食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第573号:2017/4/24!


カテゴリー: 2017年04月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第573号:2017/4/24
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第573号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、4/21現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

  まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
7475アルビス3,565+245+7.38%、9919関西スーパ1,611+40+2.55%、
8217オークワ1,185+19+1.63%、7643ダイイチ1,218+19+1.58%、
9974ベルク4,825+75+1.58%、2742ハローズ2,332+35+1.52%、
8194ライフコーポ2,964+32+1.09%、8267イオン1,633.0+16.5+1.02%、
8279ヤオコー4,210+40+0.96%、3038神戸物産4,095+30+0.74%、
です。

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
3539Jミート1,802-57-3.07%、2747北雄ラッキー551-4-0.72%、
3222USMH1,098-6-0.54%、8255アクシアル4,135-20-0.48%、
2791大黒天5,060-20-0.39%、8289オリンピック543-2-0.37%、	
2655MV東北1,178-3-0.25%、8182いなげや1,549-3-0.19%、
9948アークス2,515-4-0.16%、9846天満屋ス1,049-1-0.10%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回、4/17!
  *DRMオンライン:http://diamond-rm.net/category/id-pos
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設670人! 
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/ 
 4.現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:
  *2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.大黒天物産、2017年度5月、第3四半期、増収増益!
  2.匿名加工情報、ビジネスにどう活用するか?
  3.日本版、アマゾンGO、コンビニ、電子タグ1000億個宣言!
  4.イオン、PER、異常値、93.58倍(4/17)
  5.イオン、2017年2月本決算、増収増益!
  6.隔週連載、ID-POS分析、第9回、豆腐、DRM オンライン!
  7.アマゾン、ホールフーズマーケットのM&Aを断念!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・内閣サイバーセキュリティセンターNISC:https://www.facebook.com/nisc.jp/?fref=ts
  ・独立行政法人情報処理推進機構:https://www.facebook.com/ipaprjp/?ref=timeline_chaining
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 22, 2017
1.大黒天物産、2017年度5月、第3四半期、増収増益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/201753-fa4c.html

PI研コメント:
・大黒天物産が4/12、2017年5月期の第3四半期決算を公表しました。結果は
増収増益、好調な決算です。各社が成長戦略に苦戦する中、「成長戦略として、
岡山県に3店 舗、滋賀県に1店舗、兵庫県に1店舗、大阪府に2店舗の
計7店舗を新規に出店」とのことで、順調に新店を展開しています。特に、
地元、岡山県に加え、近畿圏の大阪府、兵庫県にもドミナントの構築を
図っており、広域出店が増加しているのが特徴です。結果、売上高は7.3%増と、
高い伸び率です。一方、利益の方ですが、「生鮮売場を強化した店舗改装を
9店舗において実施」とのことで、原価が改善していますが、「パート・
アルバイトの慢性的な人材不足による労働力不足や賃金の上昇」が経費を圧迫、
原価の改善を上回ったため、高では増益ですが、率では若干下がっており、
経費比率をどう抑制していくかが課題といえます。また、「通期計画の
61.2億円に対する進捗率は75.2%に達し、5年平均の72.0%も上回った、
・・」とのことで、今期決算も好調さをキープできそうですので、今期は
好決算が期待されます。株価も、PER、PBRともに高い評価であり、株価は
横ばいですが、投資家の評価は高いといえます。大黒天物産、この好調な
決算を背景に、今後、どう成長戦略を広域で推し進めてゆくのか、
今後の動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E5%A4%A7%E9%BB%92%E5%A4%A9%E7%89%A9%E7%94%A3%E3%80%812017%E5%B9%B4%E5%BA%A65%E6%9C%88%E3%80%81%E7%AC%AC3%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E3%80%81%E5%A2%97%E5%8F%8E%E5%A2%97%E7%9B%8A%EF%BC%81/1265495130237749/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 21, 2017
2.匿名加工情報、ビジネスにどう活用するか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/post-4f0d.html

PI研コメント:
・この5/30に全面施行となる改正個人情報保護法(2015)の関連記事がちらほら
ではじめました。4/18、IT proにて、「大豆生田 崇志=日経コンピュータ」の
記事が掲載されましたが、興味深い内容です。現在、この問題は「法的に
公正取引委員会と並ぶ「個人情報保護委員会」が企業への監督権限を一元化」との
ことで、内閣府、総理直轄の個人情報保護委員会が取り仕切っていますが、
すでに、様々な資料が公開されています。この記事の中でも、この委員会で
公表されている「「匿名加工情報」の事務局レポート」を取り上げていますが、
結論としては、「現在に至っても、どうすれば十分かといった内容は書かれて
いない」、「結局は企業がそれぞれ判断しなければならないわけだ。 」との
ことで、企業にゆだねれているとのことです。実際、このレポートをすべて
読んでみましたが、その中でID-POSデータについての「匿名加工情報」の事例が
ありました。気になったのは、個人属性情報は比較的、丸め込むことによって
公開性が高いのですが、履歴情報は項目削除が多く、厳しい対応となっています。
結果、これをそのまま受け入れるとF(頻度)が十分に分析できず、ID-POS分析の
最も重要な指標が算出できないことになりかねない内容といえます。このITproの
記事でも、様々な懸念が書かれていますが、5/30以降は匿名加工情報が流通し
始めますので、どこにどう落ち着いてゆくのか、しばらくは様子をみながら、
進めてゆくことになるのではないかと思います。ただ、これまでの何の指針も
明確でなかった状況に比べると大きく前進ですので、前向きに受け止めながら
活用できる範囲で活用してゆくことが、次の展開につながってゆくと思います。
まずは、5/30以降、各社がどのように対応してゆくのか、その動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E5%8C%BF%E5%90%8D%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%80%81%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AB%E3%81%A9%E3%81%86%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8B%EF%BC%9F/1263744453746150/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 20, 2017
3.日本版、アマゾンGO、コンビニ、電子タグ1000億個宣言!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/go1000-b11d.html

PI研コメント:
・4/18、経済産業省が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を採択しました。
「2025年までにセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、
ニューデイズは、全ての取扱商品(推計1000億個/年)に電子タグを貼付け、
商品の個品管理を実現する。」とのことです。キーワードは個品管理です。
単品管理ではなく、個品がポイントであり、同じバーコードの商品でも別々に
管理できることが味噌です。経済産業省の説明では「シール型の電子タグが
貼られたおにぎり。これら2つは同じ商品のためバーコードでは識別
できないが、RFIDであれば識別が可能。」とのことであり、RFIDを全商品、
今回の場合は年間5社のコンビニで1000億個に貼付することによってこれが
可能となるとのことです。これにより、「RFID対応セルフレジで高速決済・
待ち時間短縮」、「スマートシェルフ(棚自体がRFIDリーダー)で自動棚卸」、
「セキュリティゲートで万引防止」、「消費期限に応じた自動価格表示で
食品ロス削減」等が実現するとのことです。また、「情報の一部を
サプライチェーンに提供」するとのことで、「製造情報、トラック積載情報、
配送情報、在庫情報、販売情報 、ロス情報、消費期限情報、消費情報」等の
情報が連結し、一気通貫のSCMの実現が可能となります。来年、2018年度から
「セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、
ニューデイズは、特定の地域で、取扱商品に電子タグを貼付け、商品の
個品管理を実現するための実験を開始」とのことですので、最終開発年度は
2025年度ですが、2018年度から実証実験がはじまるとのことです。
アメリカではアマゾンGOがはじまったばかりですが、ある意味、日本版の
アマゾンGOともいえます。これまでコンビニ業界アは、バ―コードの
ソースマーキングの普及、単品管理の実現、さらには、ISDNの普及、
ここ最近では、光ファイバーの普及を先導してきましたが、今度はRFIDの
普及への挑戦、しかも、5社連携ですので、日本の流通構造を大きく変える役割、
社会インフラ産業となったといえます。「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」、
まずは、2018年度の実証実験からですが、その動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%89%88%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3GO%E3%80%81%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B%E3%80%81%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%82%BF%E3%82%B01000%E5%84%84%E5%80%8B%E5%AE%A3%E8%A8%80%EF%BC%81/1263560633764532/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 19, 2017
4.イオン、PER、異常値、93.58倍(4/17)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/per9358417-9488.html

PI研コメント:
・イオンの2017年度2月期の本決算が4/12、公表されましたが、PERが異常値、
90倍前後で推移しており、セブン&アイHの約20倍と比べても極めて高い数値です。
イオンの今期の決算内容は増収増益ではありましたが、増収幅は0.4%増、
営業利益も4.4%増ですので、PERを押し上げるほどの好業績とはいえず、
決算内容からは説明がつきません。ブルームバーグ4/14では、「イオン、
株価上昇でも「買い」判断ゼロの理由」と題し、特集を組んでいますが、
それを見ると、「イオンの12カ月予想PER(株価収益率)は62倍と、66倍の
米アマゾン・ドット・コムに大きく引けを取らず」とのことで、アマゾンと
ほぼ同じ水準とのことです。しかも、「年間売上高が100億ドル
(約1兆900億円)以上の世界小売り大手の16倍(中央値)を大きく上回った。
実績PERでは、イオンが223倍でトップだった、」とのことで、「アマゾンは
183倍、アリババ・グループ・ホールディングスは54倍、インディテックスは
33倍」、小売業界で世界一とのことです。記事の中では、その要因を「イオンの
動向を説明する要素の一つかもしれない」とし、「イオンの金融・不動産事業
は膨大で、16年2月期の総資産は4兆7000億円、EBITDA(利払い・ 
税金・減価償却・償却控除前利益)は1620億円に上った、・・」と
解説していますので、恐らく、イオンは小売業としてではなく、金融業と
して、投資家から評価されている可能性が高いのではないかと思われます。
実際、イオンの今期決算の利益の源泉は総合金融事業とディベロッパー事業
ですので、その可能性は高いといえます。ただ、記事の最後では、「イオンは
最悪期を乗り越えたかもしれないが、アマゾンに匹敵する企業かと言えば
そうではない。」と結んでおり、イオンのPERの異常値はやはり小売業としては
説明がつかないとのことです。いずれにせよ、イオンのPER、今期どのように
推移するか、注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%80%81PER%E3%80%81%E7%95%B0%E5%B8%B8%E5%80%A4%E3%80%8193.58%E5%80%8D%EF%BC%884/17%EF%BC%89/1262416503878945/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 18, 2017
5.イオン、2017年2月本決算、増収増益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/20172-7dc0.html

PI研コメント:
・イオンが4/12、2017年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、伸び率は
わずかですが、「過去最高の営業収益8兆2千億円超を達成」と、過去最高の
営業収益であったとのことです。一方、利益の方ですが、「営業利益は4%増益の
1,847億円、親会社株主に帰属する当期純利益は87%増益の112億円」と、堅調な
結果といえます。懸案のGMS事業ですが、「GMS事業は旧ダイエー店舗の
移管コストなどにより減益したが、SM・DS事業との合算では増益」とのことで、
ダイエーの移管コストが収益を圧迫したとのことですが、SM・DS事業を合算した
事業では増益とのことです。それにしても、イオンの営業利益を牽引しているのは
総合金融事業とディベロッパー事業であり、この2部門で営業利益の約60%です。
GMS事業とSM・DS事業は合計でも約20%ですので、依然として厳しい収益構造と
いえます。ちなみに、営業収益は約10%対約70%ですので、対照的な経営構造と
なっており、今後、いかに、GMS事業とSM・DS事業、特に課題のGMS事業の
構造改革を進めてゆくかが重要な経営課題といえます。日本経済新聞によれば、
「岡田元也社長は「脱デフレは大いなるイリュージョン。今後はディスカウント店舗
などに注力し消費者を支える」」とのことですので、今後は価格訴求を一層強め、
GMS事業とSM・DS事業を強化してゆく方針とのことですので、今期は価格が
テーマとなるといえます。実際、この4月から、イオングループは、PBをはじめ、
NBの値下げに踏み切っていますので、ディスカウント戦略を徹底してゆく動きが
本格化しているといえます。イオン、2018年度通期は今期以上の増収増益予想
ですが、今期伸び悩んだ成長戦略をどう打ち出すのか、その動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%80%812017%E5%B9%B42%E6%9C%88%E6%9C%AC%E6%B1%BA%E7%AE%97%E3%80%81%E5%A2%97%E5%8F%8E%E5%A2%97%E7%9B%8A%EF%BC%81/1262127873907808/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 17, 2017
6.隔週連載、ID-POS分析、第9回、豆腐、DRM オンライン!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/id-pos9drm-0267.html

PI研コメント:
・隔週、連載、ID-POS分析、第9回は豆腐です。豆腐はこれまでのグロサリーや
生鮮食品と違い、顧客構造が違う傾向を示す商品です。Z顧客(年間1.0回)の
顧客比率が40.0%となり、50%を割る、単品で珍しい商品です。食品スーパーには
数万件の商品が年間登場しますが、Z比率が50%を下回る商品は少なく、
その中でも代表的な商品のひとつといえます。結果、A顧客、リピーターの上位、
下位10%をカットした刈込平均、すなわち、中核顧客の比率が極めて高くなり、
37.3%、約40%ですので、Z顧客とほぼ同じ水準となります。したがって、豆腐の
マーチャンダイジング政策は両極端、Z顧客とA顧客の同時フォローにあります。
Z顧客に関してはこれまでの事例通り、B顧客(年間2.0回)に引き上げてゆく
政策に加え、膨大な0顧客、すなわち、店舗に来店していますが、年間1度も
購入実勢のない顧客、今回の場合は約10万人を対象としていますので、約8万人が
0顧客ですので、ここへ働きかけ、この豆腐を少なくとも8,904人は購入いただく
ための年間計画を策定することです。一方、A顧客に関しては、この豆腐をメインに
購入いただいている顧客ですので、手厚い還元政策や、お薦め商品を推奨して
ゆくことが課題となります。このように、豆腐はこれまでの商品とは違い、
Z顧客と同時にA顧客、さらにはS顧客にも視点を入れてゆくことが課題ですので、
この点からの取り組みがポイントといえます。なお、ここでは言及していませんが、
これだけリピートが高い商品は店内の数多くの商品との関係も深いですので、
顧客併買分析により、顧客の流出、流入経路の起点となる関係の深い商品との
クロスマーマチャンダイジング戦略を検討してみても良いと思います。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E9%9A%94%E9%80%B1%E3%80%81%E9%80%A3%E8%BC%89%E3%80%81ID-POS%E5%88%86%E6%9E%90%E3%80%81%E7%AC%AC9%E5%9B%9E%E3%80%81%E8%B1%86%E8%85%90%E3%80%81DRM%20%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%EF%BC%81/1258653017588627/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 16, 2017
7.アマゾン、ホールフーズマーケットのM&Aを断念!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/ma-ec7a.html

PI研コメント:
・Bloomber Technologyが4/12、「Amazon Said to Mull Whole Foods Bid Before 
Jana Stepped In」との見出しの記事を投稿しました。内容はアマゾンが昨年秋、
ホールフーズマーケットのM&Aを検討したが、断念、but didn’t pursue a deal、
踏み込まなかったとのことです。ホールフーズマーケットは現在、投資家グループ、
Jana氏が8.3%の株式を保有しているとのことで、M&Aに応じるよう圧力をかけて
いたとのことです。その候補は、「アマゾンだけでなく、Kroger Co.や
Albertsons Cosなどの伝統的な食料品チェーンも含まれています。」とのことで
クローガーも、アルバートソンも対象であったとのことです。現在、
ホールフーズマーケットはリストアの最中とのことですが、このリストラにより、
企業価値がアップすれば、再びM&Aに踏み切るのではないかとのことです。
Jana氏は依然としてM&Aをホールフーズマーケットに迫っているとのことですが、
そのために、「Gap Inc.の元役員と、Harris Teeter社の食料連鎖が含まれています。
このグループには、ニューヨークタイムズの元コラムニスト、作者・食活活動家の
マーク・ビットマン氏も含まれ、・・」と、相当のメンバーがはいっているとの
ことで、ホールフーズマーケットのM&A問題は、いずれ再燃するといえそうです。
その時、再び、アマゾンが登場するかどうかはわかりませんが、ホールフーズ
マーケットの去就が注目されます。今後、ホールフーズマーケットの株価が
どう動くが予断をゆるさない状況がしばらく続くといえます。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%80%81%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AEM&A%E3%82%92%E6%96%AD%E5%BF%B5%EF%BC%81/1258522614268334/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回、4/17!
  *DRMオンライン:http://diamond-rm.net/category/id-pos
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設670人! 
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/ 
 4.現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:
  *2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿 
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/09/18
部数 1,033部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/09/18
部数 1,033部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング