食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第571号:2017/4/10!


カテゴリー: 2017年04月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第571号:2017/4/10
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第571号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、4/7、現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

  まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
3094スーパーV1,300+39+3.09%、3539Jミート1,747+45+2.64%、
8255アクシアル4,245+100+2.41%、8242H2Oリテイ+1,767+35+2.02%、
7520エコス1,154+20+1.76%、8267イオン1,640.0+26.5+1.64%、
9948アークス2,664+42+1.60%、3038神戸物産4,150+65+1.59%、
2742ハローズ2,251+35+1.58%、7475アルビス3,420+50+1.48%、
です。

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
9919関西スーパ1,457-10-0.68%、8274東武ストア2,918-17-0.58%、
2747北雄ラッキー566-3-0.53%、8217オークワ1,155-5-0.43%、
8279ヤオコー4,140-5-0.12%、9846天満屋ス1,055-1-0.09%、
8182いなげや1,577-1-0.06%、7465MV北海道3,000 0 0.00%、
9993ヤマザワ1,777+3+0.17%、9823マミーマート1,985+4+0.20%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回、4/3!
  *DRMオンライン:http://diamond-rm.net/category/id-pos
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設670人! 
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/ 
 4.現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:
  *2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.その2:世界の小売業ランキング2017、ベスト10!
  2.世界小売業ランキング250、日本30社!
  3.平和堂、2017年2月本決算、増収減益!
  4.オークワ、2017年2月本決算、増収増益!
  5.CPI(消費者物価指数)、2017年2月、コア指数0.2%増!
  6.隔週、連載、ID-POS分析、第9回、DRM オンライン!
  7.商品併買から顧客併買の時代へ!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・e-Estonia:https://www.facebook.com/e-Estonia-125414434199743/
  ・エストニア観光局:https://www.facebook.com/estonia.jp/?ref=timeline_chaining
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 08, 2017
1.その2:世界の小売業ランキング2017、ベスト10!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/2201710-bf45.html

PI研コメント:
・デロイト トーマツ コンサルティング合同会社が4/4に公表した世界の
小売業ランキング2017 、その2です。ここでは全250社の内、ベスト10となった
小売業を取り上げました。残念ながら日本の小売業は入っていませんが、ベスト3は
不動、Wal-Mart、Costco、Krogerです。ただし、Wal-Martは年商約50兆円、Costco、
Krogerは約10兆円ですので、小売業ではWal-Martが突出しているのが特徴です。
注目は10位、「Amazonは増収を重ね、2015年度に初めて上位10社にランキング」です。
今期も13.1%と高成長をしており、来期以降、さらに順位をあげ、近い将来、
ベスト3に入ってくるのではないかと思われます。一方、大きくランクを落としたのは
9位のTesco PLCです。昨年は5位でしたので、急落です。「英国市場で競争力を
取り戻し、再び利益を確保」とのことですので、今後は安定した地位を確保するので
はないかと思われます。これ以外では、5位のWalgreens Boots Alliance, Incであり、
M&Aにより、昨年の10位から急上昇です。今後、世界的規模でのM&Aは継続すると
思われ、上位企業同士のM&Aは順位の変動が大きく変わるといえます。ちなみに、
日本の企業ですが、14位にイオン、20位にセブン&アイH、
67位にファーストリテイリングが入っています。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%81%9D%E3%81%AE2%EF%BC%9A%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E6%A5%AD%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B02017%E3%80%81%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%8810%EF%BC%81/1246383605482235/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 07, 2017
2.世界小売業ランキング250、日本30社!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/25030-163b.html

PI研コメント:
・興味深いレポートが4/4、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社から
公表されました。テーマは、「世界の小売業ランキング2017」です。「今年で
調査開始20回目を迎えるGlobal Powers of Retailingの最新版」ということで、
世界の小売業を20年間に渡って調査分析してきた中での、最新版、2017年版
です。平均小売売上高172億米ドルとのことですので、世界250社に入るには
年商約2兆円が平均ですが、最少は35億米ドル、約4000億円が必須といえます。
ちなみに、トップ3はWal-Mart Stores、Costco Wholesale、The Krogerであり、
不動です。2017年度はAmazon com Incがはじめてベスト10に入ったとのことで、
その急成長ぶりが際立っています。レポートは約50ページに渡りますが、
様々な角度から分析しており、日本への言及もあり、実に興味深い内容です。
ちなみに、この250社で最も気になった企業は、今期はじめてランクインした
Sprouts Farmers Market(生鮮、自然、有機、グルテンフリーの商品に
特化したローカル食料品チェーン)です。アマゾンの生鮮食品部門の主な
担い先とのことで、ホールフーズマーケットの最大のライバルともいえる
急成長食品スーパーマーケットです。世界の小売業の趨勢を大局的に見る上に
おいて、一読しておきたいレポートのひとつといえます。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E6%A5%AD%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0250%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC30%E7%A4%BE%EF%BC%81/1246330392154223/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 06, 2017
3.平和堂、2017年2月本決算、増収減益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/20172-b6bb.html

PI研コメント:
・平和堂が4/4、2017年2月期の本決算を公表しました。結果は営業収益が0.1%増、
営業利益が△3.1%減となるやや厳しい決算となりました。平和堂自身も
「コンビニエンスストアや食料品の構成比を高めたドラッグストア、ディスカウント
 ストアの出店増による競合の激化や採用難による人手不足、お客様の節約志向が
継続するなど経営環境は厳しい状 況で推移」とコメントしており、厳しい
経営環境が続いているとのことです。今期、減益となった要因ですが、原価は
-0.16ポイント改善しましたが、それを上回る経費増、+0.29ポイントが響き、
減益となったことによります。平和堂としては「積極的な投資を進めた結果、
費用面においては想定通りではありますが前年を上回り」と、想定通りでは
あったとのことです。平和堂、本決算の公表を受けて、日経新聞が報じて
いますが、「平和堂、28年ぶり社長交代 平松専務が昇格」と、「創業家以外
からの社長就任は初めて」とのことで、社長交代です。日経新聞によれば、
「夏原社長の息子である行平専務や陽平取締役に継ぐ前に経営基盤を
より盤石にしたい考えをにじませた。」とのことです。平和堂、体制を
新たに、2017年度、今期やや苦戦した業績をどう立て直すのか、特に、
新体制のもとどのような成長戦略を打ち出すのか、その動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E5%A0%82%E3%80%812017%E5%B9%B42%E6%9C%88%E6%9C%AC%E6%B1%BA%E7%AE%97%E3%80%81%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8A%EF%BC%81/1246070342180228/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 05, 2017
4.オークワ、2017年2月本決算、増収増益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/20172-7ca0.html

PI研コメント:
・オークワが4/3、2017年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、特に、
営業利益は2桁増となりましたが、営業利益率は1.01%、営業収益は0.1%増です
ので、依然として厳しい経営状況といえます。オークワ自身も、「依然として
雇用環境の変化による人手不足、業種・業態を越えた競争激化、また天候不順に
よる食品の高騰や消費者の生活防衛意識の高まりによって個人消費の低迷が
継続するなど、環境は厳しさを増し、・・」と厳しい経営環境が続いているとの
ことです。ただ、昨年は減収減益と、厳しい決算でしたので、今期は反転、
増収増益に転じたことで、回復基調にあるといえます。このような状況の中、
今期は積極的な投資を行い、営業キャッシュフローの98.74%を配分し、
「スーパーセンター業態として愛知県初出店となる「幸田店」
(愛知県額田郡幸 田町)をオープン」するなど、特に、中部地区への投資を
増加させています。また、今期は「東海商品部を新設し、三 重・愛知・岐阜・
静岡の4県での地域ニーズ・お客様ニーズへの対応強化を行い、・・」との
ことで、東海地区もドミナントエリアとなりつつあります。オークワ、今後、
さらに、東進戦略を進めてゆくものといえ、今期課題となった成長戦略を
どう押し進めてゆくのか、その動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%80%812017%E5%B9%B42%E6%9C%88%E6%9C%AC%E6%B1%BA%E7%AE%97%E3%80%81%E5%A2%97%E5%8F%8E%E5%A2%97%E7%9B%8A%EF%BC%81/1245021895618406/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 04, 2017
5.CPI(消費者物価指数)、2017年2月、コア指数0.2%増!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/cpi2017202-9b18.html

PI研コメント:
・。総務省統計局が3/31、2017年2月度のCPI(消費者物価指数)を公表しました。
結果はコアCPIが0.2%増、1月度の0.1%増と比べ、0.1ポイント上昇しましたが、
ロイターが言及しているように、「政府・日銀が掲げる2%目標からは程遠い
状況」と、依然として大きな変化はない数値で推移しています。Bloombergの
取材でも、日銀の黒田総裁が「このところは一進一退の動き」、「なお力強さに
欠けている」とコメントしているとのことですが、今後の金融政策は維持する
考えとのことです。この2月度、CPIが0.1ポイント上昇した要因ですが、
コア指数には、エネルギー関連の物価が反映されるため、「ガソリン,電気代,
灯油などのエネルギーにより総合の上昇幅が0.17ポイント拡大」が大きいと
いえます。ただ、一方で、東京都のCPIは、「携帯電話や食品やエアコンなど
幅広い品目の値下げが響いた格好」とのことで、下がっている分野もあり、
今後、どう動くかは読みづらい状況といえます。このCPIは2.0%増が
見通せないと、消費増税等の政策判断にも大きな影響を与えるため、
今後、政府は、一層、財政政策の強化が求められるといえます。2017年度予算が
成立した現在、日銀はもちろん、政府の今後の財政政策の動向に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/CPI(%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%80%85%E7%89%A9%E4%BE%A1%E6%8C%87%E6%95%B0%EF%BC%89%E3%80%812017%E5%B9%B42%E6%9C%88%E3%80%81%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8C%87%E6%95%B00.2%EF%BC%85%E5%A2%97%EF%BC%81/1242532185867377/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 03, 2017
6.隔週、連載、ID-POS分析、第9回、DRM オンライン!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/id-pos9drm-cd91.html

PI研コメント:
・隔週連載、ID-POS分析によるマーチャンダイジング戦略のすすめ、第9回目と
なります。現在、第1章のF(頻度)、「1.F(頻度)について:第1回-第6回」を
終了し、第1章のF(頻度)、「2.商品の購入顧客を知ろう:第7回-第15回」に
入っています。その第9回、今回ですが、「フルグラのF(頻度)から見た
マーチャンダイジング戦略!」となります。フルグラは、ここ最近、急成長した
シリアルであり、急激にファン、すなわち、S顧客、A顧客を増やしている商品の
ひとつといえます。そのフルグラの単品、最も売れている800gの過去1年間の
購入顧客のID-POS分析を実施した結果から、フルグラのマーチャンダイジング戦略を
解説しました。フルグラは74.0%が年間Z顧客であり、年間リピータは約25%と
いう結果です。したがって、この瞬間に来期は1年かけてZ顧客(トライアル)を
新たに約75%増やす販促計画の立案が必須といえます。また、折角、ご購入
いただいたZ顧客をいかにB顧客(年間2.0回)、そして、A顧客(普通のリピータ)へ、
さらにはS顧客(ファン)へ誘導するか、これも一方で重要な政策となります。
今回、最後の方で若干、解説しましたが、実は、この2つは分けて考えることが
重要といえます。すなわち、フルグラの購入顧客をはじめて購入する顧客の
購買行動とフルグラをよく購入されている馴染み客の購買行動は厳然とした
違いがあるからです。解説では販売場所について言及しましたが、実は、
POPそのものも違うわけです。キャッチコピーが真逆になりますので、
極論すれば、フルグラに2つのPOPを同時に貼付することも検討課題といえます。
このように、ID-`POS分析は商品視点から顧客視点への転換が必要であり、
これまでのマーチャンダイジング政策を根本から見直し、顧客視点での
マーチャンダイジング政策を創意工夫し、創造してゆくことがポイントと
なります。なお、これについては、この第1章が終了した後、第2章で
じっくり解説する予定です。もう少しお待ちください。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E9%9A%94%E9%80%B1%E3%80%81%E9%80%A3%E8%BC%89%E3%80%81ID-POS%E5%88%86%E6%9E%90%E3%80%81%E7%AC%AC9%E5%9B%9E%E3%80%81DRM%20%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%EF%BC%81/1243706085749987/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
April 02, 2017
7.商品併買から顧客併買の時代へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/04/post-f945.html

PI研コメント:
・ユニークな企業連携がスタートしました。ソニーとキリンのデータマネジメント
プラットフォーム(DMP)を連携し、スマホに絞ったデジタル広告の効果を
飛躍的に引き上げる試みです。これまで商品どうしのクロスMDは数多く
取り組まれてきましたが、顧客に焦点を絞り、さらに、スマホの顧客に絞った
試みはこれだけの規模では珍しいといえます。5/30の改正個人情報保護法の
完全施行も視野にいれた試みといえ、スマホ時代に入った現在、企業がどう
ブランド価値を高めてゆくかを占う上で興味深い試みといえます。一般に、
併買は商品併買がこれまでの流れでしたが、今回は顧客併買の視点が入っており、
ID-POS分析の視点から見てもユニークな試みです。ただ、販売データを分析する
のではなく、広告、すなわち、テレビCMや動画を閲覧した消費者を
個人情報法保護法に触れないIDにまでデータを丸め込み、これを活用する点で、
今後のビッグデータ時代を先取りした試みともいえます。結果、顧客の併買、
今回の場合はCMと商品の顧客併買ですが、この最適解を求める試みといえます。
この報道を踏まえ、ソニーの株が上昇しており、投資家は、今回のソニーの
試みを買いと判断しており、期待感をもって見ているといえます。まずは、
今春からはじまるソニーが提供する「スマートフォンアプリ
「Video & TV SideView」を活用し、TVCMとデジタル広告を連動させた
ターゲティング配信によるクロスメディア広告の効果」をキリンが
どう評価するか、その結果に注目です。

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/133574913429782/%E5%95%86%E5%93%81%E4%BD%B5%E8%B2%B7%E3%81%8B%E3%82%89%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E4%BD%B5%E8%B2%B7%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%B8%EF%BC%81/1242283425892253/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回、4/3!
  *DRMオンライン:http://diamond-rm.net/category/id-pos
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設670人! 
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/ 
 4.現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:
  *2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿 
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/05/22
部数 1,066部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

魔法使いリエちゃんのインスピレーション競馬
馬券ベタの初心者でも高額配当的中 魔訶不思議な魔法の3連単馬券術をお伝え中(有料) もちろん、馬券センス有りのあなたなら、さらに、、、( *´艸`) 直近の的中結果 9/24 中山 1R  148,100円的中 中山 2R  135,630円的中 9/25 阪神2R  221,300円的中 阪神4R  257,570円的中 中山7R  139,420円的中 中山10R  133,100円的中 中山12R  113,680円的中 詳しくは、メルマガ紙面にて
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

集客は一生懸命やるから失敗する!大反響ストーリーチラシ集客術
チラシ反響率が1万分の1以下と言われる今の時代に、チラシ50枚で1件の問い合わせを獲得する大反響チラシを開発しました。これを「ストーリーチラシ」と呼んでいます。 その大反響チラシのノウハウをこのメルマガで公開します。 しかし、誰にでも大反響が実現できるわけではありません。「何としてでも集客をしないと!」と一生懸命になる人は、ノウハウ通りにチラシを作っても反響が取れません。 なぜか?表面的なノウハウではなく、大反響がずっと続く本質部分をお伝えします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング