をより深く分析してみたいと思います。これから手をつけますが、
でき次第、補足版として、公開したいと思います。また、現在、第1四半期決算が
公表されはじめていますが、今期は中間決算を集計し、この本決算との違いも
分析し、2018年度の最新動向の把握にも踏み込めればと思います。基本ベースが
できあがると、ここから様々な深堀りが可能ですので、今期は、その可能性を
追求してゆければと思います。まずは、財務3表連環分析2017、これを活用し、
本ブログでも食品スーパー、ドラッグストアの実態を
今後、掘り下げてゆく予定です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/2017%E5%B9%B4%E7%89%88%E8%B2%A1%E5%8B%99%EF%BC%93%E8%A1%A8%E9%80%A3%E7%92%B0%E5%88%86%E6%9E%90%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9730/1368818569905404/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
July 30, 2017
7.CPI(消費者物価指数)、2017年6月、コア指数0.4%!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/07/cpi2017604-64e2.html

PI研コメント:
・7/28、総務省統計局が2017年6月度のCPI、消費者物価指数を公表しました。
結果はコア指数が0.4%増と微増でした。政府、日銀は2.0%を目標としています
ので、依然として、目標とはかなり差があり、厳しい状況です。6月から値上げが
はじまった注目のビールですが、8.0%(寄与率0.03)増と、予想どおりの数値と
なりましたが、全体を押し上げるまでにはいたっていません。これ以外では
エネルギー関連が上昇項目となりました。一方、下降項目では生鮮食品のトマト、
携帯電話などでした。このような中、日銀の黒田総裁が7/21の記者会見で
「2%目標の達成時期の先送りは今回で 6 回目」ということで、関連質問に
答えています。「原油価格の下落を始めとする様々な逆風によって実際の
物価上昇率が下落」の中、「「量的・質的金融緩和」導入前は-0.5%程度で
推移」し、「物価が持続的 に下落するという状況ではなくなっている」との
ことで、今後とも「2%の「物価安定の目標」を実現するため、強力 な
金融緩和を粘り強く推進していく所存」とコメントしています。したがって、
目標は先送りするものの、目標数値、2.0%は引き続き、堅持し、
「マイナス金利付き量的・質的金 融緩和」を推し進めてゆくとのことです。
CPI、黒田総裁が2.0%を先送りしたとはいえ、目標の修正はないとのこと
ですで、政府の財政政策の動向も気になるところで、この7月以降、
どのような数値となるか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/cpi%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%80%85%E7%89%A9%E4%BE%A1%E6%8C%87%E6%95%B02017%E5%B9%B46%E6%9C%88%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8C%87%E6%95%B004/1367941373326457/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/09/18
部数 1,033部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/09/18
部数 1,033部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング