食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第583号:2017/7/04!


カテゴリー: 2017年07月03日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第583号:2017/7/04
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第583号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、6/30現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

  まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
7465MV北海道3,140+30+0.96%、3171MV九州1,983+12+0.61%、
8274東武ストア3,090+15+0.49%、7520エコス1,214+3+0.25%、	
2655MV東北1,238+3+0.24%、8217オークワ1,294+1+0.08%、
9993ヤマザワ1,792+1+0.06%、3094スーパーV1,429 0 0.00%、
8167リテールPA1,176 0 0.00%、8198MV東海1,988-2-0.10%、

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
3222USMH1,188-22-1.82%、8279ヤオコー4,805-85-1.74%、
8255アクシアル4,285-75-1.72%、2742ハローズ2,359-41-1.71%、
7475アルビス5,130-80-1.54%、9919関西スーパ1,551-23-1.46%、
3038神戸物産5,320-70-1.30%、8242H2Oリテイ2,043-27-1.30%、
9948アークス2,431-29-1.18%、8182いなげや1,887-21-1.10%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回、5/29!
  *DRMオンライン:http://diamond-rm.net/category/id-pos
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設670人! 
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 4.現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:
  *2017年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、もうすぐリリース!
    *もうしばらくお待ちください!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.コアCPI+0.4%、家計調査-0.1%、2017年5月!
  2.トライアルカンパニー、2017年3月本決算、増収減益!
  3.経済産業省、経済解析室、興味深いスライド公表!
  4.コンビニ、売上速報、2017年5月度、既存店1.0%増!
  5.アマゾン、ホールフーズへのM&A その5:狙い!
  6.facebook、ミッションを変更、つなげるから深めるへ!
  7.経済産業省、スライド解説、小売業2016!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・AJS:https://www.facebook.com/AJSassociation#!/AJSassociation
  ・DYI協会:https://www.facebook.com/DIY%E5%8D%94%E4%BC%9A-627578487437242/
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
July 01, 2017
1.コアCPI+0.4%、家計調査-0.1%、2017年5月!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/07/cpi04-0120175-9.html

PI研コメント:
・6/30、総務省統計局から、2017年5月度のCPI(消費者物価指数)と家計調査が
公表されました。その結果ですが、CPIの中でも生鮮食品を除く総合指数、
すなわち、コアCPIは前年同月比は0.4%増の結果となりました。4月が0.3%増
でしたので、0.1ポイント増とはなりましたが、政府、日銀が目指している2.0%増
とは大きな隔たりがあります。一方、家計調査のほうですが、1世帯当たり
28,3056円、前年同月比 実質 0.1%の減少と厳しい結果です。ロイターの報道に
よれば、「減少は15カ月連続で比較可能な2001年以降で最長」とのことです。
現在、依然として日銀の異次元の金融緩和は続き、政府はアベノミックスを
推し進めていますが、残念ながら、CPIも消費も低迷、その効果が数値に
反映されていない状況であるといえます。ちなみに、「生鮮食品及びエネルギーを
除く総合指数は100.8、前年同月と同水準」ですので、コアコアCPIはさらに
厳しい状況といえ、食品スーパー関連は依然としてデフレ状況にあるといえそう
です。その意味で、価格競争は厳しさを増しつつあるともいえ、新年度に入った
現在、食品業界はどのような成長戦略をうってゆくか、難しい状況に入っていると
いえます。これを受けて、日銀、そして、政府がどうのような政策を打ち出すのか、
今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%82%B3%E3%82%A2CPI+0.4%EF%BC%85%E3%80%81%E5%AE%B6%E8%A8%88%E8%AA%BF%E6%9F%BB-0.1%EF%BC%85%E3%80%812017%E5%B9%B45%E6%9C%88%EF%BC%81/1338785182908743/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
une 30, 2017
2.トライアルカンパニー、2017年3月本決算、増収減益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/06/20173-6160.html

PI研コメント:
・トライアルカンパニーが2017年3月期の本決算を公表しました。結果は増収、
大幅減益、厳しい決算です。ただ、昨年の決算と比べるとP/Lの構造変化があり、
気になる数値が見られます。特に原価構造が極端に変わっており、恐らく、
原価の計算内容が大きく変わったか、事業そのものが構造変化した可能性が
高いといえます。昨年の原価率は85.24%と、これも通常の食品スーパーと
比べると極端に高いといえますが、今期はそれをさらに上回る90.17%という
数値です。結果、売上総利益は9.83%となり、昨年の14.76%と比べても極端に
低い数値となりました。また、これと連動する形で、経費比率も11.30%と
昨年の14.07%と比べ、極端に下がっていますので、大きな構造変化があったと
いえます。また、その他営業収入も2.71%と昨年の1.07%と比べ+1.64%増加して
おり、特に、不動産賃貸収入が大きく増加、ここでも異変といえます。結果、
差引き、営業利益は1.24%となり、昨年の1.76%と比べ、減益という結果です。
これが今期だけの異変なのか、経営構造が変わったことにより、今後とも
この傾向が続くのか、わかりませんが、大幅減益ですので、厳しい決算で
あったといえます。また、B/Sでもやや気になるのが買掛金の高さであり、
総資産比 36.96%と、極端に高い数値であり、有利子負債も総資産比 21.08%
ですので、合計、約60%、これが経営に重くのしかかり、純資産比率18.75%と
いう厳しい結果といえます。こう見ると、今期は厳しい決算であったといえ、
今後、どう利益を生み出し、財務の改善をはかるかが大きな課題といえます。
それにしても、トライアルカンパニー、沿革を見ると、コメントでも言及して
いるように、「トライアルの始まりは、ソフトウェア開発の事業会社として
でした」とのことで、ソフトウェアが創業の原点であったとのことです。
その後も、この原点を活かすように、「自社開発PC-POSの完成」させたり、
「中華人民共和国でのソフトウェア開発業」に踏み込み、さらに、「米国での
IT製品の販売を目的としてTrial Retail Engineering, Inc.を設立」など、
小売業というよりもIT企業、IT小売業という業種ともいえるユニークな
経営形態といえます。その意味で、スーパーセンターはそのITの結晶とも
いえるトライアルカンパニーの象徴的な事業形態といえるかと思います。
今期決算は厳しい結果といえますが、今後、得意のITをどう経営改善につなげて
ゆくのか、スーパーセンターの進化とともに、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%80%812017%E5%B9%B43%E6%9C%88%E6%9C%AC%E6%B1%BA%E7%AE%97%E3%80%81%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8A%EF%BC%81/1336308526489742/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 29, 2017
3.経済産業省、経済解析室、興味深いスライド公表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/06/post-c530.html

PI研コメント:
・経済産業省、経済解析室が興味深いスライドを公表しています。すでに、
様々なスライドが公開されていますが、この「百貨店、衣料品販売の低迷に
ついて」はよく知られてる事実を改めて、数値とその時間的推移をコンパクトに、
しかもビジュアルにまとめており、わかりやすい内容といえます。
「百貨店衣料品販売額のピークは1991年の約6.1兆円。2016年は約2.9兆円と
ピーク時の半分」からはじまるスライドであり、その要因を「「百貨店」に
おける被服及び履物の購入はすべての年齢階級層で減少」、「「婦人服」に
ついては、購入数量は増加している。しかしながら、1着当たりの購入単価は
大きく低 下しており、消費者が低価格志向」、そして、「ファスト
ファッションの台頭などにより、「ディスカウントストア・ 量販専門店」、
「スーパー」、「通信販売(インターネット)」などにおける購入が増加」と
断定しており、その数値を数表とグラフでビジュアルに解説しています。
これまでになかった経済数値の解説、まさに、解析といえます。また、
「シェアリングエコノミーの一環として、「定額制ファッションレンタル」と
いう新しいサービス」についても言及しています。現状をビジュアルに
理解するにはわかりやすい解説といえ、今後、このようなスライドを
増やして欲しいと思います。官庁も数表のみの統計数値の公開から、いかに
その数値を解析し、ビジュアルにわかりやすく解説するかの時代に入ったと
いえます。経済産業省、経済解析室、今後、どのようなスライドを公表して
ゆくのか、その動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%94%A3%E6%A5%AD%E7%9C%81%E3%80%81%E7%B5%8C%E6%B8%88%E8%A7%A3%E6%9E%90%E5%AE%A4%E3%80%81%E8%88%88%E5%91%B3%E6%B7%B1%E3%81%84%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89%E5%85%AC%E8%A1%A8%EF%BC%81/1335426636577931/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 28, 2017
4.コンビニ、売上速報、2017年5月度、既存店1.0%増!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/06/2017510-6bcd.html

PI研コメント:
・6/20、一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会から全国のコンビニ
54,999店舗の2017年5月度の売上速報が公表されました。結果は全店が2.8%増、
既存店も1.0%増と堅調な結果です。5月度は、「好天に恵まれた日が多く、
ゴールデンウイークや週末の行楽需要を受け、店内調理品等のカウンター 商材、
調理パン等の中食が好調に推移」したことが大きかったとのことです。ただ、
その中身は客単価増によるものであり、客数は「既存店は15ヶ月連続のマイナス」
ですので、客数が伸び悩んでいることが気になるところです。また、店舗数も
54,999店舗と5万店を超えましたが、伸び率は2.0%増であり、新店の勢いが
減速しており、全体として客単価にたよる売上増といえ、今後、成長戦略を
えがきづらい状況といえます。このような中、気になる記事がビジネス
ジャーナル、6/19に掲載されました。「ミスド、店舗売上5百万減の危機的状況、
パスタ+ドーナツセット販売も買う客おらず」という見出しの記事です。
「ミスタードーナツの不振が鮮明」とのことで、売上高もさることながら、
「期末の国内稼働店舗数は、前年同期と比べ86店減り1160店」とのことです。
新店開発で成長が厳しいコンビニが客単価アップのために競合業種との競争が
より熾烈になっており、専門店、外食等、異業種への影響が様々な分野で
起こり始めたといえます。かつての食品スーパーのラインロビングがコンビニでも
本格化しつつあるといえ、今後、さらに広がってゆくのではないかと思われます。
コンビニ自身も寡占化に入った現在、今後の成長戦略、どのように描いて
ゆくのか、各社の動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B%E3%80%81%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E9%80%9F%E5%A0%B1%E3%80%812017%E5%B9%B45%E6%9C%88%E5%BA%A6%E3%80%81%E6%97%A2%E5%AD%98%E5%BA%971.0%EF%BC%85%E5%A2%97%EF%BC%81/1335287206591874/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 27, 2017
5.アマゾン、ホールフーズへのM&A その5:狙い!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/06/ma-5-73d8.html

PI研コメント:
・6/16のアマゾンのホールフーズマーケットへのM&Aの公表以来、その目的が
依然として明確になっていないようです。アマゾンが今後の成長戦略を示して
いないことが大きいといえますが、結果、様々な記事があふれており、その真相が
つかみにくくなっています。実際、関連企業の株価は不安定な動きとなっており、
その広がりはアメリカだけでなく、オーストラリア、オランダ、イギリスにまで
及び、一種の小売業界全体へのへの信用不安となっているともいえます。
ここでは関連記事としてTHE WALL STREET JOURNALの記事を2つ取り上げましたが、
特に注目は、「アマゾン、ホールフーズ買収の収穫は「データ」」の記事
です。その目的を「データ」としており、「両社はオンラインと実店舗の
専門知識を結合し、それぞれの店舗でどのような商品を扱うべきかをより正確に
予測できるようになる」とのことです。このM&Aにより、アマゾンは、「実験の
チャンスにあふれている」環境を手に入れたことになるとのことです。結果、
「オンラインとオフラインのデータを合わせれば、アマゾンはオンラインで
衝動買いを促す方法を見い」だし、アマゾンのEC事業をより強化することが
可能となるとのことです。実際、ホールフーズマーケットとアマゾンの会員は
約60%が共通の顧客であるとの調査結果もあり、今回は、特にプライム会員が
さらに重なっている可能性が高いといえます。結果、アマゾンのプライム会員への
サービス向上につながり、アマゾンの顧客基盤をさらに強固なものにすることに
なるといえます。こう見ると、次のM&Aも見えてくるといえ、対ウォルマートの
顧客と関係の深い企業へのM&Aを実施し、ウォルマートの顧客を奪う動きが
予想されます。結果、全顧客対応のスーパーアマゾンの誕生になるといえます。
ここ最近、アマゾンがプライム会員への価格変更、ウォルマートのAWSへ
忌避報道等を見ていると、次のアマゾンの動きのようにもみえます。M&Aの
公表から約2週間となりますが、アマゾンがいつこのM&Aの狙いを示し、
成長戦略を打ち出すか、その動向、および、次の一手が気になるところです。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%80%81%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%B8%E3%81%AEM&A%20%E3%81%9D%E3%81%AE5%EF%BC%9A%E7%8B%99%E3%81%84%EF%BC%81/1332123436908251/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 26, 2017
6.facebook、ミッションを変更、つなげるから深めるへ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/06/facebook-0bb8.html

PI研コメント:
・facebookが6/22、ミッションの変更を発表しました。ザッカーバーグ氏自身が
facebookのグループ管理者数百人を集めたイベントで公表し、その後、自身の
Facebookでもその趣旨を解説しています。これまでのミッションは
「making the world more open and connected」であり、つなげるがキーポイントで
あったといえます。それが、「give people the power to build community and bring the world closer together」、コミュニティーを重視した深めるに
大きく舵をきったといえます。また、そのために、Group Insights、
Membership request filtering、Removed member clean-up、Scheduled posts、
Group to group linkingなどのグループ管理のサポート機能の充実を公表しており、
facebookの方向性が大きく変わる可能性があるといえます。これまでもfacebookが
他のSNSと比べ強化してこなかった面といえ、facebookも転換期に入ったといえます。
facebookは見方を変えればID-POS分析の商品が直接、人となったともいえますので、
ID-POS分析そのものが成立することになりますが、その視点でいえば、
Z顧客からリピート、それもA顧客重視に戦略展開したともいえますので、
新規顧客獲得が限界にきたことにより、経営の視点がリピート、それも、
重点顧客に視点が移ったともとれます。そのキーポイントがグループ機能であり、
このグループを強力にサポートすることがリピートにつながり、経営の安定に
寄与するとの判断かと思います。実際、これまでfacebookのグループ機能は
弱かったといえ、そこに経営資源を割いてこなかった面もあり、今回の
ザッカーバーグ氏の決断により、大きく変わる可能性があるといえます。
その意味でfacebookも第2ステージに入ったといえ、今後、今回公表された機能に
加え、どのような機能が追加されるのか、その動向に注目です。早速、
食品スーパーマーケット最新情報のfacebookグループでも新機能をいろいろ
試してみたいと思います。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/facebook%E3%80%81%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%80%81%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%92%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B7%B1%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%B8/1331921240261804/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 25, 2017
7.経済産業省、スライド解説、小売業2016!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/06/2016-ecd6.html

PI研コメント:
・経済産業省が興味深い統計データのスライドでの公開をはじめました。ここでは
小売業販売を取り上げましたが、これ以外にも最新コンテンツとして、平成28年の
訪日外国人の買物代支出、フード・ビジネス;飲食関連産業の動向、学習塾と
外国語会話教室の生産性など、様々なスラドが公開されています。統計データも
このような分かりやすく、ビジュアルな公開が本格化しはじめたといえ、
興味深い動きです。今回の小売業販売ですが、「前年比マイナス0.6%の
139兆8,770億円と2年連続の減少」とのことで、全体としては減少傾向にあると
いえます。特に、「百貨店や家電大型専門店の販売額が減少」とのことで、
この2部門の減少が大きかったようです。ちなみに、食品関係ですが、「スーパーと
コンビニエンスストアは事業所数と1事業所当たり販売額がともに増加」とのことで、
堅調な結果であったとのことです。スライドを見ると、これらの状況が鮮明であり、
特に、過去10年の折れ線、棒グラフでの推移もあり、問題点、課題が理解しやすいと
いえます。今後、タイムリーにこのような統計データがビジュアルに公開されるとの
ことですので、これまでの数表からビジュアルへの流れが、官庁でも進んできて
いるといえ、時代の変化を感じます。本ブログでも積極的に関係統計を
取り上げてゆきたいと思います。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%94%A3%E6%A5%AD%E7%9C%81%E3%80%81%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%80%81%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E6%A5%AD2016%EF%BC%81/1331443516976243/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回、5/29!
  *DRMオンライン:http://diamond-rm.net/category/id-pos
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設670人! 
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 4.現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:
  *2017年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、もうすぐリリース!
    *もうしばらく、お待ちください!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/13
部数 1,020部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/13
部数 1,020部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング